世界投資へのパスポート

【米国株】今から新規上場する注目「IPO株」を紹介!
「ゾーメトリー」「リーガルズーム」「クリスピー・
クリーム」などの事業内容や業績、公開規模を解説!

2021年6月28日公開(2022年3月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●円安・ドル高 ●原発再稼働 ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●MR/AR/VR ●高配当株
●蓄電池 ●メタバース ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●スマホ決済
●米株/シェール ●米株/燃料電池 ●米株/大手IT株
●米株/高配当割安株 ●米株/天然ガス ●米株/ディフェンシブ株

米国の株式市場が空前のIPOブーム!
2021年の第2四半期中には113もの企業が上場

 米国の株式市場では空前のIPO(新規株式公開)ブームが進行中です。2021年の第2四半期中は113もの企業が新たに株式を上場し、399億ドルを調達しました。四半期ベースの資金調達額ではドットコムブームのときを上回るペースです。

 今回は、これからIPOが予定されている銘柄の中から注目度の高い企業を紹介しましょう。

【DiDiグローバル(DIDI)】
16カ国、4000都市に展開する中国のライドシェアリング企業

DiDiグローバル公式サイト・画像DiDiグローバル公式サイトより

 まず紹介したいのは、中国のライドシェアリング企業、DiDiグローバル(ティッカーシンボル:DIDI)です。

 DiDiグローバルは、7月の初めに2.88億株を13〜14ドルで売り出す計画です。約38.9億ドルという大型の調達になりますが、今は沢山のIPOが予定されている関係で、この公開規模の大きさは幹事団にとってやや荷が重いでしょう

 幹事証券はゴールドマンサックスとモルガンスタンレー、JPモルガンで、この3社が序列をつけずにまったく同じ引受比率でブックランナー(主幹事)を務めます。これは一見すると公平なようですが、見方を変えると責任の所在がうやむやになりやすい、まずい取り決めだと言わざるを得ません。

 DiDiグローバルは16カ国、4000都市に展開し、1500万人のドライバーが年間4.93億人のユーザーを運んでいます。2020年の売上高は216.3億ドル、利益はマイナス16億ドルでした。

 ただ、DiDiグローバルは中国の規制当局から反競争的な営業をしている疑いで調査が入っており、IPOロードショーのプレゼンテーションも弱々しい印象でした。他に良いIPOはいくらでもあるので、私ならこの案件はパスします。

【ゾーメトリー(XMTR)】
製造業のバイヤーとセラーを結びつけるマーケットプレイス

ゾーメトリー公式サイト・画像ゾーメトリー公式サイトより

 ゾーメトリー(Xometry、ティッカーシンボル:XMTR)は、製造業のバイヤー(買い手)とセラー(メーカー)を結びつけるマーケットプレイスを提供しています

 米国の製造業の多くは零細企業で、受注から製造、納品のプロセスは旧態依然としています。それに対してゾーメトリーを使うと、オンライン上で特注の部品などを製作できる業者を見つけ、適切に応札させ、取引を実現させることができます。メーカー側も、バイヤーに過去の納品への満足度を評価してもらうことで、次の商機につなげることができます。

 バイヤーは、商品を発注するとすぐに契約代金の3割を手付金としてゾーメトリーに払い込みます。ゾーメトリーはメーカーに対して「ゾーメトリー・カード」を発行しており、入金された手付金をすぐにメーカーのカードに振り込むことで、メーカーは材料の買い付けや工員への支払いができるようになります。このようにゾーメトリーは、零細企業が運転資金のやりくりをしやすい仕組みを作り上げています

 2020年のゾーメトリーの売上高は1.41億ドル、純利益はマイナス3989万ドルでした。現在のアクティブ・バイヤー数は2.4万顧客、セラー数は1410社です。

 今回の売出し株数は687.5万株で、価格は38〜42ドル。幹事証券は、ゴールドマンサックスとJPモルガン、UBSの3社で、上場日は6月30日前後だと思われます。

【リーガルズーム(LZ)】
個人が会社を立ち上げる際の登記事務などを支援!

リーガルズーム公式サイト・画像リーガルズーム公式サイトより

 リーガルズーム(LegalZoom、ティッカーシンボル:LZ)は、個人が会社を始める際に登記事務などを支援するオンライン・プラットフォームを展開しています。各種届けやコンプライアンス、税務、会計のサービスも提供しています。また必要であれば、オンライン・マーケットプレイスを通じて、弁護士を紹介することも可能です。

 全米には、3100万ものスモール・ビジネスが存在しています。近年はリモートワークの一般化もあってギグエコノミー(インターネットなどを通じて単発で仕事を請け負う働き方)がさらに加速する気配を見せており、個人が単発の仕事で働く場合にも会社登記をしてから仕事を請けることが段々とポピュラーになってきました。その結果、リーガルズームのような個人の会社設立を支援するプラットフォームへの需要が高まっているのです。

