クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2019年2月17日 ポイ探ニュース

「アメックス・プラチナ」に付帯するレストラン特典
「2for1ダイニング by招待日和」の使い方を解説!
高級レストランの食事代が1名分無料になってお得!

「FURUYA augastronome」の外観

 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」には、対象レストランで2名以上のコース料理を予約すると1名分が無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」という特典が付帯する。「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」にも、名称こそ違うものの「2 for 1 ダイニング by招待日和」という同様のサービスが付帯する。
【※関連記事はこちら!】
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?

 今回、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の「2 for 1 ダイニング by招待日和」を実際に使ってみたので、使い方などを紹介したい。
【※関連記事はこちら!】
「アメックス・プラチナ」は、招待不要で申し込める最強のプラチナカード! 年会費は13万円と高額だが、空港やホテル、コンシェルジュのサービスはピカイチ

「2 for 1 ダイニング by招待日和」を使って
レストランを予約する方法を解説!

 「2 for 1 ダイニング by招待日和」を利用するには、「招待日和」のWebサイトからアクセスするのではなく、アメリカン・エキスプレスの「プラチナ・ウェブ」から「ライフスタイル」⇒「ダイニング」⇒「2 for 1 ダイニング by招待日和」というようにアクセスする必要がある。

 そして、「ご登録、ご予約はこちら>>」をクリックすると、「招待日和」のWebサイトにアクセスできる。なお、アクセスしたページのURLをコピーしたり、ブラウザのお気に入りに登録したりしても、直接アクセスすることはできないので、毎回同じように「プラチナ・ウェブ」からアクセスする必要がある。

 なお、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」に付帯する「プラチナ・グルメセレクション」など、別の招待日和のアカウントを保有していたとしても、別途「2 for 1 ダイニング by招待日和」のアカウントが必要になる。
【※関連記事はこちら!】
「MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード」は年会費が2万円と高額だが家族カードが1枚無料!付帯サービスも豊富でプラチナカード初心者に最適!

 今回利用するレストランは、赤坂にあるフレンチレストラン「FURUYA augastronome(フルヤ オーガストロノム)」だ。さっそく、Webサイトにある内容を確認して「メール予約」ボタンをクリック。

 ログイン画面が表示されるため、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」で登録したアカウントでログインした。予約希望日、予約時間、コース、利用人数、アレルギーの有無などを入力して、「内容を確認する」ボタンをクリック。確認画面で問題なければ「これで予約する」をクリックする。

 登録したメールアドレスに予約結果のメールが送られ、予約が確定された。

「2 for 1 ダイニング by招待日和」を利用したことで、
1名分のコース料金1万5000円が無料に!

 「FURUYA augastronome」のコース「SPECIAL」は、1名につき1万5000円(税抜、サービス料、飲み物代別)となる。今回は「2 for 1 ダイニング by招待日和」を利用しているので、2名で食事しても会計は1名分の1万5000円(税・サ抜)になる

 「FURUYA augastronome」の料理についても紹介しておこう。最初に提供されたのが「ハンガリー産フォアグラのテリーヌとアイスクリーム パッションフルーツとカフェのジュレ添え」。

「FURUYA augastronome」の「ハンガリー産フォアグラのテリーヌとアイスクリーム パッションフルーツとカフェのジュレ添え」

 キノコ類が苦手な筆者はその旨を事前に伝えていたので、その後に運ばれてきた「大分県産地鳥卵”蘭王”の64℃44分火入れ 赤ワインソーストリュフの香り」にトリュフは入っていなかった。しかし、海老が食べられない場合などは海老の代わりの食材が用意されるが、毎回、トリュフだけは別の食材にならず、単純に取り除かれる。トリュフの代わりになるような食材はないということだろうか。

「FURUYA augastronome」の「大分県産地鳥卵”蘭王”の64℃44分火入れ 赤ワインソーストリュフの香り」

 デザートの後には、コーヒーや紅茶が運ばれてきた。

「FURUYA augastronome」のデザート

 店内の雰囲気はよく、平日にもかかわらずお客さんは多かった。機会があればまた利用したい。

Uberの「ハイヤー」「ブラックVAN」の料金体系は
2017年11月30日から「高速道路料金込み」に変更

 さて、せっかく1名分のコース料金1万5000円が浮いたので、配車サービスの「Uber」で自宅まで帰ることにした。
【※関連記事はこちら!】
GrabTaxi(グラブタクシー)、Uber(ウーバー)、シンガポールで人気のタクシー配車アプリを紹介!便利&低料金の配車サービスは日本で普及するか?

 お店の中でUberを起動すると、付近にUberの車がたくさん走っていることがわかる。配車依頼をしてしばらくすると、アルファードが到着した。

 運転手さんが「高速を利用するルートが早いですが、高速に乗りますか?」と聞いてきたので、「下道でいいです」と答えた。すると、「Uberには高速料金が含まれているので、別途料金はかからない」とのことだったので、高速を使ってもらうことにした。高速を使っただけあって、あっという間に自宅に到着。

 あとで調べてみると、2017年11月30日から、Uberの「ハイヤー」および「ブラックVAN」の料金体系は「高速道路料金込み」に変わっていたようだ。1kmあたり309円から329円に値上げとなっていたが、「ハイヤー」「ブラックVAN」の利用で高速道路を使えば、今までよりも早くかつ安く目的地まで着く可能性もある。

 Uberでかかった料金は約6000円。これを踏まえても1万円ほど安く食事できたので、「2 for 1 ダイニング by招待日和」がいかにお得かがわかる。

 以上、今回は、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」に付帯する「2 for 1 ダイニング by招待日和」について解説した。