「夢の配当金生活」実現メソッド

「株」を買う理由は、本当に“増配”だけでいいのか?
何歳までに始めるべきなのか?など、株初心者が抱き
がちな「増配株投資」の“3つの疑問”をまとめて解決!

【第21回】 2019年11月10日公開(2019年12月26日更新)
個人投資家・立川 一(たちかわ・はじめ)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 こんにちは、個人投資家の立川です。

 前々回(第19回)前回(第20回)と、2回にわたって「米国株」に関する内容をお届けしましたが、いかがだったでしょうか。最近は個人投資家のブログなどでも「米国株」を取り上げている記事は多く、それらを巡回するだけで有益な情報が手に入るようになりました。しかし、前回の記事で紹介した「米国株」の売買前後に証券口座に残っている「米ドル」と、通貨にかかわる「税金」に関する記事はほとんど見かけませんので、ぜひお役に立てていただければと思います。
【※関連記事はこちら!】
配当金生活を実現するなら「日本株」より「米国株」に投資すべき!? 50年以上の連続増配株が約30銘柄もある「米国株」の魅力と注意点をわかりやすく解説!
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

 さて、最近になって、インターネット上でのやりとりだけでなく、オフ会などのリアルな場所で個人投資家さんにお会いする機会が何度かありました。その中で何人かの投資家さんから「増配株投資」に関する質問をされることがあり、その質問に答えながら「連載記事の読者の中にも、同じ疑問を持っている方がいるかもしれない」と感じました。そこで今回は、実際にお会いした個人投資家さんから質問された内容で、読者の方にも役立つ質問と回答を「増配株投資に関するQ&A」としてまとめてみました。ぜひ、「増配株投資」をする際の参考にしてください。

【「増配株投資」への疑問①】
本当に「増配している」という理由だけで
「増配株」を買っていいのか?

 先日、「増配株投資」について、2時間ほどお話をさせていただく機会がありました。私が実際に投資している「増配株」の中から2銘柄を取り上げて、「なぜ、毎年のように増配できるのか」を、ビジネスモデルと財務の両面から説明しました。すると、それを聞いていた方から「増配しているからという理由だけで買うのではなく、ビジネスモデルなどもキチンと分析しなくてはいけないのですね」という質問をいただきました。

 その日はセミナーの講師でしたので、説得力を持たせるためにビジネスモデルなどにも言及したため、このような質問が出たようです。しかし、私は「投資」のために十分な時間が取れないサラリーマン投資家などの場合には、「増配しているから」という理由だけで買っても構わないのではないか、と考えています。

 というのも、まず「増配株」を選んだ時点で「毎年のように配当を増やしても、事業に必要なキャッシュを十分に確保できる、優れたビジネスモデルの会社」を選んでいる可能性がかなり高いからです。「増配株」の中から投資する銘柄をランダムに選んだ場合は、問題のある会社を引き当てるほうが逆に難易度が高いと思います。

 詳しくは、この連載の第2回を読んでいただきたいのですが、「増配株を選ぶ」というのは、優良な銘柄を探すための強力な“スクリーニング(銘柄の条件検索)”になり得ます。海外には「増配株」をメインの投資先として運用しているファンドもあるほどです。
【※関連記事はこちら!】
定期預金の金利より「株の配当」は数百倍もお得!増配銘柄を選べば、自動的に株価下落リスクが低く、優れたビジネスモデルの超優秀な銘柄に投資できる!

 銘柄研究をする時間が十分に取れないサラリーマンが始める場合は、毎年1~2銘柄(投資資金に余裕があれば数銘柄ずつ)の「増配株」に分散投資をして、さらにリスクの低減を図りましょう。万一、保有銘柄の1つに問題が起きても、ほかの銘柄から受け取れる配当で損失をカバーすることが可能になります。こちらも、連載の第4回を読んでいただければと思います。
【※関連記事はこちら!】
増配株への分散投資は、預貯金よりもリスクが低い?配当金だけで投資元本を回収できる期間が短くなり、元本回収後はリスクフリーで高い配当金がもらえる!

