最下層からの成り上がり投資術!

日経平均株価やNYダウの暴落を止めるには、日銀や
FRBによる「金融政策」だけでは不十分。次は企業へ
の支援など、実体経済を支える「財政政策」が必要!

2020年3月17日公開(2020年3月19日更新)
藤井 英敏
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●テレワーク ●サイバーセキュリティ ●赤外線サーモグラフィー
●巣ごもり消費 ●宅配・物流 ●人工呼吸器
●オンライン教育 ●ゲーム ●マスク/防護服
●マテハン ●食品容器 ●医療廃棄物処理
●高配当株 ●直近IPO銘柄 ●半導体製造装置
●安定配当株 ●金(ゴールド) ●米国株/巣ごもり消費
●米国株/好決算企業 ●米国株/消費安定株 ●米国株/抗原検査
●米国株/ワクチン ●米国株/治療薬 ●米国株/感染テスト

 日米の株式式相場は、引き続き「暴落」状態です。

 3月16日のNYダウ(ダウ工業株価平均指数)は、前週末比2997.10ドル(12.9%)安の2万188.52ドルでした。下げ幅は12日の2352.60ドルを上回って過去最大で、下落率は1987年10月19日のブラックマンデーの22.61%安以来の大きさでした。

■NYダウチャート/日足・3カ月
NYダウチャート/日足・3カ月NYダウチャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 この日は、トランプ米大統領が記者会見で、新型コロナ感染の最悪期が「8月まで延びる可能性がある」「(米国景気は)おそらく後退に向かっている」と述べたことが、投資家心理を悪化させました。

FRBが緊急利下げや量的緩和政策を発表するも、
かえって投資家の不安を煽る結果に

 米連邦準備理事会(FRB)は、3月15日に緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて1.0%の大幅利下げに踏み切りました。政策金利は0~0.25%と、リーマンショックのあった2008年の金融危機以来となる「ゼロ金利政策」に回帰しました。また、今後数カ月で米国債を少なくとも5000億ドル買い入れ、住宅ローン担保証券(MBS)を2000億ドル購入する量的緩和政策も復活させます

 FRBは、定例のFOMCを3月17日~18日に予定していましたが、それを前倒しして緊急利下げに踏み切ったのです。また、日銀、FRB、ECB(欧州中央銀行)など6つの中央銀行は16日、米ドル資金を供給する枠組みを拡充すると発表しました。

 そして日銀も、3月18日~19日に予定していた金融政策決定会合を前倒しして、16日に緊急で会合を開き、株価指数連動型上場投資信託(ETF)の保有残高の増加額を年12兆円増と、従来の年6兆円増から倍増させました。また、不動産投資信託(REIT)についても年1800億円増と、従来の年900億円増から増やしました。

 さらに日銀は、新たなオペレーションの導入を含めた企業金融支援のための措置を決めました。具体的には、民間企業債務を担保(約8兆円<2020年2月末>)に、最長1年の資金を金利ゼロで供給する新たなオペレーションを導入します。

 このように、世界の中央銀行は新型コロナウイルスによる経済・金融危機を回避するべく、協調して思い切った政策を打ち出しました。しかしながら、3月16日の日経平均株価は前日比429.01円安の1万7002.04円と、4日続落しました。また前述の通り、16日のNYダウも過去最大の下げ幅でした。

■日経平均株価チャート/日足・3カ月
日経平均株価チャート/日足・3カ月日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 3月16日の日本株の下落については、FRBの緊急利下げを受けた投資家が「想定以上に米景気は悪いのか?」と感じて不安になり、株式を売ったためと見られています。また、日銀のETF買い入れ額倍増も、金額自体に多少サプライズ感はあったものの、新味に乏しいと捉えられたのでしょう

日米ともに、金融政策に続いて財政政策にも着手!
トランプ大統領は、最大5兆円を投じて感染拡大対策などを拡充

 世界経済は、新型コロナウイルス感染症の影響で急速に厳しい状況になってきています。「中央銀行の供給するマネーではウイルスを殺せない」ため、足元の株式市場の反応は冷淡だったのと思います。それでも、今回の金融緩和は長期的に景気下支え効果を発揮するはずです

