つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

「つみたてNISA」は少額で投資が始められ、いつでも
引き出せる、若年層&投資初心者にピッタリの制度!
時間を味方にして、長期の積立で資産運用を始めよう

2018年9月14日公開(2018年9月14日更新)
深野 康彦
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
つみたてNISAのおすすめ証券会社はココ!

 今回は、20代から30代前半にかけての若年層に「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」がおすすめである理由と、実際に20代・30代の若年層が「つみたてNISA」で運用する際の具体的な商品選びの考え方などを見ていきます。また、20代・30代ではなくても、投資初心者や資金に余裕のない人に共通する内容ですので、そうした人たちはぜひ参考にしてください。

【※30代・40代の人、50代以上の人の「つみたてNISA」活用法はこちら!】
「つみたてNISA」で準備していいのは「教育資金」、ダメなのは「住宅資金」! 何かとお金が必要な30代・40代の「つみたてNISA」の上手な活用方法を解説!
「つみたてNISA」は50代半ば以降の人が老後資金を作る最適な制度!「iDeCo」との比較や商品の選び方など、50~70代の「つみたてNISA」活用術を解説!

投資の“ハードル”が低い「つみたてNISA」は
資金の余裕や投資の経験がない人の資産形成に最適の仕組み

 最初に、「つみたてNISA」について簡単におさらいしておきましょう。「つみたてNISA」は、年間40万円までの投資額の枠で、投資で得た利益が全額非課税になる制度です。非課税になる期間は最長で20年と長期にわたります。仮に毎年40万円を投資したとすると、40万円×20年=800万円の資金を、運用益非課税で投資できることになります。

 「つみたてNISA」で買える運用商品は、金融庁が定めた要件を満たす投資信託とETFに限られ(要件については後ほど解説します)、2018年9月13日現在、投資信託155本とETF3本が対象になっています。

 「つみたてNISA」は、日本に住む20歳以上の人なら誰でも利用できますが、「これから資産形成をしていきたい」「初めて投資にチャレンジする」という若年層に、非常に向いている制度だと私は考えます。それは、次のような理由からです。

1:まとまった資金がなくても投資を始められる
2:運用商品が絞り込まれており、投資初心者でも選びやすい
3:一度設定すればあとは自動的に積立投資が行われるので、手間がかからない
4:買いのタイミングで悩まなくていい
5:積み立てた資産はいつでも現金化して引き出せる

 それでは、1つずつ見ていきましょう。

理由1
まとまった資金がなくても投資を始められる!
金融機関によっては月100円から積立投資が可能

 資産形成に興味があっても、働き始めてそれほど年月のたっていない20代の場合、ほとんどの人が投資に回せる「まとまったお金」を持っていないのではないでしょうか。しかし「つみたてNISA」では、ごく少額から投資を始めることが可能で、投資の“ハードル”が非常に低くなっています。

 前述のとおり、「つみたてNISA」では1年に投資できる金額が40万円、月額にすると約3万3000円までです。これはあくまで上限で、もっと少額、たとえば月1万円でも、あるいは1000円でも、自分のできる範囲で積立投資を行うことができます。ちなみに、SBI証券楽天証券松井証券マネックス証券などネット証券の中には毎月100円から積立可能というところもあります(あまり積立額が少ないと、なかなか資産が増えていかないという難点はありますが)。

 ただし、少額で投資できるからといって、預貯金ゼロで投資を始めようというのは厳禁です。投資に足を踏み出してもいいのは、最低でも生活費の4カ月分、もしくは20代ならキリのいいところで100万円くらいの預貯金を確保してから、と覚えておきましょう。

理由2
運用商品があらかじめ絞り込まれていて
投資初心者でも選びやすい!

