節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

「マイナポイント事業」の仕組みや登録方法、紐付ける
キャッシュレス決済を選ぶときの注意点などを解説!
まずは「マイナンバーカード」を取得・登録しよう!

2020年7月8日公開(2022年3月29日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

「マイナポイント事業」の要点や実施される時期を紹介!
まずは「マイナンバーカード」の取得からスタート

 今回は、2020年7月から申し込みが始まった「マイナポイント事業」について紹介します。
【※関連記事はこちら!】
「マイナポイント」に申し込む方法と注意点を解説! マイナンバーカードとキャッシュレス決済を登録し、最大5000円分(還元率25%)のポイントを獲得しよう

 2020年6月末に、政府主導で行われた「キャッシュレス・消費者還元事業」(対象店舗でキャッシュレス決済をすると、ポイント還元などが受けられる制度)が終了しましたが、これと入れ替わるようにして、7月1日から「マイナポイント事業」の申し込みが始まりました。

 「マイナポイント事業」は、「マイナンバーカード」の普及に加えて、キャッシュレス決済の基盤構築や、消費の活性化などを目的に実施されるものです。「マイナンバーカード」は、新型コロナウイルスの影響で実施された、現金10万円の一律給付(特別定額給付金)のオンライン申請に必要とされたことでも、注目を集めたばかりです。
【※関連記事はこちら!】
「マイナンバーカード」のメリット・デメリット、申請時の注意点などを解説! 新型コロナ対策の“10万円の特別定額給付金”のオンライン申請以外の使い道も紹介

 「マイナポイント事業」の内容には、やや複雑なところもありますが、要点をまとめると、以下のようになります。

◆「マイナポイント事業」の基本
「マイナポイント事業」は、「マイナンバーカード」と所定の「キャッシュレス決済」を登録することで、「マイナポイント」を貯めることができる制度。キャッシュレス決済の種類は、電子マネーやコード決済、クレジットカードなどさまざまで、100種類以上が対象となっているが、すべてのキャッシュレス決済が対象というわけではない。紐付けた決済手段でチャージしたり買い物したりすると、チャージ額や購入額の25%分(上限は累積で5000円分)の「マイナポイント」が貯まる。貯まった「マイナポイント」は、紐付けた決済手段のポイントと合算して利用できる。

◆「マイナポイント事業」の実施時期
2020年9月1日~2021年3月末まで

◆「マイナポイント事業」を利用するために必要なもの
・「マイナンバーカード」
・対象のキャッシュレス決済

(※対象のキャッシュレス決済の一覧はこちら
・「マイナンバーカード」を読み取れるスマホ(ない場合は、公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタを用意して、パソコンで手続きをすることも可能。また、全国の郵便局やセブン-イレブン、ローソンなどにある「支援端末」から申し込むこともできる)

◆「マイナポイント事業」を利用する手順
(1)「マイナンバーカード」を取得する
(2)「マイナポイント」の専用アプリで、「マイナポイント」の予約をする(この際、「マイナンバーカード」のICチップに搭載されている電子証明書を用いて「マイキーID」を発行する。「マイナンバーカード」の受取時に設定したパスワードも必要になる)
(3)「マイナポイント事業」に対応しているキャッシュレス決済サービスを一つ選択し、申し込みをする(2020年7月1日から申し込みの受付を開始)
(4)申し込んだキャッシュレス決済で買い物をすると、「マイナポイント」が貯まる(2020年9月1日から。「マイナポイント事業」を利用していても、通常の買い物に「マイナンバーカード」を持ち歩く必要はない)

 「マイナポイント」が貯まるといっても、実際に貯まるのは紐付けたキャッシュレス決済のポイントになるという点が、少しわかりにくいところかもしれません。たとえば、「マイナポイント」を「PayPay」に紐付けたとすると、「PayPay」の残高として2万円チャージした場合、5000円分の「PayPayボーナス(マイナポイント)」が付与されます。その結果、「PayPay」としての支払いが、合計2万5000円分できるようになります。「マイナポイント」はこの事業にあたり、各決済事業者が付与するポイントの総称です。

