つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2023年]

「つみたてNISA」の基本をQ&Aで解説! 検討が進む恒
久化や上限額の改正内容、金融機関の変更方法、積立
期間後も運用する方法、意外なデメリットなどを紹介

2022年12月16日公開(2022年12月28日更新)
頼藤 太希
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
つみたてNISAのおすすめ証券会社はココ!

 投資で堅実にお金を増やしたい人におすすめなのが「つみたてNISA」を活用することです。つみたてNISAの利用者は年々増えていますが、「つみたてNISAって一体なに?」という方も多くいることでしょう。

 そこで今回は、つみたてNISAで知っておきたい基本をQ&A形式でまとめました。つみたてNISAの基本はこれで完璧、あとは実行するだけです!
【※関連記事はこちら!】
まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな“8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!

つみたてNISA(積立NISA)プロ推薦の国内株式型! つみたてNISA(積立NISA)プロ推薦のバランス型! つみたてNISA(積立NISA)プロ推薦の海外株式型! つみたてNISA(積立NISA)8つの疑問にズバリ回答!

「つみたてNISA」の基本がわかるQ&A
Q1:「つみたてNISA」は何がお得?どんなメリットがあるの?
A:投資で得られた利益にかかる税金を、ゼロにできる!

 「つみたてNISA」は、年間40万円までの投資で得られた利益を非課税にできる制度です。

「つみたてNISA」の基本
利用できる人 日本に住む20歳以上の人(2023年以降は18歳以上)
新規に投資できる期間 2018年~2042年
非課税となる期間 投資した年から最長20年間
年間投資上限額 40万円
投資対象商品 金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETF
投資方法 積み立てのみ
資産の引き出し いつでも引き出せる

(株)Money&You作成

 日本では、投資で得た利益(運用益)には通常20.315%の税金がかかります。たとえば、100万円の運用益が出た場合、20万3150円の税金が差し引かれ、手取りは80万円に満たない金額になります。しかし、つみたてNISAを利用していれば、この20.315%の税金がゼロにできます。本来支払わなければならない税金分を次の投資に回せますので、効率よくお金が増やせるのです。

 つみたてNISAで投資できる金額の上限は年間40万円まで。多くの金融機関では月1000円から、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券といったネット証券では月100円からスタートできます。

 つみたてNISAでは、金融庁の基準を満たす投資信託・ETF(上場投資信託)に投資を行います。いずれも手数料が安く、長期・積立・分散投資でお金を増やすのに適した商品が揃っています。一度、積み立ての設定をすれば、あとは設定したタイミングと金額で自動的に買付が行われるので、忙しい方でも簡単に投資を継続できます。

 なお、つみたてNISAの制度は今後拡充が見込まれています。具体的には、

●投資可能期間:「2042年まで」⇒「恒久化」
●非課税期間:「20年間」⇒「無制限」
●年間の非課税投資枠:「40万円」⇒「拡充(つみたて型120万円、一般型240万円に?)
●投資対象:「投資信託(ETF含む)のみ」⇒株式なども購入可能な「成長投資枠」の新設
●対象年齢:「20歳(2023年からは18歳)以上」⇒「未成年も可能」

 といったことが検討されています。2022年12月に税制改正大綱が発表になり、改正内容が明らかになる予定です。改正が決定すれば、この連載で詳しく紹介します。
【※改正決定しました!2024年開始の「新しいNISA」詳細はこちら!】
2024年に始まる「新しいNISA」を解説! 非課税保有期間は無期限、投資限度額は年360万円に拡大など、「つみたてNISA」「一般NISA」との違いや活用法を解説

 もっとも、「制度が拡充してから始めよう」などと開始を先送りする必要はありません。投資を長く続けて資産を増やすためにも、なるべく早くスタートするのをおすすめします。

「つみたてNISA」の基本がわかるQ&A
Q2:「つみたてNISA」にデメリットはないの?
A:デメリットもいくつかありますが、メリットの方が断然大きい!

