NISA口座の比較&活用術
2020年7月6日 ザイ・オンライン編集部

AKB48・武藤十夢の投資成績が“コロナ相場”で上昇!
成長期待のIT株&売られすぎの航空株を買い増しへ!
~第51回 オイシイ相場は、もう終わったんですか?~

AKB48inNISA

NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する」「投資商品はNISAで買える株&投資信託」「数カ月分の資金を貯めて一度に投資するのもアリ」「新メンバーの成績は1.5倍」というルールに基づき、運用バトルに挑戦しているAKB48の武藤十夢と中西智代梨。さらに、2019年3月からは十夢の実妹・小麟(おりん)も参戦!

当連載では、これまで3人一緒に投資の勉強をしたり、運用成績を報告しあったりしていたが、当面はメンバー一人ひとりにオンライン会議アプリのZoomで取材を行い、リレー連載の形でお届けする。今回登場するのは、運用バトルで第1位を独走中の武藤十夢! 十夢は2種類の投資信託を積み立てで買っているほか、S株(※SBI証券の単元未満株取引)も活用し、楽天(4755)コメダホールディングス(3543)ソフトバンク(9434)などに投資している。今回は、十夢の資産が「コロナ・ショック」を経てどう変化したのか見ていこう!(※2020年6月19日発売のダイヤモンド・ザイ8月号から転載。取材は2020年5月に実施)
【※ザイFX!の関連記事はこちら!】
AKB48武藤十夢のわくわくFX生活(ライフ)

コロナ・ショック後の反発で、十夢の資産も急速に回復!
一部売却を検討する一方、上昇トレンドの株にも興味津々!

AKB48・teamKの武藤十夢。気象予報士の資格と博士号を持つ才女。AKB48・teamKの武藤十夢。気象予報士の資格と博士号を持つ才女。

武藤十夢(以下、十夢) 日経平均株価が2万1000円を超えましたね~。最近、投資信託の積立額を増やしていたし、保有している楽天(4755)の株価も回復したから、過去最高の成績付近まで戻りそう。でも、日本経済はすごく厳しそうなのに、どうしてこんなに株価は上がっているんですか?

――日本のGDPは、2四半期連続でマイナス成長となり、米国の4月の失業率も15%に達するなど、世界各国の経済指標は戦後最悪の数字になっています。それでも、株価が上がっているのは、世界各国の政府による財政出動と、中央銀行による金融緩和の影響だといわれています。

十夢 その効果で、株高はまだ続きそうなんですか?

――新型コロナウイルスの感染者数次第で経済の状況が変わりそうですし、見通しは不透明です。そのため、今の株価は買われすぎだというプロも多いですね。

十夢 私もそんな感じがします。そろそろ一部を売ったほうがいいかな?

――一部を売るのは賛成です。ただ、「経済対策の効果で株価バブルがまだまだ続く」と見ている相場関係者もいます。

十夢 その場合、どんな株なら今からでも買えるんですか?

――上昇トレンドが続いている株がいいでしょう。そのほうが業績見通しがいい銘柄が多いからです。株価指数を見ると、どんな銘柄が上がっているのかがわかります。今(2020年5月下旬時点)は日経平均株価よりも、東証マザーズ指数のほうがずっと成績がいいんです。なんと、3月につけた底値から約2倍になって、新型コロナウイルスの影響が広がる前の水準を超えています。

十夢 スゴイ! 東証マザーズ指数って、一体どんな指数なんですか?

――成長性の高い新興企業が多く入っている指数です。新型コロナウイルスのワクチンを開発しているアンジェス(4563)の株価が3カ月で約6倍、セキュリティサービスを提供するサイバーセキュリティクラウド(4493)の株価が1カ月で約5倍になるなど、バイオ株やIT株が牽引役となっています。
【※関連記事はこちら!】

「新興株」の中で、アナリストの投資判断が“買い”で株価上昇に期待の2銘柄! コロナ禍でも増収増益予想の「ウェルビー」、ビッグデータの「ALBERT」に注目!

米国株もIT株やバイオ株が牽引するナスダック指数が上昇!
ナスダック指数に連動する投資信託やETFを狙う手も

十夢 米国株もNYダウより、ナスダック(NASDAQ)指数のほうが上がっていますよね。

――ナスダック指数もIT株やバイオ株の組み入れ比率が高いから、成績がいいんです。
【※関連記事はこちら!】

NASDAQ上場の米国株で、アナリストが「買い」と診断した「マイクロソフト」と「ネットフリックス」に注目!株価は最高値圏だが、さらなる高成長が続く見通し!

十夢 東証マザーズ指数やナスダック指数の投資信託を買うのもアリですか?

――東証マザーズ指数は、長期チャートを見ると、それほど投資成績が良くないことがわかります。長期で上昇トレンドが続いているナスダック指数のほうがオススメです。

十夢 日経平均株価に連動する投資信託の積立額を半分にして、ナスダック指数に投資できる投資信託を買ってみようかな?

