「お宝銘柄」発掘術!

「戦闘機」関連株の中でも“次期戦闘機”や“無人戦闘機”
に携わる4銘柄! 日本の「防衛」の最重要課題の一つで
ある「戦闘機」は、いずれ注目が集まる“国策テーマ株”

2021年1月6日公開(2021年1月6日更新)
村瀬 智一
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●脱炭素 ●水素 ●全固体電池
●脱プラスチック ●少子化対策 ●無人店舗
●再生可能エネルギー ●行政デジタル化 ●EC(ネット通販)
●ドローン ●RFID ●ゲーム
●米株/EV ●米株/燃料電池 ●米株/GAFA
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/DX
●米株/バイデン大統領 ●米株/高利回りETF ●米株/金(ゴールド)

日本の防衛予算は9年連続で増加しているものの、
「対GDP比」や「上昇率」は周辺国の中でも最低レベル

 2021年1月1日に、防衛省は2035年にも遠隔地から操作する無人戦闘機を配備する方針だと一部メディアが報じました。今回は、このニュースを手掛かりに投資テーマを見つけていきたいと思います。

 最初に簡単にではありますが、日本の国防に関する概観をまとめておきましょう。

 2021年度の防衛予算案は、前年度比0.5%増の5兆3422億円で、9年連続で増加しています。「9年連続で増加」という部分だけを見ると、やや不穏な気がしてしまう方もいるかもしれません。しかし、国防は対外的な問題であるため、単純な金額の増減ではなく、近隣諸国の状況も踏まえて総合的に判断していくべきでしょう。

 実際、防衛省が2020年11月14日に公表した「次期戦闘機の調達について」という資料に掲載されている「主要国の国防費」と「最近10年間における主要国の国防費の変化」という2つのグラフを見ると、日本の「対GDP比の国防費」や「国防費の上昇率」は周辺国と比較して最低レベルであることがわかります

主要国の国防費(2019年度)グラフ画像出典:防衛省『次期戦闘機の調達について』
拡大画像表示
最近10年間における主要国の国防費の変化・グラフ画像出典:防衛省『次期戦闘機の調達について』
拡大画像表示

 これらのグラフを見ると、逆に日本の防衛予算の状況について心もとなさを感じる方も出てくるのではないでしょうか。

制海権や制空権の確保に重要となる戦闘機の保有数で、
日本は中国に大きく水を開けられている状態

 「次期戦闘機の調達について」には、「第4世代・第5世代戦闘機の保有数の推移」というグラフも掲載されています。「第4世代・第5世代戦闘機」というのは、細かい定義もあるのですが、ここでは「最新鋭の戦闘機」や「次世代戦闘機」と認識しておけば十分でしょう。

 日本は島国のため、国防においては制海権および制空権が重要となりますが、「第4世代・第5世代戦闘機の保有数の推移」を見ると、すでに戦闘機の保有数では米国やロシアはもちろん、中国にも大きく差を開けられていることがわかります

第4世代・第5世代戦闘機の保有数の推移・グラフ画像出典:防衛省『次期戦闘機の調達について』
拡大画像表示

 「次期戦闘機の調達について」では、世代の違う戦闘機間での戦闘において新世代機は圧倒的に優位であり、例えば、第5世代機の「F-22」は旧世代機に対して「108対0」の撃墜率を記録した、という内容が書かれています。今後、戦闘機の開発や配備数において周辺国との差が広がるほど、日本の国防の安定性は揺らいでくると言えるでしょう。

航空自衛隊が運用するF2戦闘機の後継機など、
「次期戦闘機」や「無人戦闘機」の開発に関わる企業をピックアップ!

 防衛省は、こうした状況を踏まえたうえで、冒頭で触れたように「無人戦闘機を配備する方針」を打ち出してきたわけです。

 「無人戦闘機」は、すでに周辺国で配備が進みつつあります。実際に、日本領空内(尖閣諸島周辺)に中国の小型無人機が飛行するなど、無人機による挑発行為も発生しています。「無人戦闘機」の配備は、日本にとって急務と言えるでしょう

 そこで今回は「次期戦闘機」と「無人戦闘機」の関連銘柄を取り上げました。

 「戦闘機の配備」という投資テーマは、少しスパンの長い話であることに加え、足元では新型コロナウイルスの話題に隠れがちです。しかし、地政学リスクは世界的にも強く意識されているテーマなので、今回のニュースを良い機会として関連銘柄をチェックしておきたいと思います。

 具体的な銘柄については、航空自衛隊のF2戦闘機の後継として日米が共同開発した「次期戦闘機」や「無人戦闘機」に関する報道の中で名前が挙がった企業を取り上げました

【SUBARU(7270)】
「次期戦闘機」では機体、「無人戦闘機」では操作や飛行制御技術を担う

 SUBARU(7270)は自動車メーカーという印象が強い企業ですが、航空宇宙事業も展開しています。「次期戦闘機」では機体の開発を、「無人戦闘機」では操作や飛行制御技術を担うと見られています。

⇒SUBARU(7270)の最新の株価はこちら!