 「つみたてNISA」はメリットの多い制度ですが、デメリットもいくつかあります。まず、投資全般に言えることですが、お金が増えることもあれば減ることもあるため、元本割れする可能性があります。購入できる商品が金融庁の基準を満たしているものだけといっても、元本が保証されているわけではありません。

 また、つみたてNISAでは投資信託とETFにしか投資できません。個別の株式やREIT(不動産投資信託)などは対象外です。さまざまな金融商品に投資したい方にとっては、物足りない設計でしょう。

 そして、毎年40万円の非課税枠は1年限定の使い切りです。購入した商品を売っても元に戻りませんし、「今年20万円余ったから来年は40万円+20万円投資できる」とはなりません。

 さらに、つみたてNISAは複数の口座の利益と損失を合算して税金を計算する「損益通算」の対象外。つみたてNISAの利益は非課税となる一方で、売買の損失もないものとみなされるためです。損益通算をしても損失が残った場合、その損失額を3年間にわたって繰り越して税金の負担を軽くできる「繰越控除」も利用できません
【※関連記事はこちら!】
「つみたてNISA」の保有銘柄を売却するときの“3つの注意点”とは? 売却も「一括より分散が有利」な理由、「損益通算や繰越控除ができないデメリット」を解説!

 以上、いくつかデメリットを挙げましたが、いずれも「つみたてNISAを使うと損をする」というデメリットではなく、つみたてNISAを賢く使うための注意点と言ったほうがいいかもしれません。Q1で紹介したような非課税・少額から堅実な投資ができるメリットが大きいので、デメリット・注意点をおさえつつ、つみたてNISAを利用するのがおすすめです。

「つみたてNISA」の基本がわかるQ&A
Q3:「つみたてNISA」の金融機関を変更することはできる?
A:年に1回は変更できます!

 「つみたてNISA」は1人1口座しか開設できませんが、利用する金融機関は変更ができます。手順は次のとおりです。

①現在、つみたてNISA口座を持っている金融機関に連絡して、「金融商品取引業者等変更届出書」を取り寄せる
②「金融商品取引業者等変更届出書」が届いたら、必要項目に記入して金融機関に返送する
「勘定廃止通知書(または非課税口座廃止通知書)」が郵送で届く
④新たにつみたてNISA口座を開設したい金融機関に口座を開設し、「勘定廃止通知書(または非課税口座廃止通知書)」を提出
⑤手続きや書類に問題がなければ、新しい金融機関でつみたてNISA口座が開設される

 上記の手続きをすれば、つみたてNISAの金融機関は変更できますが、つみたてNISAの金融機関を変更できるのは「年に1回のみ」という制限があります。具体的には、変更したい年の前年の10月1日から変更したい年の9月30日までに金融機関に申請しなければなりません。たとえば、2023年分から金融機関を変更するならば、2022年10月1日から2023年9月30日までの間に手続きが必要です。

 また、変更したい年の1月1日以降に一度でもつみたてNISA口座での買付をしている場合、変更は最短で翌年分からになります。たとえば、2023年に金融機関を変更したいと思っていたものの、2023年1月につみたてNISA口座で買付していた場合、金融機関を変更できるのは最短で2024年から、となります。

 このように、つみたてNISAで使う金融機関は途中で変更はできるものの、時間や手間がかかります。そこで、つみたてNISAを始める際は、慎重に金融機関を選びたいところです。
【※関連記事はこちら!】
「つみたてNISA」、プロがおすすめする6つの証券会社・銀行を発表! 失敗しない金融機関の選び方と「ポイントの有無」や「取扱銘柄数」などを比較して詳しく解説

「つみたてNISA」の基本がわかるQ&A
Q4:「つみたてNISA」以外の口座で買った投資信託を、「つみたてNISA」の口座に移すこと(移管)はできる?
A:商品を移すことはできません!

 「つみたてNISA」以外の特定口座や一般口座などで買った商品を、つみたてNISA口座に移すことはできません。また、つみたてNISA口座を作ったからといって、これまでに保有している投資信託などの税金が非課税になるわけではありません。

 たとえば、特定口座に大きく利益が出ている投資信託があるからといって、つみたてNISAにそれを移して非課税にする、といったことはできません。あくまでつみたてNISAはつみたてNISA、それ以外の口座(特定口座や一般口座)はそれ以外の口座として、別のものだととらえるとわかりやすいでしょう。

