「夢の配当金生活」実現メソッド

「東証インフラファンド指数」の登場で、インフラファ
ンドの出来高急増&投資口価格の上昇も!? 指数連動型
の投資信託の設定や機関投資家の参入に実現に期待!

【第25回】 2020年9月14日公開(2020年12月26日更新)
個人投資家・立川 一(たちかわ・はじめ)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 こんにちは、個人投資家の立川です。

 今まで、この連載で何度か「インフラファンド」を取り上げさせていただきました。2016年に「タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)」が東証インフラファンド市場に上場してから、電力の固定価格買取制度に支えられて、安定した分売金の実績を残してきたインフラファンドは、この数年間で個人投資家にとっても身近な投資対象として定着しつつあります。
【※インフラファンドの関連記事はこちら!】
インフラファンドのメリット・デメリットを解説!「J-REIT」と比較しても、「インフラファンド」には高利回り+安定度、不況に強いなど、メリット多数!

 インフラファンドには、将来的に売電価格が低下したり、出力制限や悪天候による日照不足で売電量が減ったり、送電にかかる新たな負担が増したり……と、さまざまな逆風が吹き荒れていますが、投資口価格(株価)は堅調に推移し、分配金の支払いに関しては着実に実績を残しています。2020年2月には「ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)」が上場し、東京証券取引所には現在7銘柄が上場しています。
【※インフラファンドのリスクに関する記事はこちら!】
インフラファンドが抱える「出力制御」「自然災害」「売電価格の低下」という“3つのリスク”を解説! 投資対象としてのインフラファンドに未来はあるか?

 2020年4月、インフラファンドにとって、一つの転換点となる出来事がありました。東京証券取引所が「東証インフラファンド指数」を設定して公表を開始したのです。そこで今回は「東証インフラファンド指数」の設定がインフラファンドにどのような影響を与えるのかを考えてみたいと思います。

「インフラファンド」とはどういう金融商品か?
分配金利回りが高い理由や、安定している理由を改めて解説!

 まず、「インフラファンド」とはどういう金融商品なのかを確認しましょう。

 インフラファンドとは「インフラ事業(例:電力、交通、水道など)」への投資を専門とするファンドの通称で、投資家はインフラ事業運営のための特定目的会社に出資を行い、事業の運営から得られる収入の一部を投資家に配当しています。

 2011年の東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、2012年には再生可能エネルギーを普及させることを目的として「FIT制度」が制定されました。「FIT制度」とは「固定価格買取制度」のことで、「再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する(義務づける)制度」です。

 「FIT制度」の制定後、しばらくの間は電気の買取価格が比較的高めだったので、発電施設に投資して売電した際の利回りが高水準で推移しました。そのため、現在上場しているインフラファンドはすべて太陽光発電設備を保有しています。しかし、インフラファンドが直接、太陽光発電した電気を電力会社に売るのではなく、発電設備を「オペレーター」に賃貸して、そのオペレーターが電力会社に電気を売って得た収入の中から、インフラファンドは賃料を受け取るという仕組みになっています。

 インフラファンドはオペレーターに対し、発電量に関わらず最低保証賃料を設定したり、利益保証保険や積立制度を利用したりして、安定した賃料を確保し、安定して分配金を支払えるように原資を確保しています。

 同時に、想定以上の売電収入が出た場合には、その一部をオペレーターからインフラファンドに「変動賃料」として投資家に還元する仕組みや、「Jリート(不動産上場投資信託)」と同じく、インフラファンドも「利益の90%以上を分配すると法人税が免除される」という税制上のメリットがあります。業績と投資口価格(株価)によってインフラファンドの分配金利回りは変動しますが、これらの制度によって現在のインフラファンドはおおむね5~7%程度の高い利回りを維持しています。

「東証インフラファンド指数」の設定で
インフラファンドにはどんな影響があるのか?

「東証インフラファンド指数」とは、「東証インフラファンド市場全体の動向を示す指標」で、指数構成銘柄は東証に上場するインフラファンドの全銘柄となっています。基準日は2020年3月27日(金)で、基準値は1000ポイントとし、浮動株時価総額加重平均型で算出され、2020年4月27日(月)以降、指数値はリアルタイム配信されています。

 分配金利回りの高さと安定性で注目されるインフラファンドですが、「東証インフラファンド指数」が制定されて日々公表されると、どのような変化が起きるでしょうか。

【「東証インフラファンド指数」設定の影響①】
マーケット全体の動向を捉えることができるようになり、
インフラファンドの知名度も上がる


 いままで、インフラファンドの値動きを確認するには、個別銘柄の投資口価格(普通株の「株価」に相当)を見るしかありませんでした。しかし、「東証インフラファンド指数」を見ることで、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、東証リート指数のように、市場全体の動向を指数で捉えることができるようになりました。今後は投資系の番組や記事などでも、「株価は軟調だったが、インフラファンドは好調だった」というように、指数に着目してインフラファンド市場全体に言及する報道も増えていくことでしょう。

 現状は、株式投資の経験が長い個人投資家でも、インフラファンドを知らない人が多いですが、「東証インフラファンド指数」の登場によって、インフラファンドが広く知れ渡る機会が増えて、投資対象として検討する人、実際に投資する人は確実に増えていきそうです。

【「東証インフラファンド指数」設定の影響②】
インフラファンド全体を投資対象とした
インデックス型の「投資信託」が設定される可能性がある


 私は分配金利回りの高さや分配金の安定度から、インフラファンドは個人投資家の投資対象として優れていると考えています。ただし、現状ではどの銘柄も最低でも数万円、7銘柄すべてを保有して分散投資しようとすると数十万円の資金が必要になります。

 しかし、「東証インフラファンド指数」に連動する投資信託が新たに設定されれば話は変わります。現在、TOPIXなどの指数に連動する投資信託が数千円から積み立てられるのと同様に、インフラファンドの全銘柄にも数千円から分散投資ができるようになり、インフラファンドに投資するハードルが一気に下がるからです。「東証インフラファンド指数」に連動する投資信託が「つみたてNISA」や「iDeCo」でも投資できるようになれば、インフラファンドに投資する人の裾野が一気に広がる可能性もあります。
(※2020年9月13日時点では「東証インフラファンド指数」に連動する投資信託は設定されていません)

【「東証インフラファンド指数」設定の影響③】
指数化されて、時価総額が増加すると
機関投資家の投資対象となる可能性がある


「東証インフラファンド指数」の設定でインフラファンドの認知度が高まると、取引が活発になり、時価総額も増加していくと考えられます。インフラファンドは昨今の「ESG投資」の流れにも合致しているので、出来高や時価総額が増加すれば、インフラファンドは本格的に機関投資家の投資対象となっていくのは間違いありません。安定した分配金の実績があり、同様に将来も期待できるインフラファンドは、機関投資家の投資対象としても十分に魅力的なはずです。

 どんなにインフラファンドが魅力的な投資対象であったとしても、一定以上の流動性や時価総額がないと資金の大きな機関投資家の投資対象とはなりません。現時点では個別のインフラファンドへの投資は難しい状況ですが、インフラファンド全体が対象となる「東証インフラファンド指数」への投資なら可能になるかもしれません。また、「東証インフラファンド指数」の設定によってインフラファンドの取引が活発になり、流動性が確保され、投資口価格が見直されることによって、機関投資家が個別のインフラファンドに本格的に参入できるようになる可能性も出てきます。そして、いざ機関投資家が参入してくると、一段と取引が活発になって出来高が増え、さらに投資口価格が見直されるという好循環が起こる可能性も見逃せません。

【「東証インフラファンド指数」設定の影響④】
取引が活発化して、投資口価格が見直されることで
インフラファンドの業績への好影響も期待できる


「東証インフラファンド指数」の設定による取引の活発化によって投資口価格が見直されると、インフラファンドは増資した際に大きな資本を調達できることになります。中長期的にインフラファンドの業績向上が期待でき、既存の投資主にとっても分配金の増加や、さらなる投資口価格の上昇を享受できるでしょう。

インフラファンドに個別に投資するなら
どういう観点で銘柄を選ぶべきなのか?

 「東証インフラファンド指数」の設定でインフラファンドの投資口価格が見直され、業績の向上が期待できるなら、インフラファンドは投資対象としての魅力が一段と高まります。とはいえ、「東証インフラファンド指数」が設定されてから約半年が経過しても、まだそれほど注目が集まっていません。逆に言えば、いまはまだ投資口価格が過熱しているわけでもなく、投資するチャンスとも言えます。この状況、個人投資家はどのような観点でインフラファンドを選ぶべきなのでしょうか。まずは、インフラファンド7銘柄の特徴を確認して見ましょう。

【タカラレーベン・インフラ投資法人】

 現状、インフラファンドの7銘柄の中で「利益超過分配」の割合がもっとも小さいのが「タカラレーベン・インフラ投資法人」です。機関投資家が投資対象となるインフラファンドを選ぶ場合、「利益超過分配」の割合が小さい、財務が健全な銘柄が好まれるはずです。なぜなら、「利益超過分配」が少ないと、キャッシュが流出せずに内部留保が積み上がるので、その内部留保を利用して、新たな太陽光発電設備を購入することができ、さらに利益と分配金を成長させることができるのです。

 一般的にインフラファンドは減価償却費が大きいため、利益超過分配で投資主に還元しても問題はありません。しかし、配当金における利益超過分配の割合が低いというのは、財務の安定性に加えて再投資による成長が見込めるので、機関投資家の視点では大きな「買い」の理由となるはずです。

【カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人】

 九州に多くの発電施設を持つため、発電効率が高く、管理コストの削減が期待できるのが「カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」です。しかし、九州に発電施設が集中している分、現状では出力制御の影響を受けて、発電を停止して売電額が減るリスクも大きい銘柄ではあります(ただし、現状では出力制御の影響は小さくなっています)。

 今後、発電した電気の買取価格がますます低下することを考えると、いかに分配金利回りを向上させるかがインフラファンドの課題となります。その点、「カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」は自社グループ内にパネル製造メーカーがあるため、大きなコストダウンも期待できると考えられるので、売電時の利回りの向上が見込めます。

【東京インフラ・エネルギー投資法人】

 「東京インフラ・エネルギー投資法人」は、東北地方に多くの発電施設が集中しているため、管理コストの最小化が期待できる銘柄です。前述の「カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」と「東京インフラ・エネルギー投資法人」を同時に保有することによって、九州地方と東北地方に発電設備を分散するポートフォリオをつくることができます。

【ジャパン・インフラファンド投資法人】

 「ジャパン・インフラファンド投資法人」は2020年2月20日に上場したばかりで、レバレッジ比率(負債÷資本)が上場インフラファンドの中でもっとも低くなっています。そのため、借入を増やして成長をする余地が十分にあり、今後の業績向上や分配金の増加が期待できます

【エネクス・インフラ投資法人】

 「エネクス・インフラ投資法人」は、伊藤忠ネクサスを中心とするスポンサー・グループが投資口を保有しており、投資主とスポンサー・グループの利益の一致を目指しています。また、パイプライン物件(スポンサーが開発中で、今後組み入れられる予定の発電施設)には風力・水力発電なども含まれており、バランスのとれたポートフォリオ構築を目指しているので、長期的に安定した業績が期待できそうです。

【日本再生可能エネルギーインフラ投資法人】

 「日本再生可能エネルギーインフラ投資法人」が保有する発電所は全国に分散されており、発電量が特定地域の天候や出力制御の影響を受けにくい安定したインフラファンドです。利益総合保険に加入し、必要に応じて出力制御保険への加入も検討しており、分配金の安定化に力を入れている銘柄です。

