ダイヤモンドZAi最新記事
2019年5月25日 ザイ編集部

住宅・結婚・教育・老後の費用など、生活費以外で必要に
なる資金は「約1億円」も!?「1億円」の内訳や貯める
&殖やす方法をファイナンシャルプランナーが解説!

ZAi7月号発売中
楽天ブックスで買う
amazonで買う

生活費以外で人生に必要になる「1億円」の内訳を大公開! 住宅・結婚・教育・老後などで必要な金額と、その貯め方&殖やし方をファイナンシャルプランナーがわかりやすく解説!

発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の大特集は「株・投信・貯金で実現! 人生で必要な1億円の作り方!」。この特集では、人生で必要なお金の内訳や、上手にお金を貯めるためのルールを紹介するほか、投資に抵抗感がある人にもわかりやすく、株や投資信託の運用効果を解説している。また、株で資産を大幅に増やした6人の個人投資家のワザも紹介しているので、初心者も投資経験者も必見だ!

今回はこの特集の冒頭で紹介している、人生で必要なお金の目安の金額を抜粋。さらに、現金で用意すべきお金と、投資で用意したいお金の違いも解説する。ライフプランや資産運用の計画を立てる役に立つので、ぜひ参考にしてほしい!

日々の生活費のほかに必要なお金は1億円以上⁉
万一のためのお金や結婚資金などは”現金”で用意!

※画像をクリックすると拡大できます。

マンガ・人生で必要な1億円の作り方(1)

マンガ・人生で必要な1億円の作り方(2)

 「人生100年時代」というけれど、いったい人生にはどれくらいのお金が必要なのだろうか? 日々の生活費以外で、準備しておきたい主なお金を書き出し、どのように貯めるべきかを仕分けしてみよう。

 まずは、忘れられがちな「万一のお金」だ。「売買益が非課税になるiDeCoやNISA制度が注目され、新社会人も月々の収入から少しでも投資に回さなくては、と考える人が増えました。でも、人生何が起こるかわからないので、投資を考える前に、万一のお金を貯めることが先決です」(ファイナンシャルリサーチ代表の深野康彦さん)

 リーファス代表の西崎努さんもまた、現金の重要性を指摘。「給料の3カ月~1年分程度を目安に、現金を貯めておくと安心です」(西崎さん)
【※関連記事はこちら!】
⇒「お金を貯めたい人」が、いますぐ見直すべき「5つのポイント」を節約の達人が伝授! 食費や被服費など、支出を効果的に減らせるポイントをわかりやすく紹介

 また、人生の一大イベントである「結婚の資金」や「住宅の資金」も減らしてはいけないお金なので、リスクを取らずに”現金”でコツコツ貯めておくべきお金だ。「住宅の資金」は、はじめからすべてを用意する必要はないが、頭金は現金で貯めておこう。頭金は住宅購入価格の1割程度が目安だ。残りは月々の支払いから出していくが、頭金が多いほどローン年数が減るので、頑張って貯めよう。
【※関連記事はこちら!】
⇒【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!

”10年以上後”で使う予定のお金については、
株や投資信託で用意することも検討を!

人生に必要なお金とは?※「万一のお金」は新卒給料19万円×8カ月分を掲載。「結婚の費用」はゼクシィの2018年調査の夫婦の全国平均の1人分(婚約から新婚旅行までの費用)。「子供の教育費」は文部科学省「子どもの学習費調査」(平成26年度)などを元に、2人の子が高校・大学が私立文系だった場合。「老後の生活費」は年金で補いきれなかった生活費の不足分に、家のリフォーム代などをプラスした金額。詳細はダイヤモンド・ザイ7月号参照。
拡大画像表示

 一方で、「子どもの教育費」の一部と「老後の生活費」については、株や投信などの投資で増やすことを考えてみるのもアリだ。

 「現金で貯めるか、投資で増やすかは、“その資金がいつ必要か”によって仕分けしましょう」と、ファイナンシャルスタンダード社代表の福田猛さんはアドバイス。

 「投信積立は長期で継続するほど損するリスクを抑えることができます。世界経済のサイクルはだいたい10年なので、10年以上先に必要なお金であれば、投資に回して運用して増やすことを考えてみましょう。運用途中で大きく利益が出たら、少しずつ利益確定して、安全資産に移すなどで対応すれば、損する確率を抑えることができます」(福田さん)
【※関連記事はこちら!】
⇒「つみたてNISA」(積立NISA)の8つのメリットを紹介! 少額から長期の積立ができて損しづらく、利益は非課税になるなど、初心者におすすめの理由を解説

 また、「貯める」「増やす」ことと同時に、副業などで収入増を図ったり、ムダな支出を減らすことも考えること。

 さらに、退職金がいくらもらえるのかを会社に確認したり、年金の受給額を年金ネットなどで調べるなど老後の資金の“洗い出し”も重要だ。これによって、過度なリスクを取る必要がない可能性もあるからだ。リタイア後も運用すると、資産寿命を延ばせることも念頭に置いておこう。
【※関連記事はこちら!】
⇒「老後資金は1億円」は本当か? 誰でも自分の定年後に必要な老後資金がわかる計算式を、専門家が解説![59歳ザイ編集部員・定年退職までのロードマップ(1)]

お金を貯めるルールや、株で資産を作った実例も盛りだくさん!
ダイヤモンド・ザイ7月号をチェック!

ザイ7月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の特集「株・投信・貯金で実現! 人生で必要な1億円の作り方!」から、人生で必要なお金の目安と、その準備の仕方について紹介した。特集では、初心者に向けて株や投資信託の運用効果を解説するほか、株で資産を作った6人のワザも大公開しているので、本誌も併せてチェックを!

 その他の特集は、あの株主優待名人・桐谷さんも登場する「株主優待や高配当から大化け期待の値上がりまで  いま買いの5万円株」「個人投資家1万人アンケートでわかった“億を作った563人の勝ち組”の必勝法! 損し続ける負け組との違いは?」、マンガ「詐欺・怪しい勧誘……親の資産が危ない!」「最新決算でわかった! 儲かる好業績株32」「スマホ証券に新サービスが続々登場!」など、今月もお得な情報が盛りだくさん。

 別冊付録は、株主総会の基本やおみやげ情報を網羅した「2019年版 株主総会に行こう!」と、資産を守りながら運用する考え方を解説した「おかねをまもる教科書」の豪華二本立て!

ダイヤモンド・ザイ7月号は、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!