個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!
2019年12月27日 ザイ編集部

個人投資家が「儲けた株&損した株」ランキング公開!
2019年に儲けた株は好業績&連続増配のタマホーム、
損した株の第1位は業績悪化が止まらない日産自動車!

ダイヤモンド・ザイ読者の2019年の投資成績を発表! 読者が「儲けた株」と「損した株」も、それぞれ2銘柄ずつ紹介!

発売中のダイヤモンド・ザイ2020年2月号は、特集「読者のナマの声が聞ける! 2019年【投資の大反省会】&2020年の【投資戦略】」を掲載! この特集では、ダイヤモンド・ザイの読者150人にアンケートを実施し、「2019年に儲かったか、損したか」「どんな銘柄で儲かり、どんな銘柄で損したか」「成功(失敗)の理由は何だったのか」「株以外の金融商品の成績はどうだったか」「2020年にはどんな株を買いたいか」などを聞いている。

今回はアンケートの結果を一部抜粋し、ダイヤモンド・ザイの読者が「2019年に儲かったか、損したか」「どんな銘柄で儲かり、どんな銘柄で損したか」を紹介! 個人投資家のリアルな声を、ぜひ投資の参考にしてほしい!(※アンケートは2019年11月18~29日にウェブ上で実施。回答者数150名のうち、男性83%、女性17%。平均年齢51.15歳)

2019年は半数以上の読者が「儲けた」と回答!
損した人の割合も、2018年を大幅に下回る結果に

 日経平均株価が1万9000円台でスタートした2019年の株式相場。令和が始まり、消費税増税でキャッシュレス時代が本格化するなど、話題には事欠かない1年だった。5月以降、株価は伸び悩んだものの、秋からは上昇に転じ、年初から比べると大幅な上昇となっている(※2019年12月中旬時点)。

 何度も急落した2018年の相場と比べれば、2019年は利益を出しやすい年だったと言えるかもしれないが、個別株となると話は別だ。がっぽり儲かってウハウハの人もいれば、不祥事銘柄で大損した人もいることだろう。では、ダイヤモンド・ザイの読者の成績はどうだったのだろうか? アンケートの結果を紹介していこう。

 上の表のとおり、儲かった人が51%、トントンの人が31%、損した人が18%で、多くの人がプラスで着地していることがわかった。ちなみに、2018年の年末に実施したアンケートでは、3割以上が損をしていた。

 さらに、日経平均株価の上昇率18.56%(2019年1月~11月15日)を上回る優秀な成績だった人は、全体の18.5%。なかには、投資の資金を2倍以上に増やした強者も。一方で、残念ながら資金を半減させてしまった人も5.3%いた。
【※関連記事はこちら!】
億超え投資家も登場! サラリーマン投資家が通勤の時間や仕事後の限られた時間を有効活用する方法や、中長期で値上がりしそうな株の見つけ方を大公開!

2019年に儲けた読者が買っていた株として
多く名前が挙がったのは、業績好調のタマホームと伊藤忠商事!

 気になるのは、儲けた人と損した人が、一体どんな銘柄に投資していたかだろう。ダイヤモンド・ザイの誌面では、アンケートの結果を基に、読者が「儲けた株TOP5」と「損した株TOP5」を紹介している。ここではそれぞれの1位と2位の銘柄を抜粋しよう(※各銘柄の株価は2019年12月4日時点のもの。銘柄に対するコメントは、経済ジャーナリストの和島英樹さん)。

 まず、読者が「儲けた株」として、最も多く名前が挙がったのがタマホーム(1419)だ。

 前期(2019年5月期)は業績絶好調で過去最高益を更新し、連続増配も継続。株価が大幅に上昇したタマホーム。儲けた読者の声をいくつか紹介しよう。「株価低迷でお荷物銘柄だったのに、値上がりしたので11月に2000円で売却。持ち続けることが大事と実感」(富山県・47歳男性)。「ほかの評価損を埋め合わせて余りある、買値から株価4倍の好成績!」(兵庫県・58歳男性)

