NISA口座おすすめ比較[2019年]
2019年8月1日 

【NISA口座おすすめ比較】
お得なキャンペーンを実施中の証券会社から選ぶ!
NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!

 NISA口座を開設するなら、各証券会社のキャンペーン情報もチェックしておこう。なぜなら、NISA口座を開設するだけでお金がもらえたり、投資信託の販売手数料などが無料になったりする場合があるからだ。もちろん、株式売買手数料や取り扱っている銘柄の豊富さなども大事だが、どうせならもっとお得にNISA口座を開設したいところ。

 そこで、各証券会社が実施しているNISAのキャンペーン情報を総まとめ! 各証券会社のキャンペーンも参考にして、お得にNISA口座を開設しよう!

【NISA口座おすすめ比較】NISA口座の株式売買手数料の安さで選ぶ!NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!
つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説はこちら!
【NISA口座おすすめ比較】みんなに人気のNISA口座から選ぶ!NISAで得する「おすすめ証券会社」はココだ!一覧!
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説はこちら!
【NISA口座おすすめ比較】NISA口座でIPO投資ができる証券会社から選ぶ!NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!
NISA口座おすすめ比較トップページはこちら!
【NISA口座おすすめ比較】NISA口座の投資信託の取り扱い本数で選ぶ!NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!
ネット証券会社おすすめ比較[2018年]はこちら!

【2019年10月2日更新】
◆NISA口座のキャンペーンで選ぶ!
 NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!

キャンペーン内容 キャンペーン適用の条件 キャンペーン期間
◆SBI証券
買付手数料の全額
キャッシュバック!
「テーマキラー!」で投資。
エントリーが必要
2019年11月29日(金)
10時30分まで
【SBI証券の「NISA」キャンペーン内容】
「テーマキラー!」は、投資テーマに1株から分散投資ができる機能。10銘柄への分散投資が5万円から手軽に始められる。インターネットコースの個人客で、対象期間中にキャンペーンにエントリーし、テーマキラー!(テーマ投資)で買付すると、買付手数料の全額がキャッシュバックされる。
【SBI証券のNISA口座のおすすめポイント】
ネット証券で口座開設数がNo.1の最大手で、NISA口座では日本株の売買手数料が無料、かつ海外ETFの買付手数料も無料(売却時の手数料は必要)になるなどサービス充実。米国、中国(香港)、アセアン各国のほか、韓国、ロシアと、NISA口座対応の海外株も豊富なので、海外株に投資したい人には特にメリット大! IPOの取扱が多いことも魅力だ。2019年1月開始の「簡易NISA口座開設」制度に対応し、証券総合口座がない状態からの申込みでも最短2営業日程度で取引が始められる。
【関連記事】
■「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

■【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大!
SBI証券の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
抽選で最大3万ポイント
プレゼント
「投信つみたてプラン」に申込み、
ダイレクトコースで毎月1万円以上引き落し
2019年10月31日
【SMBC日興証券の「NISA」キャンペーン内容】
【「投信つみたてプラン」お取引特典】に申し込み、かつ 「投信つみたてプラン」をダイレクトコースで取引(引き落とし)したdポイントクラブ会員。② 2019年8月・9月・10月のいずれかにおいて月額1万円以上の引き落とし。①と②のどちらも満たした人が対象。毎月抽選で5名に3万ポイント、50名に1000ポイントが当たる。
【SMBC日興証券のNISA口座のおすすめポイント】
証券会社でトップクラスのIPO取扱実績を誇る。NISA口座でもIPOに参加できるので、公募価格の数倍になることもあるIPO投資で非課税のメリットを生かしたいなら、口座を開いておきたい証券会社だ。また、500円から株式投資ができる独自サービス「キンカブ(金額・株数指定取引)」があり、NISAの限度額120万円をムダなく使えるのが魅力! 東証に上場する銘柄のうち約3700銘柄が対象で、さまざまな銘柄に少額でも投資できるため、リスク分散したい慎重派にもおすすめ。
【関連記事】
■SMBC日興証券のおススメポイントはココだ!~信用完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」が利用できる
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
◆野村證券
抽選で50組100名を
東京2020オリンピックまたは
パラリンピックに招待
期間中に「投信積立」もしくは
「つみたてNISA」で
累計5万円以上を買付
2019年
12月30日まで
(約定日ベース)
【野村證券の「NISA」キャンペーン内容】
期間中に「投信積立」もしくは「つみたてNISA」で累計5万円以上買付した人の中から、抽選で50組100名を東京2020オリンピックまたは東京2020パラリンピックに招待(NISA口座での投信積立も対象)。エントリー不要で5万円が1口、抽選口数に上限はなし
【野村證券のNISA口座のおすすめポイント】
口座数とNISA申込口座数はともに国内ナンバーワン! IPOの主幹事数が多いので、本気でIPO投資を狙うならぜひ口座を持っておきたい証券会社。また国内最大手の証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが豊富。専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能だ。
【関連記事】
■IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
野村證券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
野村證券の公式サイトはこちら
◆立花証券
証券口座開設から3カ月間、
現物株式(NISA含む)の
売買手数料が無料
専用店舗「ストックプラザ」
で「ストックハウス」の
証券口座を開設
期限なし
【立花証券の「NISA」キャンペーン内容】
専用店舗「ストックプラザ」でネット取引「ストックハウス」の証券口座を新規開設すると、口座開設完了日から翌々月最終取引日まで最大3カ月間NISA口座での取引も含む現物株式の売買手数料が無料。 「ストックプラザ」はネット取引専用店舗で、即日口座開設が可能なほか、ネット取引初心者のサポートなどを行っている。
【立花証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座の売買手数料は無料ではないが、もともと現物株ネット売買手数料が割安。また、立花証券のネット取引口座「ストックハウス口座」を保有すると、『会社四季報』の最新銘柄レポートを無料で見られるようになるのは大きなメリット。リスク評価や業績評価、同業他社比較などの最新情報を収集することができるので、NISAをきっかけに株式投資を学びたい人にもおすすめだ
【関連記事】
■立花証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
立花証券の公式サイトはこちら

2019年10月2日時点のキャンペーン情報。最新のキャンペーン情報については各証券会社の公式サイトをご確認ください。