 リーガルズームは、2020年だけで37.5万件の会社登記をサポートしました。また、米国で新しく設立されるLLC(合同会社)の10%が、リーガルズームを利用して設立されています。

 リーガルズームは、そうした小規模企業のレジスタード・エージェント(登録代理人)として、州政府から送られてくる法的な文書の伝達や返信、処理を代行するサービスも提供しています。このサービスはサブスクリプションの形で課金していますが、リーガルズームの売上高の49%をこうしたサブスクリプションが占めています

 リーガルズームの2020年の売上高は4.71億ドル、修正EBITDAマージンは19%、営業キャッシュフローは約1億ドルでした。

 今回のIPOにおける発行株数は1912万株、価格は24〜27ドルで、幹事証券はJPモルガンとモルガンスタンレー、バークレイズの3社です。

【クリスピー・クリーム(DNUT)】
世界に8000カ所の販売拠点を持つドーナツショップ

クリスピー・クリーム公式サイト・画像クリスピー・クリーム公式サイトより

 クリスピー・クリーム(Krispy Kreme、ティッカーシンボル:DNUT)は、作りたてのフレッシュなドーナツを販売するショップ「クリスピー・クリーム・ドーナツ」を運営する企業です

 クリスピー・クリームは、世界370カ所の「ホット・ライト・シアターショップ(工場併設店舗)」と41の自社工場で毎日フレッシュなドーナツを生産。それを小型店舗やスーパーなど8000カ所の販売拠点に届け、そこで消費者に販売しています。このような生産流通システムを、クリスピー・クリームでは「ハブ&スポーク」と呼んでいます。

 クリスピー・クリームの過去3年間の売上高成長率は年率+18.7%。2020年の売上高は11.2億ドル、純利益はマイナス6094万ドルでした。

 今回のIPOでの売出株数は2667万株、価格は21〜24ドルで、幹事証券はJPモルガン、モルガンスタンレー、BofA、シティグループです。

【トーリッド(CURV)】
プラス・サイズの婦人服に突破したアパレル企業

トーリッド公式サイト・画像トーリッド公式サイトより

 トーリッド(Torrid、ティッカーシンボル:CURV)は、プラス・サイズ(大きめサイズ)の女性にピッタリとフィットして着心地の良い洋服を提供することで、その女性が自分の体型に自信を持ち、アクティブで充実した生活を送ることを支援するアパレル・ブランドです

 トーリッドは最先端の流行を追いかけるのではなく、常連客の最大の関心事である「自分にピッタリ合う服」を取り扱うことに細心の注意を払っており、熱烈なファン層を持っています。その結果、トーリッドは、ネット通販の返品率がわずか9%と驚異的に低いだけでなく、9割以上の顧客がポイント・プログラムに加入してリピート購買を続けています

 2021年5月1日で〆た過去12カ月の稼働顧客数は340万人、売上高は11.4億ドル、純利益は2500万ドル、修正EBITDAは1.85億ドルでした。

 今回のIPOでの発行株数は800万株、価格は18〜21ドルで、幹事証券はモルガンスタンレー、BofA、ゴールドマンサックス、ジェフリーズです。

【今週のまとめ】
米国の株式市場が空前のIPOブームにある中、
特に「ゾーメトリー」と「リーガルズーム」に注目

 今、米国は空前のIPOブームです。その中でも投資家がこれから買うべきIPOは、以下の4社だと思います。

・ゾーメトリー(XMTR)
・リーガルズーム(LZ)
・クリスピー・クリーム(DNUT)
・トーリッド(CURV)

 とりわけゾーメトリーとリーガルズームは、一般の人々にはあまり知られていないサービスかも知れませんが、それぞれのニッチ市場で欠かせない存在であり、末永く栄える企業だと思いますので要チェックです。
【※関連記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
「株主優待」が魅力的で、業績も安定している2銘柄を紹介! ファミレスのロイヤルホストの割引券がもらえる「ロイヤルホールディングス」や「アスクル」が狙い目

定期預金の金利が高い銀行ランキング![2021年・夏] 夏のボーナスは、メガバンクの125倍以上も高金利な「SBJ銀行」など、お得な銀行に預けるのがおすすめ!

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●円安・ドル高 ●原発再稼働 ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●MR/AR/VR ●高配当株
●蓄電池 ●メタバース ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●スマホ決済
●米株/シェール ●米株/燃料電池 ●米株/大手IT株
●米株/高配当割安株 ●米株/天然ガス ●米株/ディフェンシブ株

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2022年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5100銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
5100銘柄以上の米国株と約2600銘柄の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数の多さはトップクラス米国株は最低手数料0ドルから購入可能買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。さらに中国株の手数料は業界最低レベルで、約定金額の0.275%(下限49.5香港ドル~上限495香港ドル)。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件クリアすれば銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5100銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。また、2021年4月から米国株式取引専用の「米国株アプリ」が登場した。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5100銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約350本を含む、約400本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
1900銘柄以上 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 2022年11月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報