 また、「マイナンバーカード」を読み取れるNFC(※端末をかざすと通信できる技術)などに対応したスマホが必要になる点も、意外とハードルが高いところです。

 ただし、公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタを持っている場合は、パソコンからも申し込みが可能。対応スマホもカードリーダーも手元にない場合は、全国の市区町村役場やコンビニなど、約9万カ所に設置される支援端末でも手続きができます。
【※関連記事はこちら!】
「マイナンバーカード」は「マイナポイント事業」以外にも、住民票の発行やWebサイトのログインに使える!「マイナンバーカード」対応のサービスをまとめて紹介

「マイナポイント」と紐づけられるのは前払い式の電子マネーが多いが、
決済事業者によって細部のルールの違いがあるので、登録の際は注意!

 ここまでのところで、「マイナポイント事業」の基本は掴めたでしょうか。要は、2万円分のチャージや買い物をすることで、5000円分のポイントがもらえて得をする制度と覚えておけば十分です。

 「マイナポイント事業」は、以前政府が、やはり消費の下支えを狙って発行した「プレミアム商品券」とよく似ています。「プレミアム商品券」も、2万5000円分の商品券を2万円で購入できるなど、25%ほど得をする点が“売り”とされていました。ただし、半年で最大5000円分しか得をしないため、利用するキャッシュレス決済手段によっては対象店舗での買い物で月1万5000~5万円ほども還元が受けられた「キャッシュレス・消費者還元事業」ほどのお得感は感じにくいと言えそうです。

 そんな「マイナポイント事業」ですが、最大の悩みどころは「どのキャッシュレス決済と紐付けるか」という点でしょう。原則、最初に申し込んだキャッシュレス決済を後から変更することはできないので、よく検討する必要があります。

「マイナポイント事業」で紐付けられる電子マネーの一覧(7月5日時点)。「マイナポイント事業」で紐付けられる電子マネーの一覧。この他に、プリペイドカードやQRコード決済、クレジットカード、デビットカードなどが紐付けできる(2020年7月5日時点、画像は「マイナポイント事業」公式サイトより)拡大画像表示

 ひと口にキャッシュレス決済と言っても、支払いのタイミング(前払い・即払い・後払い)などによって種類はさまざまですが、今回の「マイナポイント事業」で紐付けられるのは、前払い式の決済手段が中心になっています。そのため、電子マネーやコード決済は多くが登録可能ですが、クレジットカードは種類が限定されています。
【※関連記事はこちら!】
キャッシュレス決済を“手段”と“決済タイミング”別に9種類に分け、種類別にメリット・デメリットを解説! 初心者におすすめのコード決済の選び方なども紹介!

 ちなみに、「LINE Pay」にはコード決済とクレジットカードなどがありますが、コード決済が「マイナポイント事業」の対象となる一方、「Visa LINE Payクレジットカード」は対象外となっています。
【※関連記事はこちら!】
「Visa LINE Payクレジットカード」の保有で「LINE Pay」も“還元率3%”に!今後は「LINE Pay」をお得に使うには「Visa LINE Payクレジットカード」が必須!

 基本的に、紐付けたキャッシュレス決済へのチャージや、買い物した金額に応じて「マイナポイント」が貯まるわけですが、細部のルールは決済事業者によってばらつきが出そうです。たとえば、現金ではなくクレジットカードでチャージした部分については「マイナポイント」付与の対象外になったり、「マイナポイント」で買い物した部分に対して、その決済事業者が通常時に付与しているポイントはつかなかったりすることもあるかもしれません。一律のルールが敷かれるわけではないため、紐付けたキャッシュレス決済のルールを把握する必要があるでしょう。

 すでに「マイナポイント事業」の申し込みに合わせて、キャッシュレス決済の事業者の顧客獲得競争も始まり、各社がお得なキャンペーンを打ち出しています。

 たとえば「PayPay」は、「マイナポイント」に「PayPay」を登録すると、抽選で現金(500円~100万円)が当たるキャンペーンを2020年8月末まで実施します「LINE Pay」は、2020年8月25日までに登録した場合、特典クーポンを発行する予定です。
【※関連記事はこちら!】
PayPay(ペイペイ)のメリット、特徴、キャンペーンの攻略法をわかりやすく解説! 乱立するコード決済の中でも知名度や利便性、お得度は「PayPay」が圧倒的!

