世界投資へのパスポート

【米国株】「クルーズ船」関連銘柄を解説! 新型コロナ
の影響で旅行関連株の株価が低迷中の今、運行が再開
した「クルーズ船」関連株は“押し目買い”のチャンス!

2021年8月9日公開(2021年8月10日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●衆議院選挙 ●水素 ●化石燃料
●脱炭素 ●再生可能エネルギー ●ロボット
●抗原検査 ●行政デジタル化 ●教育システム
●GoToトラベル ●鬼滅の刃 ●子ども庁
●米株/好決算 ●米株/旅行 ●米株/EV
●米株/製薬会社 ●米株/ワクチン ●米株/燃料電池
●米株/GAFAM ●米株/天然ガス ●米株/金(ゴールド)

デルタ変異株により「旅行関連株」が全体的に軟調だが、
悪影響は限定的なので押し目買いのチャンスと考えよう!

 このところ世界的に新型コロナウイルスのデルタ変異株が猛威をふるっている関係で、旅行関連株が値を消しています。実際、デルタ変異株がニュースに出るようになった7月第1週以降、航空会社やホテル、クルーズの予約に少し陰りが見えています。

 これはがっかりさせられる展開には違いないのですが、大きな流れとしては、デルタ変異株の旅行関連銘柄に与える悪影響はきわめて限定的であり、押し目は買い場です

 今日はそんな旅行関連株の中でも、とりわけ出遅れ感が強い「クルーズ船」関連銘柄に焦点を当てたいと思います。

単なる移動手段ではなく「楽しむための船旅」という
近代的クルーズ産業は、1960年代にマイアミで誕生!

 近代的なクルーズ産業は、1960年代にイスラエルの実業家であるテッド・アリソンが、フロリダのマイアミで1966年に創業したノーウェジアン・クルーズ・ライン(ティッカーシンボル:NCLH)と、1972年に創業したカーニバル・クルーズ・ライン(現在のカーニバル/ティッカーシンボル:CCL)を続けざまに起業したことから始まりました。

 それ以前にも、例えば米国のニューヨークと英国のサウスハンプトンの間を運航する「遠洋定期船(Ocean liners)」は存在したのですが、ジェット旅客機が登場してから船旅はすっかり時代遅れになっていました。

 テッド・アリソンは「A地点からB地点への移動手段としての客船ではなく、地中海のような特定の地域をぐるぐる回遊するクルーズに需要があるのではないか?」と考えました。この発想の転換こそが、今日のクルーズ産業の隆盛の起点となりました。

 クルーズ船の業界団体であるCLIAの資料によれば、クルーズの行き先としてはカリブ海が圧倒的な人気となっています。

 前出のカーニバル・クルーズ・ラインの1番目の船「マーディグラ」を含む最初の3隻は、従来からの遠洋定期船を地中海でのクルーズに投入したものです。しかし、1982年に就航した「トロピカル」以降は、設計の段階から沢山の乗客を乗せて波の荒くないカリブ海で運行することを考えられた、いわゆる「クルーズ船(Cruise ships)」を運行しています。当時のクルーズ船は、煙突のカタチが流線型で傾斜していることから「くじらのしっぽ(Whale tail)」と呼ばれ、今日の典型的なスタイルを確立しました。

 現在、世界で運行されている超大型の遠洋定期船は、カーニバルの子会社であるキューナードが、主にニューヨークとサウスハンプトンの間で運行している「クイーン・メリー2」のみです。その特徴は、北大西洋の荒波に揉まれても大丈夫なように、船底がV字型で特別の補強がされていることに加え、船足が速いという点にあります。それ以外の世界の超大型船は、すべてクルーズ船に分類されます。

クルーズ産業は、新型コロナの感染拡大までは安定的に成長!
クルーズ船の大型化により料金が低下し、乗客数は右肩上がりに

 クルーズ産業は、2020年に新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われるまで安定的に成長してきました。この産業の特徴は「自ら需要を創出できる」点にあります。具体的には、スケールの大きな新型船を建造すれば、キャパシティの増加に合わせて不思議と需要もどんどん増えるのです。

 クルーズ船は、大型になればなるほど乗客当たりの運行コストが下がるため、利益を出しやすくなって料金も安く設定することが可能になります。クルーズ船の大型化とそれに伴う料金の低下は、クルーズの大衆化の大きな原動力となりました。その結果、世界のクルーズ乗客数は右肩上がりに伸び、2019年の乗客数は2970万人に達しました

 2020年は新型コロナウイルスで世界の主要クルーズ船がすべて運行をストップしたため、乗客数は激減しています。

 なお、業界最大手はカーニバル(ティッカーシンボル:CCL)で、第2位はロイヤル・カリビアン(ティッカーシンボル:RCL)、第3位はノーウェジアン・クルーズ・ライン(ティッカーシンボル:NCLH)です。

業界最大手の3社は順調に運行再開を進めており、
今年冬から来年にかけての予約状況も絶好調に!