 証券会社や銀行には、「つみたてNISA」以外の投資信託の積立サービスもあり、同様に少額から投資することができます。ただ、「つみたてNISA」の場合は運用で得た利益が全額非課税になることが大きなメリットです(通常は、運用益に約20%の税金がかかります)。それに加えて、あらかじめ商品がかなり絞り込まれているのも、投資未経験や投資初心者が多い20代・30代にとって、心強いポイントと言えます。

 日本で販売されている投資信託は全体で6000本以上もあり、その中から自分に合った適切な商品を選ぶのは大変です。一方「つみたてNISA」では、「売買手数料が無料」「運用コスト(信託報酬)が一定以下」「運用期間が5年以上(アクティブ型投資信託の場合)」などの金融庁が定めた条件に当てはまらないと、対象商品として認められません。先述のとおり、2018年9月13日時点で対象となっているのは投資信託155本とETF3本のみです。

 つまり、高コストの投資信託や、長期投資に向かない投資信託はあらかじめ除かれています。そのため、投資経験がまったくない人、または少ない人でも、商品を選択しやすくなっているのです。

【※関連記事はこちら!】
「つみたてNISA」で積み立てられる投資信託とETFが“積立&長期投資向き”な理由とは?金融庁が課した“一定の条件”と、対象となった商品の概要を解説!

理由3
一度設定すれば自動的に積立投資が行われるので
手間がかからない“ほったらかし”投資が実現できる!

 資産形成は“投資を続ける”ことが重要ですが、面倒くさいとなかなか続きません。その点、「つみたてNISA」なら、口座を開く金融機関を決めて、積立金額や引き落とし口座などを設定し、投資する商品を選んでしまえば、あとは設定したとおりに、毎月オートマチックに積立投資が行われます。手間がかからず、投資初心者でも続けやすい仕組みになっているのです。

「つみたてNISA」を始めた後は、基本は“ほったらかし”でも大丈夫です。積立をしていることを忘れるくらい淡々と、積立投資を続けていきましょう。ただし、年に一度くらいは運用レポートなどで運用状況を把握しておく習慣をつけてほしいと思います。

理由4
買いのタイミングを考える必要がなく
一時的に損が出ても取り戻せる可能性が高い!

 「つみたてNISA」は、たとえば毎月1万円といった形で、一定額の投資信託(またはETF)を定期的に購入していく仕組みです。購入するタイミングを計る必要がないので、投資初心者でも難しくありません。また、一度に投資するのではなく複数回に分けて投資する「時間分散」によって、高値つかみのリスクを低減することができます。

 さらに、投資信託の価格(基準価額:株式で言えば株価にあたるもの)が高いときには買う量が少なくなり、逆に価格が安いときには多く買うことになるので、平均取得単価を下げる、つまり平均すると安く買えるという効果も期待できます(これを「ドルコスト平均法」と言います)。

 もっとも、「時間分散」でリスクを抑えられるとはいえ、投資に絶対はありません。たとえばリーマンショックのようなことが起きると、運用成績が落ち込んで元本割れになることもありえます。しかし、「つみたてNISA」の場合、運用期間は最長20年もあります。過去の経験則からいうと、10年、20年と長く運用を続けていけば、一時的に損が出ても取り戻すことは十分可能です。

 特に20代・30代の若年層は、今後の運用にかけられる時間が長いことが強みです。さらに、一般的に若年層は投資に回せる金額が少ないぶん、仮に失敗したとしても傷は浅く、リカバリーしやすいと言えます。

【※関連記事はこちら!】
つみたてNISAが投資の初心者におすすめな理由とは?積み立て投資だから簡単で損しにくく、対象商品は低コスト&売買手数料無料、そのうえ節税もできる!

理由5
いざとなればいつでも現金化して引き出せる!
若年層には「iDeCo」より使い勝手がいい

 「つみたてNISA」は、長期的な資産形成のための仕組みです。投資は長く続けるほど、利益が利益を生んで雪だるま式に増える「複利効果」が働いて、効率的に資産を増やすことができます。一度始めたら、一時的な相場の下落に左右されてすぐにやめたりせず、積立を続けていくことがとても重要です。冒頭で説明したように、まずは生活費の4カ月分を貯めてから投資を始めるというのも、一つには「お金が足りなくて積立を続けられない!」といった事態を避けるためです。

