世界投資へのパスポート

米国株の2018年上半期を振り返り、今後の投資戦略を
再点検! ズィー・スケーラー、ズオラ、オクタなど
押し目買いチャンスの「直近IPO株」5銘柄も紹介!

2018年7月2日公開(2018年7月3日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

2018年の上半期は
ナスダックと小型株が好調!

 今年も先週で上半期が終わり折り返し地点を迎えました。そこで今回は、全体的な投資戦略を再点検したいと思います。

 まず、年初来の米国株のパフォーマンスは下の通りです。

 今年はナスダックと小型株が好調でした。その反面、消費安定や公共株に代表されるディフェンシブなセクターは、大きく売られました。ディフェンシブとは「防衛的」という意味で、不況の際に業績が悪化しにくいセクターをさします。

 いまはアメリカ経済がすこぶる堅調なので、あまりディフェンシブ株はお呼びじゃないです。

景気サイクルと人気セクターの関係を見ると
上半期はセオリー通りに推移

 下は、「景気や金利がどういう局面のときに、どのセクターが買われやすいか?」を説明した概念図です。

 すると、今は景気が強く、アメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを繰り返しているわけですから、左上のオレンジのゾーンとなり、ハイテク株、消費循環株、工業株、素材株、エネルギー株などが「旬」になることがわかると思います。つまり、年初来のパフォーマンスは、大体、このセオリー通りになっているのです。

 ただ、6月末は期末のポートフォリオ調整で、全体に利食いが入りましたし、上記の「勝ち組」の一方的な勝利が、やや度を越した観があったので、独立フィナンシャル・アドバイザーは「行き過ぎ」のグループを減らし、割安に放置されているセクターへお金をシフトするアドバイスをした人が多かったと聞いています。

 先週までハイテク株が値を消す一方で、ディフェンシブ株に物色の矛先が回ったのはそのようなアヤ戻しが原因だと思います。ただ、ディフェンシブ株はあくまでも「幕間つなぎ」で買われているに過ぎず、もう一度、今年の人気セクターが買い直される可能性も大いにあると思います。

強気相場は、まず「金融相場」で始まり
じきに「業績相場」へと移行する

 強気相場は、大きく分けて「金融相場」と「業績相場」に分類できます。

 強気相場の初期には、金融相場からスタートするのが常です。金融相場とは、中央銀行が景気を支援するために政策金利を低く抑えることで、より有利な投資先を求めて投資資金が株に集まるような状態を指します。

 金融相場は、市場参加者にとって最も組みやすく美味しい相場であり、強気相場の大半、比率で言えば70%を占めると思われます。

 強気相場の後半には、いよいよ経済が良くなり、企業業績も上向いてきます。その場合、中央銀行はそろそろインフレの心配をしなくてはいけなくなるので、利上げに転じます。

 「中央銀行が利上げに転じたから、すぐにマーケットが下がるか?」といえば、それはそうではありません。業績が拡大している限り、マーケットは上がり続けます。それが業績相場と呼ばれる局面です。いま我々が居る場所は、まさしくこの局面です

好調な相場を維持できるかは
7月第2週から始まる決算発表シーズン次第

 下のチャートは、「S&P500指数の四半期の1株当たり利益(EPS)が前年同期と比べてどれだけ伸びたか?」を示しています。

 2018年の第1四半期は、+25.4%という「狂おしいほど素晴らしい」成長率でした。つまり、業績相場は佳境に入っているのです。

 来期以降も軒並み前年比+20%を超える成長が見込まれており、好調は持続できそうなムードです。

 しかし、ここが肝心なところなのですが、もし第2四半期以降のEPS成長率が+20%を割り込むようだと、「あれれ、やっぱり2018年第1四半期が成長率的にはピークだったんだな」ということが、ズシーンと投資家の心にのしかかります。普通、業績の伸び率がピークをつけると株式市場は足踏みすることが知られているので、それは出来れば避けたいです。

 つまり、今後の米国株を占う上でとても重要になるのは、「7月第2週から始まる第2四半期の決算発表シーズンでポジティブ・サプライズが続出し、このEPSの変化率のチャートが第1四半期の+25.4%に肉薄できるかどうか?」という点になります。

テクノロジー株+エネルギー株が
米国株の業績相場を持続させる

 幸い、S&P500指数の26%を占め最大の勢力を形成しているテクノロジー株は、第1四半期決算で92%がポジティブ・サプライズを出しています。このグループは。第2四半期も安定してポジティブ・サプライズを出せると考えている投資家が多いです。

