「夢の配当金生活」実現メソッド

配当金生活を実現するなら「日本株」より「米国株」
に投資すべき!? 50年以上の連続増配株が約30銘柄も
ある「米国株」の魅力と注意点をわかりやすく解説!

【第19回】 2019年6月16日公開(2019年10月8日更新)
個人投資家・立川 一(たちかわ・はじめ)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 こんにちは、個人投資家の立川です。

 前回は「40~50代のサラリーマンが資産運用を始める場合、増配株投資で大丈夫なのか?」ということを解説しました。昨今では60~65歳になったら定年退職をして悠々自適の人生を……という方は少なく、定年退職後も働き続ける方が増えています。そのため、40~50代で老後のための資産運用として「増配株投資」を始めてもまったく遅くはない、という話をさせていただきました。
【※前回の記事はこちら!】
「資産運用」は、40~50代から始めても遅くない!40~50代が定年退職や老後に備えて「増配株投資」で資産運用するメリットと注意点をわかりやすく解説!

 さて、今回のテーマは「増配株投資をするなら米国株と日本株のどちらが有利?」です。

 私が「増配株投資」を始めてから、多くの人に「増配株投資をするなら米国株でしょ? どうして日本株なの?」と聞かれてきたので、その理由を説明したいと思います。以前、連載の第10回でも触れたのですが、今回はさらに詳しく、米国株と日本株それぞれの特徴を紹介しながら解説したいと思います。
【※第10回の記事はこちら!】
高配当な「米国株」や「J-REIT」の魅力を分析!増配株投資で成功した投資家が実践する「米国株」と「J-REIT」を利用した「分散投資」の戦略を公開!

米国には長期にわたって“連続増配”している銘柄が多いが、
「増配株投資」では必ずしも“連続増配”である必要はない!

 多くの人が「増配株投資なら米国株のほうが有利」と考えるのには理由があります。

 例えば今年2月、ニューヨーク証券取引所に上場している「コカ・コーラ」が前年比2.6%の増配を発表しました。今回の増配によって、コカ・コーラはなんと“57年連続”の増配を達成しています。このように、米国株には「連続増配銘柄」が多く、しかも日本の銘柄では太刀打ちできないくらいの長い期間にわたって増配を続けている銘柄が数多く存在します。

 日本では「花王」の“29年連続”が最長となっていますが、米国には「花王」よりも連続増配年数が長い銘柄が100銘柄近く存在し、50年以上にわたって連続増配をしている株が30銘柄近くあるのです。日本では「安定配当」という名の“配当金額が横ばいの銘柄”もいまだに多く存在し、連続増配を続けている銘柄があっても、その年数は米国株に比べたらはるかに短くなっています。

 そのうえ、米国株には配当利回りが高い銘柄も多いため、インカムゲインの最大化を目指す投資家にとってはとても魅力的な投資対象となっています。さらに、買い増しを続ければ増配との相乗効果で受け取れる配当金をグングン増やすことができます。「増配株投資をするなら、日本株よりも米国株!」と言われるのは当然でしょう。

 しかし、「連続増配年数」が長いことが、投資家にとって利益になるとは限りません。例えば、連続増配年数が日本一の「花王」の配当推移を見てみましょう。

■花王(4452)の配当金の推移
基準月 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
配当金額
(税引前)
58円 60円 62円 64円 70円 80円 94円 110円 120円 130円
(予想)

 「花王」は安定した増配を連続で実施していて素晴らしいですね。連続増配の結果、花王」の配当は2010年から2019年の10年間で、1株あたりの配当は58円⇒130円と、2.24倍になっています。

 次に、米国株の代表的な銘柄の一つで、「連続増配年数」が42年に達している「マクドナルド」の配当推移(ドルベース)を見てみましょう。

■マクドナルド(MCD)の配当金の推移
基準月 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
配当金額
(税引前)
2.26
米ドル
2.53
米ドル
2.87
米ドル
3.12
米ドル
3.28
米ドル
3.44
米ドル
3.61
米ドル
3.83
米ドル
4.04
米ドル
4.64
米ドル

