ダイヤモンドZAi最新記事
2021年8月25日 ザイ編集部

株主優待名人・桐谷さんがおすすめする「株主優待株」
2銘柄を公開! お米がもらえて優待+配当利回り7%超
の「JT」、タクシー券がもらえる「第一交通産業」に注目

株主優待名人・桐谷さんがおすすめする、株主優待が魅力的な2銘柄を紹介! 株主優待+配当の合計利回りが7%超の「JT(日本たばこ産業・2914)」と、便利なタクシー券がもらえる「第一交通産業(9035)」に注目!

発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「最強日本株【2021年・夏】」! この特集では「5万円株」「高配当株」「株主優待株」「脱コロナ株」「安定大型株」「大出世株」という6つのジャンル別に、アナリストが選んだ”最強”の日本株を紹介! また、ストラテジストによる「2021年8月~2022年7月までの日経平均株価の予測」や「今後の日本株市場で勝つための投資戦略」も取り上げているので、投資の参考になるだろう。今回はこの大特集から、注目の「株主優待株」2銘柄を公開!
【※関連記事はこちら!】
「高配当なのに割安」で、投資判断が“買い”の2銘柄! 利回り5.4%でPERもPBRも割安な「三井住友FG」や、30期超も減配なしで利回り4.9%の「武田薬品」に注目

減配や優待改悪でも、なお魅力的な「JT(日本たばこ産業)」、
福証銘柄でタクシー券などがもらえる「第一交通産業」が狙い目!

 ダイヤモンド・ザイ10月号では、株主優待名人の桐谷さんに、2021年9~12月に権利が確定する注目の「株主優待株」を挙げてもらっている。「選定基準は、私が株を買うときの基準としている『株主優待+配当の合計利回りが4%以上』のもの。加えて、ダイヤモンド・ザイで年4回発表する理論株価(※企業の”価値”を元に計算した株価)で、株価が割安かチェックしています」(桐谷さん)。ここではそのうちの2銘柄を紹介しよう!(※以下、株価や配当利回りなどのデータは8月4日時点)
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんが「ネット証券の選び方」を解説! 株初心者は手数料の安さに加え、取り扱い商品のラインナップやサービス内容で総合的に比較しよう

 まずは、6%超もある配当利回りも魅力のJT(日本たばこ産業・2914)だ。

 JTは、今期の年間配当が前期比で24円も減ってしまった。ただし、上場来初の減配を決めたにもかかわらず、株価も下落しているため、6%超の高い配当利回りを維持。1年以上の保有が条件だが、株主優待+配当利回りは7%以上で群を抜く。

 「たばこの会社でみんな嫌煙しているし、減配して連続増配は16期でストップ。でも、株主優待と配当の合計利回りは7%以上と、とにかく高利回り。株価の高値は2016年の4850円で、私も結構高く買っていて、ずっと買い下がっているんです。株主優待は、以前は年2回もらえましたが、今は年1回になり、さらに1年以上保有しないともらえなくなりました。それでも優待は魅力的。年2500円相当の品をカタログから選べるので、私はレトルトのお米やカップラーメンをもらっています。また、配当利回りだけで6%超。22万円で株主になれば、配当を1万3000円ももらえます」(桐谷さん)
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開!【2021年最新版】会社予想の配当利回りランキングと一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!
「連続増配株ランキング」ベスト20![2021年最新版]31期連続増配の「花王」、22期連続増配で利回り4%超の「三菱HCキャピタル」など、おすすめ増配銘柄を紹介

 続いて紹介するのは、福証に単独上場する第一交通産業(9035)だ。

 第一交通産業は、九州を中心に全国展開するタクシー会社。株主優待ではタクシー券などがもらえる。

 「年2回、結構大きな封筒の中に、カタログと1000円分の小さなタクシー券、ゴルフや不動産の割引券などの冊子が入った優待が届きます。私は滅多にタクシーには乗りませんが、年に1、2回、早朝に羽田空港に行くときにタクシーを呼んだりします。タクシー券を使わないときは返送し、カタログの商品と交換もできます。配当だけで3.57%。タクシー券かカタログ商品の株主優待を加えると、合計利回りは6.43%に。ほかの割引券も使えば、もっと利回りは高くなりますよ」(桐谷さん)
【※関連記事はこちら!】
いまだに「株」を始められない人に、優待名人・桐谷さんがアドバイス!「株式投資」は、スマホ&少額の資金があれば始められるので気軽に挑戦してみよう!

 さて、ここまで「株主優待株」を2銘柄紹介した。株主優待を実施する企業は数多いが、今回紹介した第一交通産業のように、9月に権利確定する銘柄は特に多いので、ぜひチェックしてみてほしい!
【※関連記事はこちら!】
5万円以下で買えて、利回り4%超と高配当な2銘柄! 利回り4.5%で親子上場解消に期待の「セブン銀行と、利回り4.2%で純利益のV字回復を見込む「双日」に注目

2021年の下期に値上がりしそうな株とは?
ダイヤモンド・ザイ10月号をチェック!

ザイ10月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集「最強日本株【2021年・夏】」から、一部を抜粋した。

 ダイヤモンド・ザイ10月号の巻頭特集は「最新決算でわかった! いま【買い】の株35」。この特集では、3月決算企業の第1四半期の決算発表を受けて、人気株の現状分析&アナリストによる今後の投資判断を紹介。また、業績好調で狙い目の35銘柄を取り上げているので、投資の参考になるはずだ。

 ダイヤモンド・ザイ10月号は、ほかにも「キホンのしくみからオススメ商品まで【つみたてNISA】超入門!」「毎月分配型投資信託100本の本当の利回り」「五輪後もコロナ後もマンション価格は下がらない!」「初めてのFX」「GAFAM+Tの最新決算を総括!」など、注目の特集が満載!

 さらに、別冊付録で「元手0円で増やせる!【ポイント運用】」も付いてくる! この別冊付録では、クレジットカードのポイントなどを用いて株や投資信託を買う「ポイント運用」のノウハウを解説。「貯まったポイントで投資体験をしたい」という人は、ぜひチェックしてみよう!