世界投資へのパスポート

ファーウェイへの米国の輸出規制が、G20の米中首脳
会談で“解除”へ! 株価が不調だった5G関連銘柄の中
でも「ザイリンクス」と「クアルコム」の上昇に期待

2019年7月1日公開(2019年7月1日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

G20でのトランプ習近平会談により
米中貿易問題に改善の兆しが!

 先週、大阪で開催されたG20においてトランプ習近平会談が行われ、「対話を再開しよう!」ということが確認されました。

 また米国側は、3250億ドル相当の中国からの輸入品に対し10%の関税を課す、いわゆる第3ラウンドの関税の適用を当面見合わせると発表しました。

 さらに、最も重要な点として、ファーウェイに対して現在課している輸出規制を緩和することが発表されました

ファーウェイに対する2つの規制のうち、
片方が解除されることに!

 トランプ政権は、2つの方法でファーウェイを排除してきました。

 ひとつはファーウェイ製品をアメリカの通信会社が購入することを大統領令で禁止するという方法です。もうひとつは。米国企業が半導体などの部品をファーウェイに輸出する際は、まず商務省に「輸出してよろしいか?」とお伺いを立て、個別に許可を得る必要があるという方法です。

 つまり、輸入と輸出の両方にSTOPがかかっていたのです。

 このうち輸入に関しては、これまで通り大統領令によりファーウェイ製品は締め出されます。その理由は、「ファーウェイ製品にはバックドアと呼ばれる秘密の“裏口”が用意されており、それを経由して中国政府がアメリカのネットワークをスパイすることができるのでは?」という懸念をトランプ政権が持っているからです。

 実はアメリカの通信会社は、もともとファーウェイを全然採用していません。したがって今回の大統領令は見かけ上の制裁に過ぎず、ファーウェイ側には実損はありませんでした。

 今回規制が解除されるのは、アメリカからファーウェイへの輸出の方です。商務省に許可を得る必要なく、通常のビジネスをしてよいことになりました。

 この発表は、部品調達計画が大混乱に陥っているファーウェイそのものにとっても朗報ですが、ファーウェイと商売してきたアメリカ企業にとってもビジネス再開を意味するので助かります。とりわけ、ザイリンクス(ティッカーシンボル:XLNX)クアルコム(ティッカーシンボル:QCOM)の2つの企業が恩恵をこうむります。
【※ファーウェイへの輸出規制の影響を受ける企業についての記事はこちら】
⇒米国のファーウェイに対する輸出規制により、「5G関連銘柄」にも暗雲が! ルメンタムやクアルコムなど、株価急落リスクが発生した銘柄には要注意!

【ザイリンクス】
5Gに必要な「FPGA」という半導体を製造

 ザイリンクス(ティッカーシンボル:XLNX)は、FPGA(フィールド・プログラマブル・ゲートアレイ)と呼ばれる半導体のデザイン会社です。ザイリンクスの製品は、最新鋭のネットワーク機器に組み込まれることが多いです。

 4月に発表されたザイリンクスの第4四半期(3月期)決算は、EPSが予想96セントに対して94セント、売上高が予想8.26億ドルに対して8.28億ドルでした。

 地域別売上高は、北米が+13%、アジア太平洋が+56%、欧州が+12%、日本が+20%でした。エンドマーケット別売上高は、コミュニケーションが+74%、データセンターが-7%、自動車・消費者+20%、工業・防衛が+1%でした。コミュニケーション向けが急成長した背景は、5G向けの出荷が好調だったことによります。中国での5Gインフラ建設が需要を牽引しました。

 また、第1四半期売上高は、予想8.35億ドルに対して新ガイダンス8.35〜8.65億ドルが提示されました。

 ザイリンクスの決算は、ファーウェイへの輸出規制が発表される前に発表されたものです。ただ、規制発表前からザイリンクスの半導体は中国で飛ぶように売れており、決算カンファレンスコールでも、ファーウェイが経済制裁を見越して大量にFPGAを手当てした形跡があることが説明されました。

 したがってファーウェイは、いまその過剰在庫を取り崩している最中だと考えられます。その関係で、ザイリンクスの売上はしばらく伸び悩むリスクがあります。加えて、卸売市場の在庫がだぶつく場合は、それが値崩れの原因になることも予想されます。つまり、業績の面ではザイリンクスは大きな不安を残しているというわけです。

 ただ、遠い将来、ファーウェイはがそれらの在庫を使い切れば、再びザイリンクスのFPGAを買い始めるはずです

 また、5G向けインフラストラクチャ建設はいまだ始まったばかりであり、これから数年に渡ってフォローの風が吹くと考えられます。

■ザイリンクス(XLNX)チャート/日足・6カ月
ザイリンクス(XLNX)チャート/日足・6カ月ザイリンクス(XLNX)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【クアルコム】
スマホに搭載される「RFフロントエンド」というチップを輸出

 クアルコム(ティッカーシンボル:QCOM)は、RFフロントエンドという半導体をデザインする会社です。これは、iPhoneなどのスマートフォンに搭載されるチップです。

