世界投資へのパスポート

米国株「ドラフトキングス」の業績や将来性を解説!
「オンライン・カジノ」や「スポーツ・ベットティング」な
ど、世界のオンライン賭博市場は年率10%で成長中!

2020年6月22日公開(2020年6月23日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●医療用高機能マスク ●金(ゴールド) ●再生可能エネルギー
●炎上・誹謗中傷対策 ●サイバーセキュリティ ●抗ウイルスフィルム
●テレワーク ●イベント ●半導体製造装置
●高配当株 ●ゲーム ●防災(豪雨災害)
●オンライン教育 ●米株/デジタル・トランスフォーメーション
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/燃料電池 ●米株/金鉱株 ●米株/消費安定株
●米株/大統領選挙 ●米株/GAFA ●米株/オンラインカジノ

「ファンタジー・スポーツ」や「スポーツ・ベッティング」などの
サービスを提供する「ドラフトキングス」とは?

 ドラフトキングス(ティッカーシンボル:DKNG)は「ファンタジー・スポーツ」「スポーツ・ベッティング」「オンライン・カジノ」という3つのサービスを提供しているモバイル・アプリ企業です。

 ファンタジー・スポーツとは、スポーツファンがナショナル・フットボール・リーグ(NFL)などのプロスポーツの知識を利用して、「自分の理想のチーム」を作り、それを他の人が作った理想のチームと戦わせて、リアルマネーを賭けながら勝敗を競う遊びです。もともとはスポーツ・バーなどリアルに人が集まる場所で始まったゲームですが、今はアプリ上で楽しむことができます。

 スポーツ・ベッティングもそれに似ているのですが、ファンタジー・スポーツが1シーズンを通じて競われるのに対して、試合ごと、あるいはもっと細かいゲームの局面ごとで結果を賭けることができます。サッカーのワールドカップや自動車レースのNASCAR、ゴルフ・トーナメントのPGAなど、あらゆるものがリアルマネーを使った賭けの対象になります。ユーザーが賭けをする相手方は、ドラフトキングスになります。

 オンライン・カジノでは、ブラックジャックやルーレット、スロットマシンなどのゲームをアプリで楽しむことができます。こちらもユーザーがリアルマネーを使って賭けをする相手方は、ドラフトキングスになります。

オンラインのゲーミング(賭け事)市場は、年率10%で成長!
スポーツ・ベッティング市場も700億ドル規模にまで拡大する見通し

 世界のゲーミング(賭け事)産業は、2019年の時点で4560億ドル市場でした。そのうちカジノが35%、スポーツ・ベッティングが16%、スロットマシンが20%、宝くじが26%などとなっています。

 ラスベガスやマカオのカジノ施設など、リアルのゲーミング施設は年率2%で、オンライン賭博は年率10%で成長しています。

 ドラフトキングスは、上のチャートで橙色の部分でビジネスをしています。オンライン賭博はいまだ始まったばかりであり、今後、急成長が予想されます。究極的に、スポーツ・ベッティング市場は700億ドル市場に、オンライン・カジノ市場は400億ドル市場になると言われています

 これらの市場はいずれも賭け事ですので、州政府などの規制対象になります。現在、米国でスポーツ・ベッティングを許可している州は全米の約半分の23州、うちオンラインでのスポーツ・ベッティングを許可している州は15州に過ぎません。この15州を人口に換算すると、全米の人口の約27%が許可されている計算になります

 全米の各州は新しい税収の財源を探しており、その意味ではスマホアプリを利用したスポーツ・ベッティングやオンライン・カジノは、積極的に検討したいプロジェクトです。しかし、州によって賭け事に対する経験値には大きな開きがあり、導入に時間がかかっている州も多いです。

 最も積極的に動いてきた州はニュージャージー州だと言えます。ニュージャージー州におけるオンライン・カジノ売上高は、下のように推移してきました。

 スポーツ・ベッティングとオンライン・カジノはどちらも賭け事なので規制面でも似ていると思われがちですが、実際にはスポーツ・ベッティングの方が規制は緩く、オンライン・カジノのほうがきついです。その理由として、カジノに関してはアメリカン・インディアン居住地など既得権益の保有者に対する保護があり、しかもギャンブル依存症の防止などの長い歴史的経緯があるため、いろいろウルサイのです。

 それに対してスポーツ・ベッティングは、スポーツファンの間で自然発生的に生まれた遊びという性格が強いため、法規制の枠組みは比較的ガッチリしていないのです。

新型コロナウイルスは、「ドラフトキングス」の業績に対して
プラス面もあればマイナス面も

 ドラフトキングスは、もともとファンタジー・スポーツから始まった会社で、その分野ではライバルのファンデュエルなどを抑えてナンバー1です。現在、10州でモバイル・スポーツ・ベッティングを展開し、世界に12のオフィスを構え、26カ国で運営しています。総従業員数は2200人です。

 ドラフトキングスは430万人の課金ユーザーを誇っており、月次ユニーク・プレーヤー数は72万人です(2020年3月末)。ユーザー1人当りの売上高は41ドルです。

 スポーツ・ベッティングでは、より没入できるサービス、キュレーションされたサービスを提供することでユーザーをもっと惹きつけることができます。そのためのひとつの方策としては、「次のプレイがどうなる?」ということにリアルタイムですぐ賭けられるようにすることです。そのような短期での賭けは「インゲーム・ベッティング」と呼ばれ、往々にして「次の一手」の勝敗は極めて読みにくいことから面白みや射幸性が増すという効果が出ます。

