世界投資へのパスポート

【米国株】メガバンク6行の第1四半期の決算を解説!
コロナ禍により、米国のメガバンクは「ゴールドマン
サックス」と「JPモルガンチェース」の2強時代に!

2021年4月19日公開(2021年4月20日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●脱炭素 ●水素 ●全固体電池
●子ども庁 ●再生可能エネルギー ●バイオマスプラスチック
●少子化対策 ●行政デジタル化 ●EC(ネット通販)
●保育 ●鬼滅の刃 ●ゲーム
●米株/石油 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/メガバンク
●米株/GAFAM ●米株/グロース株 ●米株/金(ゴールド)

2021年第1四半期の決算発表シーズンがスタート!
先週はメガバンク6行の決算が出揃う

 米国では、2021年第1四半期の決算発表シーズンが始まっており、先週はメガバンクが相次いで決算を発表しました。内容的には、ゴールドマンサックス(ティッカーシンボル:GS)JPモルガンチェース(ティッカーシンボル:JPM)の2行が抜きん出て良い決算でした。今週はそれら米国のメガバンク6行の決算内容を解説します。

 まず、米国のメガバンク、JPモルガンチェースウエルズファーゴ(ティッカーシンボル:WFC)ゴールドマンサックスシティグループ(ティッカーシンボル:C)バンクオブアメリカ(ティッカーシンボル:BAC)、そしてモルガンスタンレー(ティッカーシンボル:MS)の6行が、どのくらい儲かっているかを比較したいと思います。ひと口に「儲かっている」と言ってもいろいろな尺度がありますが、今回は、株主の目線から一番重要である「株主から託された資本を使って、どれだけ上手に儲けているのか」を表す「有形自己資本利益率(ROTCE)」を比較してみました。

 上の表を見ると、ゴールドマンサックスJPモルガンチェースが一番上手く儲けていることがわかります

「商業銀行部門」は、超低金利時代の影響で
各行ともに「低リスクだけどフル稼働していない状態」

 メガバンクのうちJPモルガンチェースウエルズファーゴシティグループバンクオブアメリカの3行は、大きな商業銀行部門を持っています。商業銀行部門は、個人や企業から預金を預かり、それを事業融資やクレカ融資、住宅ローン融資などを通じて貸し出す伝統的な銀行業務を担当します。

 メガバンク全体に言えることですが、今は超低金利時代なので、貸付け利回りから調達コストを引き算した純金利マージンは圧迫を受けています。また、景気悪化により、貸し付け需要自体も低迷しています。その一方で、預金は高水準であり、貸し付け能力に対してローン需要が不足する状態が続いています。幸いなことに貸付けの焦付きは極めて低水準であり、貸付け内容は極めて健全です。

 つまり、現在の商業銀行部門の経営状態は、「低リスクだけどフル稼働していない」と言えます

「投資銀行本部」ではゴールドマンサックスがトップ!
モルガンスタンレーは、バランスに欠ける収益構造に

 ウエルズファーゴを除いた5行は、大きな投資銀行部門を持っています。

 投資銀行部門は、先ほど説明した商業銀行部門の閑散とは打って変わって大繁盛しています。つまり、顧客企業は融資などの間接金融を避け、株や債券を発行する直接金融に傾斜しているのです。

 投資銀行部門は、大きく分けて「投資銀行本部」と「キャピタルマーケッツ(市場部門)」に分けることが出来ます。

 投資銀行本部は、M&Aや資金調達に関して顧客企業にアドバイスする部門で、そこからフィー(手数料)収入を得ています。各行のフィー収入を比較したのが下の表です。

 投資銀行本部のフィー収入では、ゴールドマンサックスが最も強いことがわかります。特にM&Aフィーで他社を引き離している点が目を引きます。また、株式引受フィーでも1番です

 それに対してJPモルガンチェースは、債券引受フィーで他社を引き離しています

 また、モルガンスタンレーは伝統的に株式の引き受けに強いのですが、それ以外が弱く、バランスに欠ける収入構造となっています。これはリーマンショック以降、債券ビジネスに消極的になったことが関係していると思います。

債券や株式を売買する「キャピタルマーケッツ」では
JPモルガンチェースが他行を引き離してトップ!

