ダイヤモンドZAi最新記事
2020年8月25日 ザイ編集部

高配当株の中でもアナリストが注目する「伊藤忠商事」
と「NTTドコモ」を紹介! コロナ禍でも業績が安定して
おり、連続増配記録も更新予想なので長期保有に最適

楽天ブックスで買う
amazonで買う

「高配当」でありながら業績が安定している「伊藤忠商事(8001)」と「NTTドコモ(9437)」に注目!

発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は、「最強日本株【2020年・夏の陣】」! 日本株市場には、コロナ禍で不透明な相場環境でも、注目すべき有望株がいくつもある。そこで、この特集では「5万円株」「高配当株」「大出世株」「株主優待株」「国内活躍株」「世界進出株」という6つのジャンル別に、アナリストなどの投資のプロが有望株を紹介! さらに「ウィズコロナ時代を勝ち抜くための戦略」や、「今後の日経平均株価の展望」なども取り上げているので、個人投資家なら必見だ。

今回は特集の中から、「高配当株」の注目株を抜粋! ダイヤモンド・ザイ10月号では、注目度が高い順に「総大将」「副大将」「軍師」「戦大将」「武将」とランク付けして13銘柄を取り上げているが、ここではその中から「総大将」と「副大将」に選定された2銘柄を紹介するので、銘柄選びの参考にしてほしい(株価は2020年8月5日終値)。
【※関連記事はこちら!】
日経平均株価の2021年6月までの「値動き」を予測! 4人の専門家の予想の最高値は2万7000円、最安値は1万9500円で、「底堅いが上昇余地も少ない」と分析!

商社の勝ち組として、6期連続で増配見通しの「伊藤忠商事」や、
7期連続で増配見通しの通信最大手「NTTドコモ」は要チェック!

 今のところ、新型コロナウイルスの影響はいつまで続くか不透明。そんな状況だからこそ、注目したいのが「高配当株」だ。配当利回りが高い「高配当株」は、投資金額に対して多くの配当金をもらえるため、常に投資家からの関心が高く、不況時でも下値リスクが小さい。目先の株価変動に一喜一憂することなく、落ち着いた運用をしたい人におすすめだ。ここでは、アナリストなど22名の投資のプロが注目する「高配当株」を2銘柄紹介しよう!
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開!【2020年最新版】会社予想の配当利回りランキングと一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!

 まず、アナリストから最も注目を集めた「総大将」に選ばれたのが、配当利回り3.64%伊藤忠商事(8001)だ。

 伊藤忠商事は大手総合商社の一角。資源開発・原料調達から、製造・加工、卸売り、小売サービスまで、多角的に事業を展開する。鉄鉱石価格の上昇と食料・生活などの非資源分野が好調で、前期は大手総合商社の中で唯一、増益を確保したことから、クォンツ・リサーチの西村公佑さんは、「新型コロナウイルスの影響は受けるとはいえ、大手商社の中では勝ち組。PERは10倍弱、予想配当利回りは3.6%程度と割安感があります」と分析する。

 また、フィスコの小林大純さんは、「提携先の中国企業CITICとのさらなるシナジー効果、ファミリーマートの完全子会社化による小売ビジネスの新展開などが期待できる」とし、グループ企業の再編を積極的に進めたことを評価。

 金融ジャーナリストの和島英樹さんも、「今期はエネルギー価格の低迷などで減益見込みですが、会社計画では500億円のバッファを用意。今期も配当を3円増やす計画で、年間配当金は88円に。3%台半ばの配当利回りは魅力的です」と話す。
【※関連記事はこちら!】
伊藤忠商事(8001)、6期連続の「増配」を発表! 年間配当は6年で1.9倍になり、2021年3月期は前期比3円増の「1株あたり88円」に!

 続いて、2番手の副大将に選ばれたのは、配当利回り4.15%のNTTドコモ(9437)だ。

 通信最大手のNTTドコモは、携帯電話で国内シェアトップ。ここ数年は総務省からの通信料金値下げ圧力や、楽天(4755)の参入などによる競争激化で厳しい状況が続いているが、収益は底堅い。

 フェアトレードの西村剛さんは、「たしかに同業他社との競争激化に伴い、業績は下がりました。それでも、今期の予想配当は1株当たり年125円と、前期比で増配を維持しており、上場来減配なしの流れは続きそうです」と分析。
【※関連記事はこちら!】
配当が減らない“隠れ増配株”ランキング上位20銘柄を紹介! 減配をせずに、配当を維持・増配し続けている「非減配」期間が長い優良な安定配当株ランキング!

 さらに、クォンツ・リサーチの西村公佑さんは、「新型コロナウイルスの影響で通信量は増加傾向。dポイント関連や5Gでも成長が期待できます」と話してくれた。
【※関連記事はこちら!】
NTTドコモ(9437)、配当予想を修正(増配)して、配当利回りがアップ! 7期連続「増配」となる2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり125円」に!

 さて、ここまでアナリストなどの投資のプロが注目する「高配当株」を2銘柄紹介してきた。ダイヤモンド・ザイ10月号では、「高配当株」をあと11銘柄取り上げているので、誌面も併せてチェックしてほしい!

先の見えない国難に立ち向かう“最強の日本株”とは?
ダイヤモンド・ザイ10月号をチェック!

ザイ10月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集「最強日本株【2020年・夏の陣】」から、一部を抜粋してお届けした。

 ダイヤモンド・ザイ10月号は、ほかにも読みごたえのある特集を多数掲載! アーリーリタイアを実現させた13人に、資産の作り方やリタイア後の収支について徹底取材した特集「早くリタイアしたい!」は、13人のリアルな体験談に加えて、橘玲さんや、ちきりんさんにもアーリーリタイアする方法を聞いている。さらに、「最新決算で見えてきた! いま【買い】の株36銘柄」「スマホ時代のネット証券選びはココを見る!【株アプリ】入門」「【毎月分配型】投資信託100本の本当の利回り」など、盛りだくさんな内容となっているので、ぜひチェックを!