最下層からの成り上がり投資術!
2018年12月25日公開(2018年12月25日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
藤井 英敏

日経平均株価は「底割れ」したものの、1カ月以内に
短期的な「バーゲンハンティング」のチャンス到来!
ただし、26週移動平均線が「戻り限界」と考えよう!

 日米株式市場は、残念ながら、危惧していた展開になっています。日経平均株価は、それまでの1番底だった10月26日の2万0971.93円を、12月19日に一時2万0880.73円を付けて「底割れ」しました。その後は「釣瓶落とし」となりました。

■日経平均株価チャート/日足・6カ月
日経平均株価チャート/日足・6カ月日経平均株価チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 この主因は、米国株式相場がナイアガラ状態に陥り、外国為替市場でもドル安・円高が進行し、VIX指数(恐怖指数)が急騰し市場のボラティリティーが上昇したためです。この結果、投資家がリスク資産である株式を売って、米国債や円など安全資産を買う動きが加速しています。

米国株式市場が急落している最大の要因は
トランプ大統領の言動

 米国株式市場が急落している要因は複数ありますが、その殆どは、やはり、トランプ米大統領発の要因です

 まず、トランプ氏が「メキシコ国境の壁」費用を含まない予算に署名しない強硬姿勢を示しています。このため、与野党の対立が続き、米連邦予算の一部が失効しました。そして、12月22日から始まった政府機関の一部閉鎖が年明けまで長引く可能性が高まっています。

 また、今年の中間選挙の結果を受け、来年1月からの米議会は上下両院の多数派が民主党と共和党に割れるねじれ議会となります。このため、暫定予算の期限が再び切れる2月や、国債発行額の上限を定めた債務上限の期限の3月を控えて、市場はトランプ政権の政策停滞リスクの高まりを強く意識しています。

 ちなみに、民主党の議会指導部は12月24日、政府機関の一部閉鎖を巡って「トランプ氏と解決策を見つけるのは難しい」との声明を出しています。

 さらに、トランプ氏は12月24日、「米経済が抱える唯一の問題はFRBだ。彼らは市場感覚を持っていない。彼らは貿易戦争の必要性、ドルが強いことによる米経済への弊害、そして、国境を巡る民主党の政府機関閉鎖のことでさえ理解していない。FRBはスコアの上がらない腕力が強いだけのゴルファーのようなものだ。なぜなら、彼はゴルフ特有のタッチがないから、パットが上手くできないんだよ」とツイートしました。

 なお、一部では、トランプ氏がパウエルFRB議長の解任を検討しているとの報道があり、それを、ムニューシン財務長官が否定するなど、トランプ氏によるFRB批判はヒートアップしています。財政と金融は経済を成長させるための両輪です。それぞれのトップの関係がこんな感じでは、市場が不安を強めるのは当然です。

 そして、12月24日、ムニューシン財務長官が大統領作業部会(PWG)の電話協議で、最近株価が急落しているものの、市場に異常な動きは見られないとの認識を示しました。

 ムニューシン氏は市場を安心させたいと思ってこのように行動したのでしょう。ですが、市場はもともと、今回の株価急落を危機ではなく、正常な調整の範囲内とみていました。しかしながら、ムニューシン氏の慌てぶりをみて、「実は危機が迫っているのか?」と、逆に投資家は疑心暗鬼となり、「それならば株を売っておこうか」という気にさせてしまったようです。

「質への逃避」により米10年物国債利回りが低下
米国政治の混乱で円高ドル安も進行

 一方、「質への逃避(安全性、流動性の高い資産への資金移動)」で、12月24日の米10年物国債利回りは、前週末比0.05%低下の2.74%でした。一時は2.73%と、4月上旬以来ほぼ8カ月半ぶりの低水準を付ける場面がありました。

■米10年物国債利回りチャート/日足・6カ月
米10年物国債利回りチャート/日足・6カ月米10年物国債利回りチャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 また、足元の米国政治の混乱を主因に、外国為替市場では「安全通貨」とされる円がドルに対して買われています。結果、12月24日のNY外国為替市場で、円相場が一時は約4カ月ぶりとなる1ドル=110円27銭を付けました。

原油先物安が進んだことで、
「株式市場からのオイルマネーの流出」のリスクが浮上

 米株、円高に加え、原油先物安も懸念要因です。12月24日のWTI期近の2019年2月物が一時は1バレル=42.36ドルと、2017年6月下旬以来、約1年半ぶりの安値を付けました。

 原油の先安観が強まると、産油国が財政赤字補填のため、保有する株式の売却に動くのではないかという不安が高まります。例えば、原油先物価格が急落した2015年12月~2016年2月は、2015年12月1日に2万0012.40円の高値を付けた日経平均株価が2016年2月12日の1万4865.77円まで下落しました。

 今回のシリーズで、この再現が実現するかはともかく、原油安がさらに進むようなら、多くの投資家は「世界の株式市場からのオイルマネーの流出」に身構える可能性はあるでしょう

今後1カ月以内にいったんは「底打ち」する!?
ただし、26週移動平均線が強烈な抵抗線に

 さて、今後の見通しですが、基本的に、米国発の諸問題が解決に向かう兆しが出てくるか、または、日本の政策当局が東京株式市場の動揺を抑える対策を講じてくれないと、目先の底打ちは厳しいでしょう。