 また最近、原油価格が高値を更新していることから、エネルギー・セクターも良い決算、ならびに来期以降のアウトルックを強気に語る企業が増えると予想されます。

 これらのことから、業績相場のモメンタムが持続されるというシナリオも十分に考えられるわけです。

 足下の業績の安定感では、やっぱりFAANG(=フェイスブックアマゾンアップルネットフリックスアルファベット)を中心としたハイテクが一番安心できます。しかし、このグループはもうずっと米国株をけん引してきたので、相場としてはもう若くないと思います。

 これとは対照的に、エネルギー株は2014年下半期以降、ずっとお荷物的な存在でした。だからまだまだ相場は若いです。これまでの決算発表では、どことなくスッキリしない決算を出す企業が多かったので、今回、シャキッとした決算が出せるかどうかに注目したいと思います。

好調なIPO銘柄の中から
今後の上昇が期待できる5銘柄を紹介

 冒頭で「今年は小型株もパフォーマンスが良かった」と書きましたが、特に最近IPOされた若いネット株の中には、筋の良い銘柄が目白押しです。6月前半にそれらの銘柄は「ワッ!」と買われて、その反動でいま値を消している銘柄が多いです。しかし、これらの企業の投資ストーリーは終わってしまったわけではなく、あくまでもブル局面でのスピード調整だと考えています。

 具体的な銘柄をいくつか挙げましょう。

 ズィー・スケーラー(ティッカーシンボル:ZS)は、クラウドを通じてインターネット・セキュリティーを提供しています。

■ズィー・スケーラー(ZS)チャート/日足・6カ月
ズィー・スケーラー(ZS)チャート/日足・6カ月ズィー・スケーラー(ZS)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 ズオラ(ティッカーシンボル:ZUO)は、企業がサブスクリプション・モデルに基づいた課金戦略を導入することをお手伝いする会社です。

■ズオラ(ZUO)チャート/日足・6カ月
ズオラ(ZUO)チャート/日足・6カ月ズオラ(ZUO)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 カーボン・ブラック(ティッカーシンボル:CBLK)は、元CIAの技術者が設立したインターネット・セキュリティーの会社です。

■カーボン・ブラック(CBLK)チャート/日足・6カ月
カーボン・ブラック(CBLK)チャート/日足・6カ月カーボン・ブラック(CBLK)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 プルーラルサイト(ティッカーシンボル:PS)は、企業につとめるソフトウェア・エンジニアが日進月歩で進化する最新のノウハウをつねに摂取できるよう、クラウドを通じてスキル向上のクラスを受講できるサービスです。

■プルーラルサイト(PS)チャート/日足・6カ月
プルーラルサイト(PS)チャート/日足・6カ月プルーラルサイト(PS)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 オクタ(ティッカーシンボル:OKTA)は、クラウドを通じてユーザー・アイデンティティーを管理するサービスを提供しています。こんにちの社員は、会社や出先でスマホなどを通じて企業のアプリにアクセスするわけですが、そのときいちいちログインしていると非効率なので、クラウドで一括してアクセスを管理するサービスを提供しています。

■オクタ(OKTA)チャート/日足・6カ月
オクタ(OKTA)チャート/日足・6カ月オクタ(OKTA)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 アトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)は、ソフトウェアのエンジニアなどがクラウド上でコラボするためのツールを提供しています。

■アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月
アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【今週のまとめ】
まだまだ高値を期待できる米国株式市場では
特に石油株と直近IPO銘柄の期待!

 2018年上半期は、ナスダック総合指数や小型株のパフォーマンスが良かったです。いまは業績相場の真っ最中なので、業績が伸びている限り、米国市場は高値を追ってゆけると思います。

 そこでカギを握るのが、7月第2週から始まる第2四半期決算発表シーズンです。これがダメなら万事休す。でも、決算が良ければまたぞろ上半期と同じようなセクターや銘柄が人気化することも予想されます。

 石油株は相場が若いです。また、最近IPOされたネット株は、最近のスピード調整を経て今後一段高できそうな銘柄が多いです。

【今週のピックアップ記事!】
ガイアナの巨大海底油田が、2020年に生産を開始! 油田開発・生産を担うエクソン・モービル、ヘス、中国海洋石油の3社の中で、買うべき銘柄はここだ!
配当利回りが4%近い、注目の「高配当株」を紹介! 海外進出が好調の「積水ハウス」(利回り3.96%)や、今期増益予想の「三菱商事」(3.69%)は株価も堅調!
【2019年10月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報