株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2020年1月27日 ザイ編集部

配当利回りが高くて、増配も期待できる「高配当株」
2銘柄!“累進配当”で減配リスクが低い「三菱商事」、
“10期連続増配”を達成している「オリックス」に注目

配当利回りが高いだけでなく、業績の安定感があって「増配」も期待できる、アナリスト注目の「高配当株」は三菱商事(8058)オリックス(8591)

ダイヤモンド・ザイの大特集は、「2020年の【最強日本株】」! 2020年に値上がりしそうな注目株を「5万円株」「高配当株」「10倍株」「株主優待株」「大型安定株」「IPO株」といった部門別に紹介するほか、アナリストなどのプロ25人による日経平均株価の値動き予測や、2020年の注目イベントを考慮した、投資戦略の立て方も取り上げている。

今回はこの特集から、配当利回りが4%超の「高配当株」で、業績面でも安定感があり、さらなる増配も期待できる2銘柄を紹介! 配当を重視しながらコツコツ運用したい人は必見だ!
【※関連記事はこちら!】
株主優待株や増配株で稼ぐ“コツコツ”投資家4人が投資成績や保有銘柄を告白! 投資するタイミングのほか、優待株のメリットや高配当株に潜むリスクなどを解説

「累進配当」を継続し、増配の期待が高い三菱商事や、
大阪IR誘致で大型投資に踏み切るオリックスが狙い目!

 高い配当収入が魅力の「高配当株」。相場が軟調なときでも、比較的株価が底堅いことも強みだ。ダイヤモンド・ザイでは、事業内容が安定していて高収益であるがゆえに、今後の増配も期待できる「高配当株」を12銘柄ピックアップ。各銘柄を「オリンピック選手」になぞらえて、「攻撃力(成長度や予想ROEなど)」や「防御力(割安度、利回りなど)」といった“選手データ”を掲載し、それぞれの力量やアナリストからの人気度により、各銘柄を「金メダル」「銀メダル」「銅メダル」などとランク付けしている。今回はその中から「金メダル」と「銀メダル」の2銘柄を抜粋しよう!(※銘柄分析はアナリストなど専門家25名が担当。株価や配当利回りなどのデータは2020年1月6日時点)

 まず「金メダル」に輝いたのは、言わずと知れた大手総合商社で、配当利回り4.58%の三菱商事(8058)だ。

 2021年に向けた中期経営計画では「累進配当」を継続するとしている。累進配当とは、減配せず、配当を維持、もしくは利益成長に合わせて増配する配当方針のことで、公表して行っている企業は少ない。また、中期経営計画では、配当性向を35%程度に引き上げる方針も示している。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること!実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

 足元は、LNG(液化天然ガス)事業などが不振で、海外子会社の不正取引なども影響し、今期は減益予想だが、来期は増益となる見通し。風力などの新エネルギー分野でのサービス開拓にも取り組む。

 PERやPBRなど、指標面の安さが目立っており、アルゴナビスの清水洋介さんは、「世界的なカネ余りの中で、資源価格の永続的な下落は考えにくい。この先大きく減益とならなければ、割安銘柄見直しの中で買い直される」と見ている。クォンツ・リサーチの西村公佑さんも、「商社全般が指標面で割安だが、三菱商事はPER8.5倍、PBR0.8倍、予想配当利回り4.58%と、総合商社の中でも出遅れ感がある」とする。
【※関連記事はこちら!】
「高配当+株価上昇」が期待できるアナリスト推奨の2銘柄!“ロボティクス”で増益期待の「ヤマハ発動機」、“5G”と“電気自動車”関連の「住友電気工業」に要注目!

 続いて、「銀メダル」を獲得したのは、株主優待も人気のオリックス(8591)だ。

 2019年3月期までに10期連続で増配を行ったオリックス。株主還元に前向きで、自社株買いや株主優待にも積極的だ。配当性向は30%を目安とする。
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 金融業務のほか、リース、不動産、生保など多角化を進める。海外事業にも積極的だ。国内の大型案件としては、2019年に米国のIR(統合型リゾート)運営大手のMGMリゾーツ・インターナショナルとパートナーシップを組み、大阪での日本版IR事業に名乗りを上げた。今夏にも出る結果が注目される。

 日本ビジネスイノベーションの西堀敬さんは、「金融緩和が続く中、積極的な投資で業績好調を維持。国内は大阪IRの誘致に伴う投資、海外は米国のローン・運用事業、欧州の航空機リース事業が牽引」と評価している。内藤証券の高橋俊郎さんも「大阪でのIR誘致が決定すれば、2022~2025年に6500億円規模の大型投資となる計画で、業況拡大に大きく貢献へ」とする。
【※関連記事はこちら!】
「2020年に買いたい株」ランキング上位5銘柄を発表! 1位は配当利回り6%超の「JT(日本たばこ)」、2位は株主優待が大人気の「すかいらーく」がランクイン!

2020年に値上がりが期待できる「最強日本株」を紹介!
ダイヤモンド・ザイ3月号をチェック!

ザイ3月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイの大特集「2020年の【最強日本株】」から、アナリストが高く評価する「高配当株」を2銘柄抜粋した。誌面では、ほかにも注目の高配当株を10銘柄紹介。加えて、「5万円株」「10倍株」「株主優待株」「大型安定株」「IPO株」などの部門でも、有望株をたっぷり紹介しているので、誌面も併せてチェックを!

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイは「スマホやパソコンでラクラク作成【確定申告】(2020年最新版)」「2020年こそ株デビュー!」「コストや分配金のギモンが丸わかり! 投信入門」「ネット証券の手数料を徹底比較!」「定年退職までのロードマップ~退職金専用の定期預金って?~」「早期退職優遇がいま増えるワケは?」など、お得な情報が盛りだくさん!

 また、別冊付録は「メルカリ&ラクマ大研究」! メルカリとラクマは、初心者でも簡単に不要品を売買できることで話題のフリマアプリ。この付録では、初心者向けに始めるときの手順や、上手に活用するコツなどを紹介しており、今後、不要品を断捨離しながらお小遣い稼ぎをしたい人なら必見だ!