 また、「メルペイ」を「マイナポイント」と紐付けると、「マイナポイント事業」の実施期間中にフリマアプリのメルカリを利用した場合、「マイナポイント」の25%に独自で5%分を上乗せし、最大30%(上限は合計で6000円分)のポイントが貯まるようにする予定です。「メルペイ」はこの発表の後、さらにチャージで5%分の上乗せ(上限合計7000円)や、抽選で1000万円相当が当たるキャンペーンも追加するなど、キャンペーン情報も流動的です。

 これから新たにキャンペーンを実施する決済事業者も出てきそうなので、「マイナポイント事業」に申し込みをする前に、キャンペーン情報を確認してみてください。
【※関連記事はこちら!】
「マイナポイント」に申し込む方法と注意点を解説! マイナンバーカードとキャッシュレス決済を登録し、最大5000円分(還元率25%)のポイントを獲得しよう

4人家族なら合計2万円分の「マイナポイント」を貯められる!
ただし、「マイナンバーカード」は“更新”が必要になるので要注意

 「マイナポイント事業」では、一人あたり最大5000円分を得することができ、たとえば夫婦で申し込めば、1万円分のポイントが貯まります。また、子どもの「マイナンバーカード」でも「マイナポイント事業」に申し込むことはできます。

 15歳未満の子どもが「マイナポイント事業」に申し込むときは、自分で申し込むか、幼齢でやむを得ない場合などであれば、親などの法定代理人が手続きを代行できます。紐付けるキャッシュレス決済は、本人名義が基本。しかし、電子マネーやプリペイドカードは「12歳以上」や「15歳以上」といった年齢制限があるケースが多いため、未成年者が紐付けるキャッシュレス決済は、親名義のものでも可とされています。
【※関連記事はこちら!】
子供用PASMOでもオートチャージできる裏ワザとは!? TOKYU CARDジュニアオートチャージの申込方法とポイントの貯まるクレジットカードを徹底解説!
 
 ただし、親も「マイナポイント事業」に申し込んでいる場合、同じキャッシュレス決済で、複数人の「マイナポイント」を合算することはできないため、子どもの「マイナポイント」と紐付けるキャッシュレス決済は、親が登録済みのものとは変える必要があります。

 これを機に、家族全員分の「マイナンバーカード」を作ろうと考える人も多いかもしれませんね。意外と知られていませんが、「マイナンバーカード」は1回作ったら終わりではなく、パスポートや運転免許証のように、定期的な更新が必要になることは覚えておきましょう。更新頻度は「20歳未満」か「20歳以上」かで異なり、20歳未満であれば、カード発行から5回目の誕生日までが有効期限、20歳以上であれば、カード発行から10回目の誕生日までが有効期限(電子証明書の有効期限は5年)となっています。つまり、5年ごとに何らかの更新手続きが必要です。パスポートや運転免許証とは異なり、発行手数料や更新手数料はかかりません(紛失による再発行の場合のみ1000円かかります)。

 さて、ここまで「マイナポイント事業」について紹介してきました。ファーストステップの「マイナンバーカード」を作るという段階がもっともハードルが高いですが、今後、新型コロナウイルスによる「特別定額給付金」の実施が決まったときのように、「『マイナンバーカード』があったら便利だったかも」と感じる局面は、少しずつ増えていくかもしれません。少しでも気になった人は、作成を検討してみるといいかもしれません。
【※関連記事はこちら!】
「マイナポイント」に申し込む方法と注意点を解説! マイナンバーカードとキャッシュレス決済を登録し、最大5000円分(還元率25%)のポイントを獲得しよう

(取材/元山夏香)