 そして、「増配株」への投資を続けていく中で「なぜ、この会社は増配し続けられるのだろうか?」と疑問や関心を持ったときには、その会社のホームぺージに掲載されている事業内容を見て「ビジネスモデル」を調べてみましょう。

 例えば、神奈川県を地盤にして学習塾を経営している「ステップ(9795)」を見ると「少子化が進んでいるにもかかわらず、合格実績を着実に高めていくことによって、生徒をどんどん増やしているな」と感じることでしょう。

 また、主に金融機関向けのソフトウェアを取り扱っている「情報企画(3712)」などは「この会社が販売するソフトウェアには、毎年更新しなくてはいけないデータがあるので、ソフトウェアが売れるたびにストック収入(更新料)増えるのか」ということが理解できると思います。

 ビジネスモデルに興味を持ったら、次は決算説明資料などを見て、実際にどれくらいの売上や利益があるのか、それらが毎年どのように変化しているのかを見てみましょう。増配傾向にある銘柄の場合、大抵は売上も利益も伸びているはずです。

 こうして「増配株」のビジネスモデルや業績の傾向を調べていくことで、上場したばかりの会社でも「こういう事業を営む会社なら、今後も着実に利益を増やし、配当を増やし続けてくれるのではないか?」という見当がつくようになり、「これから増配実績を出しそうな会社=未来の増配株」にいち早く投資できるようになるはずです。

 しかし、多忙で時間が取りにくい中で、無理をしてビジネスモデルの分析に注力して「未来の増配株」を探す必要はまったくありません。なぜなら、過去の増配実績を調べて投資するだけでも、優れたビジネスを持っていて、経営状態もいい会社を探すことになりますので、十分に投資効果が期待できるからです。まずは「増配株投資」を実践してみましょう。自然と事業内容に興味が湧いてくると思いますので、時間にも余裕ができた時点で、次の段階に進むのが理想的ではないでしょうか。

【「増配投資」への疑問②】
暴落時を狙って投資したり、急騰時に売却したりというように
株価の変動を利用して「増配株投資」をしてもいいのか?

 こういう質問をいただいたこともありました。

 「配当目的で買ったのに、株価が急騰したタイミングで売却したり、逆に株価が暴落して配当利回りが高くなったタイミングで投資したりするのは“アリ”でしょうか?

 私は「増配株投資」を実践する方法として、一度に大きな金額を投資するのではなく、証券口座に毎月数万円ずつ入金し、増配株の最低投資額が貯まったら買い、1銘柄ずつ増やしていく「積み立て」方式をおすすめしています

 しかし、これは「お金が貯まったら機械的に買え!」「配当目的だから『バイ・アンド・ホールド(=買ったら持ちっぱなし)』で売ってはいけない!」ということではありません

 投資するつもりだった「増配株」の株価が高くなってしまった場合、無理には買わずに株価が安くなるのを待つのもいいでしょう。逆に、保有していた「増配株」の株価が大きく上がった場合には、保有株をいったん売却して現金化するのもいいと思います。その売却代金で、その時点で配当利回りがもっと高い「増配株」に乗り換えることもできるでしょう。

 何より、株価が安いときに買うことができれば、投資した元本を配当で回収する期間は短縮できます。例えば、配当が年30円の株を1000円で買った場合、投資元本を回収するには34年かかりますが、800円で買えた場合は27年で済みます。さらに、もしも配当が「30円」の株が毎年5%ずつ増配してくれれば、株価が1000円のときに買った場合は元本回収まで20年かかりますが、株価が800円のときに買った場合は17年ほどで元本を回収できます。株価が下がっているときに投資ができれば、これだけメリットがあるのです。株価が下落するときに備えて、「この株がいくらまで下がったら買う」というリストを作成しておいてもいいでしょう。
【※関連記事はこちら!】
増配株に投資する際に参考にすべき「指標」とは?割安・割高の目安になる「PER」、資本効率の良さを表す「ROE」「ROA」など「指標」の使い方を解説!

 ちなみに、私が投資用の資金を毎月積み立てて、ある程度の金額になったら1単元ずつ買うことをおすすめするのは、とにかく1銘柄でいいので株を購入していただき、投資を始めてほしいからです。

 というのも、実際に株を保有して、配当がもらえたり、株価が変動したりすることを経験するのが非常に大切だと考えているからです。これらを経験すれば、将来、自分が株式投資で資産を築くことを、より具体的にイメージできるようになると思います。

 「株式投資を本格的に始めるほどの資金がなかなか貯まらない」とか「今、この株は高すぎるんじゃないか?」という理由で、株を買うのを先送りするのは、時間がとてももったいないと思います。一刻も早く株式投資を経験することは、何物にも代えがたい財産になるはずです。
【※関連記事はこちら!】
サラリーマンが株式投資する前に準備すべきことは?投資資金とは別に、当面の生活費やiDeCoなどを準備して、株式投資による自分年金作りを始めよう!

