世界投資へのパスポート

米国株「ハイアット・ホテルズ」は、ワクチンなどで
新型コロナが収束すれば株価上昇の期待大! 渡航制限
など痛手が大きかった分、回復時の上昇幅も大きい!

2020年10月12日公開(2020年10月12日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●解散総選挙 ●金(ゴールド) ●オンライン教育
●行政デジタル化 ●少子化対策 ●防災(豪雨災害)
●親子上場 ●ゲーム ●国際金融都市構想
●インバウンド ●再生可能エネルギー ●サイバーセキュリティ
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/燃料電池 ●米株/ホテル ●米株/GAFA
●米株/大統領選挙 ●米株/DX ●米株/オンラインカジノ

新型コロナでホテル業界が大打撃を受ける中、
世界的なホテル・チェーンであるハイアット・ホテルズに注目!

 新型コロナウイルス感染症により、世界のホテル業界は大打撃を受けました。各国政府は、感染拡大を防ぐために外出禁止令や渡航制限などを打ち出しました。旅行が許される場合でも厳格な検疫・隔離やソーシャル・ディスタンシングが義務付けられ、その結果として世界の旅客は激減しました。

 そんな状況の中、今回はあえて世界的なホテル・チェーンであるハイアット・ホテルズ(ティッカーシンボル:H)に注目しました。

ハイアット・ホテルズは、「ジェット時代」の到来で生まれた
空港近くのホテル需要をいち早く察知して成長を遂げる!

 ハイアット・ホテルズ(ティッカーシンボル:H)は、1950年代にロスアンゼルス国際空港のすぐ近くに建設されたモーテルから出発したホテル・チェーンです。

 当時のハイアット・ホテルズは、「ジェット時代」が到来したことで、空港近くにビジネスマン向けホテルのニーズが生まれたことにいち早く気が付きました。そこで、ロスアンゼルス国際空港近くを皮切りに、サンフランシスコやその他の国際空港に隣接するロケーションにも次々にホテルを建設して行ったのです。

 その後、世界の主要都市で、世界を飛び回る多忙なエグゼクティブが安心して泊まれるホテルを展開して行きました。そうした経緯から、ハイアット・ホテルズは「ハイエンドのビジネス客」を主に顧客層としています。

 実際、2019年における客室単価を比較すると、ハイアット・ホテルズが181.74ドル、マリオット(ティッカーシンボル:MAR)が160.55ドル、ヒルトン(ティッカーシンボル:HLT)が144.79ドルとなっており、ハイアット・ホテルズは大手ホテル・チェーンでは最も高い部類に入ります。

 現在、自社所有ホテルが全部で38カ所(1.58万室)あるほか、「ハイアット」のブランドの使用許可や運営ノウハウの提供でフィーを取る、いわゆる“マネージド・アンド・フランチャイズド・ホテル”が939カ所(22.8万室)あります。この自社所有ホテルを大きく増やさない戦略は、「持たない経営」と言い直すことができます

 ハイアット・ホテルズのホテルは、「ラグジャリー」「アッパースケール」「アップスケール」の3タイプに分類されます。最高級ブランドである「ラグジャリー」は、パーク・ハイアット(44カ所)とグランド・ハイアット(56カ所)、アンダース(22カ所)で売上高は全体の24%です。一方、「アッパースケール」は、ハイアット・リージェンシー(208カ所)やハイアット(12カ所)、ハイアット・セントリック(37カ所)などで売上高は45%。そして「アップスケール」は、ハイアット・プレース(372カ所)とハイアット・ハウス(104カ所)で売上高の30%を占めています。

新型コロナの感染拡大で不人気化した旅行関係株の中でも、
ハイアット・ホテルズは最も敬遠される銘柄に

 新型コロナウイルスで世界の旅行がパッタリ止まったとき、ハイアット・ホテルズはひときわ大きな痛手を受けました。なぜなら、ハイアット・ホテルズの宿泊客は、バスや車で移動するロードトリップの人よりも飛行機を使う人が多いからです。

 リモートワークが定着するにつれて「ズームがあればもう出張は必要ないのでは?」という意見が多く聞かれるようになり、今では「新型コロナウイルスの感染拡大が収まった後も、出張需要は回復が一番遅れるだろう」というのがコンセンサス意見になっています。

 つまり、今、人気の圏外に放置されている旅行関連株の中でも、ハイアット・ホテルズは最も敬遠される株になっているのです

ハイアット・ホテルズの第2四半期における
「販売可能客室当り売上高」は、コロナ前の約1/10に低下!