 なお、経済ジャーナリストの和島英樹さんは、タマホームについて「今後も好調が続きそう」と見ている。

 続いて、読者が「儲けた株」として2番目に多く名前が挙がったのが伊藤忠商事(8001)だ。

 商社ではひとり勝ちの伊藤忠商事は、配当も順調で、上場来高値を更新。「もみ合い状態ながら、値動きが大きかったので値が下がったら買い、上がったら売りを繰り返した」(千葉県・52歳男性)。「正月前に買い、上昇したので売り。30%儲けた」(神奈川県・60歳女性)など、羨ましい回答が多かった。

2019年に読者が「損した株」ランキングの上位に入ったのは、
不祥事で世間を騒がせた日産自動車や日本郵政!

 続いて、読者が「損した株」の上位2銘柄を紹介する。最も多くのダイヤモンド・ザイ読者を損させたのは、日産自動車(7201)だった。

 不祥事が尾を引き、株価は下落の一途をたどっている日産自動車。「高配当の安定株と思って購入したが、株価は購入時の65%になった」(大阪府・58歳男性)。「株価は36%ダウン×400株。そのまま塩漬けになっています(泣)」(神奈川県・51歳男性)。和島さんは「現状、売れるクルマがないことが問題。今からの購入は慎重に」とコメント。塩漬けにしている人にとっては、苦難の状況が続きそうだ。

 やはり不祥事絡みで暴落し、「損した株」ランキングでも2位となったのが日本郵政(6178)

 保険料の二重払いや、高齢者に投資信託を不適切に販売したことが発覚し、収益が悪化した日本郵政。「2018年から所有の日本郵政リニカル(2183)日産自動車のすべてが下がり、マイナス幅アップ。30%の損失です」(静岡県・45歳男性)という悲痛な声も聞かれた。不運としか言いようがないが、2020年は反発に期待したいところだ。
【※関連記事はこちら!】
「かんぽ生命」の不正契約問題はどうして起きたのか?「保険金の支払い拒否」や「保険料の二重払い」など不適切契約の内容と原因をわかりやすくマンガで解説

 さて、今回は2019年に読者が「儲けた株」「損した株」のランキングを一部抜粋して紹介した。ダイヤモンド・ザイ2月号の誌面では、ほかにも読者が「儲けた株」と「損した株」を紹介。また、儲けた投資家が語る「投資で成功した理由」、損した投資家が語る「失敗の原因」なども掲載しているので、誌面も併せてチェックしてほしい。
【※関連記事はこちら!】
まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな“8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!
iDeCoに入るべき人、入らないほうがいい人は?積極的にiDeCoを利用すると得をする3つのタイプと、iDeCoに入らないほうがいい4つのケースを紹介!

大特集は投資戦略を立てるのに役立つ「株&投資信託【全予測】」
ダイヤモンド・ザイ2月号をチェック!

ザイ2月号

 発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の大特集は「2020年 株&投資信託【全予測】」! 日本株はもちろん、米国や中国など世界の株式市場、為替市場の動向を大予測。また、2020年の注目の投資テーマや値上がり期待の銘柄、人気の投資信託の値動きなど、具体的な投資対象の動向についてもアナリストなど投資のプロ100人の予測を公開しているので、要チェックだ!

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ2月号は「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500+Jリート14【激辛診断】」や「桐谷さん+億超え投資家5人の2019年の成績&2020年の戦略」「とってもやさしい【ペイ活】入門」「投資信託の販売手数料がすべて無料へ!」「人気のロボアド投信ってどうなの?」「親ともめない実家の片づけワザ」など、お得な情報が盛りだくさん!

 また、別冊付録は「全上場3752銘柄の最新【理論株価】」! 中間決算を反映し、すべての上場銘柄の理論株価を紹介するほか、理論株価よりも割安な「買い」の銘柄もピックアップしているので、年末年始に投資の戦略を練りたい人は必見だ。

 ダイヤモンド・ザイ2月号は、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!