 キャピタルマーケッツは市場部門とも呼ばれ、債券や株式を売買するのが仕事です。皆さんがテレビで見るトレーディングルームの光景が、キャピタルマーケッツの仕事内容だと思えばいいでしょう。

 上の表の通り、メガバンクの中でキャピタルマーケッツが一番強いのはJPモルガンチェースです

 また、投資銀行本部のフィー収入とキャピタルマーケッツの売上高を合計すれば、投資銀行部門全体のおおよその売上高を知ることができます。それを見ると、JPモルガンチェースゴールドマンサックスが他の3行を引き離していることがわかります。

【メガバンクの投資銀行部門全体のおおよその売上高】
JPモルガンチェース:120.4億ドル
ゴールドマンサックス:112億ドル
モルガンスタンレー:84.6億ドル
シティグループ:80億ドル
バンクオブアメリカ:62.5億ドル

 つまり、米国のメガバンクは「2強時代」に突入したと言えると思います

 最後に各行の業績をまとめておきます。

【JPモルガンチェース(JPM)】
保守的で堅実な経営を貫きつつ、高水準の売上高を上げる

 JPモルガンチェースのEPSは予想2.94ドルに対して4.50ドル、売上高は予想299.7億ドルに対して323億ドル、売上高成長率は前年同期比+14.3%でした。

 JPモルガンチェースは、3月末に問題を起こして野村ホールディングス(8604)クレディ・スイス・グループ(CS)などに大損害を与えたとされている米国の投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントとは取引していませんでした。
【※関連記事はこちら!】
野村HDの株価を急落させた“ヘッジファンドの破綻”は「世界同時株安の序章」となるか? コロナ禍の影響で起きた「過剰流動性相場」の崩壊のサインを見逃すな!

 また、SPAC(特別買収目的会社)の引き受けにも消極的です。

 このように保守的で堅実な経営を貫きつつ高水準の売上高を上げている点は、評価できます。

⇒JPモルガンチェース(JPM)の最新株価・チャートはこちら!

JPモルガンチェース(JPM)チャート/日足・6カ月JPモルガンチェース(JPM)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ウエルズファーゴ(WFC)】
総量規制が解除されたら増配される見通し

 ウエルズファーゴのEPSは予想65セントに対して1.05ドル、売上高は予想174.2億ドルに対して180.6億ドル、売上高成長率は前年同期比+2.0%でした。

 純利益は43.6億ドル(前年同期は4200万ドル)、純金利収入は88億ドル(前年同期は113.1億ドル)、非金利収入は92.7億ドル(前年同期は64億ドル)、そして純金利マージンは2.05%(前年同期は2.58%)でした。

 ウエルズファーゴは配当利回りが他行に比べて低いのですが、連邦準備制度理事会(FRB)から現在受けている総量規制が解除されたら、ゆくゆくは増配する意向です。

⇒ウエルズファーゴ(WFC)の最新株価・チャートはこちら!

ウエルズファーゴ(WFC)チャート/日足・6カ月ウエルズファーゴ(WFC)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ゴールドマンサックス(GS)】
M&Aや資金調達のビジネスが堅調

 ゴールドマンサックスのEPSは予想8.93ドルに対して18.60ドル、売上高は予想117.4億ドルに対して177億ドル、売上高成長率は前年同期比+102.4%でした。

 顧客企業のM&Aや資金調達の予定はぎっしり詰まっており、今後も他社からマーケットシェアを奪うことが予想されます。

⇒ゴールドマンサックス(GS)の最新株価・チャートはこちら!

ゴールドマンサックス(GS)チャート/日足・6カ月ゴールドマンサックス(GS)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【シティグループ(C)】
SPACへの監視が厳しくなったことで、来期以降は成長が鈍化

 シティグループのEPSは予想2.18ドルに対して3.62ドル、売上高は予想183.4億ドルに対して193億ドル、売上高成長率は前年同期比-6%でした。

 投資銀行フィーは前年同期比+46%の19.7億ドルでした。そのうちM&Aアドバイザリーは前年同期比-27%の2.8億ドル、株式の引き受けは前年比+386%の8.8億ドル、債券の引き受けは前年同期比+4%の8.16億ドルでした。

 株式の引き受けがとりわけ好調だった理由は、積極的にSPACの引き受けに乗り出したためです。ただ、最近になって、米国証券取引委員会(SEC)がSPACに対して監視を強化する方針を打ち出しており、突然、案件が動かなくなっています。その関係で、シティグループの来期以降の株式引受フィーは、成長が鈍化すると予想されます。

⇒シティグループ(C)の最新株価・チャートはこちら!

シティグループ(C)チャート/日足・6カ月シティグループ(C)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【バンクオブアメリカ(BAC)】
他のメガバンクと比較すると、精彩に欠ける業績

 バンクオブアメリカのEPSは予想62セントに対して86セント、売上高は予想216.7億ドルに対して228億ドル、売上高成長率は前年同期比+0.1%でした。

 バンクオブアメリカの場合、投資銀行フィー、キャピタルマーケッツ売上高ともにやや精彩に欠ける内容で、他行から劣後しはじめている印象がぬぐえません。

⇒バンクオブアメリカ(BAC)の最新株価・チャートはこちら!

