世界投資へのパスポート

【米国株】「宇宙関連株」の6銘柄を紹介! 7月11日の
「ヴァージン・ギャラクティック」の宇宙遊覧旅行や、
「スペースX」子会社のIPOの噂で、注目の投資テーマに

2021年7月5日公開(2021年7月5日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●脱炭素 ●水素 ●全固体電池
●次世代型太陽電池 ●再生可能エネルギー ●バイオマスプラスチック
●抗原検査 ●行政デジタル化 ●EC(ネット通販)
●GoToトラベル ●鬼滅の刃 ●子ども庁
●米株/好決算 ●米株/旅行 ●米株/EV
●米株/製薬会社 ●米株/ワクチン ●米株/燃料電池
●米株/GAFAM ●米株/クルーズ船 ●米株/金(ゴールド)

著名起業家たちの宇宙飛行やスペースXの子会社のIPOから、
米国株式市場では、にわかに「宇宙関連株」への注目が集まる!

 ヴァージン・アトランティック航空などの創設者として知られる起業家のリチャード・ブランソンが、7月11日にヴァージン・ギャラクティック(ティッカーシンボル:SPCE)の宇宙船に搭乗して宇宙遊覧飛行を敢行します。この飛行は、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)の創設者のジェフ・ベゾスが、自身が創設した宇宙開発ベンチャーのブルー・オリジンの宇宙船で7月20日に宇宙に飛び出すと発表したことを受け、それに先んじるために急遽決定されました。

 また、別の話として、「テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)を創設したイーロン・マスクのもうひとつのビジネスであるロケット打ち上げ企業・スペースXが、衛星を通じてインターネット・サービスを提供する子会社・スターリンクを近くIPO(新規上場)するのではないか」との観測が流れています。スターリンクのビジネスは中長期的に安定した売上が見込めるため、株式市場で人気化する可能性があります。

 これらの要因により、下の表のような宇宙関連株がにわかに注目を集めています。今週は、これらの銘柄を紹介します。

■注目される米国の宇宙関連株
銘柄名 ティッカーシンボル 業務内容
ヴァージン・ギャラクティック
(VIRGIN GALACTIC HOLDINGS)
SPCE 大気圏遊覧飛行
アストラ・スペース
(ASTRA SPACE
ASTR 小型ロケット打ち上げ
ロケットラボ
(Rocket Lab)
VACQ※1 ロケット打ち上げ
ブラックスカイ
(Black Sky)
SFTW※2 人工衛星による地球観測
スパイア・グローバル
(Spire Global)
NSH※3 人工衛星による地球観測
※1 ベクター・アクイジション(VACQ)というSPAC(特別買収目的会社)と合併して上場予定で、現在は暫定的なティッカーシンボル。※2 オスプレイ・テクノロジー・アクイジション(SFTW)というSPACと合併して上場予定で、現在は暫定的なティッカーシンボル。※3 ナビサイト・ホールディングス(NSH)とというSPACと合併して上場予定で、現在は暫定的なティッカーシンボル。

【ヴァージン・ギャラクティック(SPCE)】 
宇宙で無重力体験ができる遊覧飛行を提供

 ヴァージン・ギャラクティック(ティッカーシンボル:SPCE)は、宇宙旅行を企画する会社です。具体的には、宇宙船を双胴の飛行機(母船)で高高度まで運び、切り離した後はロケット噴射で大気圏を超え、宇宙空間で数分間にわたって無重力の世界を体験。その後、大気圏に戻ってからは滑空して米国・ニューメキシコ州の基地「スペース・アメリカ」へ帰還します。

 ヴァージン・ギャラクティックのフライトでは、一応民間企業のリサーチ・プロジェクトも行えますが、メインの目的は宇宙の観光旅行です。

 宇宙船は、グライダーのように滑空して基地に帰ってくるので何度も使用できますし、これまでに何度もテストが行われて安全性が証明されています。つまり、ロー・リスクで宇宙飛行士になったかのような体験ができるのが、ヴァージン・ギャラクティックのサービスのポイントです

 これまでのヴァージン・ギャラクティックのテストフライトでは、高高度で母船から切り離した後、ロケットを噴射する際に点火に失敗し、すごすごと地上に戻ってくるということを繰り返していました。しかし、最近になってようやく点火装置の不具合が直ったことでテストフライトに成功し、6月25日には連邦航空局から「飛んでよろしい」という承認が下りたことを発表しました。そのため、7月11日にヴァージン・ギャラクティックの元々の出資者であり、連続起業家のリチャード・ブランソンを乗せて宇宙遊覧飛行を行う運びとなったわけです。