 ただし、足元の急落で「突っ込み警戒感」が生じている可能性は十分あります。その場合には、多少のリバウンドが見込めます。しかしながら、今回の下落の主たる要因の抜本的な解決が期待できるようになるまでは、「本格的な戻り相場」に入ることはできないとみています。

 もし、あなたが、現時点で損切りができず、評価損が膨れてしまっているのなら、さすがに、ここまで下がったところで、売るという選択肢はないでしょう。ただし、これは現金で買っている方のみです。レバレッジを効かせて信用取引で耐えている方は、まずは潔く負けを認めてポジションを縮小し、少なくともレバレッジ比率を1倍以下(手持ち資金の範囲内)にしておくべきです。

 もちろん、惚れ込んだ銘柄で、どんなに目先の株価が下がろうが長期で持ち続ければ必ず勝てると思っている銘柄なら話は別です。ただ、それでも、身の丈にあった金額を十分考慮した保有量にしておくべきです。

 逆に、既に損切り、または利食いを済ませ現金比率の高い方は、そろそろ、バーゲンハンティングの準備をしておきましょう。ザックリ言えば、今後1カ月間程度の間に、いったんは「底打ち」が実現するとみています

 ただし、これまでの強力なサポートだった、10月26日の2万0971.93円付近が戻り限界だと私はみています。また、26週移動平均線(12月21日現在2万2370.75円)は、仮に今後、2万0971.93円付近を超えて、オーバーシュートして上がる場面があったとしても、今後、数カ月、もしかしたら数年、安定的に超えることができない抵抗線だと考えています。

■日経平均株価チャート/週足・1年
日経平均株価チャート/週足・1年日経平均株価チャート/週足・1年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 現時点では、10月に日経平均株価が27年ぶりの高値を付けて「アベノミクス」は終わった、という前提で私は相場を眺めています。それでも、2012年の8000円台から2018年には2万4000円超の水準にまで引き上げてくれた安倍首相には感謝の念しかありません。

 上げ続ける相場はありません。2018年10月以降の東京株式市場については、買い方にとって、非常につらい「冬の時代」に入ったという認識で、相場に臨む必要があると考えます。

今の波乱相場の中でも、うまく立ち回れば収益は獲得できる!
ただし「生き残ることが最優先」を忘れずに

 早いもので、当コラムはこれが年内最終回となります。

 2018年の株式市場は10月以降、最悪の相場になってしまいました。ですが、中長期の下落相場の中にあっても、相場は上げ下げを繰り返していくものです。上手く立ち回れば、収益は必ず獲得できるはずです。読者の皆様は、どうかこのことを信じてください。

 そして、今はとにかく、現在進行中の波乱相場をなんとか生き残り、命の次に大事な「種銭」を完全に溶かすことがないように十分注意して、頑張ってください。私は読者の皆様の株式投資での成功を心より祈っています。

 時節柄、ご多忙のことと存じますが、くれぐれも無理などなさらないよう、ご自愛ください。そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

【今週のピックアップ記事!】
2019年の「原油」と「金」の価格は、どう動くのか? 「原油」は米国産の輸出量増大で弱含みの後に上昇、「金」も"米国の利上げ"鈍化で上昇するとプロは予想

「ふるさと納税」で商品券やマイルなどの「金券」がもらえる、おすすめ自治体を紹介! 寄付額に応じてAmazonギフト券までもらえる「ふるなび」がお得!

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2019年1月4日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 664本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/ 2672本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、楽天カードで投信積立を行うと1%分のポイントが付与されるうえ、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2661本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2500本超。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、最低5ドルの手数料から取引可能。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2018年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、11度目の1位を獲得
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1174本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 803本
米国、中国、
欧州、アセアン
【おすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
◆【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 98円 241円 436円 110本
【おすすめポイント】
売買手数料は、1約定ごと、1日定額制ともに最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

1日の約定代金10万円以下なら売買手数料は0円!
優待名人の桐谷さんもおすすめする、初心者にも
やさしい証券会社!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! 1日最大40万円まで手数料0円 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン 投資初心者必見!桐谷さんおすすめの証券会社はココダ! http://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「株」予測&儲け方
人気の株500診断
優待カレンダー

2月号12月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年「株」全予測&儲け方 】

予測高値:2万5000円、予測安値:2万500円!
波乱相場に負けない5つの心得!
日経平均&マザーズ指数プロ100人が予測
NYダウ&ナスダックの見通しや注意点は?
読者100人に聞いた勝ち戦略を大公開
・ドル・ユーロ・新興国通貨を大予測
2019年に上がる株!
2019年の投資信託の儲け方

2019新春!人気の株500診断
・買っていい10万円株は88銘柄!
・2019年新春のイチオシ株
儲かる株の見つけ方 

全銘柄掲載はザイだけ!
・日経平均の理論株価は2万3866円!
全3710銘柄の最新理論株価

シングルマザーが5年で資産を10倍にした方法!
藤川里絵さん株入門

【別冊付録1】
株主優待2019年カレンダー
・各月に
・利回り&少額の2大ランキング

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!お年玉キャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング