世界投資へのパスポート

米国の新型コロナ関連株では“ワクチン製造下請け”の
「エマージェント・バイオソリューションズ」に注目!
ワクチン開発競争の勝者に関係なく売上増の可能性大

2020年4月27日公開(2020年4月27日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●解散総選挙 ●金(ゴールド) ●オンライン教育
●脱プラスチック ●少子化対策 ●行政デジタル化
●EC(ネット通販) ●再生可能エネルギー ●国際金融都市構想
●親子上場 ●RFID ●ゲーム
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/年末年始 ●米株/燃料電池 ●米株/GAFA
●米株/バイデン大統領 ●米株/DX ●米株/オンラインカジノ

国民が安心して普通の暮らしに戻るためには、
新型コロナに効く「ワクチン」や「治療薬」の開発が必須!

 米国では、いま新型コロナウイルスで外出禁止令が出ています。しかし、近くそれが解除されることを期待し、投資家は「解除後の世界がどうなるか?」に関して思いを馳せています。

 「V字型の回復になる!」と主張する人もいますが、「ぐずぐずした景気が続くだろう」と悲観的な見方をする市場関係者も多いです。いずれにせよ皆の意見の一致を見ているポイントがあります。それは、「国民が安心して普通の暮らしに戻るためには、新型コロナウイルスに効くワクチンや治療薬が開発される必要がある」ということです。

 それを踏まえ、今日はワクチンの話をしたいと思います。

 ワクチンは、伝染病を予防するため、あらかじめ弱体化・無力化させた病原体を健康な人に投与して「免疫」を作る目的で使用されます。いわゆる「予防接種」です。

 ワクチンの予防接種は、その性格上、感染が予想される国においてなるべく多くの国民が参加することが望ましく、そのためには、たくさんのワクチンを製造しなければいけません。つまり、ワクチン製造は「スケールのビジネス」なのです

 またワクチンは、承認ならびに生産までに要する助走期間が長い(=リードタイムが長い)ことが知られています。つまり、長期的展望に立ち、事前に準備しておく必要があります。それは、時として「目先の利益主義」とは相容れない概念なので、政府が主導してワクチンの製造プログラムを助成することが求められます

「ワクチンこそが戦略的に重要な知的財産だ」という考えのもと、
米中の間で激しい「ワクチン開発競争」に突入!

 新型コロナウイルスの話に戻すと、現在の厳しい状況において、ワクチンがあるとないとでは国民の「頑張れるかどうか」というヤル気に大きな差が出てきます。そのため、アメリカでは「ワクチンこそが戦略的に重要な知的財産だ」と考えられており、いま大急ぎで新型コロナウイルスのワクチンの開発が進んでいます

 こうした動きはアメリカだけではありません。いま世界には90以上もの新型コロナウイルス向けワクチン開発プロジェクトが始動しています。特に、「誰が一番乗りするか?」を巡って、アメリカと中国が激しい戦いを繰り広げています。

アメリカでワクチン開発を陣頭指揮している政府高官が、
トランプ大統領により左遷される事件が!

 このように激化する「ワクチン開発戦争」ですが、先週、アメリカのワクチン開発を行政の立場から陣頭指揮していた合衆国保険福祉省・米国生物医学先端研究開発局(BARDA)のリック・ブライト氏が降格されるという事件が起きました。

 リック・ブライト氏は、さまざまなワクチンのプロジェクトに関わってきた経験豊富な人物ですが、トランプ大統領が記者会見で述べた「抗マラリア薬、ヒドロキシクロロキンが効くのでは?」という発言を批判したことで、トランプ政権からにらまれ、左遷されてしまったのです。

 この人事に関し、医学界やウォール街からは「とても残念だ!」という声が上がりました。なぜなら、ワクチンの開発は政府と民間が二人三脚で取り組む必要があるプロジェクトだからです。実際にBARDAは、複数のバイオ企業に対して、研究開発費の足しとなる助成金を出しています。

 また、通常のように、ワクチンが米国食品医薬品局(FDA)から承認されるのを確認してから生産に着手していたのでは大量のワクチンが製造できないという時間的制約を鑑み、「現在、臨床試験中のワクチンについては、“見切り発車”で大量生産に踏み切るべきではないか?」という議論がアメリカ政府の中で沸き起こっています。