【いちごグリーンインフラ投資法人】

 「いちごグリーンインフラ投資法人」は、10年先までの分配金予想を公表したり、投資主優待を導入したりと、個人投資家サイドに立ったユニークな施策を多く実施しているインフラファンドです。また、利益超過分配を積極的に実施し、投資主への還元を厚くしているのも特徴です。発電所の様子が見られるライブカメラを設置していたり、一日の発電量を公開したりして、個人投資家や投資を検討している人に向けて積極的に情報を公開しています。

 全7銘柄のインフラファンドのそれぞれの特徴を紹介しましたが、現状ではどの銘柄も「太陽光発電設備を保有して賃貸している」というビジネスモデルのため、私自身はインフラファンドのすべての銘柄に数口ずつ分散投資しています。すべてのインフラファンドを保有することにより、発電施設を最大限分散してリスクを最小限にしているイメージです。

 もちろん、各銘柄の運用方針や特徴・格付けを研究することも大切です。しかし、インフラファンドの中でも高格付かつ分配金の質が高いとされている「タカラレーベン・インフラ投資法人」で送電線の盗難事故が起きたように、突発的な避けようがない事故も発生します。インフラファンド自体の歴史も浅いので、今後も起こりうる「予想しえないリスク」に備えるには分散投資が必要だと感じています。

機関投資家が投資する可能性が高いのは
「格付け」が高いインフラファンド!

 前述したように、「東証インフラファンド指数」の登場によって、将来的に機関投資家がインフラファンドに投資することが考えられます、その場合、機関投資家はどのようなインフラファンドに投資をする可能性が高いでしょうか。実はインフラファンドには客観的な評価として「格付け」があり、判断材料として利用される可能性があります。インフラファンドでは「JCR日本格付け研究所」が、次のような項目を評価基準として「格付け」を行っています。

■キャッシュフローの安定性と DSCR(元利金返済前カバー率) による評価を軸とする「プロジェクトファイナンス的な評価」
■ポートフォリオの分散、外部成長、内部成長、スポンサーとの利益相反対策、レバレッジコントロール、流動性などを考慮する「REIT 的な評価」
■親会社ないし株主であるスポンサー企業の事業基盤・実績やサポート態勢、信用力など「資産運用会社のマネジメント能力の評価」

(※JCR日本格付研究所「インフラファンドの格付け方法」より要約)

 専門用語が多くて少々わかりにくいのですが、インフラファンドの「格付けは」「安定的な発電能力・成長性・財務基盤・スポンサー企業の支援状況」を考慮して付与される、と考えていいでしょう。現状で「JCR日本格付研究所」から「格付け」を付与されているのは以下の3銘柄です。

【A/安定的】タカラレーベン・インフラ投資法人
【A/安定的】カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
【Aマイナス/安定的】エネクス・インフラ投資法人

 「A」は「債務履行の確実性は高い」を意味しており、「Aマイナス」はA評価の相対的位置(=同じ評価の企業同士での比較)を示しています。

 また、「格付け」の付与後1~2年の「格付の見通し」も示されており、「安定的」とは見直される可能性が低いもの、「ポジティブ」とは格上げの方向で見直される可能性が高いものです。現状では「タカラレーベン・インフラ投資法人」と「カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」がインフラファンド中では最も高い「A/安定的」となっています。

 客観的な評価である格付けで「A」以上を取得しているインフラファンドであれば、機関投資家の投資対象にもなりやすいと考えられます。

 一方、現在は「格付け」が付与されていないインフラファンドにも違った投資妙味があります。それは今後、新たに「格付け」を取得すると投資口価格が見直されたり、「格付け」の取得後に好条件で資金調達が可能になって業績が向上したりする可能性があるからです。