バンクオブアメリカ(BAC)チャート/日足・6カ月バンクオブアメリカ(BAC)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【モルガンスタンレー(MS)】
アルケゴスの破綻により大きな損失を被る

 モルガンスタンレーのEPSは予想1.58ドルに対して2.19ドル、売上高は予想134.8億ドルに対して157.2億ドル、売上高成長率は前年同期比+65.7%でした。

 3月末のアルケゴス・キャピタル・マネジメントの破綻による直接の損失額は、6.44億ドルでした。さらに、アルケゴス・キャピタル・マネジメントによって引き起こされた市場の変動により、2.67億ドルのトレーディング損が出ました。

 アルケゴス・キャピタル・マネジメントに関するディスクロージャーのタイミングは、クレディ・スイス・グループ野村ホールディングスどに比べて遅く、一般株主の利害より自社のトレーディングデスクの都合を優先した印象があります。これは、モルガンスタンレーらしくない、あまり感心しない行為だったと言えるでしょう。

 また、一見するとモルガンスタンレーのビジネスは好調のように見えるのですが、決算内容をよく見るとお粗末であり、宿敵のゴールドマンサックスJPモルガンチェースに比べて明らかに劣後しはじめていると思います。

⇒モルガンスタンレー(MS)の最新株価・チャートはこちら!

モルガンスタンレー(MS)チャート/日足・6カ月モルガンスタンレー(MS)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【今週のまとめ】
総合的に、ゴールドマン・サックスの強さと
JPモルガン・チェースの堅実な儲け方が目立つ結果に!

 メガバンクの第1四半期決算を比較すると、投資銀行業務のパフォーマンスが勝敗の決め手になりました。

 総合的に見てゴールドマンサックスの強さが目立ちましたが、JPモルガンチェースもアルケゴス・キャピタル・マネジメントスやSPACなどのきわどいビジネスには手を出さず、王道の儲け方に徹していた点は評価できると思います

 米国のメガバンクの中では、この2行が明らかに他の銀行を引き離していると思います。
【※関連記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
「ドライアイス」関連銘柄は、新型コロナワクチンの低温保管に欠かせない注目テーマ株。夏の需要期に向け「ドライアイス」製造メーカーの業績アップに期待

ふるさと納税の8大サイトの特徴やメリットを比較! 最も便利なサイトはどこ?取扱い自治体数や特典は? ザイがおすすめする「ふるさと納税サイト」を紹介!

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●脱炭素 ●水素 ●全固体電池
●子ども庁 ●再生可能エネルギー ●バイオマスプラスチック
●少子化対策 ●行政デジタル化 ●EC(ネット通販)
●保育 ●鬼滅の刃 ●ゲーム
●米株/石油 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/メガバンク
●米株/GAFAM ●米株/グロース株 ●米株/金(ゴールド)

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2021年5月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3800銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
3600銘柄以上の米国株、2400銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数が圧倒的に多い。さらに、中国株の手数料は2017年7月末に値下げされ、約定金額の0.25%(下限45香港ドル~上限450香港ドル、税抜)に。米国株なら最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 企業分析機能も充実しており、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「史上最高」の株
リッチ老後VS貧乏老後
大反響!米国株

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[「史上最高」の株/リッチ老後VS貧乏老後]

◎巻頭企画
プロ12人に聞く
いつ? リスクは? きっかけは何?

日経平均は4万円になりますか

◎別冊付録
大反響!米国株入門の第2弾!
安定老後にピッタリだった!!
桐谷さん米国の高配当株でリッチ老後を目指す!

●なぜ高配当&増配株が多いのか
●高配当をもらい続ける銘柄選びポイント
●安定配当&増配が続くオススメ高配当株

◎第1特集
コロナ禍でも自己ベストを更新した
絶好調の厳選株!
最高益など絶好調の「史上最高」の株

●過去最高売上&最高利益を更新!
「史上最高の好業績株」
●増配記録や配当最高額を更新!
「史上最高の高配当株」
●上場来の高値を更新した旬の株!
「史上最高の高値株」

◎第2特集
リッチと貧乏のリアルな数字が見える!
1万人の老後アンケート
リッチ老後VS貧乏老後

●どう違う?老後の天国と地獄
●リッチVS貧乏「現役時代の過ごし方」
●昭和VS令和「おかねの世代間ギャップ」
●リッチVS貧乏「老後の収支を大公開!」
●老後の生活&金ぶっちゃけナマ告白
●豊かな老後を送るための心がけ

◎第3特集
純資産約1兆円のバカ売れ投信
「未来の世界(ESG)」を解剖!!

買って大丈夫? ESG投信
ESGやSDGsがわかる!

◎第4特集
基礎のキソから誰でもわかる金利のQ&A
●金利の決まり方
●長期&短期金利の違い
●住宅ローンは固定か変動か
●株と金利の関係

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報