株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2019年12月22日 ザイ編集部

「配当利回りが高い株ランキング」と「少額で買える
株ランキング」の上位5銘柄を発表! アナリストの投
資判断が“強気”で、利回り5%超のSUBARUに注目!

楽天ブックスで買う
amazonで買う

「配当利回りが高い株」と「アナリストが太鼓判を押す少額で買える株」ランキングの上位5位、全10銘柄を大公開!

発売中のダイヤモンド・ザイ2020年2月号は、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500+Jリート14【激辛診断】」の2020年・新春版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄とJリートを、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。

また、アナリストが「強気」や「買い」と“太鼓判”を押した銘柄を対象に、「アナリスト予想が会社予想より強気な株」「通期予想に対して進捗率が高い株」「配当利回りが高い株」「初心者必見の少額で買える株」「理論株価よりも割安な株」という5つのランキングを作成し、掲載している。

今回は特集の中から「配当利回りが高い株」と「初心者必見の少額で買える株」のランキングの一部を抜粋するので、投資の参考にしてほしい(※配当利回りや最低投資額は12月4日時点。銘柄診断は、アナリストなど20名から構成された「ダイヤモンド・ザイ人気500銘柄分析チーム」が担当)。

「配当利回りランキング」で1位のSUBARUは利回り5.01%!
利回り4%超で最低投資額5万円台のVTホールディングスにも注目

配当利回りが高い株ランキング

 まずは、「配当利回りが高い株」のランキングを紹介! ダイヤモンド・ザイ2月号では上位15位まで紹介しているが、ここでは1~5位までを抜粋しよう。

 1位にランクインしたのはSUBARU(7270)で、配当利回りは5%台と高水準。2~5位には、配当利回りが4%台の銘柄が並んだ。三井住友フィナンシャルグループ(8316)など、株価が安定的な大型株が多いなか、VTホールディングス(7593)のように、10万円以下の資金で気軽に買えるものもあるので注目したい。
【※関連記事はこちら!】
配当利回り4%以上で、アナリストが“強気”と評価する「高配当株」2銘柄を紹介! 業績回復の「SUBARU」と自動車ディーラーの「VTホールディングス」に注目

「配当利回りが高い株」ランキング・ベスト5

  配当利回り 最低投資額(12/4) 投資判断 最新の株価
1位 SUBARU(7270・東1)
5.01% 29万円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
2位 三井住友フィナンシャルグループ(8316・東1)
4.52% 40万円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
3位 コマツ(6301・東1)
4.30% 26万円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
4位 オリックス(8591・東1)
4.23% 18万円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
5位 VTホールディングス(7593・東1)
4.22% 5万円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
※配当利回り、最低投資額は2019年12月4日時点。

「少額で買える株ランキング」は1~4位まで最低投資額2万円台!
株初心者のほか、複数の銘柄に分散投資したい投資家も必見!

少額で買える株ランキング

 次のランキングは、初心者でも買いやすい「少額で買える株」のランキングだ。株価が安い銘柄は、業績が悪いなど、不安要素を抱えたものも多いが、ここに登場する銘柄は、すべてアナリストが「強気」という診断を下したものばかり。ダイヤモンド・ザイ2月号では、ランキングを上位15位まで紹介しているが、15位までの全銘柄が、10万円以下で投資できる。

 特に、1位の岡本硝子(7746)や2位のRIZAPグループ(2928)など、上位4銘柄までは2万円台で買うことが可能。分散投資先を探している人、複数単元を買いたい人にもぴったりなので、検討するといいだろう。
【※関連記事はこちら!】
2019年の「NISA」枠が残っているなら「高配当株」が狙い目! アナリストのおすすめは“10万円以下”の少額で買える「五洋建設」や「センコーグループHD」

「初心者必見の少額で買える株」ランキング・ベスト5

  最低投資額(12/4) 投資判断 最新の株価
1位 岡本硝子(7746・東J)
2万3000円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
2位 RIZAPグループ(2928・札A)
2万5600円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
3位 セプテーニ・ホールディングス(4293・東J)
2万7600円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
4位 JPホールディングス(2749・東1)
2万9700円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
5位 セブン銀行(8410・東1)
3万4400円
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
※最低投資額は2019年12月4日時点。

 なお、ダイヤモンド・ザイ2月号では、これら「配当利回りが高い株」「初心者必見の少額で買える株」のランキングを15位まで紹介している。そのほか、「アナリスト予想が会社予想より強気な株」「通期予想に対して進捗率が高い株」「理論株価よりも割安な株」のランキングも掲載しているので、ぜひ誌面でランキングの全貌をチェックしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
「業績予想の上方修正が期待できる10銘柄」を発表!“業績の予想がアナリスト予想より控えめな銘柄”と、“通期予想の進捗率が高めな銘柄”の上位5銘柄を公開!

人気の500銘柄+Jリートの「激辛診断」を公開!
ダイヤモンド・ザイ2月号をチェック!

ザイ2月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ2020年2月号の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500+Jリート14【激辛診断】2020年・新春版」を一部抜粋した。特集内では、日本株の中で人気の500銘柄+Jリートを「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階でアナリストが評価! さらに、「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「大型株」「新興株」などのジャンル別で、「買い」「強気」の銘柄を公開しているので、投資先選びの参考にしてほしい。

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ2月号は、「2020年 株&投資信託【全予測】」「桐谷さん+億超え投資家5人の2019年の成績&2020年の戦略」「読者のナマの声が聞ける! 2019年【投資の大反省会】」「とってもやさしい【ペイ活】入門」「投資信託の販売手数料がすべて無料へ!」「人気のロボアド投信ってどうなの?」「親ともめない実家の片づけワザ」など、お得な情報が盛りだくさん!

 また、別冊付録は「全上場3752銘柄の最新【理論株価】」! 中間決算を反映し、すべての上場銘柄の理論株価を紹介するほか、理論株価よりも割安な「買い」の銘柄もピックアップしているので、年末年始に投資の戦略を練りたい人は必見だ!

 ダイヤモンド・ザイ2月号は、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!