世界投資へのパスポート

底入れを模索する米国株式市場で、フェイスブック、
アマゾン、アップル、グーグルなどの決算が全滅!
「FAANG」を持っていれば儲かる時代は終わった!?

2018年11月5日公開(2018年11月5日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

アップルの決算と10年債利回りの上昇により
先週の米国株式市場は後味の悪い1週間に

 10月の急落の後、米国株式市場は底入れを模索する展開となっています。先週は3連騰し市場参加者のムードがかなり明るくなったのですが、木曜日の引け後に発表されたアップル(ティッカーシンボル:AAPL)の決算が冴えなかったこと、金曜日の雇用統計が強かったのを見て10年債利回りが再び3.2%を超えてきたことなどから、後味の悪い1週間の終わり方をしました。

 週間ベースでは、S&P500指数が+2.4%、ダウ工業株価平均指数が+2.4%、ナスダック総合指数が+2.6%でした。

■S&P500指数チャート/日足・6カ月
S&P500指数チャート/日足・6カ月S&P500指数チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 特に金曜日は、ダウ工業株価平均指数が+198.24でスタートした後、大引けは-109.91となっており、市場が未だ「病み上がり」であることを痛感させました。

「FAANG」のスランプが
米国株式市場が振るわない大きな要因に

 現在の米国株式市場に元気が無いひとつの理由は、これまで頼もしい存在だったFAANG(フェイスブックアマゾンアップルネットフリックスアルファベット)の株価がいずれも下降線を辿っていることによります。

 先週のアップルの決算をもってこれらの企業の9月期の決算が出揃ったわけですが、全部悪い決算でした。FAANGの決算が全滅することは珍しいので、もう少し詳しく見ることにします。

フェイスブックの決算では
売上高が今期も予想を下回る

 フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)の第3四半期決算は、EPSが予想1.44ドルに対し1.76ドル、売上高が予想138.2億ドルに対し137.3億ドル、売上高成長率が前年同期比+32.9%でした。

■フェイスブックの第3四半期決算
EPS 予想1.44ドル⇒1.76ドル(↑)
売上高 予想138.2億ドル⇒137.3億ドル(↓)
売上高成長率(前年同期比) +32.9%

 EPSが予想より良かった一因は、税率が当初ガイダンスより低かったためです。売上高は第2四半期に引き続き、今回も予想を下回りました。

 また、第4四半期の売上高成長率は+24〜28%になる、というガイダンスが示されました。これはコンセンサス予想の+27%を下回りました。

アマゾンの決算では
売上高が予想に届かないことが常態化

 アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)の第3四半期決算は、EPSが予想3.09ドルに対し5.75ドル、売上高が予想570億ドルに対し566億ドル、売上高成長率が前年同期比+29.3%でした。

■アマゾンの第3四半期決算
EPS 予想3.09ドル⇒5.75ドル(↑)
売上高 予想570億ドル⇒566億ドル(↓)
売上高成長率(前年同期比) +29.3%

 アマゾンも、フェイスブック同様、売上高が予想を下回ったわけですが、第4四半期の売上高に関しても予想737.8億ドルに対し新ガイダンス665億〜725億ドルが提示されました。つまり売上高が予想に届かないことが常態化しているのです。

 アマゾンは、先月、最低賃金を15ドルに引き上げると発表しています。これは今後のアマゾンの利益の圧迫要因になると思います。

アップルは
iPhoneの出荷台数が鈍化

 アップル(ティッカーシンボル:AAPL)の第4四半期(9月期)決算は、EPSが予想2.78ドルに対し2.91ドル、売上高が予想615.5億ドルに対し629億ドル、売上高成長率が前年同期比+19.6%でした。

■アップルの第4四半期決算
EPS 予想2.78ドル⇒2.91ドル(↑)
売上高 予想615.5億ドル⇒629億ドル(↑)
売上高成長率(前年同期比) +19.6%

 iPhone出荷台数は、予想4800万台に対し4690万台(前年比±0%)でした。iPhone売上高は371.9億ドルでした。さらにiPhone平均販売単価は+28%の793ドルでした。これは予想より高かったです。

 注目されたサービス売上高は、+17%の99.8億ドルでした。予想は103億ドルでしたので予想を下回ったことになります。

 第1四半期の売上高は、予想928.8億ドルに対し新ガイダンス890億〜930億ドルが提示されました。グロスマージンは、予想38.6%に対し新ガイダンス38.0〜38.5%が提示されました。

 またアップルは、次回の決算発表からiPhoneなどの出荷台数データの公表を取りやめると発表しました。

 今回の決算を見ると、iPhoneの出荷台数は予想を大きく下回っているものの、高価な新機種の投入により平均販売単価が跳ね上がったことで何とか売上高予想を達成したことがわかります。