 さらにQ3のように、つみたてNISAの金融機関を変更したときに、変更前のつみたてNISA口座にある資産を、変更後のつみたてNISA口座に移すこともできません。

 たとえば、変更前のつみたてNISA口座に20万円分の資産を持っていたとします。この20万円分の資産を、変更後のつみたてNISA口座に移すことはできない、というわけです。この場合、変更前のつみたてNISA口座にある20万円分の資産を、そのまま変更前の金融機関で運用しつづけることはできます。非課税期間内であれば、仮に20万円が30万円に増えたとしても非課税です。もちろん、いつでも売却できます。

 ちなみに、一般NISA口座からつみたてNISA口座に変更した場合も同様に、一般NISA口座での資産はつみたてNISA口座に移すことができません。ただ、つみたてNISA口座に変更しても、それまでの一般NISA口座にある資産をそのまま保有し続けることはできます。

 つみたてNISAの金融機関を変更したり、一般NISA口座からつみたてNISA口座に変更したりしても、それまでの資産を慌てて売る必要はないことを押さえておきましょう。
【※関連記事はこちら!】
「NISA」から「つみたてNISA」に変更する方法や、2015年から保有する金融商品の「ロールオーバー(非課税期間延長)」のために必要な手続きや申込期限を解説

「つみたてNISA」の基本がわかるQ&A
Q5:「つみたてNISA」の20年の非課税期間が終わったらどうなるの?
A:資産は課税口座に移されますが、「つみたてNISA」満了時点での値上がり分には課税されません

 「つみたてNISA」で利益が非課税になる期間は、投資した年から最長で20年間です。非課税期間内に売却した場合は、もちろん非課税です。

 一方で、つみたてNISAで投資してきた商品を、20年を超えて保有し続けることもできます。しかしその場合、商品は課税口座に移され、以後は課税口座で運用を続けることになります。

 では、つみたてNISA満了時点で出ていた利益にも課税されるのかといえば、そうではありません。

◆「つみたてNISA」口座から課税口座に移した場合の税金の扱い

つみたてNISAから課税口座へ移管した場合の取得価格とかかる税金のわかりやすいイメージ
拡大画像表示(株)Money&You作成

 たとえば、投資金額40万円で買った投資信託が20年後に80万円になっていたとします。この商品を課税口座に移すとき、その時点での資産額が新しい取得価格になります。つまり、取得価格は「80万円」として課税口座に移されるのです。そのため、課税口座に商品が移っても、つみたてNISA満了時点での値上がり分には課税されません。

 課税口座での運用で、さらに利益が出た場合には、その利益に対しては課税されます。反対に、損失が出た場合には、税金はかかりません。

 一方、つみたてNISA満了時点で損失が出ていた場合も、その時点での資産額が課税口座での取得価格となります。たとえば、投資金額40万円で買った投資信託が20年後に20万円になっていたとします。この商品を課税口座に移すと、取得価格は「20万円」となります。仮にその後の運用で値上がりして40万円に戻ったとしても、「利益」が20万円出たとして、その利益に対しては税金がかかります。
【※関連記事はこちら!】
「つみたてNISA」にありがちな“3つの勘違い”を解説!「大間違いな運用シミュレーションに注意!」「最大投資額は800万円じゃない!」などの誤解をすっきり解決!

 なお、つみたてNISAの改正によって非課税期間が無制限になれば、このような20年後の心配はなくなり、ずっと、つみたてNISA口座内で運用が続けられるものと考えられます。
【※改正決定!2024年開始の「新しいNISA」詳細はこちら!】
2024年に始まる「新しいNISA」を解説! 非課税保有期間は無期限、投資限度額は年360万円に拡大など、「つみたてNISA」「一般NISA」との違いや活用法を解説

 以上、つみたてNISAの基本がわかるQ&Aを5つ、紹介してきました。つみたてNISAは、お金を堅実に増やすのに役立つ制度ですので、まだ始めていない人はこれを機にぜひ取り組んでみてくださいね。
【※関連記事はこちら!】
20代・30代におすすめの「つみたてNISA」活用法を伝授!“時間を味方につける”ために有効な「積立額の決め方」や「積立投資すべき投資信託の銘柄」をプロが解説
「つみたてNISA」のメリット・デメリットを再確認!20年間も低コスト投資信託の積立による利益が非課税になるのは魅力だが、損益通算と損失の繰越は不可