【「増配株投資」への疑問③】
「増配株投資」で結果を出すのは時間がかかりすぎて、
若い人向きで、中年以降には不向きなのでは?

 個人投資家が集まった懇親会で、ある年配の方に話しかけられて、「立川さんがおっしゃる『配当で元を取ることでリスクをフリーにする』という増配株投資の手法は理解できました。でもね、私はもう10年とか20年とか、そんなに長い時間は待てないんだよね」と言われたこともありました。

 確かに、私の「増配株投資」の方法は、数カ月や数年のような短期間で結果が出る投資手法ではありません。むしろ、短期間で儲けたいと考える方には不向きな方法で、じれったいと感じる方も多いことでしょう。

 しかし、本当に年配の方々は「短期間」で結果が出るほうがいいのでしょうか?

 今年6月に金融庁の審議会が出した「老後資金が2000万円足りない」という報告書が話題になりましたが、これは「定年退職時に資産が2000万円足りない」というわけではなく、「毎月の生活費として5.5万円が足りなくて、平均寿命まで生きた場合には総額で2000万円が足りない」ということです。つまり、「増配株投資」によって得た配当で「毎月5.5万円(=年間66万円)」を補填できれば、老後資金の心配をしなくて済む可能性があるわけです。

 だとすれば、現時点で45歳なら残り15~20年、50歳なら残り10~15年、55歳でも5~10年は時間があります。さらに、「増配株投資」でいずれ「毎月5.5万円」以上の配当を受け取れるようになるなら、貯金に余裕がある定年退職した直後は「毎月5.5万円」以上を切り崩して“時間稼ぎ”をすることができるので、「増配株投資」で老後資金を準備できる時間はもっと増えることになります。50歳だろうが55歳だろうが、「増配株投資」を始めても十分に時間があると思います。
【※関連記事はこちら!】
「資産運用」は、40~50代から始めても遅くない!40~50代が定年退職や老後に備えて「増配株投資」で資産運用するメリットと注意点をわかりやすく解説!

 しかも、「増配株投資」は投資期間が長くなればなるほど(=長生きすればするほど)、毎年受け取れる配当金は増えていくので、“長生きリスク”にも対応できます。むしろ、「増配株投資」で土台をつくることに成功すれば「長生きしたほうが得」「長生きが楽しくなる」とも言えるのです。

 そのうえ、「増配株投資」は目先の株価の変動に一喜一憂せず、毎年配当が増えていくのをノンビリと待つことができるので、とても穏やかな気持ちで投資を続けられます。「増配株」を選んで分散投資をするだけなので、忙しいサラリーマンでも仕事に打ち込んだり、家族と過ごす時間を大切にしたり、趣味を楽しんだりしながら、着実に老後資金の準備ができます。日々の株価変動にもハラハラしなくて済むので、株価を気にしながらの株式投資よりは精神的な負担も少ないことでしょう。

 私はゆっくりと「増配株投資」で人生をエンジョイしつつ、体も心も健康な状態で長生きしたいと思っています。
【※関連記事はこちら!】
株式投資を始める前に直面する3つの問題を解決!「時間がない」「リスクを取りたくない」「家族の理解が得られない」という悩みを解決する方法とは?

 それでは、今回のまとめです。

【ポイント①】
「増配している」という点に注目するだけでも十分に優秀な銘柄に投資ができるし、ビジネスモデルや業績、財務などにも視野を広げれば「未来の増配株」を発掘して先回り投資も可能になる!
【ポイント②】
「増配株」を買う場合は、毎月、一定額を証券口座に積み立てて、1単元分の資金ができれば機械的に増配株を買ってもいいし、増配株の株価が急落するチャンスを狙って買ってもいい。また、株価が急騰した銘柄はいったん売却して利益を確定し、ほかの増配株に投資をしても構わない。
【ポイント③】
「増配株投資」は「老後資金2000万円」問題の解決策としてもおすすめで、スタートが遅すぎることはない。精神的に穏やかな「増配株投資」で楽しく長生きをして、「増配株投資」のメリットを徹底的に享受しよう!

 さて、次回は各種メディアでもよく特集される「高配当株」について考察したいと思います。「高配当株」は配当利回りが高い株なので、「増配株」よりもわかりやすいのが特徴です。しかし、「高配当株」と「増配株」のどちらに投資するのが有利になるのか、じっくり考えたいと思います。次回もお楽しみに!

