「お宝銘柄」発掘術!

「少子化対策」関連銘柄は、菅首相が注力する“国策テ
ーマ株”! 保険適用拡大が見込める「不妊治療」関連株、
「出生率増加」で恩恵を受ける株など、注目6銘柄を紹介

2020年9月25日公開(2022年9月20日更新)
村瀬 智一
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●キャッシュレス決済 ●LNGタンカー ●インバウンド
●AI(人工知能) ●MR/AR/VR ●金融システム開発
●全国旅行支援 ●メタバース ●再生可能エネルギー
●株主優待 ●リスキリング ●円安・ドル高
●米株/シェール ●米株/燃料電池 ●米株/大手IT株
●米株/高配当割安株 ●米株/天然ガス ●米株/ディフェンシブ株

 厚生労働省が2020年9月17日に発表した「人口動態統計(確定数)」によると、2019年の出生数は90万人の大台を下回る86万5239人となり、1899年の調査開始以来の過去最少を更新しました。さらに、合計特殊出生率(15〜49歳の女性1人が産む子供の数の平均)も1.36と、前年の1.42から大きく低下しました。

 こうした日本の少子化の背景には、日本がそもそも将来に希望を持てない国になってしまっていることや、実質賃金指数が低下したことなど、日本人が徐々に貧しくなってきており、多くの家庭が生活を安定させるために夫婦共働きを選択しなければならないという状況があります。さらに、核家族化が進行していることで、共働き家庭はより子供を産みにくい環境となっていることも関係しているでしょう。

 現在、少子化が進むことで現役世代の社会保険料の負担は増加し、それ伴い共働き家庭が増えて、結果としてますます少子化が進むという負の連鎖が起こっています。それを証明するかのように、2019年に国連の人口部は「日本の人口は2058年に1億人を下回り、2100年には7500万人になる」との推計を発表しています。

当時の菅官房長官が不妊治療の保険適用拡大について発言すると、
株式市場では「少子化対策」関連の銘柄が軒並み急伸!

 このような状況に対して、安倍政権はこれまで「希望出生率1.8」の実現を掲げて保育所の増設などに取り組み、十分ではないものの子育て支援を拡充してきました。基本的には安倍政権の方向性を引き継ぎつつ、独自路線を加えていくことになる菅政権においても、そしてその後に続く将来の政権においても、少子化対策に注力し続けていく必要があるでしょう。

 すでに菅首相も少子化対策の一環として、9月17日に田村厚生労働大臣と会談した際、厚生労働省が不妊治療に公的保険を適用することを検討するように指示したと報じられました。

 そこで今回は「少子化対策」関連銘柄に焦点を当てました

 「少子化対策」は、投資テーマとしては以前から存在していますが、これまでに大きく注目を集めたという印象はありません。しかし、9月8日の自民党総裁選の立候補者による演説会で、当時の菅官房長官が不妊治療への公的保険適用に関して発言した際は、「少子化対策」関連銘柄が軒並み急伸しました

 菅政権の施策に関しては、当面は助成金の拡充による支援に留まるようですが、今後の進展によっては不妊治療をはじめとした「少子化対策」関連銘柄が再び人気化する可能性は十分にありますし、菅政権の政策に関わらず、長期的な目線でも注目しておきた投資テーマと言えるので、今のうちから関連銘柄をチェックしておき、報道を注視しながら買うタイミングを見極めたいところです。

 具体的な銘柄発掘の基準ですが、今回は、医薬品関連などの不妊治療に関連している企業に加え、出生率の増加で恩恵を受ける銘柄を選定しました。それぞれの株価を見ると現時点で高値圏に位置する銘柄もありますが、菅政権のスピード感を評価する声も聞かれており、押し目買い意欲は強いだろうと考えています。

【あすか製薬(4514)】
「少子化対策」関連や「不妊治療」関連の中核的な銘柄

 あすか製薬(4514)は不妊治療薬などを展開しています。「内科」「産婦人科」「泌尿器科」を重点3領域に定めており、医薬品の研究開発や生産、医薬情報提供活動を実施。特に産婦人科領域においては女性ホルモンを中心とした医薬品の販売を行っており、株式市場では「少子化対策」関連や「不妊治療」関連の中核的な銘柄と見られています。

⇒あすか製薬(4514)の最新の株価はこちら!