 なお、これまで「格付け」が高い銘柄は、ほかの銘柄と比較すると投資口価格が高め(分配金利回りは低め)になっていました。実際、「タラカレーベン・インラフ投資法人」は分配金利回りが5.91%(2020年9月11日時点)と、インフラファンドの中では分配金利回りが最も低くなっています。

 しかし、最近ではその傾向が少し変わりつつあります。例えば、投資口優待(株主優待のようなもの)を導入した「いちごグリーンインフラ投資法人」が人気を集め、投資口価格が高め(分配金利回りは低め)となっています。また、「ジャパン・インフラファンド投資法人」はほかの銘柄に比べると分配金利回りが低めになっていますが、これは「ジャパン・インフラファンド投資法人」が2020年2月20日に上場したばかりで発電設備を買う余力があるため、今後まだ分配金が増える余地があると期待されているからだと考えられます。

「東証インフラファンド指数」に連動する投資信託が設定されれば、
「つみたてNISA」や「iDeCo」など長期の積立投資におすすめ!

 さて、この連載では「株式投資で資産を築きたいサラリーマンは、毎月一定額の現金を積み立てて、ある程度の資金ができたら『増配株』を少しずつ買っていくことが望ましい」と何度も紹介してきました。その際、「増配株」だけでなく「Jリート」や「インフラファンド」など、安定して配当を受け取れる銘柄も組み入れると、受け取れる配当金を安定させることができます。また、例えば2020年3月の「コロナ・ショック」の際にも、株価と比較するとインフラファンドの価格は底堅く推移したように、分散投資としての効果も高めることができます。

 しかし、前述したように「東証インフラファンド指数」に連動する投資信託ができると、もっと手軽にインフラファンドに投資ができるようになるでしょう。投資信託では少額から、毎月一定額を積立投資できることが多いので、「増配株投資」と並行して「インフラファンド」の全銘柄に分散しながら積立投資ができるようになるはずです。

 さらに、「つみたてNISA」や「iDeCo」の対象になれば、「インフラファンド」そのものに投資するよりも有利な条件で投資ができるようになるかもしれません(※2020年9月13日時点では「東証インフラファンド指数」に連動する投資信託は設定されていません)。

 それでは、今回のまとめです。
【ポイント①】
「東証インフラファンド指数」の登場で、インフラファンドの認知度が高まり、出来高が増える可能性、投資口価格が上昇する可能性がある。
【ポイント②】
出来高が増えて流動性が高まったり、時価総額が大きくなったりすれば、機関投資家の投資対象になる可能性も。
【ポイント③】
「東証インフラファンド指数」に連動する投資信託が設定されれば、手軽で有利に積立投資することが可能になる!

 インフラファンドが登場してもうすぐ4年、「東証インフラファンド指数」が設定されて約半年になりますが、まだまだ投資家からの注目度は低い状態が続いています。インフラファンドは「Jリート」と性質が似ていますが、インフラファンドの賃借人であるオペレーターは発電設備が陳腐化するまで解約することなく借り続けるうえ、一定期間は発電した電気を一定の価格で買ってもらえて、「FIT」期間終了後も電気は最低限の価格で売れるという点を考えると、インフラファンドは「Jリート」よりも安定している投資対象とも言えます。にもかかわらず、インフラファンドのメリットがまだあまり評価されていないのが現状で、インフラファンドの投資対象としての魅力は十分にあると思います。

 さて、次回は久々に「米国株」を取り上げてみたいと思います。米国株は日本株よりも長期にわたって増配を続けている株も多く、そのうえ配当利回りも高いので、「増配株投資」の対象としての魅力があります。しかし、心配なのは「為替リスク」です。せっかく配当利回りが高くても、将来、利益を確定して日本円に戻すタイミングで「円高」になっていたら、利益が大きく目減りする可能性があるからです。そこで、次回は「米国株投資における為替リスクにどう対応すべきか?」について考えてみたいと思います。

■立川さんが利用している証券会社はGMOクリック証券とSBI証券!
⇒GMOクリック証券の詳細(公式サイト)を見る
⇒SBI証券の詳細(公式サイト)を見る

GMOクリック証券 【証券情報⇒GMOクリック証券の紹介ページ】
株式売買手数料(税抜) 詳細情報(公式サイトへ)
10万円 30万円 50万円
88円 241円 241円
GMOクリック証券のキャンペーン詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
ネット証券でも最安レベル
で、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用中。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【GMOクリック証券の関連記事】
「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
GMOクリックの口座開設はこちら!

【※立川さんが登場する記事はこちら!】
「連続増配の株を買う」だけで資産1億円超を達成! サラリーマン投資家・立川一さんが編み出したシンプル&ユニークな「増配銘柄投資法」を解説!

株の配当金で暮らす生活も実現可能な投資術を公開! 株の配当が増え続ける会社を選んで投資するだけで、1億5000万円の資産を築いた会社員の投資法を紹介


個人投資家・立川 一(たちかわ はじめ)さん
(『Value Investment since 2004 長期に配当収入増加と資産形成を目指す立川一の投資日記』:https://vis2004.blog.fc2.com/)
40代のサラリーマン投資家。中学生のころから株に興味を持ち、2004年から本格的に株式投資を開始。バフェットの本に影響を受け、最初はバリュー投資からスタートしたが、次第に増配株のメリットに気がつき、現在の投資手法を確立する。趣味である楽器演奏の腕前はかなりのもので、週末にはライブ活動も行っているとか。

■「『夢の配当金生活』実現メソッド」バックナンバー

【第1回】
年収500万円以下のサラリーマンが、投資歴13年で資産1億5000万円、年間配当収入300万円を実現!成功のカギは「増配銘柄への投資」を発見したこと!

【第2回】
定期預金の金利より「株の配当」は数百倍もお得!増配銘柄を選べば、自動的に株価下落リスクが低く、優れたビジネスモデルの超優秀な銘柄に投資できる!

【第3回】
増配株は「元本が増える銀行預金」「部屋数が増えるアパート」のようなもの! 追加投資をしなくても配当が増え、価値も上がる「増配株」のスゴさとは?

【第4回】
増配株への分散投資は、預貯金よりもリスクが低い?配当金だけで投資元本を回収できる期間が短くなり、元本回収後はリスクフリーで高い配当金がもらえる!

【第5回】
「株主優待」の有効活用は「配当金生活」への近道!配当だけでなく株主優待にも注目すれば、投資元本は15年以内で回収できて、リスク管理がパワーアップ!

【第6回】
増配株に投資する際に参考にすべき「指標」とは?割安・割高の目安になる「PER」、資本効率の良さを表す「ROE」「ROA」など「指標」の使い方を解説!

【第7回】
株式投資を始める前に直面する3つの問題を解決!「時間がない」「リスクを取りたくない」「家族の理解が得られない」という悩みを解決する方法とは?

【第8回】
億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

【第9回】
サラリーマンが株式投資する前に準備すべきことは?投資資金とは別に、当面の生活費やiDeCoなどを準備して、株式投資による自分年金作りを始めよう!

【第10回】
高配当な「米国株」や「J-REIT」の魅力を分析!増配株投資で成功した投資家が実践する「米国株」と「J-REIT」を利用した「分散投資」の戦略を公開!

【第11回】
インフラファンドのメリット・デメリットを解説! 「J-REIT」と比較しても、「インフラファンド」には 高利回り+安定度、不況に強いなど、メリット多数!

【第12回】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、 「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

【第13回】
株式投資はそもそも「株の売買で稼ぐ」ことでなく、 「出資に応じた利益の分配=配当を受け取る」もの! サラリーマンに「増配株投資」がおすすめの理由は?

【第14回】
「配当金」を再投資すれば、複利効果によって配当金 &資産増加のスピードが加速する!「増配株投資」の 優位性をさらに高める「配当金」の使い道を伝授!