(予想)

 「マクドナルド」も毎年順調に増配を続けており、やはり2010年から2019年の間に1株あたりの配当が2.26米ドル⇒4.64米ドルと、2.05倍になっています。

 一方、日本の東証1部に上場している「シーティーエス」の配当推移を見てください。

■シーティーエス(4345)の配当金の推移
基準月 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
配当金額
(税引前)
2.3125円 2.1875円 2.1875円 3.875円 5円 5.5円 6円 9円 11円 12円
(予想)
※株式分割考慮後の配当金額

 「シーティーエス」は、実績連動分配を実施しているために連続増配にはなっておらず、途中で減配もしています。

 しかし、この10年の配当の伸び方に注目してください。シーティーエス」の配当は2010年から2019年の10年間で、2.3125円⇒12円と5.18倍になっており、連続増配の「花王」や「マクドナルド」の2.05~2.24倍よりも大きく増加しています。同時に、その間に「シーティーエス」の株価は約20倍に上昇しています。

 確かに、「連続増配」と言われると安定した業績に裏付けられた優良企業であるイメージがあります。しかし、「連続増配」は必ずしも「連続増収・連続増益」を伴っているとは限りません。先ほど紹介した「マクドナルド」は2014~2015年のように、減益になった年でも配当性向を上げて増配しています。

 一方、「シーティーエス」は「実績配当」を実施しており、利益に応じて配当を増減させています。そのため、業績の悪化とともに株価が軟調に推移する時期がこれまでに何度もありました。しかし、増益と減益を繰り返しつつも長期的には成長しており、しかも年平均成長率も高いため、利益成長に比例するように配当金が大きく増加しているのです。

 「連続増配」を実施している会社は株主還元に積極的であることは間違いありません。しかし、「連続増配」をしていないからといって、優良企業でなかったり、株主還元に消極的であったりするとは限らないのです。

 配当利回りについても同様のことが言えます。

 現時点で配当利回りが2%のA株と、3%のB株があったとします。増配によって、A株の配当額が10年で4倍に、B株の配当額が10年で2倍になったとすれば、購入時の株価に対する配当利回りはA株が2%の4倍で8%、B株が3%の3倍で6%となります。

 目先の配当利回りが高いことは株主にとってうれしいことですが、目先の配当利回りが低くても、増配の仕方によっては株主にとって大きな利益が生じることもあるのです。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること!実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

 したがって、連続増配年数や配当性向、ROEなどを見て、「米国株式に比べて日本株式は劣っており、投資対象としての魅力がないんじゃないか?」と考えるのは非常にもったいないと私は考えています。しかも、日本のマーケットが未成熟だからこそ今後の伸びしろがあり、大きな果実が得られる可能性が高いのです。一番わかりやすい例で言うと、日本株の配当性向(=利益の中からどのくらい配当金を支払っているかを示す比率)は低いと言われていますが、もし配当性向を米国並みに挙げるようなことがあれば、配当金も増え、それを好感して株価が上がる可能性も高いということです。
【※関連記事はこちら!】
外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめの証券会社はココだ!

米国株に投資する場合には「為替」と「2重課税」に要注意!
日米両国の優れた「増配株」を見つけて投資しよう!

 さらに、「日本企業は米国企業に比べて、ROEが低い(=経営の効率が悪い)からダメだ」とよく言われますが、この点について少し考えてみましょう。

 米国の企業ではしばしば「選択と集中」が行われ、事業内容の見直しだけでなく、分社化や合併が珍しくありません。また、めぼしい投資先がない場合には配当や自社株買いで積極的に株主還元するなどして余分な現金を吐き出すため、結果として経営の効率を示すROE(=自己資本利益率)が高くなります

 一方、日本企業では利益をさほど生み出さない事業をなかなか切れない企業も多く、経営の効率が悪いままで甘んじている企業も少なくありません。めぼしい投資先がないのに株主還元に消極的で現金をダブつかせている上場企業も散見されます。その結果、残念ながらROEは低くなりがちなのですが、逆に言えば日本企業にはまだ資本効率を向上させたり、株主還元したりする余力が残っているということになります。こういった部分に経営者がメスを入れれば、日本の株も配当や株価が見直される可能性があるのではないでしょうか。