あすか製薬(4514)チャート/日足・6カ月あすか製薬(4514)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【富士製薬(4544)】
中期経営計画で「女性医療領域ナンバー1」を目指すことを表明

 富士製薬工業(4554)は不妊治療製剤などを手掛ける企業です。女性医療領域やバイオシミラー事業、海外事業、造影剤事業などを展開しており、中期経営計画でも「女性医療領域ナンバー1」を目指すことを掲げています。前出のあすか製薬同様、「少子化対策」関連や「不妊治療」関連の代表的な銘柄となります。

⇒富士製薬(4554)の最新の株価はこちら!

富士製薬(4554)チャート/日足・6カ月富士製薬(4554)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【綿半ホールディングス (3199)】
グループ企業が自然由来の不妊治療薬の原料を製造

 綿半ホールディングス (3199)は、ホームセンターとスーパーをかけ合わせた「スーパーセンター」やネット通販、立体駐車場をはじめとした建設事業などを展開する企業です。「少子化対策」関連としては、グループ企業である綿半トレーディングが自然由来の不妊治療薬の原料で高シェアを獲得。中国で閉経期・妊娠期の女性の尿を採集し、横浜の製薬研究所で注射剤となる原薬を製造しています。

⇒綿半ホールディングス (3199)の最新の株価はこちら!

綿半ホールディングス (3199)チャート/日足・6カ月綿半ホールディングス (3199)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ナノキャリア(4571)】
多血小板血漿(PRP)を用いた不妊治療を手掛ける

 ナノキャリア(4571)は、ナノテクノロジーによる医薬品の開発を目的に設立された創薬ベンチャーで、多血小板血漿(PRP=血液を遠心分離して調製した血小板を多く含む血漿)を用いた不妊治療を手掛けています。PRP療法は、自然治癒力によってケガや病気を治療する療法で、不妊治療にも応用されています。

⇒ナノキャリア(4571)の最新の株価はこちら!

ナノキャリア(4571)チャート/日足・6カ月ナノキャリア(4571)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【西松屋チェーン(7545)】
「出生率の増加で恩恵を受ける銘柄」として株式市場で人気化

 西松屋チェーン(7545)は、子供服などを展開するほか、「赤ちゃんに届くDHA」などのサプリを扱っています。不妊治療の公的保険適用に向けた政府の取り組みが進展するというニュースが出るたびに「出生率の増加で恩恵を受ける銘柄」として株式市場で先回り的に人気化することの多い銘柄です。

⇒西松屋チェーン(7545)の最新の株価はこちら!

西松屋チェーン(7545)チャート/日足・6カ月西松屋チェーン(7545)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ピープル(7865)】
「出生率の増加」に注目が集まると影響を受けやすい銘柄

 ピープル(7865)は乳幼児玩具メーカーで、知育玩具やベビー玩具、自転車、ジャングルジムなどを展開しています。最近では、新型コロナウイルスの感染拡大による生活スタイルの変化に伴い、屋内遊具や幼児向け自転車の売上が好調です。「出生率の増加」が注目を集める際にはインパクトを受けやすい銘柄と言えます。

⇒ピープル(7865)の最新の株価はこちら!

ピープル(7865)チャート/日足・6カ月ピープル(7865)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

  不妊治療への保険適用拡大は、少子化という大きな問題の根本的な解決策ではなく、あくまで出生率の増加に繋がる可能性のある施策の1つでしかありません。少子化問題を解決するには、働き方を含めた社会全体の在り方を改めて見つめなおし、予算が限られている中で未だ十分とはいえない子育て支援を拡充し、この国を将来に希望が持てる国に変えていくことが重要となります。私も相場関係者としてだけでなく、一人の国民として「少子化対策」に関する今後の動向に注目していきたいと思います。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
株主優待が人気で、アナリストが太鼓判を押す2銘柄! 増収増益予想のオンライン英会話「レアジョブ」、業績を上方修正した医薬品「大塚ホールディングス」に注目