 ヴァージン・ギャラクティックは、まだ正式に営業を開始していないので、「将来どのくらいの売上高が見込めるのか?」を議論するにはまだ早い段階です。今は「世界中の人が注目するセレブのリチャード・ブランソンを乗せた宇宙旅行が、成功するかどうか」が最も重要となります

⇒ヴァージン・ギャラクティック(SPCE)の最新株価はこちら!

ヴァージン・ギャラクティック(SPCE)チャート/日足・6カ月ヴァージン・ギャラクティック(SPCE)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【アストラ・スペース(ASTR)】
低コストで小型の人工衛星を、低軌道まで打ち上げることに特化

 アストラ・スペース(ティッカーシンボル:ASTR)は、低コストで小型の人工衛星を低軌道(Low Earth Orbit)に打ち上げることを目的とするロケット打ち上げ会社です。

 近年は半導体技術の進歩により、人工衛星のサイズがどんどん小さくなっています。以前であればスクールバスくらいの大きさがあった人工衛星と同じ仕事を、今ではトースターくらいの小さい人工衛星でもこなすことが可能となりました。また、地球に近い低軌道に人工衛星を打ち上げる場合、それほど大きなロケットは必要ないため、打ち上げ費用も低コストで済みます。

 そのため、今は低軌道がちょっとしたブームとなっており、最近の宇宙ビジネスの大半は低軌道を飛行する人工衛星によって創り出されています

 アストラ・スペースのロケットは手間がかからないため、作業員が4名ほどいればどんどん打ち上げることが可能です。実際、アストラ・スペースは、ゆくゆくは1日1回のロケット打ち上げを目指しています。

 アストラ・スペースの本社は、サンフランシスコからベイブリッジを渡った対岸のアラメダ旧米海軍基地跡地にあります。そのため、広いスペースでのびのびと研究開発ができるだけでなく、そこから打ち上げを行うことも可能です。さらに、港から船にロケットを積み込んで世界へ出荷することもできます。つまり、最初からしっかりと事業計画を練り上げ、それをもとに粛々と事業を進めていることがわかります。

 この会社は「華々しい夢のある宇宙ビジネス」というより、運送会社に近い地味な企業になると思います。なぜなら、一番達成しやすく難易度の低いロケット打ち上げに特化し、黙々と数をこなすことを考えている会社だからです。

⇒アストラ・スペース(ティッカーシンボル:ASTR)の最新株価はこちら!

アストラ・スペース(ティッカーシンボル:ASTR)チャート/日足・6カ月アストラ・スペース(ティッカーシンボル:ASTR)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ロケットラボ(VACQ)】
小型ロケットから大型ロケットまで展開するロケット打ち上げ会社

 ロケットラボ(ティッカーシンボル:VACQ)は、スペースXを除き、今までロケット打ち上げに関しては一番多くの成功実績を持つ企業です。ロケットラボのロケットは、スペースXのそれより少し小さいものの、小型ロケットから大型ロケットまでそろえています。積荷も人工衛星を運ぶだけではなく、有人飛行も想定しています。

 ロケットラボの特徴は、技術力がしっかりしている点にあると思います。

 なお、ロケットラボは、ベクター・アクイジション(ティッカーシンボル:VACQ)という名前のSPAC(特別買収目的会社)との合併が発表された段階のため、現在の暫定的なティッカーシンボルは「VACQ」となっています。株主投票で合併が承認され次第、新しいティッカーシンボルに変わる予定です。

【ブラックスカイ(SFTW)】
小型人工衛星から観測したデータを米・国防省などに提供

 ブラックスカイ(ティッカーシンボル:SFTW)は、小型の人工衛星で地球を観測し、そのデータを米国の国防省などの顧客に届ける仕事をしています

 こうした情報は機密性が高く、外部に漏れてはいけないタイプのデータと言えます。ブラックスカイは、多くのお金を持ち、今後ずっとデータを買い続けることが期待できる得意先に対して、長期に渡って提供することを狙っています。

 なお、ブラックスカイの小型人工衛星は、すでに低軌道上で稼働しています。

 ブラックスカイもオスプレイ・テクノロジー(ティッカーシンボル:SFTW)というSPACとの合併が発表された段階のため、現在のティッカーシンボル「SFTW」は暫定的なもとなります。

スパイア・グローバル(NSH)
人工衛星からの観測データを、低コストで複数の利用者に提供!