 ワクチンの「作り置き」はたいへんコストが嵩みます。そこで、未だ承認されてないワクチンについては、先に政府がそれを買い上げる契約をしてから企業が量産し、その後、もしそのワクチンが効かないということが判明して在庫をすべて廃棄処分にすることになっても、それはやむを得ない。そういう覚悟で、ワクチンの準備が進められようとしています。

新型コロナのワクチン開発を行う企業の中では、
「モデルナ」「イノヴィオ」などが「勝ち馬」の最右翼

 先ほど書いたように、現在たくさんの企業が新型コロナウイルスのワクチン開発に乗り出しており、それらの中から「勝ち馬」を当てることはとても難しいです。

 しかしその中にあって、特に投資家から期待されている企業も存在します。その最右翼の企業は、モデルナ(ティッカーシンボル:MRNA)です。モデルナは、「mRNA技術」を駆使することで、ゲノム創薬により新型コロナウイルスのワクチンのプロトタイプを真っ先に完成させ、アレルギー感染症研究所に納品しました。現在そのワクチンは、アメリカ国立衛生研究所が直々に臨床試験中です。

⇒モデルナ(MRNA)の最新株価はこちら!

モデルナ(MRNA)チャート/日足・3カ月モデルナ(MRNA)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 もうひとつ、新型コロナウイルスのワクチンを開発中の企業としてはイノヴィオ(ティッカーシンボル:INO)が挙げられます。イノヴィオは、モデルナよりかなり遅れてワクチンを完成させ、いまは第1相臨床試験に入ったところです。

⇒イノヴィオ(INO)の最新株価はこちら!

イノヴィオ(INO)チャート/日足・3カ月イノヴィオ(INO)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 そのほか、バイオンテック(ティッカーシンボル:BNTX)ノヴァヴァックス(NVAX)ヴァックスアート(ティッカーシンボル:VXRT)ジョンソン&ジョンソン(JNJ)などがワクチン開発競争に名乗りを上げています。
【※「新型コロナ治療薬・ワクチン」の関連記事はこちら!】
新型コロナ治療薬が話題の「ギリアド・サイエンシズ」を解説! その他「モデルナ」「リジェネロン」など、経済復活のカギとなるバイオ関連のリーダー企業を狙え!
米国株が二番底リスクを警戒する中、狙い目は「新型コロナ治療薬・ワクチン」の関連銘柄! 一方で米国市場全体の株価推移は、新型コロナの感染者数次第!

ワクチン開発競争を巡る「博打」を尻目に、
儲かる可能性が高いのは「ワクチン製造の下請け会社」!

 新型コロナウイルスのワクチン開発は、「博打」であることはすでに説明しました。その中にあって、誰が勝者になるかに関係なく、きちんとおカネを貰える可能性の高い「手堅いストーリー」もあります。それは、ワクチン製造の下請け会社の株を買う方法です

 具体的には、エマージェント・バイオソリューションズ(ティッカーシンボル:EBS)に注目しました。

 エマージェント・バイオソリューションズはワクチンの製造に特化した会社で、例えるなら、半導体製造のファンドリーのような存在だと思えばよいでしょう。

 半導体の世界では、半導体デザイン会社が図面を引き、それを製造下請けであるファンドリーに持ち込んで実際のチップを製造します。それと同じように、バイオ企業がデザインしたワクチンの製法をエマージェント・バイオソリューションズに持ち込み、同社はクライアント企業の指示通りにワクチンを量産するというわけです。

 もともとエマージェント・バイオソリューションズは、炭疽菌(たんそきん)によるバイオテロが起きたとき、それに対抗するためのワクチンを生産するところから会社をスタートさせました。今日のアメリカでは、炭疽菌ワクチン(売上高1.73億ドル)と天然痘ワクチン(売上高2.40億ドル)に関しては、エマージェント・バイオソリューションズが唯一のサプライヤーとなっています。

 そのような関係から、エマージェント・バイオソリューションズは、合衆国保険福祉省や防衛・国家安全保障関係省庁と深いパイプがあります。つまり「国策企業」というわけです

 なお、炭疽菌ワクチンや天然痘ワクチンには「賞味期間」があり、備蓄されたワクチンが古くなるとそれは効かなくなるので、廃棄処分にされます。つまり、アメリカでは、これらのワクチンの備蓄のうち25%は使われなくても毎年新しいものに交換されるため、「リピート・ビジネス」になっているのです。