 金融政策はほぼ満額回答が出たので、次は財政政策です。米国では、トランプ米大統領が3月13日に国家非常事態を宣言し、最大5兆円超を投じてウイルス検査などを拡充したり、新型コロナウイルスで打撃を受けた企業や個人の支援を強化したりすることを決めました。一方、日本でも、自民党が新型コロナウイルスの感染拡大にともない、追加経済対策の提言に着手する見通しです。

 ちなみに、岸田文雄政調会長は3月16日、追加経済対策の規模について、昨年12月にまとめた事業規模26兆円の経済対策と比べ「現状は、それをはるかに超える規模が求められているのではないか」と述べました。また、西村康稔経済財政・再生相は17日、今後の財政政策については「税、財政、規制改革のすべてについて、幅広く検討していきたい」と話しました。これら政府・与党の政策責任者の発言を効く限り事態の深刻さをしっかりと認識しているようなので、十分な規模で、かつ、適切な対策を講じてもらいたいと祈るばかりです。

G7も首脳による緊急のテレビ会議を実施するなど、
新型コロナ対策に関して強調する姿勢を強める

 なお、ここにきて、G7が活発に情報・意見交換して協調する姿勢を強めています。これは市場に一定の安心感を与えるはずです

 新型コロナウイルス感染症に関連し、G7首脳は、緊急のテレビ会議を日本時間の3月16日午後11時から開きました。治療薬の開発と経済財政政策の実行は、首脳声明にまとめて発表するということです。また、各国の保健相と財務相がそれぞれ定期的に協議し、首脳同士でも必要に応じテレビ会議を開くそうです。

 確かに、新型コロナが収束することが世界的な株式相場復活の特効薬でしょう。しかしながら、さすがに現時点では、その実現をすぐに期待するには無理があります。

 特に、欧州の混乱ぶりが激しさを増しています。3月16日からはドイツが、フランスやスイスなど5カ国との国境での検問を始めました。また、スペインも同日、国境を事実上閉鎖することを決めました。さらにフランスでは16日夜に、マクロン仏大統領が国民の移動制限を発表しました。

冷え込んだ投資家のマインドが正常モードに戻るまで、
当面はリスク管理を厳格にして慎重なスタンスで

 当然のことながら、ウイルスの感染拡大への対応として強制的に「ヒト・モノ」の移動を制限すれば、実体経済は一段と悪化します。このため市場は、今回の新型ウイルス拡大で仕事を失った個人や業績面で打撃を受けた企業を直接支援する対策を期待しているのです。もちろん、各国の政策担当者もそれは十分にわかっています。それが市場にしっかりと伝わってくれば、足元で激しく動揺している株式市場も落ち着きを取り戻すでしょう。

 そうはいっても、日経平均株価は1月17日の2万4115.95円から3月17日の1万6378.94円まで、7737.01円(32.08%)も暴落しました。多くの投資家が資産を減らしたはずです。特に、信用取引を積極的に行い、レバレッジを効かせ、この急落局面で我慢して耐えてしまった個人の中には、ここ数週間で資産を数分の一にしてしまった方も多数いることでしょう。

 このため、個人投資家のマインドが正常モードになるには、それなりの時間が必要だと思います。よって、当面はリスク管理を厳格にして、慎重な株式投資を心掛けるべきでしょう

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
株価急落で利回りが上昇している「高配当株」に注目! 新型コロナや円高などの外部要因に影響されづらく、「予想配当利回りが5%以上」のおすすめ銘柄を紹介!

「コロナショック」は「リーマンショック」と違い、金融機関の信用リスクは低い! このまま信用不安に発展しないなら、1年後を見据えて買い出動しよう!