「高配当株」の中で、アナリストの投資判断が“強気”の2銘柄! 配当利回りが6%超の「三井住友FG」、利回り3%台ながら21期連続増配の「ユー・エス・エス」に注目

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●キャッシュレス決済 ●LNGタンカー ●インバウンド
●AI(人工知能) ●MR/AR/VR ●金融システム開発
●全国旅行支援 ●メタバース ●再生可能エネルギー
●株主優待 ●リスキリング ●円安・ドル高
●米株/シェール ●米株/燃料電池 ●米株/大手IT株
●米株/高配当割安株 ●米株/天然ガス ●米株/ディフェンシブ株
【2022年11月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税込) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 20万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2648本
米国、中国
、アセアン
【楽天証券のおすすめポイント】
1約定ごとプラン5は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜2%をポイント還元! また、2020年12月7日から1日定額コースの料金が引き下げられ、1日100万円以下なら売買手数料が無料に! さらに、投信積立の際、楽天カードを使うと0.2〜1%分※1、楽天キャッシュを使うと0.5%分※1の楽天ポイントが付与されるうえ、投資信託の残高が一定の金額を超えるごとにポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まった楽天ポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。また、楽天証券に口座があれば、楽天kobo(電子書籍)でおすすめマネー本が無料で読めたり、ベストセラー書籍の20%オフクーポンが使えるのもお得。さらに、投資信託数が2600本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
※1 2022年9月買付分より。※2 2022年8月買付分より。2022年12月末までは最大1%分の楽天ポイントを付与。
【関連記事】
◆【楽天証券の特徴とおすすめポイントを解説!】売買手数料が安く、初心者にもおすすめの証券会社! 取引や投資信託の保有で「楽天ポイント」を貯めよう
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
【楽天カードを活用すれば、投資しながら楽天ポイントもゲット!】
楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2659本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手のひとつ。売買手数料は、1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日100万円まで、合計で1日最大300万円まで売買手数料が0円と非常に低コスト。さらに、25歳以下のユーザーなら現物株の売買手数料が完全無料となる。投資信託の数が業界トップクラスなうえ100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。さらに、IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株の売買手数料が最低0米ドルから取引可能になのも魅力。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「J.D.パワー2022年個人資産運用顧客満足度調査」の「ネット証券 部門」で総合満足度ランキング1位を受賞。また、口座開設サポートデスクが土日も営業しているのも、初心者には嬉しいポイントだ。
【SBI証券の関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は「松井証券」と「SBI証券」!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
99円 115円 275円 550円/日 1277本
米国、中国
【マネックス証券のおすすめポイント】
日本株の取引や銘柄分析に役立つツールが揃っているのがメリット。中でも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」や、重要な業績を過去10期以上に渡ってグラフ表示できる「マネックス銘柄スカウター」はぜひ利用したい。「ワン株」という株を1株から売買できるサービスもあるので、株初心者はそこから始めてみるのもいいだろう。また、外国株の銘柄数の多さも魅力で、5300銘柄以上の米国株や2600銘柄以上の中国株を売買できる。米国株は最低手数料が0ドル、中国株は手数料が業界最低レベルとコスト面でもおすすめ。また、投資信託の保有金額に対し、最大0.08%分(年率)のマネックスポイントが付与されるのもお得だ。なお、2020年7月からビットコインやリップルなど主要な暗号資産(仮想通貨)のCFD取引サービスも利用できる。
【関連記事】
◆マネックス証券は「マネックスカード」での積立投資で1.1%分のポイントが貯まってお得! クレジットカードを利用して、投資信託を積立投資する方法を解説!
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!

◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付は実質無料。外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者にはおすすめ!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
【人気の「米国株」の銘柄数がトップクラス!】
マネックス証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税込) 1日定額(税込) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/ 10本
(米国株CFD)
【SBIネオトレード証券のおすすめポイント】
以前はライブスター証券だったが、2021年1月から現在の名称に。売買手数料を見ると、1日定額プランなら1日100万円まで無料。1日100万円超の価格帯でも大手ネット証券より割安だ。そのうえ信用取引の売買手数料が完全無料と、すべての手数料プランにおいてトップレベルの安さを誇る。そのお得さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。無料の取引ツール「NEOTRADE R」は高機能化が進んおり、特殊注文機能ややフル板情報も完備。低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。「2022年オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では「取引手数料」で8年連続1位を獲得!
【関連記事】
◆【ネット証券おすすめ比較】株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら
【SBIグループに入ってIPO取扱数も急増!】
SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 1637本
米国
【松井証券のおすすめポイント】
1日定額制プランしかないものの1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という手数料体系は非常に魅力的。また、25歳以下なら現物・信用ともに国内株の売買手数料が完全無料! 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料、金利・貸株料が0%になる「一日信用取引」や手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※ 株式売買手数料に1約定ごとのプランがないので、1日定額制プランを掲載。
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】1日50万円以下の株取引は手数料0円(無料)! その他の無料サービスと個性派投資情報も紹介
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は「松井証券」と「SBI証券」!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
【ザイ・オンライン限定のお得な特典付き!】
松井証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
90円 100円 260円 0円/日 133本
(CFD)
【GMOクリック証券のおすすめポイント】
1日100万円まで取引は売買手数料無料! 1約定ごとプランの売買手数料も最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDや外国債券まである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆GMOクリック証券が“業界最安値水準”の売買手数料を維持できる2つの理由とは? 機能充実の新アプリのリリースで、スマホでもPCに負けない投資環境を実現!
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大375回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税込) 1日定額(税込) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆DMM.com証券「DMM株」⇒詳細情報ページへ
88円 106円 198円
米国
【DMM.com証券「DMM株」のおすすめポイント】
国内株と米国株のトレードに力を入れたネット証券で、ひとつの取引ツールで日本株と米国株をシームレスに取引可能。売買手数料の安さがメリットで、国内現物株は1約定5万円までなら55円(税込)で売買できる。25歳以下なら現物取引の売買手数料は完全無料。さらに米国株の売買手数料もすべて0円! 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもお得だ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。2019年からIPOの取り扱いもスタート。委託販売のみなので割当数は少なめだが、口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。口座開設手続きが期間に迅速で、最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。現在キャンペーン中につき、新規口座開設で日本株の売買手数料が1カ月間無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円をプレゼント!
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、日本株と米国株のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。売買手数料は、1回の注文が複数の約定に分かれた場合、同一日であれば約定代金を合算し、1回の注文として計算します。投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託の検索機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人全員に
現金2000円プレゼント!関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SBI証券の公式サイトはこちら

 

お得な限定キャンペーン! もれなく2500円プレゼント 株の売買手数料がお得!
SBI証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
新規口座開設+条件クリアで
もれなく2000円プレゼント!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
松井証券の口座開設はこちら!
松井証券
1日50万円までの取引
なら売買手数料0円!
ネット証券最大手で、ザイ・オンラインでも人気NO.1関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 優待名人・桐谷さんも「便利でよく使う」とおすすめ関連記事

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10倍株ベスト50
毎月配当カレンダー
ふるさと納税

1月号11月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[10倍株ベスト50/配当カレンダー]
◎巻頭特集
速報! 中間決算で買える株36 
・トヨタ、オリエンタルランド、セブン&アイHD、ほか
誰もが気になる人気10銘柄を「買」×「売」診断!


◎第1特集
暴落で買え!10倍株ベスト50
●期待大の9銘柄を図解&写真で大解剖!
●10倍株発掘の敏腕プロに聞く
「世界が応援する時代の変革者を買え」
「ここから起こる大幅下落がチャンス」
●5つの視点の10倍株41銘柄
●1成長テーマ

(DX、気候変動、働き方対策、健康促進、キャッシュレス)
・2利益急拡大の株
・3直近IPOで狙う株
・4株価が高値更新の株
・5敗者復活期待の大型株

勝ち組投資家に聞く!10倍株を掴むワザ

◎第2特集
高配当株で作る毎月配当生活
●毎月安定して配当をもらうための4つのポイント
●1~12月の権利確定月で安定成長の72銘柄高配当株カレンダー
●いつ、いくらもらえる?なんで買った? など計画的に管理できる

【別冊付録・1】
書き込み式!銘柄管理シート


◎第3特集
投資信託のお悩み相談室
読者の15の実例!目的&年齢別にアドバイス
●米国株型の積立は続けていい?
●分配金が減って不安です
●8本の投信積立を入替えたい
●ひふみ投信はいつ売ればいい?


◎【別冊付録・2】

ふるさと納税大カタログ ベスト79
10大カテゴリー別オトクな返礼品


●レバレッジ型投信は試練の年に
​●TOPIX除外予備軍を公表! 一発逆転できそうなのは?
​●各国の金利を分析 円安はどこまで進む?

◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報