世界投資へのパスポート

米国株が好調で、S&P500は過去最高値を更新間近!
積極的にリスクを取って「JPモルガン・チェース」
「アップル」など金融株やハイテク株で勝負しよう!

2019年10月21日公開(2019年10月21日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

ジョンソン&ジョンソンのリコールなどがあったものの、
S&P500指数は過去最高値から−1.4%まで肉薄!

 先週10月18日(金)のニューヨーク株式は、ジョンソン&ジョンソン(ティッカーシンボル:JNJ)のベビー・パウダーが一部リコールされたというニュースと、ボーイング(ティッカーシンボル:BA)が新型機737MAXの欠陥に関して連邦航空局に誤解を招く説明をしたというニュースのダブルパンチで急落しました。

 しかし、S&P500指数は2,986.20で、今年7月26日につけた過去最高値である3027.98から-1.4%の水準に肉薄しており、最高値更新の夢が消えたわけではありません

■S&P500指数チャート/日足・1年
S&P500指数チャート/日足・1年S&P500指数チャート/日足・1年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 NY市場の堅調さは広範な銘柄の上昇に支えられており、投資家が景気のソフトランディングへ自信を深めている様子をうかがえます。

ヘルスケア株や消費安定株に代わって、
最近はハイテク株や金融株が人気に!

 このところ動きがいいセクターとしては、半導体などのハイテク株を挙げることが出来ます。加えて、先週発表されたメガバンクの決算が総じて良かったことを受け、金融株も堅調です。

 言い直せば、今買われているのは下のセクターダイヤグラムの青色に属するグループだということです

 これと対照的に、ヘルスケア株や消費安定株は、歴史的なバリュエーションに照らして割高に買われているだけでなく、チャート的にも高値から反落し始めたものが多いです。つまり、ウグイス色のグループから青色へとセクター・ローテーションが起きているのです。

 このセクター・ローテーションは、景気の出直りを株式市場が一足先に織り込みに行こうとしていることを示唆しており、セオリー通りの展開だと言えます。

製造業に対するセンチメントが悪化する一方、
消費者マインドが堅調である理由とは!?

 去年から今年にかけて、製造業に対するセンチメントがどんどん悪化した一方で、消費者のマインドはずっと堅調であるという状況が世界的に見られました。

 その一因は、米中貿易戦争にあると思います。貿易交渉の先行きが不透明なので、企業の経営者は大胆な先行投資に踏み切るとこができず、関税が引き上げられるにつれて世界の貿易も不活発になる……そんな悪循環がこのところずっと続いてきたのです。これは世界の製造業を直撃しました。

 その反面、貿易にあまり関係ないのサービス業は好調です。先進国の場合、雇用は主にサービス業によって創出されるため、雇用は各国とも安定しています。それが消費者のマインドにもポジティブに作用しているというわけです。

 アメリカの場合、消費はGDP(国民総生産)の70%を占めているので、消費が堅調な限り深刻な景気後退が起こるリスクは低いでしょう

世界的な利下げの流れにより、
実質金利がゼロに近づいて「シクリカル株」が見直される!

 いま世界の中央銀行は政策金利を引き下げています。これは株価の下支え要因だと言えます。また金利からインフレ率を引き算した実質金利が限りなくゼロに近づいているので、過去の経験則から言えば、こういうときはシクリカル株(景気敏感株)が見直されやすいです。

リスク資産のバリュエーションが安くなっている局面では、
積極的にリスク・テーキングすべき!

 このところの国際情勢のニュースに怖気づいた投資家は、リスク資産をアンダー・ウエイト(比率を引き下げ)しているので、いまはリスク資産のバリュエーションが安くなっています。つまり、積極的にリスク・テーキングすべき局面だということです

 具体的には、ハイテク株、金融株を中心にポートフォリオを組み立てたいと思います。銘柄としては、半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(ティッカーシンボル:AMAT)KLAテンコア(ティッカーシンボル:KLAC)アップル(ティッカーシンボル:AAPL)JPモルガン・チェース(ティッカーシンボル:JPM)などに妙味があると思います。

⇒アプライド・マテリアルズ(AMAT)の最新株価はこちら!
⇒KLAテンコア(KLAC)の最新株価はこちら!
⇒アップル(AAPL)の最新株価はこちら!
⇒JPモルガン・チェース(JPM)の最新株価はこちら!

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
2020年3月期の中間決算で「業績上振れ」が期待できて株価が上がりそうな銘柄を発掘! 第1四半期の進捗率が高かった「カプコン」や「コメリ」などが狙い目!

【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【2020年2月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3300銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 2020年4月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

驚異の5万円株
つみたてNISA+
iDeCoでじぶん年金

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

驚異の5万円株じぶん年金計画

驚異の上昇力を味方につけろ! 5万円株ベスト87銘柄
・少額株の賢い買い方を図解!
・5万円株の2大攻略法
・社長に直撃!企業へGO
高成長&割安の値上がり狙い株33銘柄
増収増益で将来性ありの株18銘柄
実力と比べ株価が割安な株5銘柄
赤字や減益でも魅力的な株10銘柄
安心して長く持てる高配当株40銘柄
高配当5万円株ランキング38銘柄
高配当で優待もイイ5万円株ベスト7銘柄

つみたてNISAとiDeCoだけ!じぶん年金計画
45歳から楽に2000万円作れるプラン
60歳で1000万円でも安心老後プラン
つみたてNISAとiDeCo違いを徹底比較

毎月分配型投信100本の本当の利回り
本当の利回りベスト30
・2大ダメ行動を正せ!
・6つのチェックポイント
・人気100本の実力リスト

みんな持ってる人気20銘柄の通信簿
最新決算&アナリスト予想でわかった
来期も絶好調な株28銘柄

●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!ライフ
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
スマホで5分!株の買い方ガイド!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報