 とはいえ、急に想定外のお金が必要になることもあるでしょう。そんなときに「つみたてNISA」であれば、積み立てた資産をいつでも好きなときに必要な分だけ売却して、口座からお金を引き出すことが可能です。一方、「つみたてNISA」と比較されることの多い「iDeCo(個人型確定拠出年金)」の場合は、「老後資金づくり」が目的のため、60歳より前にはお金を一切引き出すことができません。

 この先、何にお金が必要になるかわからず、あまり資産も多くない若年層のうちは、資産運用の際にいつでも現金化できるという「流動性」の確保にこだわるべきです。「iDeCo」の口座にはお金があるのに、引き出せずに高い金利のローンを利用する、というようなことになってしまっては本末転倒です。

 「でも、『iDeCo』は掛金が全額所得控除になるという税制メリットがあるからお得だ」と考える方もいるでしょう。しかし、20代のうちは給与所得水準が高くないので、所得控除によるメリットはさほど大きくありません。「所得控除があって得だからiDeCoを選ぶ」という考え方はおすすめできません。「iDeCo」を否定するつもりはもちろんありませんが、ライフプランが定まっていない20代や30代のうちは、「iDeCo」よりも「つみたてNISA」のほうが使い勝手はいいと私は考えます。

【※関連記事はこちら!】
「つみたてNISA」VS「iDeCo」の最終結論とは?iDeCoの「掛金が全額所得控除」の利点に捉われず、将来の「不確定要素の多さ」にも注意して決めよう!

20代・30代には海外株式に投資する投信がおすすめ!
リスクを取って大きなリターンを狙うべき

 ここまでは20代から30代にかけての若年層に「つみたてNISA」が向いている理由を説明してきましたが、次にどんな商品を選べばいいのかを考えてみましょう。「つみたてNISA」で買えるのは、株式に投資する投資信託(およびETF)か、株式や債券などを組み合わせた「バランス型」の投資信託です。若年層の人であれば、「株式100%」の投資信託、それも、海外に投資するものがいいと思います。海外株は、日本株より高い成長が見込めるためです。

【※関連記事はこちら!】
「つみたてNISA」では、日本株より海外株をメインに積み立てるべき! 経済成長率が日本の約3倍もある「海外株」の投信で、老後資産の大きな成長を狙え!

 株や債券に分散投資する「バランス型」がダメというわけではありません。しかし、20代・30代はリスク許容度(どこまでリスクを取れるかという度合い)が他の年代より高く、しかも一般的には他にあまりリスク資産を持っていないはずです。したがって、リスクが相対的に高めでも、大きなリターンが期待できる「株式100%型」を選ぶべきと考えます。

 また、株式100%の投資信託でも、運用方法の違いによって「インデックス型」と「アクティブ型」がありますが、低コストで内容がわかりやすい「インデックス型」の投資信託がおすすめです。

 「インデックス型」は「日経平均株価」などの指数に連動する運用成果を目指す投資信託です。簡単に言うと、たとえば日本株などの“市場全体”に広く分散投資するということで、運用成績は基本的に「市場平均並み」となります。一方「アクティブ型」は、運用会社が独自に投資する銘柄を選んで組み合わせ、「市場平均を超える」ことを目指す投資信託です。しかし「アクティブ型」の実際の成績はまちまちで、投資初心者には選ぶのが難しい面があります。また、運用コスト(信託報酬)が相対的に高いのも難点です。

 「インデックス型」の投資対象(連動する指数)もいろいろありますが、先述のとおり海外に投資するもの、具体的には、先進国の株価指数である「MSCIコクサイ・インデックス」や「FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス」などへの連動を目指すタイプのインデックス型投資信託を選ぶといいでしょう。

 これらのなかで信託報酬が低い投資信託としては、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」「SBI・先進国株式インデックス・ファンド(「EXE-i つみたて先進国株式ファンド」からファンド名変更)」などが挙げられます。

【※関連記事はこちら!】
つみたてNISAでおすすめの「インデックス型投信」を紹介!TOPIXや日経平均株価などの「指数の違い」や「コスト」に着目した商品の選び方をやさしく解説!

これからの時代は、若いうちからの投資による資産形成が必須!
早いうちから「つみたてNISA」で“投資に慣れる”のが得策!