 クアルコムは、ファーウェイへの輸出規制が発表された際、真っ先にファーウェイへの出荷を全面的にストップした企業です。

 RFフロントエンドは長年のノウハウの蓄積が大きくモノを言う分野で、インテル(ティッカーシンボル:INTC)のような企業ですらアップル向け5GのRFチップの開発に失敗したことからもわかる通り、簡単に参入できるビジネスではありません。その中にあって、クアルコムはリーダー企業です。

 クアルコムを巡っては、ファーウェイの件以外にも不透明要因があります。それは、5月22日カリフォルニア州サンノゼの米連邦地方裁判所が「クアルコムは反トラスト法に違反した」という連邦取引委員会(FTC)の主張を支持したからです

 クアルコムは上訴する考えであり、今回の判断は最終的な判断ではありません。しかし、もしクアルコムが敗訴した場合、同社の売上高は半減するリスクがあります。

 その理由は、クアルコムが「ノー・ライセンス、ノー・チップス」という顧客との契約方針を貫いているからです。

 クアルコムの顧客のテクノロジー企業は、まずクアルコムの特許をライセンス契約で導入し、その上でクアルコムがファンドリーに委託製造させた半導体そのものを独占的に購入するという条件になっています。

 クアルコムの特許は、いわゆる「標準必須特許(Standard-essential patent)」です。パテント法では、標準必須特許は他の特許と違い「それをライセンス導入したいと希望する企業には、そのノウハウを使わせてあげないといけない」という規則があります。

 その理由は、もし標準必須特許を広く一般の企業に使わせずに独り占めすると、それが業界標準であるにもかかわらず、それを一社が独占するという「ひとり勝ち」の状況をつくれるからです。FTCは「クアルコムは、まさしくそれをやっている!」と主張したわけです。

 普通、標準必須特許は、FRAND(フェアで、リーズナブルな値段かつ、ノン・ディスクリミナトリー、すなわち誰もが平等に機会を与えられる)原則にもとづいて提供されるべきものです。クアルコムの「ノー・ライセンス、ノー・チップス」契約はそれに違反しているというわけです。

 クアルコムの売上高のうち、ライセンシング売上高は25%で、残りの75%はチップ(半導体)売上高です。もし他の半導体メーカーがFRANDのガイドラインにもとづいて、クアルコムにライセンス契約を結んだ後、独自に半導体を製造、販売すれば、もっと安い値段でそれを売ることができるわけです。

 ウォール街のアナリストは、仮にクアルコムがFRANDのガイドラインにしたがった場合、同社の売上高は半減する恐れがあるとしています。

 クアルコムは、最近までアップルと係争関係にあり、その先行き不透明感からずっと投資家に敬遠されてきました。

 せっかく示談が成立し、不確実性が除去されたと思った矢先、この反トラスト法違反の悪材料ならびにファーウェイへの経済制裁の悪材料が噴出したことで、クアルコムは株価の出鼻を挫かれた格好になりました。

 しかし、少なくともファーウェイへの経済制裁の問題は解決の糸口が見えたので、残るは反トラスト法違反の問題だけです。

 これは上告することになるので、決着までにはまだまだ時間がかかりそうです。また5Gのスマートフォンが売り出される前に、まず5Gのインフラストラクチャが整備される必要があるので、業績へのインパクトは当分先になるでしょう。

 5月に発表されたクアルコムの第2四半期(3月期)決算は、EPSが予想71セントに対して77セント、売上高予想48.3億ドルに対して48.8億ドル、売上高成長率が前年同期比-5.9%でした。

 第3四半期のEPSは予想1.08ドルに対して新ガイダンス70〜から80セントが、売上高は予想52.7憶ドルに対して新ガイダンス47億〜55億ドルが提示されました。なお、これとは別に、アップルはクアルコムに対し45億〜47億ドルの支払いを行います。

 第3四半期のガイダンスが下がったのは、主に季節的な要因です。また、中国市場は5Gへの移行を控えて軟調です。スマホの買い替えサイクルも伸びています。

 これを受け、デバイス出荷台数予想は5000万台減らし、18億〜19億台を予想しています。

■クアルコム(QCOM)チャート/日足・6カ月
クアルコム(QCOM)チャート/日足・6カ月クアルコム(QCOM)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【今週のまとめ】
ファーウェイに対する輸出規制の撤廃で
投資家のセンチメントも激変!

 トランプ習近平会談は、現時点で予想し得る最善の結果だったと思います。とりわけ、ファーウェイに対する輸出規制の撤廃は思わぬポジティブ・サプライズでした。これは、暗転した5G関連企業に対する投資家のセンチメントを激変させる効果があると思われます。

 中でも恩恵を被ると思われるのは、ザイリンクスクアルコムの2社です。ザイリンクスは過剰在庫の問題、クアルコムは反トラスト法違反に絡む不透明感を抱えているのでそれぞれ割安に放置されています。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
手術支援ロボットを開発する「インテュイティブ・サージカル」は、世界の“医療”を変える超有望株! 革新的な技術を持った米国企業に投資して株価急騰を狙え!

「バイオプラスチック」関連銘柄の中でも業績好調な19社を紹介! コンビニが植物由来素材の包装を採用するなど、拡大する“脱プラスチック”の流れに乗れ!

【2019年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 2019年10月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報