世界投資へのパスポート
【第228回】 2012年8月27日 広瀬 隆雄

とうとう、中国バブル崩壊か!
関連株への投資は避けるべし!

【今回のまとめ】
1.手掛かりが少ないなか、世界の投資家の関心は中国経済の減速に向かう
2.中国における完成品在庫の積み上がりに懸念
3.需要低迷は一過性のものではない
4.穀物価格の上昇で中国人民銀行は手詰まりに
5.中国関連銘柄は避けること

 先週(8月20日~24日)のニューヨーク市場は、ダウ工業株価平均指数が-0.88%、S&P500指数が-0.5%、ナスダック総合指数が-0.22でした。

 海外市場の参加者の多くは夏休みを取っており、ニュースや経済指標の発表は少ない1週間でした。

中国経済の減速を海外投資家が懸念

 手掛かり難の状況の中で投資家に注目されたニュースは、8月の中国の製造業購買担当者指数速報値が47.8とさえなかったことです。今回の数字は、2011年11月以来の低水準でした。

 現在の中国経済の状況でとくに心配されていることのひとつに、完成品の在庫がどんどん積み上がってしまっていることがあります。

 中国のメーカーの多くは、その成長の過程で生産能力をより拡大し、高度な工作機械を導入するなどの方法により品質の向上や納期の短縮化を図ってきました。それは裏返して言えば、それらの先行投資を回収し、利益を得るためには“工場を止めるわけにはいかない”ということです。

 2008年のリーマンショックで大きく落ち込んだ世界経済の回復は鈍いままです。さらにギリシャ問題に端を発する欧州財政危機問題が深刻化したことも追い打ちとなって、現在、世界の経済は低迷しており、需要の低迷は今後当分の間続くと見られています。

 このような「もう昔のような好景気には、戻れない」という冴えない状況の長期化の事を「ニューノーマル」と表現する投資家もいます。