ダイヤモンドZAi最新記事
2021年8月28日 ザイ編集部

「株価10倍株(テンバガー)」候補の「ENECHANGE」と
「JMDC」に注目!“健康寿命の延伸”や“脱炭素”など、
どちらも「国策テーマ株」で、中長期の成長は既定路線

楽天ブックスで買う
amazonで買う

株価10倍も夢じゃない「大出世株」2銘柄! ヘルスビッグデータが強みの「JMDC(4483)」と、脱炭素社会のエネルギーテック企業「ENECHANGE(4169)」に注目!

発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「最強日本株【2021年・夏】」! この特集では「5万円株」「高配当株」「株主優待株」「脱コロナ株」「安定大型株」「大出世株」という6つのジャンル別に、アナリストが選んだ”最強”の日本株を紹介! また、ストラテジストによる「2021年8月~2022年7月までの日経平均株価の予測」や「今後の日本株市場で勝つための投資戦略」も取り上げているので、投資の参考になるだろう。今回はこの大特集から、注目の「大出世株」2銘柄を公開!
【※関連記事はこちら!】
「高配当なのに割安」で、投資判断が“買い”の2銘柄! 利回り5.4%でPERもPBRも割安な「三井住友FG」や、30期超も減配なしで利回り4.9%の「武田薬品」に注目

健康寿命延伸に向けた国策が追い風になる「JMDC」や、
電力各社の競争激化で波に乗る「ENECHANGE」に注目!

 飛ぶ鳥を落とす勢いで業績拡大を続ける、または株価を押し上げる強い材料を持っている成長株を、ダイヤモンド・ザイ10月号では「大出世株」と呼んでいる。大出世株は、株価が膨れ上がって「テンバガー(10倍株)」になる可能性も秘めているので、早いうちからチェックしておきたいところ。ダイヤモンド・ザイ10月号では、アナリストなど18人の投資のプロに、注目すべき「大出世株」を挙げてもらっている。ここではそのうちの2銘柄を紹介しよう!(※以下、株価や配当利回りなどのデータは8月4日時点。その後、株価が大幅に上昇している銘柄もあるので、最新の株価も併せてチェックしてほしい)

 一つ目の「大出世株」は「JMDC(4483)」だ。

 JMDCは保険事業支援サービスや健康ポータルサイトを運営する企業。ヘルスビッグデータが強みで、活用ニーズが一段と拡大している。厚生労働省が、健康寿命の延伸に向けて健康・医療・介護施策にヘルスビッグデータの活用を推進しているのが追い風で「主力のヘルスビッグデータ事業は中長期的に高成長が続く可能性大。遠隔医療事業も、コロナを機に業績の拡大期が続く期待が大きい」(株式アナリスト・佐藤勝己さん)。

 フェアトレードの田村祐一さんは「健康保険組合の医療データが、製薬会社や生命保険会社向けに需要が高く、売上が拡大中。医療データは他社の参入障壁が非常に高い。株価も2019年末の新規上場後、上昇トレンドを形成しており、高値更新に期待」と分析。

 フィスコの小林大純さんも「東証マザーズ市場で時価総額上位。東証1部や東証再編後の新市場『プライム』への昇格期待も高い」とみている。「国策に売りなし」と言うように、中長期で成長が見込める銘柄だ。
【※関連記事はこちら!】
2021年7月の「IPO」9銘柄の中で、高成長に期待の2銘柄を紹介! 人材関連の「サーキュレーション」やAI関連銘柄の「ブレインズテクノロジー」が狙い目!

 続いて紹介する「大出世株」はENECHANGE(4169)だ。

 ENECHANGEは電力・ガスの切替サイトを運営する企業。昨今、電力各社の競争が激化しているが、フィスコの小林大純さんによると「電力各社は顧客獲得のための費用を積極投下しており、電力・ガス切替サイトは契約時の一時報酬単価が急伸。さらに、契約が継続する限り電力・ガス代の一定割合を受領できる好条件です」とのことだ。また、個人向けだけでなく法人向けにもサービスを展開。メガトレンドである「脱炭素社会」のエネルギーテック企業としても注目を集めている。

 フェアトレードの西村剛さんは「今の電力切替のシェアは1%程度と少ないが、逆に今後の拡大余地が十分。短期的には、先行投資により利益が出にくい体質だが、想定を超える切替件数で直近決算も黒字着地。電力データの自由化が2022年に予定されており、ビジネスチャンスは大きい」と指摘。

 内藤証券の高橋俊郎さんは「エネルギー分野は国策による制度変更が続く。電気自動車関連サービスや、第三者が発電所と同等のサービスを提供できるVPP(バーチャルパワープラント)も事業機会」とみている。

 さて、ここまでチェックしておきたい「大出世株」を2銘柄紹介した。「大出世株」候補の銘柄には、今注目されているテーマに関連したものが多いので、足元の業績や事業計画などを参考にしながら、長期で成長しそうな株を探してみてほしい!
【※関連記事はこちら!】
「ペロブスカイト太陽電池」関連銘柄を解説!“次世代型太陽電池”の中でも「軽量・柔軟・低コスト」で将来有望なペロブスカイト太陽電池の開発を進める企業に注目!

2021年の下期に値上がりしそうな株とは?
ダイヤモンド・ザイ10月号をチェック!

ザイ10月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集「最強日本株【2021年・夏】」から、一部を抜粋した。

 ダイヤモンド・ザイ10月号の巻頭特集は「最新決算でわかった! いま【買い】の株35」。この特集では、3月決算企業の第1四半期の決算発表を受けて、人気株の現状分析&アナリストによる今後の投資判断を紹介。また、業績好調で狙い目の35銘柄を取り上げているので、投資の参考になるはずだ。

 ダイヤモンド・ザイ10月号は、ほかにも「キホンのしくみからオススメ商品まで【つみたてNISA】超入門!」「毎月分配型投資信託100本の本当の利回り」「五輪後もコロナ後もマンション価格は下がらない!」「初めてのFX」「GAFAM+Tの最新決算を総括!」など、注目の特集が満載!

 さらに、別冊付録で「元手0円で増やせる!【ポイント運用】」も付いてくる! この別冊付録では、クレジットカードのポイントなどを用いて株や投資信託を買う「ポイント運用」のノウハウを解説。「貯まったポイントで投資体験をしたい」という人は、ぜひチェックしてみよう!