【第15回】
株式投資に「損切り」は必要なのか? 悪材料が出た 場合の「損切り」の必要性や増配の継続性を判断する 方法など、ネガティブなニュースへの対処法を検証!

【第16回】
インフラファンドが抱える「出力制御」「自然災害」「売電価格の低下」という“3つのリスク”を解説!投資対象としてのインフラファンドに未来はあるか?

【第17回】
個人投資家は「株価暴落」にどう対応すべきなのか?株価の急変に右往左往しないためには「株価の変動を気にしなくていい投資手法=増配株投資」を選ぶこと

【第18回】
「資産運用」は、40~50代から始めても遅くない!40~50代が定年退職や老後に備えて「増配株投資」で資産運用するメリットと注意点をわかりやすく解説!

【第19回】
配当金生活を実現するなら「日本株」より「米国株」に投資すべき!? 50年以上の連続増配株が約30銘柄もある「米国株」の魅力と注意点をわかりやすく解説!

【第20回】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

【第21回】
「株」を買う理由は、本当に“増配”だけでいいのか?何歳までに始めるべきなのか?など、株初心者が抱きがちな「増配株投資」の“3つの疑問”をまとめて解決!

【第22回】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

【第23回】
「増配株投資」は“コストパフォーマンス”が高い投資法なのか? 投資に必要な「手間」や「時間」を、「配当金」で回収できるかどうかをシミュレーションして検証!

【第24回】
賢い「お金の貯め方&使い方」を“億超え”サラリーマン投資家が伝授! 若いうちにもっとも重視すべきなのは「経験」でも「節約・貯金」でもなく「株式投資」

【第25回】
「東証インフラファンド指数」の登場で、インフラファンドの出来高急増&投資口価格の上昇も!? 指数連動型の投資信託の設定や機関投資家の参入に実現に期待

【第26回】
米国株投資をする際に気になる「為替変動リスク」にどう対応すべきか? 配当生活を目指す個人投資家が考える「為替変動リスク」の捉え方と回避する方法

【2021年1月2日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 20万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 1353本
【松井証券のおすすめポイント】
1日定額制プランしかないものの1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という手数料体系は非常に魅力的。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2020年のJCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、ネット証券部門の総合評価で1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※ 株式売買手数料に1約定ごとのプランがないので、1日定額制プランを掲載。
【関連記事】
松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】1日50万円以下の株取引は手数料0円(無料)! その他の無料サービスと個性派投資情報も紹介
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
【期間限定のお得なキャンペーンを実施中!】
松井証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2650本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手。2020年10月から売買手数料を引き下げ、1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日100万円まで、合計で1日最大300万円まで売買手数料が0円と非常に低コスト。投資信託の数が業界トップクラスなうえ100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。さらに、IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の1位を獲得
【SBI証券の関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆LINE証券⇒詳細情報ページへ
80円
90円
220円
30本
【LINE証券のおすすめポイント】
サービス開始時は単元未満株と投資信託のみだったが、2020年5月から、1単元単位で売買する通常の現物株取引もスタート。買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると業界最低水準の売買手数料となっている。スマホでの使いやすさに徹底的にこだわったシンプルな取引画面は、初心者にも直感的にわかりやすいデザインになっている。また、東証上場の1015銘柄に限り1株単位での売買が可能! その売買手数料が日中なら約定金額の0.2〜0.4%と単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。
※  売買手数料は買付時が無料で売却時のみ発生するので、他社と比較しやすいように売却時の売買手数料を1/2にしたものを掲載。
【関連記事】
◆LINE証券の「初株チャンスキャンペーン」で株の購入代金がもらえる!【マンガで読む「LINE証券」お手軽投資体験記】
◆【LINE証券の特徴とおすすめポイントを解説!】1株から株が売買できるうえに、売買手数料も激安! “株初心者の使いやすさ”にこだわった「スマホ証券」
◆1株(単元未満株)から株が買える証券会社を比較! 株初心者でも“少額で株式投資を始められる”証券会社の売買手数料や取扱商品、おすすめポイントを解説!
◆株初心者は「1株=数百円」から始めるのがおすすめ! “1株単位”で株が買える「5つのサービス(LINE証券・ネオモバ・S株など)」の手数料や銘柄数、注文時間を解説
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら
【期間限定!お得なキャンペーンを実施中!】
LINE証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2700本
米国、中国
、アセアン
【楽天証券のおすすめポイント】
1約定ごとプラン5は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2020年12月7日から1日定額コースの料金が引き下げられ、1日100万円以下なら売買手数料が無料に! さらに、楽天カードで投信積立を行うと1%分のポイントが付与されるうえ、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 180円 450円 500円/日 1170本
米国、中国
【マネックス証券のおすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料0ドルから買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
【人気の「米国株」の銘柄数がトップラクス!】
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)⇒詳細情報ページへ
80円 97円 180円 400円/ 2本
【SBIネオトレード証券のおすすめポイント】
以前はライブスター証券だったが、SBIホールディングスの傘下に入ったことで2021年1月から現在の名称に。取引手数料は、現物株、信用取引ともにネット証券最安レベル。現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。さらに、信用取引の売買手数料はなんと0円で、その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。無料の取引ツール「NEOTRADE」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう
【関連記事】
◆【ネット証券おすすめ比較・2019年版】株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・ライブスター証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 98円 241円 399円/日 115本
【GMOクリック証券のおすすめポイント】
売買手数料は、1約定ごと、1日定額制ともに最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大375回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
80円 97円 180円
米国
【DMM.com証券のおすすめポイント】
国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。委託販売のみなので割当数は少なめだが、口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。新規口座開設で1カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。口座開設手続きが期間に迅速で、最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 1179本
米国、中国、
欧州、アセアン
【野村證券のおすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。売買手数料は、1回の注文が複数の約定に分かれた場合、同一日であれば約定代金を合算し、1回の注文として計算します。投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託の検索機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人全員に
現金2000円プレゼント!関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SBI証券の公式サイトはこちら