つみたてNISA(積立NISA)プロ推薦の国内株式型! つみたてNISA(積立NISA)プロ推薦のバランス型! つみたてNISA(積立NISA)プロ推薦の海外株式型! つみたてNISA(積立NISA)8つの疑問にズバリ回答!
頼藤太希(よりふじ・たいき)
(株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント 中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『1日1分読むだけで身につくお金大全100』(自由国民社)、『はじめてのFIRE』(宝島社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂出版)など著書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。
※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
↓↓2024年スタートの「新NISA」の解説はこちら!↓↓
つみたてNISAおすすめ証券会社はこちら!
つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?はこちらこちら!
「つみたてNISA(積立NISA)」取り扱い証券会社が実施している、お得なキャンペーン情報こちら!
【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】「取扱商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&ETFが多い「つみたてNISA」の金融機関はこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介!急落率や取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう!詳しくはこちら!
「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)のアクティブ型投信を騰落率ランキングですべて紹介!信託報酬の安さや取り扱いのある金融機関に注目して商品を選ぼう!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説はこちら!

【2023年11月7日更新】
◆つみたてNISA口座のおすすめネット証券はココ!

売買手数料 購入可能なつみたてNISA対象商品数
投資信託 ETF インデックス型投信 アクティブ型投信 ETF
◆SBI証券
無料 179本 31本
【SBI証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
ネット証券大手の一つ。つみたてNISA対象商品のほとんどの投資信託を取り扱っており、つみたてNISAで選べる投資信託の本数は210本と、つみたてNISAを扱う証券会社の中でも多い。「100円」から投資信託の積み立てが可能で、少額から始めたい人に対応。「毎月積立」だけでなく、「毎週積立」「毎日積立」選べるので、きめ細かい時間分散投資もできる。三井住友カードによるクレジットカード決済「クレカ積立」を利用するとお得。決済額の0.5%のポイントと投信マイレージによるポイントが両方貯まる。NISA、つみたてNISA預りでの投信積立にも利用できる。スマホアプリ「かんたん積立アプリ」は、つみたて NISAに対応しており、投資信託をスマホで管理できる。「かんたん積立アプリ」では、おすすめの資金や金額配分の提案もしてくれる。カスタマーサービスセンターは「NISA・投信土日専用デスク」があり、週末も問い合わせに対応している。
【関連記事】
◆【SBI証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】「つみたてNISA」対象の投資信託の取扱数が210本と充実しているのがSBI証券の魅力!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは「松井証券」と「SB証券」!
SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券
無料 170本 29本
マネックス証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
つみたてNISA対象の投資信託のラインナップは199本と豊富。最低購入金額が原則100円と、少額からつみたてNISAを始めることができる。NISA・つみたてNISAを利用して投信を保有すると、約8割のファンドで年率0.08%のマネックスポイントがもらえるのも嬉しい。しかも、年1回でも利用すれば年会費が無料になる“実質”年会費無料の「マネックスカード」で積み立てたときの還元率は1.1%と高還元。また、独自の資産設計アドバイスツール「MONEX VISION」が、おすすめの投資信託を紹介してくれる。「つみたてNISA」と「iDeCo」、どちらの制度が各個人の投資目的に適しているか、アドバイスが受けられる「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」が便利。総合口座での取引でも、約定金額の低い価格帯で特に手数料が安いため、将来少額からでも株式投資を始めたい初心者にもおすすめ。
【関連記事】
◆マネックス証券は「マネックスカード」での積立投資で1.1%分のポイントが貯まってお得! クレジットカードを利用して、投資信託を積立投資する方法を解説!