 なお、エマージェント・バイオソリューションズのその他のビジネスとしては、鎮痛薬として使用される「オピオイド」の中毒患者が過剰摂取で病院に担ぎ込まれた際に投与される「ナルカン」という薬の製造が挙げられます。

 そんなエマージェント・バイオソリューションズは、すでに、新型コロナウイルスのワクチンに関してノヴァヴァックスとヴァックスアートが臨床試験を行うにあたり、臨床試験に必要となるワクチンを製造する契約を締結しています。

 それに加えて、ジョンソン&ジョンソンエマージェント・バイオソリューションズを下請けとして起用することを決定し、1.35億ドルの契約を結びました。

 先ほど挙げた企業のうち、どのワクチン開発プロジェクトが成功するかは、誰にもわかりません。ひょっとすると、全部失敗することもあるかもしれません。しかし、ワクチンが承認される、されない関わらず、下請けとしての製造の手間賃はエマージェント・バイオソリューションズに支払われます。

 さらに、良く効くワクチンが完成したとなれば、アメリカ政府がそれを大量に発注すると予想されるので、生産キャパシティに余裕があるエマージェント・バイオソリューションズの工場がフル稼働することになると思います。

「エマージェント・バイオサイエンス」にとって、
新型コロナの関連ビジネスは新しい商機!

 エマージェント・バイオソリューションズの近年の業績ですが、売上高は良い感じで伸びています。これは近年、アメリカでオピオイド禍が年々酷くなり、それに応じて「ナルカン」の売上高が伸びたことが主な原因です。

 アメリカ政府はオピオイド禍を抑え込むため、いろいろと手を尽くしています。それが成功した場合は、「ナルカン」の売上高は鈍化、または減少に転じることが予想されます。その反面、新型コロナウイルス向けワクチンのビジネスは、過去の売上高にはまったく入っていない新しい商機なので、今後の業績は大いに期待できます。

⇒エマージェント・バイオソリューションズ(EBS)の最新株価はこちら!

エマージェント・バイオソリューションズ(EBS)チャート/日足・3カ月エマージェント・バイオソリューションズ(EBS)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
「サイバーセキュリティ」関連銘柄に注目! 外出自粛で“テレワーク”が普及して、サイバー攻撃対策や機密情報の保護など「セキュリティ」の重要度がアップ!

【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●解散総選挙 ●金(ゴールド) ●オンライン教育
●脱プラスチック ●少子化対策 ●行政デジタル化
●EC(ネット通販) ●再生可能エネルギー ●国際金融都市構想
●親子上場 ●RFID ●ゲーム
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/年末年始 ●米株/燃料電池 ●米株/GAFA
●米株/バイデン大統領 ●米株/DX ●米株/オンラインカジノ
DMM.com証券はこちら

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年11月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3800銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
3600銘柄以上の米国株、2400銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数が圧倒的に多い。さらに、中国株の手数料は2017年7月末に値下げされ、約定金額の0.25%(下限45香港ドル~上限450香港ドル、税抜)に。米国株なら最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 企業分析機能も充実しており、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

大化け10倍株
じぶん年金づくり
ふるさと納税

1月号11月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[大化け10倍株/毎月配当カレンダー]

◎第1特集
目指せ1億円!大化け10倍株を発掘する
5つの鉄則&注目株68

2020年に当たった株・外れた株は?
ザイの大反省会
時流のテーマに乗る株20銘柄
最新の好決算で強い株22銘柄
増配トレンドの株12銘柄
高成長の米国株14銘柄
今年儲けた「億り人」8人の勝ちワザ
桐谷さんの「2020年の勝ち株&負け株」

◎第2特集
「じぶん年金」で実現! 毎月配当生活
成功者が教える「じぶん年金」の作り方
高配当株72銘柄が勢ぞろい!
権利確定月別・高配当株カレンダー
【2大付録その1】
確定月別・銘柄管理シート

◎第3特集
収入が増える! 人生が変わる! 副業のススメ
●ちきりんさん
「好きや特技で副業に挑戦!」
●スキマ時間で稼ぐ! 
●特技やモノを売る! 
●本業のスキルを活かす!
●表現力を磨く
●副業で知っておきたい税金の話

◎第4特集
上がる米国株を投信でまとめ買い!
●GAFAM中心のIT株をまとめ買い
●米国の成長株全般をまとめ買い
●未来のGAFAMをまとめ買い

◎【2大付録その2】
駆け込み! ふるさと納税 大カタログ
今年の目玉は「訳アリ」返礼品

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報