世界投資へのパスポート

【米国株】「デュオリンゴ」は米国株式市場で今、最も
注目のIPO株! 世界で5億人が利用する「外国語学習ア
プリ」は、TOEICに代わる“英語力検定”としても普及!

2021年7月26日公開(2021年7月26日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●脱炭素 ●水素 ●全固体電池
●次世代型太陽電池 ●再生可能エネルギー ●バイオマスプラスチック
●抗原検査 ●行政デジタル化 ●EC(ネット通販)
●GoToトラベル ●鬼滅の刃 ●子ども庁
●米株/好決算 ●米株/旅行 ●米株/EV
●米株/製薬会社 ●米株/ワクチン ●米株/燃料電池
●米株/GAFAM ●米株/クルーズ船 ●米株/金(ゴールド)

英語学習アプリの「デュオリンゴ(DUOL)」が
7月28日、ナスダックにIPO(新規株式公開)!

デュオリンゴ公式サイトより

 今週は、世界に5億人のユーザーを持つ外国語学習アプリを提供し、7月28日にナスダック市場へIPO(新規株式公開)するデュオリンゴ(ティッカーシンボル:DUOL)を取り上げます。

 今回のIPOで売り出されるのは511万株で、価格設定は85〜95ドル。幹事証券は、ゴールドマンサックスとアレン&カンパニーとなっています。

「デュオリンゴ」はカーネギー・メロン大学の教授が創業!
外国語学習サービスを提供しているが、その本質はテクノロジー企業

 デュオリンゴは、カーネギー・メロン大学のコンピュータ・サイエンスの教授、ルイス・フォン・アンと、彼の生徒として博士課程を履修していたセヴェリン・ハッカーによって2011年に創業されました。その時点でルイス・フォン・アンは、すでにリキャプチャーという不正検出技術の会社を興した後、グーグルに売却した経歴を持っていました。また彼は、ウェブを通じて自動車保険を提供しているルート(ティッカーシンボル:ROOT)の取締役でもあります。

 ルイス・フォン・アンは、スマホが世界に普及していることから、スマホアプリを通じて教育コンテンツを提供するビジネスを始めたいと考えました。その際、別にどの科目から始めても良かったのですが、「世界には外国語を勉強している人が18億人存在しており、とりわけ、英語を母国語としない国の人たちが英語を勉強すると、より良い雇用機会に恵まれて収入もアップする」という世界共通の現象に目をつけ、まず外国語会話を習得するアプリから始めることを決心しました。

 つまりデュオリンゴは、テクノロジーと学習を合体させることを目的としたプラットフォームであり、外国語という教材は、たまたま「潜在顧客が最も多いから」という理由で手始めに選択されたに過ぎません。言い換えれば、デュオリンゴはあくまでもテクノロジー企業であると言えるでしょう

 ちなみに、デュオリンゴは創業者がカーネギー・メロン大学の教授である関係で、本社所在地が同大学のあるペンシルバニア州ピッツバーグだという点もユニークです。

「ゲーミフィケーション」でユーザーのモチベーションを維持しつつ、
「AI」によるアルゴリズムで苦手な課題を克服させる

 外国語学習で最も難しいのは、言葉そのものではなく、継続するモチベーションを維持することです。この点を重視したデュオリンゴは、学習アプリを徹底的にゲーミフィケーション(ゲーム要素を取り入れ、それ自体を楽しみながら利用できるようにすること)の考え方を取り入れ、楽しく学習を続けられるための工夫をたくさん盛り込みました

 例えば、画面上のちょっとした設問やレイアウトを決定する場合でも「A/Bテスト」、つまり「こっちの画面Aとこっちの画面Bでは、どちらがユーザーのエンゲージメントを高めることができるか」をいちいちテストし、常にユーザーのモチベーションが最大になるように工夫しています。

 この関係から、デュオリンゴで外国語を勉強しはじめると、まるでネットゲームをやる感覚で病みつきになってしまいます。この楽しさこそがデュオリンゴの強みであり、熱心なファンが多い理由です。

 デュオリンゴにはまったユーザーは、その存在をクチコミで友達に紹介するため、デュオリンゴはマーケティングにあまり費用をかけていません。その代り、より有効でエンゲージメントを高めるコンテンツをつくるため、エンジニアへの投資をガンガン行っています。

 現在、デュオリンゴでは40種類の言語を学ぶことができ、月次アクティブユーザー数は4000万人です

 ユーザーは、毎日5億回の練習問題を解いており、デュオリンゴは、その回答から「次にどのように設問を設ければ良いのか」という洞察を得ています。

 また、問題を提示するにあたっては、アルゴリズムがユーザーのレベルを絶えずモニターすることで本人が間違った問題をきちんと覚えておき、次回その間違いを矯正するような問題をぶつけるということも行います。つまり、AI(人工知能)との対話を通じて、どんどん外国語の習得を加速させることを狙っています

「デュオリンゴ」が実施する英語テストは、スマホから受験でき、
TOEFLに代わるテストとして有名大学でも採用!

