最下層からの成り上がり投資術!

日経平均株価のリバウンドが本格化すると2万542円
まで上昇する可能性も!? 日本独自の「好需給要因」
により、日本株は米国株の下落に連動しない相場に!

2020年3月24日公開(2020年3月24日更新)
藤井 英敏
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●水素 ●カーボンニュートラル(脱炭素)
●脱プラスチック ●少子化対策 ●行政デジタル化
●再生可能エネルギー ●カー用品 ●EC(ネット通販)
●親子上場 ●RFID ●ゲーム
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/年末年始 ●米株/燃料電池 ●米株/GAFA
●米株/バイデン大統領 ●米株/DX ●米株/金(ゴールド)

 米国株は相変わらず下落に歯止めが掛かっていませんが、日本株はここにきて下げ渋っています。

 3月23日のNYダウは大幅続落し、前週末比582.05ドル安の18591.93ドルでした。FRBは現地時間で23日朝に臨時のFOMCを開き、国債などの購入額の目安をこれまでの7000億ドルから無制限に切り替えると発表しました。この無制限量的緩和措置の発表直後には、米国の株価指数先物が急速に買われましたが、短時間で失速してしまいました。

■NYダウチャート/日足・3カ月
NYダウチャート/日足・3カ月NYダウチャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

米国では新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、
失業率が30%まで悪化する可能性も!

 米国で新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。実際、米国では3月23日、ミシガン州とマサチューセッツ州が住民に自宅待機を命じました。すでにニューヨーク州やカリフォルニア州などが同様の措置を導入しています。このように、米国では住民の移動や事業を制限する州が増えているのです。

 米国の動きをみる限り、ヒトの移動制限が一体いつまで続き、どれほどの規模で実体経済を押し下げるのか、現時点では計算不能な状態です。だから、今回のFRBの無制限量的緩和措置は、適切かつ必要十分な規模の金融政策なのですが、米国金融市場が待ち望んでいるのは財政政策、即ち、トランプ政権が打ち出した2兆ドル規模の経済対策の議会での承認なのです。

 ちなみに、米セントルイス連銀のブラード総裁は、3月22日、新型コロナウイルス感染拡大による経済停滞で2020年4~6月期の米経済成長率がマイナス50%に達し、失業率は30%まで悪化する可能性があると述べたそうです。そのブラード総裁は、不要不急の企業活動の3カ月休止を宣言するべきと主張しています。正直、3カ月も休止したら、いったいどれほどの企業破綻や失業が発生するのか、まったく想像できません。

トランプ大統領の提案した「2兆ドルの経済対策」は、
民主党の反対により議会での合意に至らず

 なお、トランプ米政権は当初、景気刺激策の規模を1兆ドルとしていました。しかしながら、医療現場の資金支援策などを積み増して、財政支出だけで1.6兆~1.8兆ドルに積み増したようです。これに、FRBの追加策を加えると、総額は2兆ドルを超える見通しです。

 ムニューシン財務長官は現地時間の3月23日朝、経済対策について「合意は近い」と話していました。ですが、野党の民主党が企業の救済策に反対し、残念ながら物別れに終わりました。ペロシ下院議長も「独自法案を出すつもりだ」と表明しました。

 市場としては、すぐにでも政府と議会が折り合って2兆ドル規模の経済対策を決めて欲しいのですが、政治的な駆け引きが存在している感じのため、合意にはもう少し時間が必要なようです。そして、その合意が実現するまでは、米国株式市場は「催促相場」を続ける可能性が高そうです

日本株は、日銀とGPIFによる官製相場の様相が強まり、
米国株が下がってもほとんど影響を受けない状況に

 一方、日本では、日銀とGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による官製相場の様相が強まり、米国株が下がってもほとんど影響を受けない状況になっています

 まず、日銀はETFの買い入れ枠を従来の年6兆円程度から12兆円に倍増した上に、日々の買い入れパターンも変えてきました。例えば3月19日には、2016億円の買い入れを実施しました。19日はTOPIXが午前に上昇していましたが、それにもかかわらず大規模な買いに動くなど、投資家(特に売り方)はETF買いがいつ入るのか予測しにくくなりました。この買い方の変化や、1日の買い入れ金額の倍増は、売り方を焦らせていると見られます。

 また、一部国内大手証券の試算によれば、3月12日時点では、GPIFの国内株式の構成比は21.3%程度と、基本ポートフォリオの25%と比べて大きくアンダーウェイトとなったため、基本ポートフォリオに今後変更が無いのであれば、日本株に関しては5兆円超の買いが必要となったそうです。このGPIFの買い余力の増加観測も、日本株の下支え要因として意識されています。