SUBARU(7270)チャート/日足・6カ月SUBARU(7270)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【三菱重工業(7011)】
日本を代表する重工メーカーで「次期戦闘機」では開発の主体に

 三菱重工業(7011)は、造船から交通・輸送システム、民間航空機、発電システムなどのインフラ、宇宙システムまで、幅広い分野で事業を展開しています。「次期戦闘機」では、ロッキード・マーチンの技術支援を受けながら、三菱重工業が開発主体となるようです。また「無人戦闘機」に関しては、三菱電機(6503)と共に、複数の戦闘機の間で瞬時に情報を共有するシステムを研究しているようです。

⇒三菱重工業(7011)の最新の株価はこちら!

三菱重工業(7011)チャート/日足・6カ月三菱重工業(7011)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【三菱電機(6503)】
「次期戦闘機」では電子戦装備を制御するミッションシステムを担当

 三菱電機(6503)は総合電機企業で、家電製品のイメージが強いかもしれませんが、他にも幅広い領域に進出しています。「無人戦闘機」に関しては、三菱重工業(7011)と複数の戦闘機の間で瞬時に情報を共有するシステムを研究。一方「次期戦闘機」の開発においては、電子戦装備を制御するミッションシステムを担当するとされています。

⇒三菱電機(6503)の最新の株価はこちら!

三菱電機(6503)チャート/日足・6カ月三菱電機(6503)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【IHI(7013)】
航空業界では世界シェアの高い製品を多数製造

 IHI(7013)は、石川島造船所から始まった企業で、国内はもちろんのこと、民間航空エンジン用ロングシャフトなど世界シェアの高い製品を多数製造しています。「次期戦闘機」の開発では、エンジンを担当していると見られます。

⇒IHI(7013)の最新の株価はこちら!

IHI(7013)チャート/日足・6カ月IHI(7013)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます 
拡大画像表示

 この他にも、「防衛」関連の主力銘柄でもある石川製作所(6208)細谷火工(4274)豊和工業(6203)新明和工業(7224)日本アビオニクス(6946)などが、「次期戦闘機」や「無人戦闘機」関連から波及して物色が見られると考えられます。これらの銘柄も含めて事前にチェックしておき、市場で「次期戦闘機」や「無人戦闘機」関連銘柄に物色が向かう局面になったら即座に動けるよう、準備しておくといいでしょう。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
2021年1月の日本株は「大型株」に比べて株価上昇が出遅れていた「中小型株」を狙え! また、緊急事態宣言で再び「巣ごもり消費」「テレワーク」にも注目!

2021年の米国株は3%前後で緩やかに成長する予想! 前半は「グロース株」中心に買い、市中金利が上昇し始めたら「バリュー株」にシフトする投資戦略を意識せよ

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●脱炭素 ●水素 ●全固体電池
●脱プラスチック ●少子化対策 ●無人店舗
●再生可能エネルギー ●行政デジタル化 ●EC(ネット通販)
●ドローン ●RFID ●ゲーム
●米株/EV ●米株/燃料電池 ●米株/GAFA
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/DX
●米株/バイデン大統領 ●米株/高利回りETF ●米株/金(ゴールド)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
確定申告
桐谷さんの米国株

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/確定申告/桐谷さんの米国株入門]

◎第1特集
コロナ禍の乱世を生き延びて覇権を握る
王者が降臨!最強日本株

●2021年はどうなる?
4人の戦術アナリストがクロスレビュー!
日本株5大攻略法
●日本を変える強者たちが集結:国内活躍株
●世界に君臨する猛者株が激突:海外進出株
●小回りを利かせて戦略的に勝て:5万円株
●攻守の両輪で盤石の構え:株主優待株
●十分な定期補給で千人力:高配当株
●下剋上を虎視眈々と狙う有望株:10倍株

◎第2特集
スマホ&入力方法を丁寧に解説!
確定申告ー2021年3月提出分ー

・給与や年金などの所得や控除の入力
・ふるさと納税で自治体に寄附した人
・株や投信で儲けた人/損した人
・投信の分配金や株の配当を得た人
・FXや先物取引で儲けた人/損した人
・市販の薬代や医療費が高額な人

◎第3特集
成績トップ級のファンド運用者が集結!
スゴ腕ファンドマネージャー4人が語る2021年の儲け方
投資テーマや目の付けどころ、戦略まで

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない!宣言
すぐできるオトクワザ88

・クレカとスマホを整える
・情報はマメにチェック!
・商品券も組み合わせる!ほか


◎【別冊付録】
老後にもぴったり
桐谷さんはじめて米国株を買う
初心者向けオススメ株5も

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報