 しかし、来期からiPhone出荷台数の数字の公表をやめるということは、「今後もiPhone販売台数は低迷すると会社側が見ているからでは?」という疑惑の念を投資家に抱かせています。

 もちろん、アップルは「単なるハードウェアの会社からサービスの会社へ脱皮中だ」と論ずることが出来ると思います。その意味でハードウェアの出荷台数データの公表を取りやめるのは自然な流れだと主張することもできます。

 ただ、肝心のサービス収入は、今回アナリスト予想を下回っているわけで、投資家が不安に思うのも当然だと思います。

ネットフリックスは
EPSの予想が立てにくい状況に

 ネットフリックス(ティッカーシンボル:NFLX)の第3四半期決算は、EPSが予想68セントに対し89セント、売上高が予想39.9億ドルに対し40億ドル、売上高成長率が前年同期比+34.0%でした。

■ネットフリックスの第3四半期決算
EPS 予想68セント⇒89セント(↑)
売上高 予想39.9億ドル⇒40億ドル(↑)
売上高成長率(前年同期比) +34.0%

 新規加入者数は、ガイダンス500万人に対し696万人でした。その内訳は、米国がガイダンス65万人に対し109万人、海外がガイダンス435万人に対し587万人でした。

 今回、EPSが予想より大きく上振れした理由は、大型テレビドラマ制作費用ならびにマーケティング費用の一部の計上のタイミングが、第4四半期にズレ込んだことによります。

 この関係で、第4四半期のEPSガイダンスは予想49セントに対し僅か23セントに下がりました。一方、売上高は、予想42.3億ドルに対し新ガイダンス42億ドルが提示されました。

 一方、第4四半期の新規加入者数は、予想750万人に対し新ガイダンス940万人が提示されました。内訳は米国が180万人、海外が760万人です。

 ネットフリックスは、新規加入者を増やすことに注力した経営を行っています。その点、今期ならびに来期の加入者が良い感じで伸びているのは心強いです。

 その反面、EPSはドラマ製作費の計上タイミングに大きく左右されており、予想が立てにくくなっています。

アルファベットの決算では
EPSは予想を上回ったものの売上高が未達

 グーグルの運営会社アルファベット(ティッカーシンボル:GOOG)の第3四半期決算は、EPSが予想10.41ドルに対し13.06ドル、売上高が予想340億ドルに対し337.4億ドル、売上高成長率が前年同期比+21.4%でした。

■アルファベットの第3四半期決算
EPS 予想10.41ドル⇒13.06ドル(↑)
売上高 予想340億ドル⇒337.4億ドル(↓)
売上高成長率(前年同期比) +21.4%

 アルファベットは、前回の決算こそちゃんとした数字を出したものの、その前は予想に未達でした。今回、売上高が再び予想に届かなかったことで、「アルファベットはコンスタントに良い決算を出せない会社になりつつある」という投資家の疑いが確認されたカタチになりました。

 とりわけ今期の税率は僅か9%であり、これがEPSが予想を上回った主因でした。

盲目的に「FAANG」を持っていれば
儲かる時代は終わった!

 各社の来年にかけての売上高ならびにEPSの成長率をみると、いずれも今年より大幅に鈍化しています。一般に、成長が鈍化する局面でその株がこれまでの株価評価、つまり株価収益率(PER)を維持することはかなり困難です。

 このことから、何も考えずFAANGを持っておけば儲かる時代は終わったと考えて良いでしょう。

 その場合、問題になるのはFAANGがS&P500指数の13%を占めていることで、これらの銘柄にブレーキがかかると米国株式市場の指数そのものも上昇しにくくなる懸念があります。

 それに加えて、金曜日の非農業部門雇用者数が+25万人と強かったことで、再び長期金利には上昇プレッシャーが働いています。

 つまり、全体として米国株は今が買いチャンスであると思いますが、いろいろ障害もあるということです。

【今週のまとめ】
相場は上向きを予想しているが
一筋縄では行かない相場に

 先週の米国株式市場は、値ごろ感からバーゲンハンティングの買いが入りました。しかし長期金利の上昇、アップルの悪決算で週末の引け味は悪かったです。基本、相場は上を予想していますが一筋縄では行かないかもしれません。

【今週のピックアップ!】
「Jリート」の6銘柄で、利回り4%超+毎月分配金がもらえるベストな組み合わせを伝授! 投資額120万~180万円で「Jリート」の毎月分配型ファンドを作ろう
ソフトバンクのIPO(新規上場)株は、上場後40日目まで上昇する!? 過去の超大型IPOのデータをもとに、上場時のソフトバンクや市場全体の値動きを大胆予想
【2019年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ANAアメックスならANAマルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報