■立川さんが利用している証券会社はGMOクリック証券とSBI証券!
⇒GMOクリック証券の詳細(公式サイト)を見る
⇒SBI証券の詳細(公式サイト)を見る

GMOクリック証券 【証券情報⇒GMOクリック証券の紹介ページ】
株式売買手数料(税抜) 詳細情報(公式サイトへ)
10万円 30万円 50万円
88円 241円 241円
GMOクリック証券のキャンペーン詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
ネット証券でも最安レベル
で、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用中。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【GMOクリック証券の関連記事】
「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
GMOクリックの口座開設はこちら!

【※立川さんが登場する記事はこちら!】
「連続増配の株を買う」だけで資産1億円超を達成! サラリーマン投資家・立川一さんが編み出したシンプル&ユニークな「増配銘柄投資法」を解説!

株の配当金で暮らす生活も実現可能な投資術を公開! 株の配当が増え続ける会社を選んで投資するだけで、1億5000万円の資産を築いた会社員の投資法を紹介


個人投資家・立川 一(たちかわ はじめ)さん
(『Value Investment since 2004 長期に配当収入増加と資産形成を目指す立川一の投資日記』:https://vis2004.blog.fc2.com/)
40代のサラリーマン投資家。中学生のころから株に興味を持ち、2004年から本格的に株式投資を開始。バフェットの本に影響を受け、最初はバリュー投資からスタートしたが、次第に増配株のメリットに気がつき、現在の投資手法を確立する。趣味である楽器演奏の腕前はかなりのもので、週末にはライブ活動も行っているとか。

■「『夢の配当金生活』実現メソッド」バックナンバー

【第1回】
年収500万円以下のサラリーマンが、投資歴13年で資産1億5000万円、年間配当収入300万円を実現!成功のカギは「増配銘柄への投資」を発見したこと!

【第2回】
定期預金の金利より「株の配当」は数百倍もお得!増配銘柄を選べば、自動的に株価下落リスクが低く、優れたビジネスモデルの超優秀な銘柄に投資できる!

【第3回】
増配株は「元本が増える銀行預金」「部屋数が増えるアパート」のようなもの! 追加投資をしなくても配当が増え、価値も上がる「増配株」のスゴさとは?

【第4回】
増配株への分散投資は、預貯金よりもリスクが低い?配当金だけで投資元本を回収できる期間が短くなり、元本回収後はリスクフリーで高い配当金がもらえる!

【第5回】
「株主優待」の有効活用は「配当金生活」への近道!配当だけでなく株主優待にも注目すれば、投資元本は15年以内で回収できて、リスク管理がパワーアップ!

【第6回】
増配株に投資する際に参考にすべき「指標」とは?割安・割高の目安になる「PER」、資本効率の良さを表す「ROE」「ROA」など「指標」の使い方を解説!

【第7回】
株式投資を始める前に直面する3つの問題を解決!「時間がない」「リスクを取りたくない」「家族の理解が得られない」という悩みを解決する方法とは?

【第8回】
億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

【第9回】
サラリーマンが株式投資する前に準備すべきことは?投資資金とは別に、当面の生活費やiDeCoなどを準備して、株式投資による自分年金作りを始めよう!

【第10回】
高配当な「米国株」や「J-REIT」の魅力を分析!増配株投資で成功した投資家が実践する「米国株」と「J-REIT」を利用した「分散投資」の戦略を公開!

【第11回】
インフラファンドのメリット・デメリットを解説! 「J-REIT」と比較しても、「インフラファンド」には 高利回り+安定度、不況に強いなど、メリット多数!

【第12回】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、 「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

【第13回】
株式投資はそもそも「株の売買で稼ぐ」ことでなく、 「出資に応じた利益の分配=配当を受け取る」もの! サラリーマンに「増配株投資」がおすすめの理由は?

【第14回】
「配当金」を再投資すれば、複利効果によって配当金 &資産増加のスピードが加速する!「増配株投資」の 優位性をさらに高める「配当金」の使い道を伝授!

【第15回】
株式投資に「損切り」は必要なのか? 悪材料が出た 場合の「損切り」の必要性や増配の継続性を判断する 方法など、ネガティブなニュースへの対処法を検証!

【第16回】
インフラファンドが抱える「出力制御」「自然災害」「売電価格の低下」という“3つのリスク”を解説!投資対象としてのインフラファンドに未来はあるか?