 スパイア・グローバル(ティッカーシンボル:NSH)もブラックスカイと同じように、小型人工衛星から地球を観測するビジネスを行っていますが、ブラックスカイが軍事関連のような極秘のプロジェクトを扱っているのとは対照的に、同じようなデータを広くネットで公開し、複数の利用者に何度も再利用してもらうビジネスモデルとなっています。

 同じデータを何度でも重複販売できることから、1回当たりのアクセス・コストを低く抑えることができます。これにより、数多くの民間ビジネスにとって、衛星データサービスがより身近なものになることを狙っています。

 現時点では、そうしたビジネスの有用性は未だ実証されておらず、「実際にやってみたら、需要がまったく足りなかった」ということになるリスクもあります。その代わり、このビジネスが当たれば、ブラックスカイのようなオーダーメイドの発想より、成長の伸び代が大きいことが予想されます

 なお、スパイア・グローバルも現在はナブサイト(ティッカーシンボル:NSH)というSPACとの合併が発表された段階で、暫定的なティッカーシンボルとして「NSH」が使用されています。

【今週のまとめ】
7月11日のリチャード・ブランソンの宇宙遊覧飛行の前に、
気になる「宇宙関連株」を仕込んでおこう!

 今週は、7月5日の月曜日が独立記念日の振替休日となるため、株式の立会は4日間だけです。しかし、7月11日にリチャード・ブランソンの宇宙遊覧飛行が控えているので、その前に宇宙関連株を仕込んでおきたいと考える投資家が、関連銘柄に殺到する場面があるかもしれません。その辺りにも注目したいと思います。
【※関連記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
米国株の「ニューヨーク市場」に上場する老舗企業の中で、アナリストが推奨する2銘柄! 建機最大手の「キャタピラー」や、ソフトウェアの「オラクル」をチェック!

「スマホ証券」5社を比較! 1株単位や100円単位など単元未満株が買えて「投資の練習がしたい」「株を積み立てたい」など、目的に合ったスマホ証券を選ぼう

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●脱炭素 ●水素 ●全固体電池
●次世代型太陽電池 ●再生可能エネルギー ●バイオマスプラスチック
●抗原検査 ●行政デジタル化 ●EC(ネット通販)
●GoToトラベル ●鬼滅の刃 ●子ども庁
●米株/好決算 ●米株/旅行 ●米株/EV
●米株/製薬会社 ●米株/ワクチン ●米株/燃料電池
●米株/GAFAM ●米株/クルーズ船 ●米株/金(ゴールド)

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2021年9月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4200銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
4200銘柄以上の米国株と2600銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数の多さはトップクラス米国株は最低手数料0ドルから購入可能買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。さらに中国株の手数料は業界最低レベルで、約定金額の0.275%(下限49.5香港ドル~上限495香港ドル)。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件クリアすれば銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4200銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。また、2021年4月から米国株式取引専用の「米国株アプリ」が登場した。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4000銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 最新号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
つみたてNISA超入門
O円でポイント運用

10月号8月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/つみたてNISA超入門!]

◎第1特集
一難去って福来たる!最強日本株
どうなる日本株 今買いの株はどれ?!
日経平均の予想&勝ち戦略
5万円株/高配当株/脱コロナ株
福の神桐谷さんのオススメ株主優待

◎第2特集
キホンのしくみからオススメ商品
つみたてNISA超入門!
・つみたてNISAのメリット
・つみたてNISAの始め方
・買うべき投信は?
・こんな時どうする?

◎第3特集
全8タイプの利回りが急回復!

毎月分配型投信100本の本当の利回り
大人気の予想分配金提示型は買っていい?
買ってはダメ?

◎第4特集
いくらで始める?どう儲ける?
初めてのFX

◎別冊付録
元手0円で投資を体験!
O円で増やせるポイント運用

◎連載も充実!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資! AKB48
●武藤十夢のわくわくFX生活!ライフ
●株入門マンガ恋する 株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国


【重要】
>>新型コロナウイルス感染症による定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報