 8月3日に発表されたハイアット・ホテルズの第2四半期決算を見ると、RevPAR(販売可能客室当り売上高)は15.01ドルと、前年同期比で-89.4%も低下しました

 地域別のRevPARは、以下の通りです。

■地域別のRevPAR(販売可能客室当り売上高)
地域 RevPAR 前年同期比
米州フルサービス 7.29ドル -95.7%
米州セレクトサービス 21.22ドル -81.2%
アジア太平洋フルサービス 29.04ドル -79.1%
アジア太平洋セレクトサービス 21.84ドル -58.0%
欧州中東南西アジアフルサービス 7.81ドル -93.9%
欧州中東南西アジアセレクトサービス 12.99ドル -80.2%

 また、ブランド別のRevPARは以下の通りです。

■ブランド別のRevPAR(販売可能客室当り売上高)
ブランド RevPAR 前年同期比
パーク・ハイアット 29.81ドル -87.0%
グランド・ハイアット 15.38ドル -90.6%
アンダース 18.72ドル -92.2%
ハイアット・リージェンシー 10.69ドル -92.3%
ハイアット・セントリック   6.27ドル -96.6%
ハイアット・プレース 18.99ドル -81.2%
ハイアット・ハウス 27.25ドル -78.7%

 なお、RevPARは4月に大底をつけ、それ以降は改善基調にあります。

 RevPARは「客室単価×客室稼働率」という計算式で求めることができますが、そのうちの客室単価の推移は下のグラフの通りです。

 一方、客室稼働率の推移は下のグラフの通りです。

 この2つのグラフを比較すると、客室単価も下がっていますが、客室稼働率の下落率のほうが大きいことがわかります。つまり、RevPARの急減は、「宿泊料(客室単価)の低下」よりも「客室稼働率の低下」が主な原因であると言えます。

 GAAP(※会計基準の一種)の1株当たり利益(EPS)が-2.33ドルの赤字でした。赤字額は2.36億ドルで、修正EPSは-1.80ドルでした。

 売上高は2.5億ドル(前年同期は12.9億ドル)、売上高に占める自社所有物件の売上高は0.19億ドル(前年同期は4.9億ドル)でした。また、マネージメントならびにフランチャイズフィーは0.2億ドル(前年同期は1.58億ドル)でした。

 マネージド・アンド・フランチャイズド・ホテルにおける運営コストの実費払戻額は、2.15億ドル(前年同期は6.19億ドル)でした。さらに、第2四半期を〆た時点におけるバランスシート上のキャッシュは14.4億ドルでした。

7月末時点で87%のハイアット・ホテルが営業を再開!
「販売可能客室当り売上高」も少しずつ改善へ

 新型コロナウイルスの感染拡大のピークが過ぎて徐々に経済再開が進んでいることにより、7月末の時点で、世界の87%のハイアット・ホテルズが営業を再開しています。4月末の時点の65%に比べると、かなり復活していると言えるでしょう。7月のRevPARも前年同月比-76%と、第2四半期の-89.4%より減少幅が減少しました。つまり、新型コロナウイルスの影響からゆっくりと戻りつつあるのです

 ハイアット・ホテルズは手元資金の自由度を増すため、8月に7.5億ドルの2022年償還フローティング・レート優先債(3カ月物LIBOR+3%)を発行しました。これにより現在の総負債は32.5億ドルとなっています。一方、株式資本は34.9億ドルです。これらの数字を見る限り、ハイアット・ホテルズの借金返済スケジュールは無理がない内容だと思います

【今週のまとめ】
ハイアット・ホテルズは新型コロナで最も大きな痛手を受けた銘柄の
ひとつだが、その分、新型コロナが収まったときの上昇幅は大きい!