◆【マネックス証券「つみたてNISA」のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が199本もあり、 初心者も安心の資産設計アドバイスツールが使える!
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得!国内株は無料、外国株も買付が実質無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
マネックス証券の公式サイトはこちら
【クレカ積立ならポイント還元率が業界トップクラスの1.1%!】
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
無料 169本 35本
【楽天証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座の開設数ナンバー1!(2022年9月末時点)つみたてNISAで取り扱う投資信託の本数は204本と、つみたてNISAを扱う証券会社の中でも多い。投資信託の最低購入金額が「100円」のため、少額からつみたてNISAを始められる。「毎月積立」だけでなく、「毎日積立」も可能だ。また、積立代金の引き落としは、証券口座や「楽天銀行」、その他金融機関に加え、「楽天カード」も選択できる。積立代金を「楽天ポイント」で支払うことも可能。さらに、「楽天カード」のクレジット決済にすれば、毎月の積立額に応じて「楽天ポイント」が付与される。2021年6月に投信積立クレジットカード決済、楽天ポイントに対応したロボアドバイザー「らくらく投資」が登場。専用バランスファンドで、お得に、お手軽にロボ機能が活用できる。「つみたてNISA」「NISA」口座でも利用できる。一般・つみたて・ジュニアNISA合計。
【関連記事】
◆【楽天証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が204本と豊富! 積立額に応じポイント還元&ポイントで投資も可能!
◆楽天証券が投資信託の積立時の「楽天カード」決済&積立額の最大1%分のポイント還元を開始! ポイントの再投資も可能で、最強の「つみたてNISA」口座が誕生
楽天証券の公式サイトはこちら
【楽天カード&楽天キャッシュの活用で、より多くのポイントをゲット!】
楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
無料 182本 29本
【松井証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
株主優待名人の桐谷さんもおすすめするネット証券の1つ。つみたてNISA対象の取扱本数は211本と豊富。100円から投資信託を購入可能。積立タイミングは毎月、毎日が選べて、年の途中からでも非課税枠の使い切りができる「増額設定」にも対応している。ロボアドバイザーが投資信託のポートフォリオの提案から運用をサポートする「投信工房」(利用無料)をはじめ、情報ツールが豊富でサポート体制も充実。100円から投資信託を購入することができるため、投資初心者も始めやすい。低コストインデックス投信も含めた全銘柄がポイント還元対象となる「最大1%貯まる投信残高ポイントサービス」は新NISA、現行NISA、特定口座、一般口座、全ての口座で保有する投資信託が対象となり、お得感がある。2020年12月から新たなサポートダイヤル「株の取引相談窓口」を開設。一般的なサポート電話とは異なり、専門のオペレーターが投資の意思決定をサポートする。利用料は無料で、事前予約も可能な画期的なサービスとなっている。
【関連記事】
◆【松井証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託を211本も用意! ロボアドバイザーが投資初心者の資産設計をサポート
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは「松井証券」と「SB証券」!
松井証券の公式サイトはこちら
売買手数料 購入可能なつみたてNISA対象商品数
投資信託 ETF インデックス型投信 アクティブ型投信 ETF
◆auカブコム証券
無料 177本 29本
auカブコム証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
みたてNISA対象の投資信託は206本で順次拡大予定。積み立ては100円から可能で、投資初心者や資金に余裕のない人でも始めやすい。NISA口座(つみたてNISAを含む)の開設者は通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引になるのもメリットだ。自分でファンドを選べないなら、自分に合ったファンドをおすすめしてくれる「FUND DRESS」が便利。投資初心者にも、すでに投資を行っている中上級者にもおすすめできる。
【関連記事】
◆auカブコム証券が、Pontaポイントを活用した「ポイント投資」を開始! 買い物や食事で貯まったポイントで投資信託を購入して、お得に資産運用を始めよう!
◆【auカブコム証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】「つみたてNISA」対象の投資信託は206本と豊富で、現物株の取引手数料が最大5%割引になる特典もあり!
auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
無料 143本 15本
SMBC日興証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
2020年7月から、オンライントレード(日興イージートレード)の「投信つみたてプラン」で「つみたてNISA」の取扱いを開始した。つみたてNISA対象商品はすべてノーロード(申込手数料無料)。買付金額は毎月1000円以上、1000円単位。銘柄選びの助けになる「とうしんLab.」では、年齢や運用方針に応じたおすすめファンドを紹介している。複数銘柄を同時に買付設定できる「つみたてカート機能」があり、つみたてNISA対象・非対称銘柄を組み合わせた独自の買付プラン設定が可能だ。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆大和証券
無料 1.242%以下 15本 4本 7本
大和証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
投資信託は信託報酬の低いインデックス型投信を中心に絞り込んだ計19本。低コストのバランス型投信もしっかりラインナップされているので、投資初心者でも始めやすい。アクティブ型は「年金積立 Jグロース」など4本。また、つみたてNISAでETFを豊富に取り扱う貴重な金融機関となっている。積立頻度を毎月、隔月、3カ月ごと、4カ月ごと、6カ月ごとから選択可能。
大和証券の詳細はこちら
※掲載情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。
NISAに最適な証券会社とキャンペーンの最新情報が満載!NISAの最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2023年11月7日更新!】
NISA口座の株式売買手数料や取扱商品、キャンペーンを徹底比較!
 NISA投資で利用すると得する、おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料
(税込み)
取扱商品 NISAでのIPO対応
(昨年の取扱数/うち主幹事数)
国内株 海外株 投資信託 ※1
◆SBI証券
無料
米国株
中国株
韓国株
ロシア株
アセアン株
約2500本以上
(原則、全ての投信が
販売手数料無料)