 米国などに比べると、日本の個人は資産形成においてこれまでリスクを取ってきませんでした。それが、海外と日本の個人の、金融資産の増え方の差に表れています。今後の日本が、かつてのような高金利になることは考えにくく、預貯金だけで資産を増やすことは期待できません。豊かに暮らしていくためには、ある程度のリスクを取った資産運用が必須になっていくと私は考えます。

 特に、今の20代・30代など若年層は、いずれどこかのタイミングで必ず投資をすることになるのではないでしょうか。そうであれば、できるだけ早いうちから少しずつ投資を始めて、「習うより慣れろ」で上手なやり方を身につけていったほうが得策です。年齢が上がってから、いきなり多額の投資を始めるのはリスクが高すぎるからです。

 実際、若い世代の投信積立の利用が徐々に増えているようです(日経新聞の調査によると、たとえば楽天証券では「つみたてNISA」利用者の57%を20代・30代が占めています)。今回見てきたように、「つみたてNISA」はさまざまな面で“投資のハードル”が低く設定されており、若年層や投資初心者が投資を始めるのに非常に適した制度です。まずは「つみたてNISA」で投資に慣れて、関心ができたら個別株投資に進むのもいいでしょう。この機会にぜひ、「つみたてNISA」を利用した資産形成をスタートしていただきたいと思います。

【※関連記事はこちら!】
つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?
つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介! 騰落率や取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう!

(構成:肥後紀子)

深野康彦(ふかの・やすひこ)[ファイナンシャルプランナー]
ファイナンシャルリサーチ代表。AFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士。クレジット会社勤務を3年間経て1989年4月に独立系FP会社に入社。1996年1月に独立し、現職。あらゆるマネー商品に精通し、わかりやすい解説に定評がある。主な著書に『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない』『ジュニアNISA入門』(ダイヤモンド社)など多数。
つみたてNISAおすすめ証券会社はこちら!
つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?はこちら!
「つみたてNISA(積立NISA)」取り扱い証券会社が実施している、お得なキャンペーン情報こちら!
【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】「取扱商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&ETFが多い「つみたてNISA」の金融機関はこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?
はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介! 騰落率や取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう!詳しくはこちら!
「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)のアクティブ型投信を騰落率ランキングですべて紹介! 信託報酬の安さや取り扱いのある金融機関に注目して商品を選ぼう!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説はこちら!

【2019年6月4日更新】
◆つみたてNISA口座のおすすめネット証券はココ!

