株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2020年5月25日 ザイ編集部

「巣ごもり消費」関連銘柄の任天堂、ニチレイを狙え!
外出自粛で世界的な大ヒットとなった『あつ森』と、
家での食事が増えて売上増加の「冷凍食品」に注目!

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中でも、業績を伸ばしている「巣ごもり消費」関連の2銘柄を紹介!『あつまれ どうぶつの森』が大ヒットしている任天堂(7974)、食卓に欠かせない冷凍食品の需要が急増のニチレイ(2871)に注目!

発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の大特集は「コロナ禍でも株価が上がる!【逆襲の日本株】厳選96銘柄」! 株式市場は「コロナ・ショック」で大きな打撃を受け、株価が急落した銘柄が多い。しかし、こんな状況下でも、株価上昇が期待できる銘柄は存在する。そこで、この特集では、新型コロナウイルスの感染が拡大しても業績を伸ばせる株や、収益力が揺るがない安定感のある株、「コロナ・ショック」で売られすぎた優良株など全96銘柄を紹介。さらに、“アフターコロナ”の投資戦略も解説しているので必見だ!

今回は特集の中から、“新型コロナウイルスの感染が拡大しても業績を伸ばせる株”を一部抜粋。誌面では「巣ごもり関連」「医療・ヘルスケア関連」「リモート関連」「生活インフラ関連」の4ジャンルに分けて注目銘柄を紹介しているが、ここでは「巣ごもり関連」の2銘柄を取り上げる!
【※関連記事はこちら!】
“巣ごもり消費”関連銘柄の「ビーグリー(3981)」や「ネクソン(3659)」に注目! 新型肺炎の影響でゲームやマンガなど、自宅で楽しめるサービスが人気に!

自社ゲーム機やソフトが爆発的に売れている任天堂や、
“内食”の増加でニーズが急増している冷凍食品のニチレイに注目!

新型コロナウイルスが猛威を振るっても、業績を伸ばしている銘柄は?

 新型コロナウイルスが景気に悪影響を及ぼす中でも、業績が上昇している企業がある。治療薬の開発や感染防止などに尽力する「医療・ヘルスケア」関連企業の業績が上昇するのは言うまでもないが、ほかにも緊急事態宣言による外出自粛による「巣ごもり消費」、在宅勤務や学校の休校による「リモート関連」商品やサービスにも大きな需要が生まれている。

 ダイヤモンド・ザイ7月号の大特集「コロナ禍でも株価が上がる!【逆襲の日本株】厳選96銘柄」では、これらの今成長している業種の関連株を多数紹介しているが、ここではその中から「巣ごもり消費」に関連する2銘柄を取り上げたい。

 一つ目は、ニンテンドースイッチ用のソフト『あつまれ どうぶつの森』が爆発的なヒットを記録して話題の任天堂(7974)だ。
【※関連記事はこちら!】
任天堂(7974)、2020年3月期の「増配」を発表して、配当は4年で7.2倍! ただし、2021年3月期は前期比250円減の「1株あたり840円」で、利回り1.82%に!

 任天堂は、ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調で、生産が追い付かずに一時出荷停止になるほど人気化した。3月20日に発売されたスイッチ用ゲーム『あつまれ どうぶつの森』も、月間販売本数で世界記録を達成する爆発的ヒットとなっている。さらに、フィットネスゲーム『リングフィット アドベンチャー』も、品薄が続く人気ぶりだ。2021年3月期の会社予想は減益だが、今後も成長が期待できそうだ。
【※関連記事はこちら!】
「ゲーム」関連のおすすめ株を7銘柄紹介! 新型コロナの感染が拡大する中、データ使用量が75%も増加した「ゲーム」の関連銘柄は、売上アップ間違いなし!

 続いては、多くの人が自宅で食事を取る機会が増えたことから注目されている、冷凍食品が主力のニチレイ(2871)

 緊急事態宣言が発令されたことで、調理の手間が省けて、保存もしやすい冷凍食品に対するニーズが急増している。景気の悪化による生活防衛意識の高まりも、売上増加の要因に。ニチレイは株式市場での評価も高まっており、昨年8月から上昇トレンドが崩れていない。「本格炒め炒飯」や「特から」などの主力商品や新商品の販売も寄与し、増収増益が続く見通しだ。また、食品関連は景気変動に左右されにくいディフェンシブ株の側面を持つため、新型コロナウイルスの影響を抜きにしても注目に値するだろう。
【※関連記事はこちら!】
今期の業績予想が「強い株」ランキングのベスト10を発表! 新型コロナウイルスの感染拡大にも負けずに、大幅な業績アップを開示した「強気」な10銘柄を紹介!

 さて、ここまで「巣ごもり消費」に関連する注目の2銘柄を紹介してきた。ダイヤモンド・ザイ7月号の大特集「コロナ禍でも株価が上がる!【逆襲の日本株】厳選96銘柄」では、「巣ごもり消費」の注目株を、あと13銘柄紹介。ほかに、「医療・ヘルスケア関連」「リモート関連」「生活インフラ関連」の注目株なども紹介しているので、誌面も併せてチェックしてほしい!

先行き不透明な相場環境の中、注目すべき銘柄とは?
ダイヤモンド・ザイ7月号をチェック!

 発売中のダイヤモンド・ザイ7月号には、今回一部を抜粋した大特集「コロナ禍でも株価が上がる!【逆襲の日本株】厳選96銘柄」のほかにも、読みごたえのある特集を多数掲載!「コロナ・ショック」で有名投資家がどんな行動をとったのかリポートする「コロナ・ショックの個人投資家悲喜こもごも&売買顛末記」や、「コロナ・ショック」で利回りが激変した「人気の【毎月分配型】投資信託100本の最新利回り」、「コロナ・ショック」で急騰した“金”にスポットを当てる「財産を守るための金投資」など、「コロナ・ショック」に関連した内容が多くなっている。

 そのほかにも「コロナ禍で株主総会はオンライン参加が増加!」「ネットの中傷と戦うときのお値段」「自腹でガチンコ投資!【AKB48】株ガチバトル」など、注目してほしい情報が盛りだくさん!

 さらに、別冊付録で「スマホ&電気代見直し大作戦!」が付いてくる! この別冊付録では、固定費の中でもかさみがちなスマホ代と電気代を節約する方法を紹介! 家族構成などにもよるが、年間で数万~十数万円浮かせることも難しくないので、「通信費や電気代が高い」と感じている人は必見だ。