個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!
【第4回】 2012年2月2日 ザイ・オンライン編集部

仕事は午前中の2時間だけ
デイトレで毎日稼ごう!

株価が上がらない日本株市場。しかし、デイトレの技術をマスターすれば、下げ相場でも、市場が大きく動かないときでも、小銭を稼ぐことができる。デイトレは、個人投資家として、ぜひ身につけておきたい投資法のひとつだ。とはいえ、かつて「デイトレはやるな!」といっていた吉川英一氏。なぜ吉川氏はデイトレを始めたのか、そして、どうやって勝てるようになったのか――。

【第1回】実は誰でもなれる!個人投資家という夢の職業
【第2回】稼げる投資家になるための3つのスキル
【第3回】あなたはどのタイプの投資家?
     自分に合ったスタイルを見つけよう!

【第4回】仕事は午前中の2時間だけ デイトレで毎日稼ごう!
【第5回】不動産投資を始めて毎月の安定収入を確保しよう!
【番外編】個人投資家という生き方を実践できる人、できない人

最初は失敗だらけ!
支払った授業料は軽く500万円

 デイトレードなんて、そもそも丁半博打なんだから、絶対に勝てるわけがない、というのが一般的な意見かと思います。私もずっとそう思っていました。

 私がデイトレードを始めたのは、「ゆきゆ」さんという方のブログと出会ったことがきっかけでした。

 当時、「ゆきゆ」さんのブログは株式人気ブログランキングの4位前後に常に食い込む人気ぶりで、ファンも多かったと思います。ちなみに、URLは (http://blog.livedoor.jp/yukiyu1218/) ですが、現在は残念ながら休止中です。

 「ゆきゆ」さんのやり方は、日立、旭硝子、東芝、三洋電機など、誰もが知っている王道銘柄の空売りが主体でした。月収100万円以上の勝ちを何年間も続けてこられた方なので、多くのデイトレーダーの方が知っていると思います。

 私は低位株の中長期投資が主体でしたので、デイトレーダーのブログはほとんど見たことがなかったのですが、はじめて見たときは衝撃でした。

 自分がなぜその銘柄を選んだかや、何時何分にいくらの値段で何万株エントリーしたかが克明に書かれていたのです。もちろん、利益の大きさにもびっくりでしたし、デイトレ中の心理状態が伝わってくるところにとても興味をひかれました。いつも、ほとんど午前中、しかも早い時間帯の取引だけ、せいぜい2回程度のエントリーというのも魅力でした。

 さっそく自分も「ゆきゆ」さんのまねをしてトレードを始めたのはいうまでもありません。「ゆきゆ」さんの1回のエントリーは2万~4万株だったため、さすがにそこはまねしませんでしたが、まったくの素人にもかかわらず、1万株単位でデイトレを始めてしまったのです。

 私が狙ったのは、値動きの比較的激しいGSユアサや商船三井、損保ジャパン(現NKSJホールディング)などです。

 やはり最初は踏み上げられてもなかなか損切りできず、勝率もさっぱりでした。小さく勝って大きく負けてしまうパターンが続いたため、900万円の資金が1年も経たないうちに400万円に減ってしまいました。