売買手数料 購入可能なつみたてNISA対象商品数
投資信託 ETF インデックス型投信 アクティブ型投信 ETF
◆楽天証券
無料 137本 14本
【楽天証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
取り扱う投資信託の本数は151本とつみたてNISAを扱うすべての金融機関の中で最も多い(SBI証券と同数・2019年6月4日時点)。投資信託の最低購入金額が「100円」のため、少額からつみたてNISAを始められる。「毎月積立」だけでなく、「毎日積立」も可能だ。また、積立代金の引き落としは、証券口座や「楽天銀行」、その他金融機関に加え、「楽天カード」も選択できて便利。積立代金を「楽天スーパーポイント」で支払うこともできる。さらに、「楽天カード」のクレジット決済にすれば、毎月の積立額に応じて「楽天スーパーポイント」が付与される
【関連記事】
◆【楽天証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が150本と豊富! 積立額に応じポイント還元&ポイントで投資も可能!
◆楽天証券が投資信託の積立時の「楽天カード」決済&積立額の1%分のポイント還元を開始! ポイントの再投資も可能で、最強の「つみたてNISA」口座が誕生
楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
無料 137本 14本
【SBI証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
ネット証券で口座開設数がNo.1の最大手。つみたてNISA対象商品のうち、そのほとんどの投資信託を取り扱っており、投資信託のラインナップは151本と最多楽天証券と同数・2019年6月4日時点)。100円から投資信託の積み立てが可能で、少額でもつみたてNISAを始められる。「毎月積立」だけでなく、「毎週積立」「毎日積立」も選べ、きめ細かい時間分散投資を行える。スマホアプリ「かんたん積立アプリ」は、つみたてNISAに対応しており、投資信託をスマホで管理可能。さらに、おすすめのファンドや金額配分まで提案してくれる。
【関連記事】
◆【SBI証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】「つみたてNISA」対象の投資信託の取扱数が150本と金融機関で最も充実しているのがSBI証券の魅力!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
無料 133本 13本
【松井証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
株主優待名人の桐谷さんもおすすめするネット証券の1つ。つみたてNISA対象の投資信託は146本と豊富なラインナップ。ロボアドバイザーが投資信託のポートフォリオの提案から運用をサポートする「投信工房」(利用無料)をはじめ、情報ツールが豊富でサポート体制も充実100円から投資信託を購入することができるため、投資初心者も始めやすい。
【関連記事】
◆【松井証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託を146本も用意! ロボアドバイザーが投資初心者の資産設計をサポート
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
松井証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券
無料 134本 13本
マネックス証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
つみたてNISA対象の投資信託のラインナップは147本と豊富。最低購入金額が原則100円と、少額からつみたてNISAを始めることができる。また、独自の資産設計アドバイスツール<MONEX VISION β>が、おすすめの投資信託を紹介してくれる。総合口座での取引でも、約定金額の低い価格帯で特に手数料が安いため、将来少額からでも株式投資を始めたい初心者にもおすすめ。
【関連記事】
◆【マネックス証券「つみたてNISA」のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が147本もあり、 初心者も安心の資産設計アドバイスツールが使える!
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得!国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券
無料 136本 13本
カブドットコム証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
みたてNISA対象の投資信託は149本と充実のラインナップ。積み立ては100円から可能で、投資初心者や資金に余裕のない人でも始めやすい。NISA口座(つみたてNISAを含む)の開設者は通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引になるのもメリットだ。投資初心者にも、すでに投資を行っている中上級者にもおすすめできる。
【関連記事】
【カブドットコム証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】「つみたてNISA」対象の投資信託は149本と豊富で、現物株の取引手数料が最大5%割引になる特典もあり!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
◆大和証券
無料 1.242%以下 11本 1本 3本
大和証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
投資信託は信託報酬の低いインデックス型投信を中心に絞り込んだ計12本。低コストのバランス型投信もしっかりラインナップされているので、投資初心者でも始めやすい。アクティブ型は「年金積立 Jグロース」1本。また、つみたてNISAでETFを取り扱う唯一の金融機関2019年4月5日時点)となっている。積立頻度を毎月、隔月、3カ月ごと、4カ月ごと、6カ月ごとから選択可能。
大和証券の詳細はこちら
◆野村證券
無料 4本 2本
野村證券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
つみたてNISAで取り扱う投資信託は厳選された6本だけで、投資初心者でも迷わず選べる。インデックス型は日本株1本、外国株(日本を除く全世界)1本、バランス型2本の計4本で、いずれも信託報酬は最安に近い低コストの投信が用意されている。アクティブ型は好成績で人気の「ひふみプラス」と、ユニークな運用哲学の「コモンズ30ファンド」をラインナップ。
野村證券の公式サイトはこちら
※掲載情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

NISAに最適な証券会社とキャンペーンの最新情報が満載!NISAの最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2019年6月4日更新!】
NISA口座の株式売買手数料や取扱商品、キャンペーンを徹底比較!
 NISA投資で利用すると得する、おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料
(税抜)
取扱商品 NISAでのIPO対応
(昨年の取扱数/うち主幹事数)
国内株 海外株 投資信託 ※1
◆マネックス証券
無料
米国株
中国株
1100本以上
(700本以上は
販売手数料無料)