 

1約定ごとの手数料がお得! もれなく2500円プレゼント 株の売買手数料がお得!
SBI証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
日本株は、1日50万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
松井証券の口座開設はこちら!
松井証券
1日50万円までの取引
なら売買手数料0円!
ネット証券最大手で、ザイ・オンラインでも人気NO.1関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 優待名人・桐谷さんも「便利でよく使う」とおすすめ関連記事

ダイヤモンドZAi 2021年3月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
確定申告
桐谷さんの米国株

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/確定申告/桐谷さんの米国株入門]

◎第1特集
コロナ禍の乱世を生き延びて覇権を握る
王者が降臨!最強日本株

●2021年はどうなる?
4人の戦術アナリストがクロスレビュー!
日本株5大攻略法
●日本を変える強者たちが集結:国内活躍株
●世界に君臨する猛者株が激突:海外進出株
●小回りを利かせて戦略的に勝て:5万円株
●攻守の両輪で盤石の構え:株主優待株
●十分な定期補給で千人力:高配当株
●下剋上を虎視眈々と狙う有望株:10倍株

◎第2特集
スマホ&入力方法を丁寧に解説!
確定申告ー2021年3月提出分ー

・給与や年金などの所得や控除の入力
・ふるさと納税で自治体に寄附した人
・株や投信で儲けた人/損した人
・投信の分配金や株の配当を得た人
・FXや先物取引で儲けた人/損した人
・市販の薬代や医療費が高額な人

◎第3特集
成績トップ級のファンド運用者が集結!
スゴ腕ファンドマネージャー4人が語る2021年の儲け方
投資テーマや目の付けどころ、戦略まで

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない!宣言
すぐできるオトクワザ88

・クレカとスマホを整える
・情報はマメにチェック!
・商品券も組み合わせる!ほか


◎【別冊付録】
老後にもぴったり
桐谷さんはじめて米国株を買う
初心者向けオススメ株5も

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報