 デュオリンゴは、2016年から英語力テストも実施しています。これはTOEICやTOEFLなどに替わる英語力検定であり、1回49ドルで自分のスマホから受験することができます。

 このテストはすでにかなり普及しており、例えばイェール大やコロンビア大、デューク大、ジョンズ・ホプキンス大などの有名大学では、入学の判定条件のひとつとしてTOEFLではなくデュオリンゴの英語力テストでもOKとしています

サブスクリプションを採用することで安定した売上を確保!
現在、売上高の73%をサブスクリプション収入が占める

 デュオリンゴは無料ではじめることができますが、その場合、画面に広告が入ります。広告なしで学習しようと思えば、サブスクリプション(定期購読)に登録する必要があります。つまりデュオリンゴは、最初は無料でサービスを利用させ、その後で課金させるという、いわゆる「フリーミアム・モデル」を採用しています

 現在、デュオリンゴの売上高の73%がサブスクリプション収入で、現在、月次アクティブユーザーの4%が課金顧客になっています。サブスクリプションは1カ月(月12ドル99セント)、半年(月7ドル99セント)、1年(月6ドル67セント)から選ぶことができます。

 ユーザーが課金すると決めてお金を払ったら、その代金は「ブッキングス」という名目でデュオリンゴに入金されます。

 デュオリンゴの数字を分析する場合、この「ブッキングス」は「受注残」と同じように考えていいと思います。それというのも、米国で一般に受け入れられている会計原則では、ソフトウェア企業は契約の期間(デュオリンゴの場合1カ月から1年)に案分比例する形で徐々に売上高を計上していかなければならないからです。

 なお、デュオリンゴの2020年の売上高は1.61億ドルで、そのうちサブスクリプション売上高は1.18億ドル(前年同期比+114%)でした。粗利益は1.16億ドルで、粗利益率は72%。そして、純利益は-1578万ドルで、営業キャッシュフローは1771万ドルと黒字でした

 なお、デュオリンゴのベンチャー・キャピタルはニュービュー、ユニオン・スクエア、キャピタルG、クライナー・パーキンス、ゼネラル・アトランティックで、良い顔ぶれと言えるでしょう。

【今週のまとめ】
外国語学習アプリを提供する「デュオリンゴ」は、
今、米国株式市場で最も面白いIPOのひとつ!

 7月28日にナスダック市場にIPOを予定しているデュオリンゴは、外国語の学習アプリを提供している会社です。学習アプリにゲーミフィケーションの考えを持ち込んだことに加え、AIにより自分のレベルにマッチした練習問題が出されることで、比較的容易に外国語をマスターできることが特徴となります。

 クチコミでユーザーが広がっており、マーケティングにあまりコストをかけなくて済むことから、黒字化のメドが立っているのも強みです。

 今、米国株式市場で最も面白いIPOのひとつなので、ぜひチェックしてみてください。
【※関連記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
値上がり益も狙える「高配当な成長株」2銘柄を紹介! 半導体関連の中で割安感が目立つ「日本ピラー工業」、業績が上ブレする余地がある「ノーリツ」をチェック!

定期預金の金利が高い銀行ランキング![2021年・夏] 夏のボーナスは、メガバンクの125倍以上も高金利な「SBJ銀行」など、お得な銀行に預けるのがおすすめ!

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●脱炭素 ●水素 ●全固体電池
●次世代型太陽電池 ●再生可能エネルギー ●バイオマスプラスチック
●抗原検査 ●行政デジタル化 ●EC(ネット通販)
●GoToトラベル ●鬼滅の刃 ●子ども庁
●米株/好決算 ●米株/旅行 ●米株/EV
●米株/製薬会社 ●米株/ワクチン ●米株/燃料電池
●米株/GAFAM ●米株/クルーズ船 ●米株/金(ゴールド)

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2021年9月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4200銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
4200銘柄以上の米国株と2600銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数の多さはトップクラス米国株は最低手数料0ドルから購入可能買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。さらに中国株の手数料は業界最低レベルで、約定金額の0.275%(下限49.5香港ドル~上限495香港ドル)。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件クリアすれば銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4200銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。また、2021年4月から米国株式取引専用の「米国株アプリ」が登場した。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4000銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&激辛診断
株主優待のきほん

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株激辛診断]

◎第1特集
日経平均は3万円突破! 上昇の波に乗れ!
人気の株500激辛診断【2021年秋版】

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマから見つける
・第1四半期で上方修正した株
・赤字から脱却し黒字に転換した株
・脱炭素社会を支える技術株
・5大ランキング
・第1四半期の進捗率が高い株
・2アナリストが強気な株
・配当利回り高い株
・初心者必見の少額で買える株
・理論株価よりも割安な株


●2021年秋のイチオシ株を公開
・10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート

◎第2特集
10倍株や利回り6%超の株も
米国株150オススメ&激辛診断

●代表株8銘柄を定点観測!
・GAFAM+α
(テスラ、ネットフリックスほか)
・いま買いのオススメ株
・高成長株&高配当株

●だれもが気になる人気株
・ナスダック株
・ニューヨーク証券取引所株

●3カ月先の相場をプロが先読み! 
NYダウ&ナスダック指数予測

◎第3特集
SNSで注目の
個人投資家21人と桐谷さんが激オシ!
株主優待 ベスト94銘柄

●優待のきほん
●2021年10月ー22年3月各月に
権利確定のオススメ優待株

◎第4特集
こんな営業トークに要注意!
投資信託のウソに騙されるな!


◎別冊付録
割安・割高が一発でわかる!!
全上場3806銘柄の最新理論株価!

◎連載も充実!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資! AKB48
●武藤十夢のわくわくFX生活!ライフ
●株入門マンガ恋する 株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国


【重要】
>>新型コロナウイルス感染症による定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報