(50社/0社)
マネックス証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座では日本株の売買手数料が無料なのに加えて、海外株(海外ETF含む)も購入時の手数料が全額キャッシュバックされる(=実質無料)。NISA口座で国内株の売買手数料が無料になるネット証券会社は複数あるが、海外株(海外ETF含む)の買付手数料が無料になるのはマネックス証券だけ他の証券会社と比べてNISA口座での外国株の取り扱い銘柄数が圧倒的に多いのも魅力!
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得!国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
無料
米国株
中国株
アセアン株
2500本以上
(1200本以上は
販売手数料無料)
×
【楽天証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、海外ETFの買付手数料も無料!(売却時の手数料は必要)。海外株は米国、中国(香港)、アセアン各国と、幅広い銘柄が揃っている。さらに投資信託も2500本以上と充実しており、約半分は販売手数料が無料2019年1月開始の「NISA口座開設申込時における即日買付制度」に対応。申込から取引(商品買付)までを、最短で当日中に行える
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
無料
米国株
中国株
韓国株
ロシア株
アセアン株
2500本以上
(1200本以上は
販売手数料無料)

(88社/11社)
【SBI証券のNISA口座のおすすめポイント】
ネット証券で口座開設数がNo.1の最大手で、NISA口座では日本株の売買手数料が無料、かつ海外ETFの買付手数料も無料!(売却時の手数料は必要)。米国、中国(香港)、アセアン各国、韓国、ロシアなど、NISA口座対応の海外株が豊富IPOの取扱が多いのも魅力だ。2019年1月開始の「簡易NISA口座開設」制度に対応、証券総合口座がない状態からの申込でも最短2営業日程度で取引が始められる
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券の公式サイトはこちら
株式売買手数料
(税抜)
取扱商品 NISAでのIPO対応
(昨年の取扱数/うち主幹事数)
国内株 海外株 投資信託 ※1
◆松井証券
無料 × 800本以上
(650本以上は
販売手数料無料)

(9社/0社)
【松井証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、取り扱っているほとんどの投資信託の販売手数料も無料! 海外株の取扱はないが、強力な銘柄スクリーニング機能を持つ「QUICK情報」や高機能ロボアドバイザー「投信工房」が無料で利用できるなど、情報ツール類が充実。サポート体制も万全なので、NISAで投資を始める初心者にもおすすめだ。その使い勝手の良さは折り紙つき
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!~松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
松井証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券
無料 × 100本以上
(90本以上は
販売手数料無料)

(1社/0社)
【GMOクリック証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座なら日本株の売買手数料が無料 投資信託の取扱本数は多くないもののノーロード投信や信託報酬の低い投信が豊富だ。100円から積立が可能なのも魅力。ここ数年、急激に株式市場での売買代金シェアを増やし、個人投資家の支持を集めている。NISA対応ではないがFXやCFDなど商品ラインアップが豊富なので、NISAを入口にさまざまな投資に挑戦したい人におすすめ
【関連記事】
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!~コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
◆GMOクリック証券の株アプリ/株roid/iClick株を徹底研究!~適時開示情報やアナリストレポートも過去90日分が読める!
GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券
無料 × 1100本以上
(650本以上は
販売手数料無料)

(23社/0社)
【カブドットコム証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座なら国内株の売買手数料が無料8銘柄のETFも売買手数料が無料! 投資信託は100円から購入が可能。500円から個別株が買える「プチ株」、プチ株や投資信託を毎月積立投資できる「プレミアム積立」もある。NISA口座を保有していると一般口座(と特定口座)の現物株式売買手数料が最大5%割引になる「NISA割」もお得(ただし「プチ株」「プレミアム積立」の場合は通常の手数料が必要)。2019年1月からNISA口座、つみたてNISA口座の「スピード開設」を開始。すぐに取引を始められる。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準! 9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆【カブドットコム証券の株アプリ/kabu.com for iPhone/Androidを徹底研究!】取扱い商品、特殊注文、テクニカル指標、すべてが充実のアプリ!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
株式売買手数料
(税抜)
取扱商品 NISAでのIPO対応
(昨年の取扱数/うち主幹事数)
国内株 海外株 投資信託 ※1
◆野村證券
139~1905円
(約定代金による)
× 800本以上
(40本以上は
販売手数料無料)

(37社/23社)
【野村證券のNISA口座のおすすめポイント】
国内最大手の証券会社で、口座数とNISA申込口座数はともに国内ナンバーワン! NISA口座でも一般口座と同じ売買手数料が必要となるが、インターネット取引用の口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが豊富で、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPOの主幹事数が多いので、本気でIPO投資を狙うならぜひ口座を持っておきたい証券会社
【関連記事】
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
野村證券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
野村證券の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
125~1500円
(約定代金による)
× 900本以上
(450本以上は
販売手数料無料)