 さらに、TOPIX日経平均株価に連動した運用を目指すパッシブファンドが、3月の権利付き最終売買日である3月27日以降にファンドが将来受け取る配当金の分だけ、TOPIX日経平均株価の先物などに買いを入れる、「配当金の再投資の先物買い」が今週末から来週初にかけて買いが入る見通しです。市場推計では約8000億円で、これも短期的な好需給要因です。また、3月の権利付き最終売買日である27日までは、権利取りの買いも期待できます。

 このように、目先は日本独自の好需給要因があるため、日本株は米国株と「デカップリング(非連動)」しているのでしょう

日経平均株価のリバウンドが継続した場合の目安は、
「38.2%戻し」「半値戻し」「25日移動平均線」の3パターン

 日経平均株価に関しては、1月17日の2万4115.95円から3月19日の1万6358.19円までの下落幅は7757.76円、下落率は32.17%でした。この38.2%戻しは1万9321.65円、半値戻しが2万237.07円です。また、25日移動平均線は、23日時点で2万542.12円です。

■日経平均株価チャート/日足・3カ月
日経平均株価チャート/日足・3カ月日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 リバウンドが本格化したら、これらのメド(38.2%戻し、半値戻し、25日移動平均線)あたりまでの戻りが期待できるでしょう

【3月23日時点におけるリバウンドの戻しメド】
 ・1万9321.65円(38.2%戻し)
 ・2万237.07円(半値戻し)
 ・2万542.12円(25日移動平均線)

 一方、5日移動平均線(23日現在1万6836.14円)を再び割り込むと、リバウンドは終了し、調整色が強まると見ています

日米ともに新型コロナの感染拡大が収束に向かうまでは、
油断せずに慎重な運用スタンスを継続しよう!

 なお、米国は大規模経済対策でアクセルを踏む予定であると同時に、「ヒトの移動」を制限して経済に対してブレーキを踏んでいます。このため、この経済対策が効果を発揮するには、やはりコロナの感染拡大が収束に向かっていくことが必要でしょう。

 また、日本株に関しては、4月下旬に発表が本格化する主力の決算発表で、来期(2021年3月期)の内容を見極められるまでは、適正なバリュエーションが算定不能です

 このため、日米共に、新型コロナの感染拡大が収束に向かう可能性が高まるまでは、残念ながら不安定な動きが続くでしょう。とにかく、当面は慎重な運用スタンスを継続しておいた方がよさそうです。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
「コロナ・ショック」がホテル業界や自動車業界の業績や株価に与える影響は? オリエンタルランドのように、一時的に打撃を受けても、反発に期待できる銘柄も!

米国の景気後退が確実な今、あえて米国株を買うなら「リモートワーク」関連株! ただし、二番底を形成する可能性もあるので、慌てて飛び乗る必要はなし!

【2020年】今すぐ口座開設できる証券会社はここだ! 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●水素 ●カーボンニュートラル(脱炭素)
●脱プラスチック ●少子化対策 ●行政デジタル化
●再生可能エネルギー ●カー用品 ●EC(ネット通販)
●親子上場 ●RFID ●ゲーム
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/年末年始 ●米株/燃料電池 ●米株/GAFA
●米株/バイデン大統領 ●米株/DX ●米株/金(ゴールド)

ダイヤモンドZAi 最新号!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
確定申告
桐谷さんの米国株

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/確定申告/桐谷さんの米国株入門]

◎第1特集
コロナ禍の乱世を生き延びて覇権を握る
王者が降臨!最強日本株

●2021年はどうなる?
4人の戦術アナリストがクロスレビュー!
日本株5大攻略法
●日本を変える強者たちが集結:国内活躍株
●世界に君臨する猛者株が激突:海外進出株
●小回りを利かせて戦略的に勝て:5万円株
●攻守の両輪で盤石の構え:株主優待株
●十分な定期補給で千人力:高配当株
●下剋上を虎視眈々と狙う有望株:10倍株

◎第2特集
スマホ&入力方法を丁寧に解説!
確定申告ー2021年3月提出分ー

・給与や年金などの所得や控除の入力
・ふるさと納税で自治体に寄附した人
・株や投信で儲けた人/損した人
・投信の分配金や株の配当を得た人
・FXや先物取引で儲けた人/損した人
・市販の薬代や医療費が高額な人

◎第3特集
成績トップ級のファンド運用者が集結!
スゴ腕ファンドマネージャー4人が語る2021年の儲け方
投資テーマや目の付けどころ、戦略まで

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない!宣言
すぐできるオトクワザ88

・クレカとスマホを整える
・情報はマメにチェック!
・商品券も組み合わせる!ほか


◎【別冊付録】
老後にもぴったり
桐谷さんはじめて米国株を買う
初心者向けオススメ株5も

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報