個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!
2014年8月25日 ザイ・オンライン編集部

退職金を5倍に増やすことに成功!
年金生活者が実践する
時間を味方にした投資の2大戦法とは?

「時間に余裕がある退職者は時間を味方に付けろ」との友人からのアドバイスをきっかけに自分流の勝ちワザを見つけたtakaさん。ビギナーでも真似できる投資法を教えてくれた。

信用取引の大損を契機に時間を味方にした投資へ!
小津産業の売買では10年間で一度も負けなし!

 11年前、早期退職をきっかけに退職金の1000万円で株式投資デビューを飾ったtakaさん。不良債権処理が終わり大暴騰を開始する直前に銀行株を買ったtakaさんは、あっという間に資産を3倍の3000万円に増やした。

年金生活者が実践する株式投資法!takaさんは株式投資歴11年。年金生活者。退職をきっかけに株式投資を開始。優待株の戦略的投資法や低位株の大化け銘柄を発掘して投資を増やした

 ところが、調子に乗って手を出した短期の信用取引で失敗し、銀行株で稼いだ利益が吹っ飛んでしまった。投資のベテランの友人に相談したところ、「時間に余裕のある退職者は時間を味方につけろ」とアドバイスされ、自分流の時間を味方にした投資法の研究に着手した。そしてtakaさんが辿りついた時間を味方につけた勝ちワザが、「優待株のクセの利用」と「低位株の待ち伏せ」の2つ。

 この2つの勝ちワザでカギとなるのがチャート。takaさん流の分析は、約3400もの全銘柄のチャートを毎週末にチェックすること。「時間はかかりますが、数多く見ていると値動きのクセを発見できるようになります」。

 値動きのクセのある株の中では「株主優待株にチャンスが多く、初心者でもわかりやすい」という。

 優待株は優待の権利を得ることを目的に買った人が、権利を得たことで手離すので、権利落ち日に急落する傾向がある。その後、株価は調整を続けるが、再び「優待品が欲しい」と物色され、株価が上昇に向かうクセが顕著な優待株がいくつかある。つまり、この規則的な値動きを逆手に取るのだ。

図はtakaさんが、このワザを駆使して10年間利益を上げ続けた小津産業のチャートだ。カギは買うタイミング。急落後の権利落ち日に買うのではなく「焦らず上昇トレンドに転じるまで待つのが重要」takaさんの得意とする小津産業(7487)は、希少な5月決算で10万円株の手頃さに加え、特製トイレットペーパーとティッシュペーパーという個性的な優待品や業績の安定性から優待好きの個人投資家に12月ごろから買われる傾向にある。上昇トレンドで買い、権利落ち日の数日前に売れば毎年20~40%の値上がり益を狙える。ちなみに14年7月の急上昇は東証1部への昇格発表による人気化で特別なケース。

 上の図はtakaさんが、このワザを駆使して10年間利益を上げ続けた小津産業のチャートだ。カギは買うタイミング。急落後の権利落ち日に買うのではなく「焦らず上昇トレンドに転じるまで待つのが重要」という。

 takaさんによれば、「権利確定日が年1回だけの銘柄が株価のクセがはっきり表れタイミングを測りやすいのでオススメです」という。1年という時間をかけて、タイミングを待つのだ。

数年間も株価の底這いが続く低位株を仕込み、
買った後に放置していたら30倍になった銘柄も!

 もう1つの時間を味方につけた勝ちワザが低位株の待ち伏せ投資だ。
 倒産の心配はないが、100円台で推移しているような株を10銘柄くらい買って放置する。

 「そのうち年に1銘柄くらいは動意付き大化けします。ユナイテッド(2497)日本マイクロニクス(6871)など30倍以上に化けた株もあります」

 こうした株の見つけ方は、月足チャートを眺めて、高値から大きく下がって数年間底を這っている株を見つけ、倒産リスクがないかを確認するだけ。「株価が上がっていないのに、出来高が増え始めた株は上昇を開始する傾向にあります」という。とはいえ買ってからまったく上昇しない株もあるが、「100円台の低位株なら、1000株買っても10万円程度。資産のほんの一部ですから、後は上がるまで2年でも3年でも待つのです」。まさに石の上にも三年の覚悟だ。

まったく上昇しない株もあるが、「100円台の低位株なら、1000株買っても10万円程度。資産のほんの一部ですから、後は上がるまで2年でも3年でも待つのです」。まさに石の上にも三年の覚悟だ。

 低位株の10銘柄のうち1つでも大化け株が出れば大儲けできる上、時間はたっぷりあるのでストレスはないという。

 現在、資産5000万円超を達成したtakaさんは、「1億円が必要なわけでもない」といい、紹介したような積極的な運用は資産の1割程度に抑え、残りの9割は優待株の長期、分散保有で安定運用を心掛けている。「ボケ防止になるし、全国の株主総会に出たりして楽しいですよ」と投資生活を満喫している。