株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2019年3月22日 ザイ編集部

投資初心者でも買いやすい「10万円株」の有望銘柄を
紹介! 来期は2ケタ増益予想の「ラック」、海外での
成長を目指す「ルネサスエレクトロニクス」に注目!

投資初心者やNISA枠での投資に向いている、アナリストの“お墨付き”の「10万円株」2銘柄を紹介!

発売中のダイヤモンド・ザイでは、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500激辛診断」の2019年春版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、さまざまな視点からプロが厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価をつけている。

特集内では、アナリストが「強気」や「買い」と太鼓判を押す銘柄の中から、「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」などのカテゴリー別に注目銘柄を紹介している。ここでは10万円台以下で投資できる「10万円株」のカテゴリーから、注目の2銘柄を紹介しよう!

先行投資が実を結び、来期も業績拡大が続く「ラック」、
株価の反発が期待できる「ルネサスエレクトロニクス」に注目!

 少額で投資できる「10万円株」は、株初心者でも分散投資しやすいほか、余ったNISA枠を有効活用できるのがメリット。発売中のダイヤモンド・ザイでは、2020年3月期も業績が堅調で、高値更新の可能性が高い「10万円株」7銘柄をピックアップしているが、今回はその中から2銘柄を抜粋して紹介しよう(※銘柄診断は、アナリストなど専門家20名で構成された「ダイヤモンド・ザイ「人気500銘柄分析チーム」が担当。株価などのデータは2019年3月1日時点)。

 まずは、16万円で投資できて、プロの診断も「買い」の「ラック(3857)」。

 「ラック」の業績は、セキュリティ運用監視サービスのほか、コンサルティングサービス、製品販売などが好調に推移している。

 これまでは市場の拡大を見据えて先行投資を膨らませてきたが、今後はその効果が業績を押し上げる局面に。市場の拡大を上回るペースでの成長が期待され、2020年3月期も2ケタ増益が見込める。セキュリティ関連の中核銘柄として評価が続くとみられ、株価も2018年10月に付けた高値2200円台の水準を、再び試す展開が想定できそうだ。

 次に紹介するのは、7万円で買えて、プロの投資判断が「強気」の「ルネサスエレクトロニクス(6723)」。

 「ルネサスエレクトロニクス」は、車載用マイコンで世界トップクラスの企業。米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー社の買収など、海外での成長を目指す一方、国内は再編を進めている。

 前期は自動車・産業分野での需要軟化や、適正在庫水準を目指した生産抑制で2ケタ減益に。今第1四半期見通しも市況低迷を見込む厳しい内容となっており、一部工場の停止も検討しているが、第1四半期から第2四半期にかけて比較的大きな売上の伸びが見込まれる。半導体市況の底打ち感も徐々に意識されれば、株価は反発も。

人気の株500銘柄の”激辛診断”は、
ダイヤモンド・ザイ5月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ5月号

 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500激辛診断 2019春 」では、日本株で注目度の高い人気500銘柄+Jリートを、「10万円株」のほか「高配当株」「株主優待株」「大型株」「新興株」などのセクター別に、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階でプロが評価! また、「配当利回りが高い株ランキング」「初心者必見の少額で買える株ランキング」など5つの銘柄ランキングも掲載しているので、ぜひ活用してほしい。

 ダイヤモンド・ザイ5月号では、ほかにも「億を作った勝ち組から学ぶ 株入門!」「新入社員&初心者は必見! 資産づくりガイド」「確定拠出年金(企業型DC、iDeCo)基礎のキソ&商品の選び方」「主要10銀行の ATM&振込手数料を徹底比較!」「口座開設無料9社が扱うiDeCoの全投信201本 コスト&成績を大公開」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録として「上場全3715銘柄の理論株価 ─ 儲かる4大ランキング付き」を用意! 12月期決算企業の最新決算で理論株価が一変しているので、チェックしてみてほしい。

ダイヤモンド・ザイ5月号は、全国の書店や楽天ブックスにて好評発売中!