クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較
【第18回】 2015年8月27日 岩田昭男 [消費生活評論家]

プラチナカードおすすめランキング!【2015年夏】
クレジットカードの達人・岩田昭男さんが選ぶ、
おすすめのプラチナカードBEST3+αを発表!

2015年夏時点のベストなプラチナカードとは?
“上級カード”に精通するクレジットカードの達人が
おすすめプラチナカード「ベスト3」を発表!

 今回は、私が選んだ「プラチナカードおすすめランキング」を発表します。前回「ゴールドカードおすすめランキングBest3+α」を発表しましたが、今回の「プラチナカードおすすめランキング」で「Best3+α」として4枚のプラチナカードを紹介します。

「+α」とは、ベスト3には入らないものの、ぜひ注目していただきたいプラチナカードのことで、「次点」として、おまけで紹介します。なお、「プラチナカード部門」の選考対象には、「プラチナ」という名称がついていなくても、年会費3万円以上のプレミアムカードも含みます。

 それでは、2015年夏時点の「プラチナカードおすすめランキング」を発表していきましょう。

プラチナカードおすすめランキング【第1位】
SPG アメリカン・エキスプレス・カード
⇒毎年「無料宿泊」特典がもらえる、旅行好き必携の一枚!

 栄えある第1位は、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックスカード)です。

SPGアメックスカードは、現時点で私が最強だと思っているクレジットカードの一つです。多くのプラチナカードとは違い、インビテーションを待つ必要はなく、自分から申し込めます。

SPGアメックスカードは、「スターウッド・ホテル&リゾート(以下、スターウッド)」の顧客向けのクレジットカードです。スターウッドとは、「シェラトン」や「ウェスティン」「ル・メリディアン」「セントレジス」「ラグジュアリーコレクション」「W」「アロフト」「エレメント」「フォーポイント・バイ・シェラトン」という9ブランドのホテルを、世界100カ国に1100以上展開する世界的な大手ホテルチェーンです。

SPGアメックスカードを保有していると、そんなスターウッドのホテルにお得に泊まれます。というのも、SPGアメックスカードには、次のようなメリットがあるからです。

①毎年継続利用すると、世界中で利用可能な「無料宿泊特典」がもらえる
②保有しているだけで、「SPGゴールド会員」の資格を得られる
③スターウッド系列ホテルでカードを利用すると、もらえるポイントが増える
④ポイントは、高い交換比率で数多くの航空会社のマイルと交換できる


SPGアメックスカードの一番魅力的なメリットが「毎年継続利用すると、世界中で利用可能な『無料宿泊特典』がもらえる」点です。この「無料宿泊特典」を利用すれば、スターウッドが展開するほとんどのホテルに無料で泊まることができます。これは入会特典で一度だけ、というものではなく、毎年1回もらえます。しかも、「いくら以上カードを利用すればもらえる」という制約もなく、条件は継続利用のみです。

 ただ、「無料宿泊特典」が使えるのはスターウッドの“ほとんど”のホテルであって、“全部のホテル”ではありません。スターウッドでは、展開するホテルを「カテゴリー1」から「カテゴリー7」まで7段階のグレードに分けており、数字が大きくなるほど高級になります。このうちSPGアメックスカードでもらえる「無料宿泊特典」で宿泊できるのは「カテゴリー6」までのホテルのレギュラータイプの部屋です。

ハワイ・マウイ島にある「ウェスティン・マウイリゾート&スパ カアナパリ」。このホテルはカテゴリー5なので、「SPGアメックスカード」で毎年もらえる一泊無料宿泊特典の対象となっている

 とはいえ、カテゴリー6までのホテルでも十分豪華です。たとえば、ハワイの有名な高級ホテル「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」や「シェラトン ワイキキ」、「ロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクション リゾート」などは、いずれもカテゴリー6のホテルなので、無料宿泊特典が使えます。

 日本にある系列のホテルでも、たとえば「ウェスティンホテル東京」は通常宿泊料金が一人あたり3万円以上かかりますが、カテゴリー5のホテルなので、やはり無料宿泊特典が使えます。これだけでも、年会費3万1000円(税抜)を支払ってSPGアメックスカードを保有する意味があるというものです。

京都・嵐山近くに開業したばかりの「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」には、なんと露天風呂付きの客室や貸切露天風呂も!

 ほかにも、2015年3月に京都に開業したカテゴリー6の「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」、東京ディズニーリゾートの隣にあるカテゴリー5の「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」など、日本にあるスターウッド系列のホテルはすべてカテゴリー6以下なので、どのホテルでも「無料宿泊特典」を利用することができるのです。

SPGアメックスカードの2つ目のメリット、「保有しているだけで、『SPGゴールド会員』の資格を得られる」という点も、スターウッド系列のホテルを利用する人にとってはとても役立つサービスです。

 ただし、SPGアメックスカード」のポイントプログラムについて知っておかないと、よく意味がわからないと思います。SPGのポイントについて話し出すと長くなるので、詳細は下記の関連記事を読んでみてください。
(関連記事⇒「SPGアメックス」はカードの達人おすすめの1枚!旅行中のホテルライフが快適になる特典が充実で、マイルも効率よく貯められるトラベラー必携カード!

 注意しておきたいのは、貯まるポイントがアメックスのポイントではなく、SPGのポイントである点です。SPGは世界有数のホテルチェーンで、歴史もあり実績もありますから、そのポイントプログラムは交換先が多く、価値が高いと言われています。そのために、アメックスは自らのポイントを捨てて、SPGのポイントを導入したという経緯があります。

 さらに、SPGアメックスカードを持っていると、スターウッドのお得意様のような位置付けのSPGゴールド会員になることができ、ホテルを利用すると次のような特典を受けられます。

①スターウッド系列ホテルのチェックイン時に空室があれば、滞在する部屋をレギュラールームからアップグレードしてもらえる(スイート以外。「アロフト」「エレメント」の両ホテルは除く)。
②チェックアウトの時間を16時まで延長できる。
③滞在のたびに「ボーナス・ポイント」か「部屋での無料インターネット」「ドリンク・サービス(1杯)」のいずれかをもらえる。


 こんなうれしいサービスが毎回受けられるとなれば、旅行がますます楽しいものになること請け合いですね。

SPGアメックスカードのメリットに話を戻しましょう。

 3つ目の「スターウッド系列のホテルで利用するとポイントが大幅に増加」とは、文字どおり、ホテルで使うことでポイントを稼ぐことができるので、旅行代金の支払いなどで利用するのがおすすめです。

 4つ目の「貯まったポイントは高い交換比率で30社以上の航空会社のマイルと交換可能」というのも、旅行が好きな人には嬉しいメリットです。SPGアメックスカードを利用して貯まるポイントは、30社以上ある提携航空会社の中から自由に選んでマイルに交換することが可能なのです。しかも有効期限は無期限なので、貯めたポイントを損することなくマイルに移行できます。

 旅行好きにとってはメリットだらけのSPGアメックスカード。年会費は3万1000円(税抜)ですが、その価値は十分にあるでしょう。秋の行楽シーズンを前に、保有を検討してみてはいかがでしょうか。

プラチナカードおすすめランキング【第2位】
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
⇒ワンランク上の“体験”を提供してくれる!

 続いて「プラチナカードおすすめランキング」第2位に選んだのはアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(以下、アメックス・プラチナ)です。

アメックス・プラチナは先ほどのSPGアメックスカードとは異なり、自ら「プラチナ」と名乗っている正当派のプラチナカードです。