(88社/11社)

【SBI証券のNISA口座のおすすめポイント】
ネット証券で日本株の個人取引シェアNo.1! NISA口座では日本株の売買手数料が無料、かつ海外ETFの買付手数料も無料!(売却時の手数料は必要)。米国、中国(香港)、アセアン各国、韓国、ロシアなど、NISA口座対応の海外株が豊富! また、全ての投信、投信積立が原則ノーロード(買付手数料無料)となっている。IPOの取扱が多いのも魅力だ。三井住友カードによるクレジットカード決済「クレカ積立」を利用するとお得。決済額の0.5%のポイントに加え、投信マイレージによってTポイント、Vポイント、Pontaポイント、dポイントから選んだポイントが貯まる。NISA、つみたてNISA預りでの投信積立にも利用できる。カスタマーサービスセンターは「NISA・投信土日専用デスク」があり、週末も問い合わせに対応している。なお、現在のNISAで取引手数料が無料となっているのは、国内株式(売買両方)、海外ETF(買付のみ、シンガポールETF除く)。そして、2024年の新NISAからは新たに米国株式の個別株(ADR含む、売買両方)や、海外ETFの売却注文も手数料無料の対象となる。

【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは「松井証券」と「SB証券」!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実の大手ネット証券
SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券
無料
米国株
中国株
約1600本
(原則、全ての投信が
販売手数料無料)

(50社/0社)
マネックス証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座では日本株の売買手数料が無料なのに加えて、海外株(海外ETF含む)も購入時の手数料が全額キャッシュバックされる(=実質無料)。他の証券会社と比べてNISA口座での外国株の取り扱い銘柄数が多いのも魅力! 米国株は4000銘柄以上、中国株は2500銘柄以上がNISA口座でも購入できる。投資信託は、NISA口座での取引や「投信つみたて」を含めて、すべて購入時手数料が無料(ノーロード)。マネックストレーダーやスマホなどのツールもNISAでの取引に対応。 1日100円から積み立てが可能な「毎日つみたて」は、NISA・つみたてNISA(つみたてNISAは月額指定のみ)でも利用できる。NISA・つみたてNISAを利用して投信を保有すると、約8割のファンドで年率0.08%のマネックスポイントがもらえるのも嬉しい。対面型の投資一任運用サービス「ON COMPASS+」については、2024年1月よりNISA制度に対応する予定だ。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付は実質無料。外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者にはおすすめ!
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!第1回 証券会社を選ぼう
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
無料
米国株
中国株
アセアン株
約2500本
(原則、全ての投信の
販売手数料無料)
×
【楽天証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座の開設数ナンバー1! 日本株の売買手数料が無料で、海外ETFの買付手数料も無料!(売却時の手数料は必要)。海外株は米国、中国(香港)、アセアン各国と、幅広い銘柄が揃っている。さらに投資信託も約2500本と充実しており、全ての投資信託の販売手数料が無料。またポイントプログラムが充実しており、投資信託の残高に応じてポイントがもらえたり、楽天市場の買い物でポイントアップも可能だ。毎月決まった金額や口数を自動売却して、少しずつ現金が受け取れる「定期売却サービス」も行っている。2021年6月に投信積立クレジットカード決済、楽天ポイントに対応したロボアドバイザー「らくらく投資」が登場。専用バランスファンドで、お得に、お手軽にロボ機能が活用できる。2024 年より開始する新NISA制度では、投資信託・国内株式(「かぶミニ(単元未満株取引)」含む)・米国株式・海外ETF の取引手数料が売買ともに無料になる予定だ。一般・つみたて・ジュニアNISA合計(2022年9月末時点)。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況
楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
無料
米国株
約1750本
(原則、全ての投信が
販売手数料無料)