【第17回】
個人投資家は「株価暴落」にどう対応すべきなのか?株価の急変に右往左往しないためには「株価の変動を気にしなくていい投資手法=増配株投資」を選ぶこと

【第18回】
「資産運用」は、40~50代から始めても遅くない!40~50代が定年退職や老後に備えて「増配株投資」で資産運用するメリットと注意点をわかりやすく解説!

【第19回】
配当金生活を実現するなら「日本株」より「米国株」に投資すべき!? 50年以上の連続増配株が約30銘柄もある「米国株」の魅力と注意点をわかりやすく解説!

【第20回】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

【第21回】
「株」を買う理由は、本当に“増配”だけでいいのか?何歳までに始めるべきなのか?など、株初心者が抱きがちな「増配株投資」の“3つの疑問”をまとめて解決!

【2021年6月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税込) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 20万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2686本
米国、中国
、アセアン
【楽天証券のおすすめポイント】
1約定ごとプラン5は、手数料が低水準のうえ、手数料の1?3%をポイント還元! また、2020年12月7日から1日定額コースの料金が引き下げられ、1日100万円以下なら売買手数料が無料に! さらに、楽天カードで投信積立を行うと1%分のポイントが付与されるうえ、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆【楽天証券の特徴とおすすめポイントを解説!】売買手数料が安く、初心者にもおすすめの証券会社! 取引や投資信託の保有で「楽天ポイント」を貯めよう
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
【「楽天ポイント付与」など期間限定キャンペーンも実施中!】
楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2649本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手。売買手数料は、1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日100万円まで、合計で1日最大300万円まで売買手数料が0円と非常に低コスト。さらに、20〜25歳のユーザーなら現物株の売買手数料が完全無料となる。投資信託の数が業界トップクラスなうえ100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。さらに、IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株の売買手数料が最低0米ドルから取引可能になのも魅力。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の1位を獲得。また、口座開設サポートデスクが土日も営業しているのも、初心者には嬉しいポイントだ。
【SBI証券の関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井証券とSB証券!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆LINE証券⇒詳細情報ページへ
88円
99円
242円
30本
【LINE証券のおすすめポイント】
サービス開始時は単元未満株と投資信託のみだったが、2020年5月から、1単元単位で売買する通常の現物株取引もスタート。買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると業界最低水準の売買手数料となっている。スマホでの使いやすさに徹底的にこだわったシンプルな取引画面は、初心者にも直感的にわかりやすいデザインになっている。また、東証上場の1015銘柄に限り1株単位での売買が可能! その売買手数料が日中なら約定金額の0.2~0.5%と単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。2021年6月からIPOの取り扱いもスタートした。
※  売買手数料は買付時が無料で売却時のみ発生するので、他社と比較しやすいように売却時の売買手数料を1/2にしたものを掲載。
【関連記事】
◆LINE証券の「初株チャンスキャンペーン」で株の購入代金がもらえる!【マンガで読む「LINE証券」お手軽投資体験記】
◆【LINE証券の特徴とおすすめポイントを解説!】1株から株が売買できるうえに、売買手数料も激安! “株初心者の使いやすさ”にこだわった「スマホ証券」
◆1株(単元未満株)から株が買える証券会社を比較! 株初心者でも“少額で株式投資を始められる”証券会社の売買手数料や取扱商品、おすすめポイントを解説!
◆株初心者は「1株=数百円」から始めるのがおすすめ! “1株単位”で株が買える「5つのサービス(LINE証券・ネオモバ・S株など)」の手数料や銘柄数、注文時間を解説
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら
【期間限定!お得なキャンペーンを実施中!】
LINE証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税込) 1日定額(税込) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 1475本
【松井証券のおすすめポイント】
1日定額制プランしかないものの1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という手数料体系は非常に魅力的。また、25歳以下なら現物・信用ともに国内株の売買手数料が完全無料! 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2020年のJCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、ネット証券部門の総合評価で1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※ 株式売買手数料に1約定ごとのプランがないので、1日定額制プランを掲載。
【関連記事】
松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】1日50万円以下の株取引は手数料0円(無料)! その他の無料サービスと個性派投資情報も紹介
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井証券とSB証券!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
【ザイ・オンライン限定のお得な特典付き!】
松井証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
110円 198円 495円 550円/日 1218本
米国、中国
【マネックス証券のおすすめポイント】
日本株の取引や銘柄分析に役立つツールが揃っているのがメリット。中でも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」や、重要な業績を過去10期以上に渡ってグラフ表示できる「マネックス銘柄スカウター」はぜひ利用したい。「ワン株」という株を1株から売買できるサービスもあるので、株初心者はそこから始めてみるのもいいだろう。また、外国株の銘柄数の多さも魅力で、4000銘柄以上の米国株や2500銘柄以上の中国株を売買できる。米国株は最低手数料が0ドル、中国株は手数料が業界最低レベルとコスト面でもおすすめ。また、投資信託の保有金額に対し、最大0.08%分(年率)のマネックスポイントが付与されるのもお得だ。なお、2020年7月からビットコインやリップルなど主要な暗号資産(仮想通貨)のCFD取引サービスも利用できる。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付は実質無料。外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者にはおすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
【人気の「米国株」の銘柄数がトップクラス!】
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
88円 106円 198円
米国
【DMM.com証券のおすすめポイント】
国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら55円(税込)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。さらに、25歳以下なら現物取引の売買手数料が完全無料だ! 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。委託販売のみなので割当数は少なめだが、口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。新規口座開設で1カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。口座開設手続きが期間に迅速で、最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
1約定ごと(税込) 1日定額(税込) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)⇒詳細情報ページへ
88円 106円 198円 440円/ 2本
【SBIネオトレード証券のおすすめポイント】
以前はライブスター証券だったが、SBIホールディングスの傘下に入ったことで2021年1月から現在の名称に。取引手数料は、現物株、信用取引ともにネット証券最安レベル。現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が55円(税込)。さらに、信用取引の売買手数料はなんと0円で、その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。無料の取引ツール「NEOTRADE」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう
【関連記事】
◆【ネット証券おすすめ比較・2019年版】株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
96円 107円 265円 438円/日 128本
【GMOクリック証券のおすすめポイント】
売買手数料は、1約定ごと、1日定額制ともに最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大375回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
152円 330円 524円 1127本
米国、中国、
欧州、アセアン
【野村證券のおすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。売買手数料は、1回の注文が複数の約定に分かれた場合、同一日であれば約定代金を合算し、1回の注文として計算します。投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託の検索機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人全員に
現金2000円プレゼント!関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SBI証券の公式サイトはこちら

