ネット証券会社比較
2013年11月9日 久保田正伸

「オリンピック関連で婚活銘柄を買え!?」
テーマ株の意外な着眼点とは?

 「オリンピック」や「スマホ」関連、話題の新規上場に関連する銘柄など、最近は「テーマ株」が人気化している。今回はネット証券の投資情報をもとに、最近話題の投資テーマと関連銘柄の探し方を紹介しよう。

 先頃、SBI証券の検索機能がバージョンアップし、通常の銘柄を探す入力画面でキーワードによる検索も可能になった。たとえば「オリンピック」というキーワードを入力すると、現れるのがこの画面【図1】。検索ボタンをクリックすると、オリンピック関連銘柄がさらにたくさん一覧表示される。これならテーマ株探しも簡単だ。

【図1】SBI証券では通常の銘柄検索画面で、銘柄以外のキーワードでも検索が可能になった。

 また、前回の記事「同業他社の中から良い銘柄を見つける6つのワザ」で紹介したネット証券の無料情報ツールのワザも活用して、銘柄探しや比較なども行った。

オリンピックの本命!建設株や不動産株

 オリンピック関連銘柄といえば、建設株や不動産株が思い浮かぶ。【図1】では三菱地所(8802)、住友不動産(8830)、三井不動産(8801)が表示されている。この3社の中から投資するとしたらどこがいいだろうか。

松井証券ならば無料で利用できる「QUICKリサーチネット」を使えば、将来の業績予想を比較できる【図2】。

【図2】QBR予想を表示しており、3期分の予想まで表示されている。

 この機能では、QBR(QUICK企業研究所)予想、会社予想、QUICKコンセンサス予想で比較ができる。今期予想だけでなく、銘柄によってはアナリスト予想(最長3期分)をもとに、銘柄選択が可能だ。

オリンピックで婚活ブームに!?

 「オリンピックまでに結婚して出産したい」「ベビーブームが起きるかも」「オリンピックを子供と一緒に見に行く」という連想が行われている投資レポートがある。SBI証券のサイトで公開中の「東京五輪関連銘柄 投資のポイント」(全3回)だ。

 そこで、「婚活」→「結婚」→「赤ちゃん」「保育所」といったキーワードが登場する。このレポートでは銘柄まで紹介されているので、詳しく知りたい方はSBI証券のサイトにアクセスして欲しい。

 「結婚」や「赤ちゃん」といった関連銘柄を自分で探す場合、どうしたらいいだろうか。こういったキーワードだと、東証33業種では絞り込みが難しい。前出のSBI証券のキーワード検索を利用すれば、「結婚」「赤ちゃん」「ベビー」などと入力すると関連銘柄が表示される。

 また、松井証券マネックス証券で利用できる「チャートフォリオ」の場合、「オリジナル業種」があるので、その中から探す手もある【図3】。

【図3】「チャートフォリオ」では400種類以上のオリジナル業種に分類されており、チャートを一覧・比較できる。
拡大画像表示

 探してみると「婚礼」(12銘柄)、「ベビー服」(2銘柄)、「おもちゃ」(7銘柄)といったオリジナル業種がすでに設定されていた。

米「ツイッター」、日本では「LINE」のIPOが話題

 新規上場(IPO)関連で話題になる銘柄もある。11月7日ニューヨーク証券取引所に「ツイッター」社が上場した。SBI証券マネックス証券楽天証券では、アメリカ株のネット取引が可能だ。ツイッターに関しても、上場初日11月7日(木)現地約定分から取扱いを開始している。

 日本株で最近話題になっている銘柄が、11月20日に新規上場する予定の電子書籍関連企業メディアドゥ(3678)。人気化を先取る動きから「電子書籍」関連銘柄が注目されている。

 前出のチャートフォリオでは、「電子書籍」関連銘柄に、パピレス(3641)、イーブック(3658)、SmartEbook(2330)が入っている。SmartEbookは、最近、かなり値動きが激しい。

 将来のIPOで注目されているのがスマートフォン向け無料通話アプリを手がける「LINE」だ。「LINE」は2014年夏頃上場し、時価総額1兆円規模になると見られている。

 関連銘柄としてSBI証券で検索した結果が【図4】。また、マネックス証券の会員向けレポート「投資のヒント」(10月25日)では、「LINEフリーコイン」を販売するアドウェイズ(2489)、スタンプを配信するネオス(3627)ほか、LINE関連の9銘柄が紹介されている。すでに何度か高騰している銘柄もあるが、来夏に向けて目が離せない。

【図4】SBI証券の検索窓で「LINE」と入力するとこんな銘柄が表示される。

 

バイオ人気が再燃する!?

 今年5月までの上昇相場では、バイオ関連への物色が見られたが、5月23日の高値をピークに大きく調整した。制度信用取引の場合、返済期限6カ月となる11月23日頃までは売りが膨らむ可能性が考えられるが、すでに物色がはじまっている銘柄もあるようだ。再びバイオ銘柄祭が始まるかも!?

 前出のチャートフォリオによる「オリジナル業種」で「バイオ」関連は35銘柄【図5】。多くの銘柄が下落基調だが、ペプチドリーム(4587)やメディビックグループ(2369)のように上昇基調の銘柄も見られる。現時点では下落基調の銘柄でも、期日明けにかけては注目かもしれない。

【図5】バイオ関連銘柄の過去6カ月の値動きを「チャートフォリオ」で表示。右肩下がりのチャートが多い。
拡大画像表示

※本記事はネット証券の投資情報やツールを紹介するのが目的であり、個別銘柄を推奨するものではありません。