 そして、米国株投資をする際は「為替」の影響を考慮する必要があります。当たり前ですが、米国株の配当は米ドルで支払われるので、円安になれば円換算での手取り金額は多くなり、円高になれば円換算での手取り金額は少なくなります。

 例えば、もし増配をしなかったとしても、円安が5%進めば日本円に換算した場合の配当金額は5%増えます。逆に、円高が2%進行しても(例:1米ドル=110円⇒107.8円)、配当が5%増えれば、前年の配当×105%(増配)×98%(円高)=102.9%となって、手取り金額は増えます。ただし、配当が2%増えたとしても、円高が5%進めば(例:1米ドル=110円⇒104.5円)、前年の配当×102%(増配)×95%(円高)=96.9%と少なくなってしまいます。つまり、投資期間中に円高が進行したペースを増配のペースが上回るかどうかが問題で、為替の変動をカバーするくらい増配してくれる銘柄に投資することがポイントになります。

 一方で、日本株に投資する場合は為替変動を気にする必要はなく、増配が行われるたびに確実に配当は増えていきます。為替変動の影響を考慮しなくていいというのは、日本株の大きな魅力と言えるでしょう。

 最後にもう一つ、米国株投資について語る際によく言われる「米国株の利益や配当は2重課税されるから不利」という話について、私の考え方を説明しておきます。

 「2重課税」というのは、米国株で得た利益や配当に対しては「米国内で10%が課税される」だけでなく、さらに「日本でも20.315%が源泉徴収されてしまう」ことを指しています。日米両国の税制に従わないといけないので、まずは米国で配当の10%が徴収され、さらに残りの90%のうち20.315%が日本で徴収されるので、実質的には配当のうち「10%+0.9×20.315%=28.283%」は税金で徴収されてしまいます。特定口座で株を保有している場合は「日本株は配当金の79.685%」が受け取れるのに、「米国株は配当金の71.717%」しか受け取れないということが起きるのです(米国内での課税がない銘柄もあります)。

 ただし、この「2重課税だから米国株は不利」という話には、私はあまり納得していません。というのも、「2重課税」されたとしても、最終的な利回りを計算した場合、日本株よりも米国株のほうが有利なことも多いからです。昨今は日本でも株主還元が見直されつつあるとはいえ、高い配当利回りを維持しながら「連続増配」をする企業の数は米国株のほうが多いのは確かです。また、米国の株式市場に上場していても、米国内では配当が課税されない銘柄もあり、NISA口座で保有すれば、とんでもなく高い利回りを享受できる銘柄があるのも事実だからです。
(※ただし、やたらと高利回りの銘柄の場合は、多くの投資家が今後の業績不振を察知して株価が下がっている、業績に影響するような大きな問題を抱えているなど、何らかの要因があることが考えられるので注意しましょう)

米国株は「経営判断の早さ」や「積極的な株主還元」が魅力的。
日本株と米国株のそれぞれの特徴を理解して資産形成に役立てよう!

 ここまで、米国株と日本株の特徴を紹介しきましたが、私自身のポートフォリオが日本株に偏っていることもあり、どうしても“日本株びいき”になってしまいました。しかし、私は米国株投資にも魅力を感じていて、実際にポートフォリオの一部に米国株を組み入れています。

 私が米国株に感じる魅力とは、米国の上場会社は経営上の判断がとても早く、株主還元に積極的であり、保有していても日本株にない安定感を得られる点です。米国の上場会社は経営者自身が大株主であったり、投資家の企業に対する要求が高かったりして、株主本位の経営をしているから、そのように感じるのだと考えられます。また、日本株ばかりを保有しているよりも、リスクが分散できるという点でも魅力的です。

 「連続増配」している銘柄や「高利回り」な銘柄がいいとは限らないと説明したのと同様、「日本株」だからいい、「米国株」だからいいと考えるよりも、それぞれの特徴や、株式市場を取り巻く環境を理解したうえで、あくまでも個別の「増配株」ごとに良し悪しを検討して、資産形成に役立てたほうがいいのではないでしょうか。
【※関連記事はこちら!】
外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめの証券会社はココだ!