 

1約定ごとの手数料がお得! もれなく2500円プレゼント 株の売買手数料がお得!
SBI証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
日本株は、1日50万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
松井証券の口座開設はこちら!
松井証券
1日50万円までの取引
なら売買手数料0円!
ネット証券最大手で、ザイ・オンラインでも人気NO.1関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 優待名人・桐谷さんも「便利でよく使う」とおすすめ関連記事

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
楽天証券の公式サイトはこちら!1日100万円までの取引なら「株の売買手数料が0円!」楽天ポイントも貯まる! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
SBI証券の公式サイトはこちら! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株で1億円をつくる
配当額を大予測
米国株入門第3弾!

7月号5月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[億り人11人の失敗から極意/配当爆増株を探せ!]

◎巻頭ニュース
速報! 最新決算で買える株34銘柄
誰もが気になる有名30社の買×売診断も!

◎第1特集
億り人11人の失敗から極意まで!
株で1億円をつくる入門

●初心者でもマネしやすいシンプルな投資手法
なのなのさん「4%以上の高配当株を買って売るだけ」
立川一さん「連続増配傾向の株で配当と値上がりを両取り」
すぽさん「5年で2倍を狙える株を買い続けて資産は16倍に」ほか

●ひと手間かけて銘柄を探す手法
愛鷹さん「息の長いテーマ株を長期分散して10倍株発掘」
かぶ1000さん「資産に対して割安な株で勝率は8割超! 」

●相場に乗る瞬発力勝負の手法
羽根英樹さん「株価のパターンに注目し年率3割アップ」
DUKE。さん「新高値を突破した株の勢いに乗って成功」ほか
46億円稼いだテスタさんインタビュー&3つの格言

◎第2特集
将来の配当額を大予測! 配当爆増株を探せ!
5年後の高配当株

・初掲載! ザイ独自予想の5年後の利回りランキング100
●高配当×株価倍増のベスト23銘柄
●通信株&商社株 5年持てるか「買い」「売り」診断!
●[番外編]5年後の高配当株米国株編ベスト

◎別冊付録
大反響! 米国株入門第3弾!
桐谷さん米国の10倍株に分散投資

●米国株は10倍株の宝庫だ
●米国株のギモンを解消!
●オススメの米国10倍株 9
●失敗しない5カ条とは

◎第3特集
新興国株投信はアジア3カ国で決まり!
「ベトナム」「中国」「インド」

◎第4特集
親が老いる前に話合うべき3つのこと

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報