 ハイアット・ホテルズは、世界のエグゼクティブが好んで使うハイエンドのホテルです。新型コロナウイルスの感染拡大により、出張がなくなってズームに置き換わったことで、とりわけ大きな痛手を受けた銘柄のひとつだと言えるでしょう。

 もちろん、新型コロナウイルス感染症が収まった後でもこのままズームが定着し、人々は以前ほど出張をしなくなるかもしれません。しかし、ビジネス・トリップが完全にゼロになることは予想しにくいです。

 もし今後、新型コロナウイルス向けワクチンの承認などで世界がノーマルな状態に戻れば、ハイアット・ホテルズの株価は大いに見直されると思いますので、今のうちからチェックしておくといいでしょう。
【※関連記事はこちら!】
米国株「リジェネロン」の株価が急騰する可能性も! トランプ大統領が使用した「リジェネロン」の新型コロナ治療薬の効果が出れば注目度アップは間違いなし

⇒ハイアット・ホテルズ(H)の最新株価はこちら!

ハイアット・ホテルズ(H)チャート/日足・6カ月ハイアット・ホテルズ(H)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
コロナ禍から復活する「インバウンド」関連株に注目! “入国制限の緩和”による「富裕層の訪日外国人の増加」で恩恵を受ける旅行会社やホテルなどの銘柄が狙い目

今から「NISA」を始めてもっとも得する方法を伝授! 年内に「(一般)NISA」口座を開設、「新NISA」「つみたてNISA」を順番に使うと非課税枠が最大1650万円に

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●解散総選挙 ●金(ゴールド) ●オンライン教育
●行政デジタル化 ●少子化対策 ●防災(豪雨災害)
●親子上場 ●ゲーム ●国際金融都市構想
●インバウンド ●再生可能エネルギー ●サイバーセキュリティ
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/燃料電池 ●米株/ホテル ●米株/GAFA
●米株/大統領選挙 ●米株/DX ●米株/オンラインカジノ
DMM.com証券はこちら

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年10月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1000銘柄以上 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リードただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと後述だろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3800銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
3600銘柄以上の米国株、2400銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数が圧倒的に多い。さらに、中国株の手数料は2017年7月末に値下げされ、約定金額の0.25%(下限45香港ドル~上限450香港ドル、税抜)に。米国株なら最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 企業分析機能も充実しており、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

安定投資入門
バフェット式28銘柄
地方移住+2拠点生活

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[安定投資入門/地方移住+2拠点生活]
◎巻頭特集
バブル警報発令中! 日本株は買うか引くか!?
スガノミクスも検証!

◎第1特集
相場の転換点にも強い! 安定投資入門
10年以上ずっと継続のスゴイ株を公開!
上場3800社中たったこれだけ!
増収増益株
減配なしで収益も値動きも安定!
高配当維持株
11年以上の記録を持つスゴ株!
連続増配株
桐谷さんが教える14年続く安定の優待株
マネして儲けろ!
世界一の投資家バフェット投資入門


◎第2特集
地方移住+2拠点生活のリアルレポート
完全移住
-正社員のまま山梨県でリモートワーク!
-定年を機に信州へ古民家でカフェ開業!
2拠点生活
大自然の群馬と東京で子育て&仕事
●移住相談員は見た! 成功する人と失敗する人の違いやお金の落とし穴も!


第3特集

~iDeCoの2大特集~
口座管理手数料が0円の金融機関で取扱う
iDeCoの全270本の最新成績&コスト!

◎別冊付録
増えてる? 減ってる?
iDeCoの再点検やりかたBOOK
●見直し簡単! フローチャート!
●商品の点検&乗り換え方
●金融機関の点検&換え方

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!ほか


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報