(9社/0社)

【松井証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、取り扱っている全ての投資信託の販売手数料も、一括購入・積立購入を問わず、無料! 2022年2月から米国株の取扱を開始した。現状では米国株はNISA・つみたてNISA・ジュニアNISAで取引ができないが、2024年1月から新NISAに対応予定で、全商品(日本株、米国株、投資信託)の売買手数料が無料で取引できる予定だ。旬のテーマやチャートの形から銘柄探しができる「チャートフォリオ」や投資情報の決定版「マーケットラボ」、高機能ロボアドバイザー「投信工房」が無料で利用できるなど、情報ツール類が充実。2020年12月から新たなサポートダイヤル「株の取引相談窓口」を開設。一般的なサポート電話とは異なり、専門のオペレーターが投資の意思決定をサポートする。利用料は無料で、事前予約も可能な画期的なサービスとなっている。低コストインデックス投信も含めた全銘柄がポイント還元対象となる「最大1%貯まる投信残高ポイントサービス」は新NISA、現行NISA、特定口座、一般口座、全ての口座で保有する投資信託が対象となり、お得感がある。

【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは「松井証券」と「SB証券」!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
松井証券の公式サイトはこちら
株式売買手数料
(税込み)
取扱商品 NISAでのIPO対応
(昨年の取扱数/うち主幹事数)
国内株 海外株 投資信託 ※1
◆GMOクリック証券
無料 × 130本以上
(110本以上は
販売手数料無料)

(1社/0社)
【GMOクリック証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座なら日本株の売買手数料が無料! 投資信託の取扱本数は多くないもののノーロード投信や信託報酬の低い投信が豊富だ。100円から積立が可能なのも魅力。ここ数年、急激に株式市場での売買代金シェアを増やし、個人投資家の支持を集めている。NISA対応ではないがFXやCFDなど商品ラインアップが豊富なので、NISAを入口にさまざまな投資に挑戦したい人におすすめ
【関連記事】
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
◆GMOクリック証券の株アプリ/株roid/iClick株を徹底研究!適時開示情報やアナリストレポートも過去90日分が読める!
GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆auカブコム証券
無料
米国株
約1600本
(原則、全ての投信が
販売手数料無料)

(23社/0社)
【auカブコム証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座なら国内株の売買手数料が無料100銘柄のETFも売買手数料が無料! 投資信託は100円から購入が可能。500円から個別株が買える「プチ株」、プチ株や投資信託を毎月積立投資できる「プレミアム積立」もある。NISA口座を保有していると一般口座(と特定口座)の現物株式売買手数料が最大5%割引になる「NISA割」もお得(ただし「プチ株」「プレミアム積立」の場合は通常の手数料が必要)。2020年1月14日から投資信託の販売手数料がすべて無料に! また、対象の投資信託を保有して「au ID」を登録しているとPontaポイントがたまるお得な「auカブコムの資産形成プログラム」は、特定口座・一般口座・NISA口座が対象となっている。なお現在、米国株式取引はNISAに対応していないが、2024年1月より、NISAの投資対象に米国株式が追加される予定だ。
【関連記事】
◆【auカブコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準! 9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆【auカブコム証券の株アプリ/kabu.com for iPhone/Androidを徹底研究!】取扱い商品、特殊注文、テクニカル指標、すべてが充実のアプリ!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況
auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)の公式サイトはこちら
株式売買手数料
(税込み)
取扱商品 NISAでのIPO対応
(昨年の取扱数/うち主幹事数)
国内株 海外株 投資信託 ※1
◆SMBC日興証券
137~1650円
(約定代金による)
× 約1000本
(650本以上は
販売手数料無料)