風呂内亜矢(ふろうち・あや)[ファイナンシャル・プランナー]
一級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士。会社員だった26歳のとき、貯蓄80万円でありながら自宅用としてマンションを衝動買い。物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯蓄を開始。年間貯蓄額を一年で6倍まで増やす。その後、自身の体験を活かしてマンション販売会社に転職。年間売上一位の実績を上げる。2013年、ファイナンシャル・プランナーとして独立。著書は『超ど素人がはじめる資産運用』(翔泳社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)、『ケチケチせずにお金が貯まる法見つけました!』(王様文庫)など多数。日常の記録にお金の情報を織り交ぜる「FUROUCHI vlog」を更新中⇒https://www.youtube.com/c/FUROUCHIvlog/

【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!
まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな“8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2022年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2022年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEXを
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~5.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
2021年2月に申し込み受付が始まった「三井住友カード」の新しいクレジットカードで、券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと、還元率5%に大幅アップ(※)するので、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどを日常的に利用する人におすすめ! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
(※ 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。)
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短翌日発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&マックで最大5%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率5%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

1.875%
(※1)
4万9500円 AMEX
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)の公式サイトはこちら
【Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのおすすめポイント】
2022年2月24日に誕生した「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)」の後継カード。SPGアメックスと同じく、通常100円につき3ポイントが貯まり、「6万ポイント⇒2万5000マイル」の高い交換レート(=還元率1.875%!)でANAやJALなどの航空会社40社以上のマイルに移行可能! しかも、ポイントの有効期限は「最後にポイントが増減した日から2年間」なので“実質”無期限でマイルを貯められるのも大きなメリット。また、世界的ホテルグループ「マリオット・インターナショナル」との提携カードなので、カードを保有するだけで上級会員資格「ゴールドエリート」が手に入り、客室のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトなどの特典が利用できる。さらに、年間150万円以上を利用したうえでカードを更新すると、シェラトンやウェスティンなどの同グループのホテルに2名まで無料で1泊できる「無料宿泊特典」(※2)がもらえるほか、年間400万円以上を利用するとワンランク上の会員資格「プラチナエリート」が手に入り、最大でスイートまでの客室アップグレード、朝食無料サービスなどの豪華特典が利用可能に! 家族カード1枚は年会費が無料(2枚目以降は年会費2万4750円・税込)になり、夫婦や家族でポイントが貯めやすくなっている。
(※1 6万ポイントを一度にマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。※2 交換レートで5万ポイントまでのホテルに宿泊可能。追加で最大1万5000ポイントを支払って、6万5000ポイントまでのホテルに宿泊することも可能)
【関連記事】
「Marriott Bonvoyアメックス」のメリットを解説!「SPGアメックス」の後継の「プレミアム」なら、年400万円の利用で「プラチナエリート」資格を獲得できる!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!(Marriott Bonvoy アメックス・プレミアム編)
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~5.5% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料の高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)通常還元率は1%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のAmazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、「ポイントップ登録(無料)」をすれば「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%に
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

0.5~2.0% 初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※1)
AMEX Suica
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、QUICPay決済を利用した場合は還元率2%に大幅アップ(※2)セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニはもちろん、マツモトキヨシやツルハグループなどのドラッグストア、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店など、QUICPayを利用できる店舗ではいつでもどこでも還元率2%になるので非常にお得! 貯まるポイントは、有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのもメリット!
※1 2年目以降1100円。ただし、年一回でもクレジットカードの利用があれば次年度以降も無料。※2 2022年10月31日までの利用分が対象で、2022年11月1日以降の還元率は未定。
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(ニューカマー部門)
「セゾンパール・アメックス・カード Digital」は、QUICPayで3%還元と超お得! 最短5分で発行できる「SAISON CARD Digital」の申し込み方法も解説!
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~5.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
2021年7月1日に発行が始まった、券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと還元率5%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 SBI証券での積立投資など、一部の支払いは集計の対象外。※2 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで5%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを解説! 同じく“実質”年会費が無料の「エポスゴールドカード」と付帯サービスなどを比較して魅力を解剖!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「au PAY カード」が“ローソンで一番得するクレジットカード”に進化! 年会費“実質”無料、通常還元率1%、ローソンで最大12%還元、auユーザー以外もお得に!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム】
年150万円利用で「無料宿泊特典」+「上級会員資格」が
もらえて得する最強ホテルカード⇒関連記事はこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら

 
 

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報