 それでは、最後に今回のまとめです。
【ポイント①】
必ずしも「連続増配」でなくても、長期で配当が大きく成長している銘柄がある!
【ポイント②】
「日本株」には、経営効率や株主還元に改善の余地があり、伸びしろがある!
【ポイント③】
「米国株」には為替変動によるリスクがあるが、「日本株」なら心配なし!
【ポイント④】
「米国株は2重課税だから不利」とは考えず、実際の配当額を計算して判断しよう!
【ポイント⑤】
「米国株」と「日本株」、それぞれに魅力的な「増配株」がある! それぞれの特徴を理解して資産形成に役立てよう!

 さて、今回の記事でも少し解説しましたが、米国株に投資する場合には「為替」を考慮する必要があります。円高になったり、円安になったりすることで、米国株に投資する場合は成績に大きな影響を与えることになる「為替」ですが、その「為替」に税金が絡むととても「厄介」なことになるのをご存知でしょうか? 米国の株式市場で「増配株投資」をする際、「為替」にどのように対処すればいいのかを、私の経験をもとに考えてみようと思います。ご期待ください!

■立川さんが利用している証券会社はGMOクリック証券とSBI証券!
⇒GMOクリック証券の詳細(公式サイト)を見る
⇒SBI証券の詳細(公式サイト)を見る

GMOクリック証券 【証券情報⇒GMOクリック証券の紹介ページ】
株式売買手数料(税抜) 詳細情報(公式サイトへ)
10万円 30万円 50万円
88円 241円 241円
GMOクリック証券のキャンペーン詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
ネット証券でも最安レベル
で、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用中。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【GMOクリック証券の関連記事】
「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
GMOクリックの口座開設はこちら!

【※立川さんが登場する記事はこちら!】
「連続増配の株を買う」だけで資産1億円超を達成! サラリーマン投資家・立川一さんが編み出したシンプル&ユニークな「増配銘柄投資法」を解説!

株の配当金で暮らす生活も実現可能な投資術を公開! 株の配当が増え続ける会社を選んで投資するだけで、1億5000万円の資産を築いた会社員の投資法を紹介


個人投資家・立川 一(たちかわ はじめ)さん
(『Value Investment since 2004 長期に配当収入増加と資産形成を目指す立川一の投資日記』:https://vis2004.blog.fc2.com/)
40代のサラリーマン投資家。中学生のころから株に興味を持ち、2004年から本格的に株式投資を開始。バフェットの本に影響を受け、最初はバリュー投資からスタートしたが、次第に増配株のメリットに気がつき、現在の投資手法を確立する。趣味である楽器演奏の腕前はかなりのもので、週末にはライブ活動も行っているとか。

■「『夢の配当金生活』実現メソッド」バックナンバー

【第1回】
年収500万円以下のサラリーマンが、投資歴13年で資産1億5000万円、年間配当収入300万円を実現!成功のカギは「増配銘柄への投資」を発見したこと!

【第2回】
定期預金の金利より「株の配当」は数百倍もお得!増配銘柄を選べば、自動的に株価下落リスクが低く、優れたビジネスモデルの超優秀な銘柄に投資できる!

【第3回】
増配株は「元本が増える銀行預金」「部屋数が増えるアパート」のようなもの! 追加投資をしなくても配当が増え、価値も上がる「増配株」のスゴさとは?

【第4回】
増配株への分散投資は、預貯金よりもリスクが低い?配当金だけで投資元本を回収できる期間が短くなり、元本回収後はリスクフリーで高い配当金がもらえる!

【第5回】
「株主優待」の有効活用は「配当金生活」への近道!配当だけでなく株主優待にも注目すれば、投資元本は15年以内で回収できて、リスク管理がパワーアップ!