(66社/21社)
【SMBC日興証券のNISA口座のおすすめポイント】
証券会社でトップクラスのIPO取扱実績を誇る。NISA口座でもIPOに参加できるので、公募価格の数倍になることもあるIPO投資で非課税のメリットを生かしたいなら、口座を開いておきたい証券会社だ。また、100円からdポイントでも株式投資ができる独自サービス「キンカブ(金額・株数指定取引)」があり、NISAの限度額120万円をムダなく使えるのが魅力!サポートツール 「fund eye Plus」も便利だ。「投信つみたてプラン」では1000円から買付可能で、申込手数料は全銘柄で原則無料。
【関連記事】
◆SMBC日興証券のおススメポイントはココだ!信用完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」が利用できる
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆岡三オンライン
0~1650円
(約定代金や料金プランによる)
× 約650本
(2020年1月6日より
販売手数料実質無料)

(45社/0社)
【岡三オンラインのNISA口座のおすすめポイント】
2020年1月6日より、ブルベアファンドも含む全ての投資信託の購入時手数料が完全無料に(ただし、ETF等の上場投資信託を除く)。積立買付時も購入時手数料が無料になる。NISA口座の株式売買手数料は有料だが、そもそも一般口座(と特定口座)の手数料はネット証券でも割安。NISA対応ではないがFXやCFD(くりっく株365)などの商品ラインナップも充実している。2024年1月4日以降、NISA口座における国内株式の現物取引(買い・売り)の取引手数料(税込)が全額キャッシュバックされる。
【関連記事】
◆「岡三オンライン」は1日最大40万円の取引まで「売買手数料が無料」! 資金の少ない投資初心者や株主優待狙いの投資家には、圧倒的にお得!

◆岡三オンラインのおすすめポイントはココだ!個性的な「クライアント型」トレードツールと充実の投資情報が魅力!
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
◆SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)
55~1100円
(約定代金や料金プランによる)
× 14本
(販売手数料無料)

(5社/0社)
【SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)のNISA口座のおすすめポイント】
顧客満足度調査の「ネット証券 手数料部門」で1位を獲得するなど、売買手数料の安さはネット証券でもピカイチ! NISAの場合、売買手数料が無料の証券会社もあるのでNISA口座しか利用しない株式投資初心者にはさほどメリットはないが、NISAをきっかけに長期的に投資を始めたいなら、手数料が安いSBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)はおすすめ!
【関連記事】
◆SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)のおすすめポイントはココだ!日本株現物手数料はあらゆる価格帯で最安値
◆【SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)の株アプリを徹底研究!】特殊注文&長期間の注文に対応。手数料の安さも魅力!
ライブスター証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

 

【ザイ・オンライン×松井証券】タイアップ企画!
新規口座開設+取引で、株の売買手数料を
最大1万円キャッシュバック!⇒ 関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら


最短翌日!口座開設が早い証券会社は?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ウェルスナビ(WealthNavi)の公式サイトはこちら マネックス証券の公式サイトはこちら 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

5万円株96
毎月配当生活
ふるさと納税総選挙

1月号11月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[5万円株/毎月配当生活]
◎第1特集
市場改革&新NISAで追い風!5万円株96
●ランキング1~36位が利回り4%超!
高配当株トップ50買い×売り診断
●持つほどうれしい株主優待株13
●株価上昇力がスゴイ!爆上がり株20
●NTTやLINEヤフーなど新NISAで買うべき最強20銘柄


◎第2特集
配当をもらい続けるコツと銘柄!
毎月配当生活

●1~12月権利確定月別オススメ高配当株72銘柄
ペリカンさん直伝!
高配当株と長~く付合うための5ルール
[綴込付録]効率的でわかりやすい!
書込み式銘柄管理シート


◎第3特集
投資信託のギモン27
●[選び方]分配金がないとダメ投信?
●[買い方]売り方売るタイミングの目安は?
●[保有中]信託報酬の安い投信に乗換え?
●[仕組み]為替ヘッジって何ですか?

 

◎【別冊付録】

約500人が投票!ふるさと納税総選挙
8ジャンル計76品!

◆「ケガで年収90万円!実力社会の相撲界の格差ってどれくらい?」豊ノ島さん

◆10倍株を探せ!IPO株研究所2023年10月編

◆マンガ恋する株式相場「中東衝突でまた石油ショック!?」

◆マンガ日本国「個人の資産もピンチ!南海トラフ地震の経済損失は1410兆円!?

◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報