NISA口座の比較&活用術
2017年4月16日 ザイ・オンライン編集部

AKB48の4人が「上がる株」を探す勉強を開始!
~第13回 結婚相手探しのような将来上がる株の
見つけ方!「PER」と「PBR」の見方を学ぼう!~

NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する」などのルールに基づき、投資信託の運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー4人。取材時(2017年2月初旬)は、1月末に米国のトランプ大統領が7カ国の人の入国を禁止する大統領令を発令したことで、株価の下落が始まっていた。しかし、メンバー4人はしっかりプラスを維持! 今回は個別株を買う際に、必ずチェックしたい重要指標「PER」と「PBR」の見方も学ぶ!(2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号から転載。最新の記事はダイヤモンド・ザイ5月号に掲載中)

トランプ発言で株価下落も4人の成績はプラスを維持!
「13週移動平均線」で下げ止まるかに注目!

中村麻里子(以下、麻里子) 日経平均株価は、一度1万9500円付近まで上昇したのに、2月1日時点だと、1万9000円まで下落か…。

武藤十夢(以下、十夢) 先月よりも、プラス幅が減ったよね。私は積み立て額が少ないせいか2位にランクダウン…。

中西智代梨(以下、智代梨) トランプ大統領の影響なのかな?

小嶋菜月(以下、菜月) トランプショックが起こって、もっと株価が下がったら大変だよね。

十夢 でも、週足のチャートを見ると、緑の線付近で下げ止まっているね。

麻里子 これは「13週移動平均線」だね。過去のチャートを見ても、13週線付近で株価が下げ止まったら、また、上昇がスタートするケースが多い。

智代梨 移動平均線が横向きだったり、下向きの時は、移動平均線で下げ止まらずに株価は下落している。

十夢 週足チャートの場合は、上から株価、13週線、26週線の順番で並んでいる時は、上昇トレンドなんだよね。

菜月 その順番で並んでいて、移動平均線が上向きの時に、移動平均線で下げ止まれば、買いのサインだよね。

十夢 2016年1月の株価を見ると、13週線を割った後に急落が始まって、4000円も株価が下がってる。

菜月 13週線を割ったら、急落するかもしれないんだ。今は13週線ぎりぎりで下げ止まっているから、ここを割り込むかどうかが、重要なポイントになりそう。

麻里子 13週線は上向きだし、まだまだ上昇のチャンスはありそうだけど、最近の株価を見ると1万9500円を大きく上抜けなかったんだね。

智代梨 週足のローソク足を見ると、最近の8本分は1万9500円付近で株価の上昇がストップしてる。

菜月 もし、1万9500円を株価が突破できれば、本格的な上昇トレンドが開始するかもしれないね。

日足のチャートでは「25日移動平均線」が下向きに。
トランプ発言も懸念材料で、下落にも備えるべき時期?

十夢 日足チャートを見ると、今年の1月に下落のサインのダブルトップができてる。

菜月 その後の1月中旬に下落が止まって、今度はダブルボトムができてるね。

智代梨 でも、ダブルボトムができたのに、株価の上昇力はそれほどでもなかったね。

十夢 長い時間をかけてできたサインのほうが多分強いんだと思う。

麻里子  1万9000円付近で下げ止まって、上昇すれば、今度は長い期間をかけてつくられたダブルボトムになるね。

菜月 下落のサインと、上昇のサインが、短い期間で出ているから、チャートで見ると、株価がどうなるか、難しいタイミングなんだね。

智代梨 日足のチャートでは、25日線が下向きになってるから、ちょっと心配…。

十夢 最近はトランプ大統領のツイートで株価が下がったりすることもあるし、下落にも備えていたほうがよさそう。

麻里子 チャート見ると、これから、株価はどちらに動いてもいい形だしね。

智代梨 こんな時はやっぱり投資信託の積み立て額を増やすのがよさそう。

菜月 株価が下落すれば、購入口数も多くなるし、右肩が上がり続くよりも、積み立ての効果がアップするしね。

上がる株を選ぶための「割安度の見方」とは?
収入と資産に注目した指標をチェックしよう!

――ところで、突然ですが、みなさんが結婚相手に求める条件って何ですか?

菜月 う~ん。やっぱり愛は重要かな?

智代梨 うんうん。結婚相手が、愛情を注いでくれるかどうかも重要だよね。

十夢 確かに、愛情は重要だけど、ちゃんとお金がある人じゃないとダメかな。

麻里子 常識がある人とか、いろいろ条件はあるけど、お金や職業は確かに重要かも。

――じつは株選びも結婚相手を選ぶのに似ているんです。

智代梨 え、どういう点が似ているんですか?

――例えば、収入が500万円の人と結婚し、収入がすべて自分の手元に入るとしたら、5000万円を払って、結婚をしますか?

麻里子 5000万円ですか…。そんな大金払えませんよ。でも、10年間で回収できるから、投資として考えると悪くない条件かも…。

――そのように収入に注目した指標が、「PER(株価収益率)」です。収入に対して、10年間で回収できる価格で買うことができるなら、PERは10倍になります。

菜月 PERは高いほうが、いい株なんですか?

十夢 低いほうが、収入に対して、安い価格で買えるってことじゃない?

――そうなんです。低いほうが、株価が割安ということです。ちなみに、日経平均株価のPERは、約16倍(※2017年2月初旬時点)です。

指標に加えて「収入の伸び」もチェック!
株も結婚相手と同じで「成長性」を見るべき

麻里子 でも、お金ってことで言うと、収入は少ないけど、実家がお金持ちってケースもありますよね。

――そういった資産面から見て、割安かどうかが分かるのが「PBR(株価純資産倍率)」です。1000万円の資産がある人と、1000万円で結婚できるなら、PBRは1倍です。

菜月 それも、数字が低いほうがいいんですか?

――そう。日経平均株価のPBRは約1.3倍ですが、1倍を割れたら、持っている資産よりも株価が安いということです。

智代梨 じゃあ、PERやPBRが低い株を買えば、株価は上がるんですか?

――それだけじゃダメなんです。もうひとつ重要な点があります。例えば、年収が200万円、300万円、500万円の3人がいたとして、年収500万円の人と結婚しますか?

智代梨 500万円のほうがいいけど、職業や年齢、性格も重要だしな…。

麻里子 200万円のままだと考えるけど、収入が増えるかどうかが重要かも。

――そう。株式投資でも同じなんです。年収が増えそうな株を選ぶのが最も重要です。

菜月 年収は職業でも大きく左右されるし、株業種を見るのが重要なんですか?

――今は評価されていなくても、収入が伸びそうな人、つまり成長しそうな業種を選ぶのが重要なんです。

十夢 将来が有望な企業を選ぶのにプラスして、その株を安い価格で買うために、PERやPBRをチェックするということなんですね。

智代梨 いろんな企業を見て、将来の年収が増えそうな有望株を見つけようと!

(※運用バトルの最新の状況を紹介する、連載第14回「個別株を買うための業績の見方!」は、3月21日に発売されたダイヤモンド・ザイ5月号に掲載中)