(66社/21社)
【SMBC日興証券のNISA口座のおすすめポイント】
証券会社でトップクラスのIPO取扱実績を誇る。NISA口座でもIPOに参加できるので、公募価格の数倍になることもあるIPO投資で非課税のメリットを生かしたいなら、口座を開いておきたい証券会社だ。また、500円から株式投資ができる独自サービス「キンカブ(金額・株数指定取引)」があり、NISAの限度額120万円をムダなく使えるのが魅力!
【関連記事】
◆SMBC日興証券のおススメポイントはココだ!~信用完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」が利用できる
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆岡三オンライン証券
99~1000円
(約定代金による)
× 500本以上
(450本以上は販売手数料を
キャッシュバックで実質無料

(45社/0社)
【岡三オンライン証券のNISA口座のおすすめポイント】
購入手数料(税込)相当額をキャッシュバックする「ZEROファンド」プログラムにより、実質ほぼすべての投資信託が購入手数料無料となっているのは大きな魅力! NISA口座の株式売買手数料は有料だが、そもそも一般口座(と特定口座)の手数料はネット証券でも割安。NISA対応ではないがFXやCFD(くりっく株365)などの商品ラインナップも充実している。
【関連記事】
◆「岡三オンライン証券」は1日最大40万円の取引まで「売買手数料が無料」! 資金の少ない投資初心者や株主優待狙いの投資家には、圧倒的にお得!

◆岡三オンライン証券のおすすめポイントはココだ!~個性的な「クライアント型」トレードツールと充実の投資情報が魅力!
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券
80~400円
(約定代金による)
× 1本
(ひふみプラスのみ。
販売手数料無料)

(5社/0社)
【ライブスター証券のNISA口座のおすすめポイント】
顧客満足度調査の「ネット証券 手数料部門」で1位を獲得するなど、売買手数料の安さはネット証券でもピカイチ! NISAの場合、売買手数料が無料の証券会社もあるのでNISA口座しか利用しない株式投資初心者にはさほどメリットはないが、NISAをきっかけに長期的に投資を始めたいなら、手数料が安いライブスター証券はおすすめ
【関連記事】
◆ライブスター証券のおすすめポイントはココだ!~日本株現物手数料はあらゆる価格帯で最安値
◆【ライブスター証券の株アプリ/livestar Sを徹底研究!】特殊注文&長期間の注文に対応。手数料の安さも魅力!
ライブスター証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

 

売買手数料は5大ネット証券で最安値レベル!
ツール&アプリが充実、500円から積立投資も
できる初心者におすすめ!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!カブドットコム証券の公式サイトはこちら



つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの 証券会社はココだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株・投信・貯蓄で実現
人生で必要な
1億円の作り方

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人生で必要な1億円の作り方

●貯金テク 株・投信のしくみ。
勝ち組のワザを解説! 
・貯蓄? 投資?
人生で必要なお金の仕分け
最高6億円も! 株でお金を作った6人のワザ
投資信託お金を作った6人のワザ 
節税効果でより増える! iDeCoやNISAを使いこなせ

●気軽に投資できて儲
けやすい5万円株54銘柄
ライザップ、ZOZO、レオパレスは売りか買いか?
桐谷さん厳選!
オトク度が高い優待株9銘柄
・減配リスクが小さくて
安心な高配当株18銘柄
・短期で大化けもあり
値上がりを狙う株27銘柄

●ザイ独自の1万人アンケートを実施! 

億を作った勝ち組563人の必勝法!
勝ち組/負け組ってどんな人?
勝ち組の資産、運用法、投資先、生活習慣など大解剖!

別冊付録・1
266社のおみやげリスト付き! 
株主総会ガイド! 2019年版
・総会みやげセレクト10
・総会でわかる 良い株・悪い株
・今年の総会の見どころは

別冊付録・2
・リスクにビビるな! おかねをまもる教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報