【第6回】
増配株に投資する際に参考にすべき「指標」とは?割安・割高の目安になる「PER」、資本効率の良さを表す「ROE」「ROA」など「指標」の使い方を解説!

【第7回】
株式投資を始める前に直面する3つの問題を解決!「時間がない」「リスクを取りたくない」「家族の理解が得られない」という悩みを解決する方法とは?

【第8回】
億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

【第9回】
サラリーマンが株式投資する前に準備すべきことは?投資資金とは別に、当面の生活費やiDeCoなどを準備して、株式投資による自分年金作りを始めよう!

【第10回】
高配当な「米国株」や「J-REIT」の魅力を分析!増配株投資で成功した投資家が実践する「米国株」と「J-REIT」を利用した「分散投資」の戦略を公開!

【第11回】
インフラファンドのメリット・デメリットを解説! 「J-REIT」と比較しても、「インフラファンド」には 高利回り+安定度、不況に強いなど、メリット多数!

【第12回】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、 「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

【第13回】
株式投資はそもそも「株の売買で稼ぐ」ことでなく、 「出資に応じた利益の分配=配当を受け取る」もの! サラリーマンに「増配株投資」がおすすめの理由は?

【第14回】
「配当金」を再投資すれば、複利効果によって配当金 &資産増加のスピードが加速する!「増配株投資」の 優位性をさらに高める「配当金」の使い道を伝授!

【第15回】
株式投資に「損切り」は必要なのか? 悪材料が出た 場合の「損切り」の必要性や増配の継続性を判断する 方法など、ネガティブなニュースへの対処法を検証!

【第16回】
インフラファンドが抱える「出力制御」「自然災害」「売電価格の低下」という“3つのリスク”を解説!投資対象としてのインフラファンドに未来はあるか?

【第17回】
個人投資家は「株価暴落」にどう対応すべきなのか?株価の急変に右往左往しないためには「株価の変動を気にしなくていい投資手法=増配株投資」を選ぶこと

【第18回】
「資産運用」は、40~50代から始めても遅くない!40~50代が定年退職や老後に備えて「増配株投資」で資産運用するメリットと注意点をわかりやすく解説!

【第19回】
配当金生活を実現するなら「日本株」より「米国株」に投資すべき!? 50年以上の連続増配株が約30銘柄もある「米国株」の魅力と注意点をわかりやすく解説!

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2019年10月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 20万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 1088本
【松井証券のおすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 105円 250円 429円/日 2647本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手で、アクティブプランなら1日合計10万円以下の売買手数料が現物・信用ともに0円とお得。投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。さらに、IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、最低5ドルの手数料から取引可能。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2019年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、4年連続12度目の1位を獲得
【SBI証券の関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 180円 450円 2500円/日 1179本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 105円 250円 429円/日 2641本
米国、中国
、アセアン
【楽天証券のおすすめポイント】
1約定ごとプランの「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、楽天カードで投信積立を行うと1%分のポイントが付与されるうえ、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 98円 241円 399円/日 116本
【おすすめポイント】
売買手数料は、1約定ごと、1日定額制ともに最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券⇒詳細情報ページへ
80円 97円 180円 400円/ 1本
【ライブスター証券証券のおすすめポイント】
取引手数料は、現物株、信用取引ともにネット証券最安レベル。1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」では、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円とお得だ。その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう
【関連記事】
◆【ネット証券おすすめ比較・2019年版】株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・ライブスター証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 1031本
米国、中国、
欧州、アセアン
【野村證券のおすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人全員に
現金2000円プレゼント!関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SBI証券の公式サイトはこちら

 

1約定ごとの手数料がお得! もれなく2500円プレゼント 1約定ごとの手数料がお得!
SBI証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
ネット証券最大手で、ザイ・オンラインでも人気NO.1関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事

不動産投資サロンサービスキックオフパーティ
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン わずか10円以下から株が買えるうえ、Tポイントも使える「新世代ネット証券」が登場! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報