【2020年】今すぐ口座開設できる証券会社はここだ! 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●テレワーク ●サイバーセキュリティ ●赤外線サーモグラフィー
●巣ごもり消費 ●宅配・物流 ●人工呼吸器
●オンライン教育 ●ゲーム ●マスク/防護服
●マテハン ●食品容器 ●医療廃棄物処理
●高配当株 ●直近IPO銘柄 ●半導体製造装置
●安定配当株 ●金(ゴールド) ●米国株/巣ごもり消費
●米国株/好決算企業 ●米国株/消費安定株 ●米国株/抗原検査
●米国株/ワクチン ●米国株/治療薬 ●米国株/感染テスト
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年6月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 20万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 1254本
【松井証券のおすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※ 株式売買手数料に1約定ごとのプランがないので、1日定額制プランを掲載。
【関連記事】
松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
【期間限定のお得なキャンペーンを実施中!】
松井証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2641本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手で、1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日50万円まで、合計で1日最大150万円まで売買手数料が0円と非常に低コスト。投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。さらに、IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の1位を獲得
【SBI証券の関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 180円 450円 2500円/日 1172本
米国、中国
【マネックス証券のおすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆LINE証券⇒詳細情報ページへ
80円
90円
220円
28本
【LINE証券のおすすめポイント】
サービス開始時は単元未満株と投資信託のみだったが、2020年5月から、1単元単位で売買する通常の現物株取引もスタート。買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると業界最低水準の売買手数料となっている。スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0.05%と単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。
※  売買手数料は買付時が無料で売却時のみ発生するので、他社と比較しやすいように売却時の売買手数料を1/2にしたものを掲載。
【関連記事】
◆【LINE証券のメリット・手数料・取扱商品は?】スマホに特化した初心者向けの「スマホ証券は、売買手数料も業界最安値水準!
◆1株(単元未満株)から株が買える証券会社を比較! 株初心者でも“少額で株式投資を始められる”証券会社の売買手数料や取扱商品、おすすめポイントを解説!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券⇒詳細情報ページへ
80円 97円 180円 400円/ 2本
【ライブスター証券証券のおすすめポイント】
取引手数料は、現物株、信用取引ともにネット証券最安レベル。現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。さらに、信用取引の売買手数料はなんと0円で、その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう
【関連記事】
◆【ネット証券おすすめ比較・2019年版】株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・ライブスター証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 98円 241円 399円/日 115本
【GMOクリック証券のおすすめポイント】
売買手数料は、1約定ごと、1日定額制ともに最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大375回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
80円 97円 180円 0本
米国
【DMM.com証券のおすすめポイント】
国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。委託販売のみなので割当数は少なめだが、口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。新規口座開設で1カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。口座開設手続きが期間に迅速で、最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 1163本
米国、中国、
欧州、アセアン
【野村證券のおすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

【ザイ・オンライン×松井証券】タイアップ企画!
新規口座開設+取引で、株の売買手数料を
最大1万円キャッシュバック!関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

1約定ごとの手数料がお得! もれなく2500円プレゼント 株の売買手数料がお得!
SBI証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
日本株は、1日50万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
松井証券の口座開設はこちら!
松井証券
1日50万円までの取引
なら売買手数料0円!
ネット証券最大手で、ザイ・オンラインでも人気NO.1関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 優待名人・桐谷さんも「便利でよく使う」とおすすめ関連記事

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

今しか買えない株
逆襲の日本株!厳選96
個人投資家の勝ち方

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

逆襲の日本株!厳選96銘柄

今しか買えない株がある!逆襲の日本株!厳選96銘柄
追い風:新型コロナ拡大で業績が伸びる株
大逆転:売られすぎ優良株で株価数倍を狙う株!
ド安定:どんな時も安定的に稼ぐスゴイ株!
プロ5人が集結!
今後の日本株予測&投資戦略
日経平均は二番底もその後2万2000円へ
・コロナ後に世界をリードする米国株

最新決算でわかった強い株
[1]今期予想増益トップ50銘柄
[2]上ブレ着地ベスト8銘柄
[3]月次が好調ベスト6銘柄

●大荒れ相場の正しい立ち回り方がわかる
個人投資家1300人のコロナショックの悲喜こもごも&売買てん末記
有名個人投資家10人は
コロナ相場でこう動いた
個人投資家1300人七転八倒&奮闘ぶりを大調査
桐谷さんと金子ナンペイさんの最新情報も!

コロナショックで利回りに大異変!
毎月分配型人気投信100本の最新利回り
・利回り激減ワースト25本
・急落時こそ重要なチェックポイント3

コロナショックで急騰!
財産を守るための金投資

●ちょっと変えるだけ!
食品、生活用品、家電、服、車など
オトクな買い物ワザ50

●自腹でガチンコ投資!AKB48
「智代梨の巣ごもり大公開!」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活(ライフ)!
「少しはオトナになりました」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.45「コロナショックで狙う株」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「見えない敵とネットの中傷と戦うときのお値段」

【別冊付録】
見直し1回で年間13万円節約!?
やらなきゃ大ゾン!
「スマホ」&「電気代」見直しBOOK

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読サービスセンターの営業時間について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報