――投資信託では「iFree NEXTナスダック100インデックス」が低コストでオススメです。「NEXT FUNDSナスダック100連動型上場投信(1545)」というETF(上場投資信託)もあります。

アイドルのお仕事もリモートワークになり、IT株の注目度はアップ
十夢は業績が落ち込み先行き不透明な航空株の逆バリも狙う⁉

十夢 それと、そろそろ新しい株も買ってみたいんですけど、IT株やバイオ株って、まだ買えます?

――バイオ株は銘柄によってアタリハズレが大きいです。でも、リモートワークの増加によって増収増益予想のIT株なら、まだ買えると思います。
【※関連記事はこちら!】

米国株の「デジタル・トランスフォーメーション」関連銘柄を紹介! 「テレワーク」など“デジタルによる変革”はアフターコロナで需要増が間違いない注目のテーマ!

十夢 リモートワークといえば、わたしも「AKB48公式YouTube」で、自宅撮影の料理番組を配信しました! ITツールを使ったサービスって、これからいろんな分野で伸びそう。

――実際に企業向けにマニュアルを作成するグレイステクノロジー(6541)は、20%の増収増益予想です。テレワークを導入する企業向けマニュアル作成などの需要が伸びているんです。

十夢 そういうサービスは伸びそう。そういえば、ある企業がハンコを廃止するってニュースを見ました。書類の電子化も進んでますね。

――申請書類などを電子化するサービスを提供するエイトレッド(3969)も、2ケタの増収増益予想です。それに、電子書籍のイーブックイニシアティブジャパン(3658)も同じく好業績が続いています。

十夢 3社とも株価も上昇トレンドが続いていますね。でも、まだまだ上がるのかな?

――グレイステクノロジーはPERが高いですが、それでも成長力があります。ほかの2社は、業績の伸びに対して、それほど株価に割高感はないと思います。

十夢 PERが低いエイトレッドか、マンガの電子書籍が伸びそうなイーブックイニシアティブジャパンを買おうかな。そう、それと株価がすごく下がっている航空会社はどうかな? 今は環境が最悪だからこそ、買い時かなって思うんです。

――業績は大幅な赤字ですけど、政府による支援策が期待されています。なくてはならない企業なので、簡単にはつぶれないでしょうし、株主優待狙いの個人投資家の買いも期待できます。今なら優待利回りも高いし、いいかもしれませんね。

十夢 ANAホールディングス(9202)日本航空(9201)のどちらがいいですか? 日本航空の株は、前に父親が持っていて経営破綻で紙切れに……。

――そ、そうなんですね。でも、日本航空は経営再建で財務内容が良くなっています。ANAホールディングスより優待利回りも高い。

十夢 うん。日本航空もいいかも。でも、IT株と日本航空のどっちを買おうかな?

――経済状況の見通しが不透明なので、なるべく複数銘柄を買うのがオススメです。

十夢 IT株と航空株を単元未満株で少しずつ買ってみます!

◆十夢が狙う!「有望IT株3銘柄」&「さすがに売られ過ぎの1銘柄」!

株価(6/3) PER PBR 最新の株価
イーブックイニシアティブジャパン(3658・東1)
2606円 24.0倍 3.83倍
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【業績の見通し】前期は親会社ヤフーとの電子書籍サービスの統合効果で大幅増収増益に。今期はヤフーとの連携強化を通じ、電子書籍事業は2ケタ成長が続く見通しだ。
【関連記事】イーブックイニシアティブジャパン(3658)、株主優待を変更!「ebookjapan」で利用できる電子書籍購入のクーポン券の額面が消費税の増税分だけ増額される!
グレイステクノロジー(6541・東1)
4435円 78.2倍 27.96倍
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【業績の見通し】メーカー向け産業機械マニュアルの作成が主力。最近は金融機関などからテレワーク向けマニュアル作成の依頼が増加。今期も2ケタの増収増益が続く見通しだ。
エイトレッド(3969・東1)
1959円 32.6倍 5.32倍
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【業績の見通し】申請書類や決裁業務を電子化して業務効率化につなげるワークフローソフトを販売。働き方改革や新型コロナによるテレワークへの転換加速で業績好調が続く。
日本航空(9201・東1)
2187.5円 0.67倍
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【業績の見通し】新型コロナウイルスの影響で、2月以降の旅客需要が急減。2020年1~3月期は229億円の赤字に転落し、2012年の再上場以来、初の赤字となった。外出自粛の解除で株価は戻りはじめている。新型コロナウイルスが収束すれば、業績の急回復も期待できる。
【関連記事】日本航空(JAL)、期末配当の「無配」を発表して、配当利回り5.6%⇒2.8%に大幅ダウン! 2020年3月期の年間配当は「55円」、2021年3月期の配当予想は非開示