 スポーツ・ベッティングとオンライン・カジノでは、ユーザーが賭ける相手方はドラフトキングスそのものです。いつも胴元が勝っていると面白くなくなってしまうので、ときどき「ジャックポット(大当たり)」という形でユーザーが勝つように勝率を調整しています。その場合、偶然性を確実に担保する必要性から、「いつジャックポットが出るか?」に関しては、ドラフトキングスの経営陣ですらわからないようなアルゴリズムになっています。

 決算との絡みでいえば、突然、ジャックポットが出た関係で四半期決算が予想を下回るというケースも今後予想されます。しかし、これは「好まざる傾向」と考えるべきではなく、本当にフェアで面白い賭博を実現するためにはどうしても必要な経営面での不確実性だと捉えるべきでしょう。

 さて、今新型コロナウイルスの感染拡大で、米国の多くのプロスポーツは再開のメドが立っていません。これは、ドラフトキングスのファンタジー・スポーツやスポーツ・ベッティングのビジネスに大きな悪影響を与えています。その反面、退屈したユーザーはオンライン・カジノに流れることが予想されます。したがって、今後、オンライン・カジノがドラフトキングスの売上高に占める割合は、当初予想されていたより速く増える可能性があります。

 もうひとつドラフトキングスの業績を考える上で重要なのは、プロスポーツが開催されている期間はユーザーのアクティビティーが多いので、自ずと売上高も増えるということです。言い直せば、業績には季節性があるということです。

 オンラインの賭け事は、アメリカより先に欧州で普及しました。その関係で、ドラフトキングスをSBテックという企業を買収し、ソフトウェアも欧州の業者の作ったコア・システムを利用しています。いまドラフトキングスは、そのシステムを内製に切り替えるプロジェクトに着手しています。その理由は、インゲーム・ベッティングを今後多用しようと思えば、すべてを自分でコントロールすることが必要だからです。

 ドラフトキングスの業績は、過去12か月の年間売上高が4.32億ドル、1株当たり利益(EPS)が-40セント、発行済み株式数が3.5億株です。つまり、今は赤字を垂れ流しているということです。また、将来的な新型コロナウイルスの影響が見えにくいことと、今後のオンライン・カジノの拡大が州政府側の承認のペースに左右されるという理由から、目先の業績の予想は極めて立てにくいです。

【今週のまとめ】
将来性が有望なゲーミング業界の大手企業である
「ドラフトキングス」に注目!

 ドラフトキングスは、ファンタジー・スポーツ、スポーツ・ベッティング、オンライン・カジノのモバイル・アプリ企業で、これらの賭け事の将来性は極めて有望です。しかし、足下では新型コロナウイルスによりスポーツ・イベントが中止になっているなど、不透明感は強いです。

⇒「ドラフトキングス」の最新株価はこちら!

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
株価が暴落しても“勝ち残る”ための「投資の基本ワザ」3つを紹介! 株価の底打ち&反発を見極める方法や、厳守するべき「損切りルール」の決め方などを解説!

「光回線」関連銘柄を紹介! 第2次補正予算で502億円の予算が組まれた光ファイバー網の整備事業は、遠隔授業やテレワークの推進を背景にした「国策テーマ」!

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●医療用高機能マスク ●金(ゴールド) ●再生可能エネルギー
●炎上・誹謗中傷対策 ●サイバーセキュリティ ●抗ウイルスフィルム
●テレワーク ●イベント ●半導体製造装置
●高配当株 ●ゲーム ●防災(豪雨災害)
●オンライン教育 ●米株/デジタル・トランスフォーメーション
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/燃料電池 ●米株/金鉱株 ●米株/消費安定株
●米株/大統領選挙 ●米株/GAFA ●米株/オンラインカジノ
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1000銘柄以上 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。米ドルで持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年連続株
コロナ時代の株主優待
株主総会事件簿

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!


[10年連続株&コロナ時代の株主優待]

震災もコロナもへっちゃら!
継続こそ企業の実力!10年連続株

●今まで&この先減配しない株!
10年配当株ベスト50銘柄
●配当が増え続ける株はコロナ禍で圧勝!
10年増配株全52銘柄
●10期以上売上を伸ばし続けるスゴイ株!
10年成長株全63銘柄
●現金を持つイザという時強い株!
10年金持ち株全62銘柄

●上場10年以内で5年以上連続増配の未来の10年増配株を探せ!
●10年連続でROEが2ケタの稼ぎ方が上手い株を探せ!

Withコロナ時代の株主優待ー新常識カタログ47
優待投資家たちのぶっちゃけ座談会7銘柄
●勝ち負けが鮮明に!
外食優待157銘柄
Withコロナで大活躍優待カタログ327銘柄
食品/買物/日用品
●必見!桐谷さんのコロナ籠城生活

2020年株主総会事件簿
●お騒がせ株
・日産自動車/日本郵政
●注目のM&A株
・大戸屋HD/Zホールディングス
●気になる人気株
・ソフトバンクG/オリエンタルランド

●10年ずっと成績がいい投信ベスト15

【別冊付録】
●データで判明!勝つための秘策!?
自分でやらないFX


【重要なお知らせ】
>>西日本を中心とする大雨の影響による定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報