 クルーズの乗客はアメリカ人が多いのですが、米国の疾病予防管理センター(CDC)がクルーズの再開になかなかOKを出さなかった関係で、欧州に比べて米国発のクルーズは再開が遅れています。

 しかし、今年冬から来年にかけての予約状況は、カーニバルロイヤル・カリビアンノーウェジアン・クルーズ・ラインの3社とも絶好調です

 このうちロイヤル・カリビアンが最も早く運行を再開しており、現在までに36隻所有しているクルーズ船の60%が営業をはじめ、年末までに80%が営業を再開する見通しです。他社もそれに追従し、今後、順次運行を再開する予定です。

 カーニバルは7月から地中海やドイツでクルーズを再開したことに加え、8月1日には「マジェスティック・プリンセス」がアラスカ周遊クルーズを完了しました。

 ノーウェジアン・クルーズ・ラインは先週、シアトル−アラスカ間のクルーズを再開することで北米でのクルーズ再開の火蓋を切りました。今後も順次運行を再開し、年末までに全クルーズ船の70%を再就航させる考えです。

 このように大手3社のクルーズ船は、そろって稼働しはじめています。

【今週のまとめ】
デルタ変異種のまん延により下落中の「クルーズ船」関連銘柄だが、
運行の再開により株価の見直しが期待できる!

 新型コロナウイルスのデルタ変異種がまん延しているというニュースで、「クルーズ船」関連銘柄は軟調に推移しています。しかし、カーニバルロイヤル・カリビアンノーウェジアン・クルーズ・ラインというクルーズ船の最大手3社は、ともに防疫対策に力を入れつつクルーズを再開し始めています。その結果、各社の予約状況はきわめて好調です。

 今後、運行の再開が進むとともに「クルーズ船」関連銘柄が見直されることが予想されるので、チェックしておきましょう。
【※関連記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

⇒カーニバル(CCL)の最新株価はこちら!

カーニバル(CCL)チャート/日足・6カ月カーニバル(CCL)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

⇒ロイヤル・カリビアン(RCL)の最新株価はこちら!

ロイヤル・カリビアン(RCL)チャート/日足・6カ月ロイヤル・カリビアン(RCL)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

⇒ノーウェジアン・クルーズ・ライン(NCLH)の最新株価はこちら!

ノーウェジアン・クルーズ・ライン(NCLH)チャート/日足・6カ月ノーウェジアン・クルーズ・ライン(NCLH)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
【米国株】国内旅行&行楽に特化した「旅行」関連銘柄を紹介! ワクチン接種による経済再開が進み、米国の「夏の行楽」需要はコロナ前を超える勢いで復活中!

株主優待名人・桐谷さんが「ネット証券の選び方」を解説! 株初心者は手数料の安さに加え、取り扱い商品のラインナップやサービス内容で総合的に比較しよう

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●衆議院選挙 ●水素 ●化石燃料
●脱炭素 ●再生可能エネルギー ●ロボット
●抗原検査 ●行政デジタル化 ●教育システム
●GoToトラベル ●鬼滅の刃 ●子ども庁
●米株/好決算 ●米株/旅行 ●米株/EV
●米株/製薬会社 ●米株/ワクチン ●米株/燃料電池
●米株/GAFAM ●米株/天然ガス ●米株/金(ゴールド)

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2021年10月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4200銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
4200銘柄以上の米国株と2600銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数の多さはトップクラス米国株は最低手数料0ドルから購入可能買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。さらに中国株の手数料は業界最低レベルで、約定金額の0.275%(下限49.5香港ドル~上限495香港ドル)。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件クリアすれば銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4200銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。また、2021年4月から米国株式取引専用の「米国株アプリ」が登場した。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
4000銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

快進撃の株
ゆる~いFIRE入門
NISAの年末戦略

12月号10月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[自己ベストを連発で絶好調!いま快進撃の株]

◎巻頭特集
岸田新政権でどうなる!?日本株

-4つのチャンスと4つのリスク!
6カ月の値動きをプロ5人が予測!
-菅政権の1年をプロが採点!
-岸田首相を解剖! 新政権で上がる株

◎第1特集
自己ベストを連発で絶好調!

いま快進撃の株

業績:過去最高の利益を稼ぐ株
・高収益の安心大型株
・2ケタ増益が続く株
・外国人が買ってくる株

株価:株価が最高値を超える株
・大躍進の高値更新株
・最高値更新が間近の株

配当:最高の配当額が貰える株
・7期連続で増配する株
・7期減配ナシの高配当株

◎第2特集
早く自由になりたい!
具体的なダンドリから7人の実例まで

ゆる~いFIRE入門
・目標を決める! 生活スタイルは4パターン
・お金を作る! 初任給300万円で7500万円準備も
・生活を工夫する! 生活レベルを下げずに支出減
・資金の作り方は?今の生活は?

FIREさん7人に聞いたリアルストーリー

◎第3特集
120万円の枠いっぱい使い切れ!
NISAの年末戦略

●3つのタイプ別にオススメ:買うべき
株・投信・ETF


◎別冊付録
老後の不安解消BOOK
天海祐希さんスペシャルインタビュー
7800人に調査老後のお金
不安を解消! 資産の棚卸&生活費の把握
老後の計画が立てられる資産管理ノー ト付き!

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

 


【重要】
>>郵便法改正に伴う定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報