世界投資へのパスポート

新型コロナのワクチン開発関連の米国株では「バイオン
テック」が最も期待大! 「ワープ・スピード作戦」採用
企業では「モデルナ」を抜いて、開発競争のトップに!

2020年7月6日公開(2020年7月6日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●医療用高機能マスク ●金(ゴールド) ●再生可能エネルギー
●炎上・誹謗中傷対策 ●サイバーセキュリティ ●抗ウイルスフィルム
●テレワーク ●イベント ●半導体製造装置
●高配当株 ●ゲーム ●防災(豪雨災害)
●オンライン教育 ●米株/デジタル・トランスフォーメーション
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/燃料電池 ●米株/金鉱株 ●米株/消費安定株
●米株/大統領選挙 ●米株/GAFA ●米株/オンラインカジノ

新型コロナウイルス向けワクチン開発の
最終ステージとなる臨床試験がいよいよ開始!

 2020年5月18日の本コラムでは、新型コロナウイルス向けワクチン開発の様子についてお伝えしましたが、その後、各社のワクチン開発プロジェクトは大きな進捗が見られました。
【※5月18日公開の記事はこちら!】
新型コロナの「ワクチン開発」に投資するならこの銘柄!「モデルナ」「バイオンテック」など、“ワープ・スピード作戦”への採用も期待できる米国株を解説!

 今回は、その後のワクチン開発の状況を整理したいと思います。

 なお、今回の記事で紹介する企業は、すべてトランプ政権のワクチン開発支援制度「ワープ・スピード計画」に採用されています。これまでのところ、すべてのワクチンが期待を上回る臨床結果を出しており、「次のステージ」へと進んでいます。

【バイオンテック】
ワクチン開発競争において先頭に躍り出る

 ワクチン開発競争の先頭に躍り出たのは、ファイザー(ティッカーシンボル:PFE)と組んでmRNA技術に依拠したワクチンを開発しているバイオンテック(ティッカーシンボル:BNTX)です。

 先週、バイオンテックの「BNT162b1」と呼ばれるワクチンの第2相臨床試験の結果が、臨床試験関連のデータベースにUPされました。45人の被験者から得られた試験結果では、まず比較対象である回復期血清に比べて1.8~2.8倍の中和抗体が見られました。次に、幾何平均濃度にして8〜46.3倍の免疫グロブリン(IgG)が認められました。

 もっと平たい言い方をすれば、パワフルで有力な抗体が確認されたということです

 ここで重要なポイントとして強調しておきたいのは、「抗体が出来た!」というだけではこのワクチンが実地に免疫力を発揮するかはわからないということです。それを、これから行われる「第3相臨床試験」で確かめることになります。また、「ワクチンの効き目がどのくらい持続するか?」という点も不明です。

 この臨床試験結果は、ワクチン開発を専門に行っている他の研究者によるピア・レビュー、すなわち内容に関する信憑性チェックを経て、有力学会誌に掲載される予定です。

 また、今月のどこかのタイミングで、いまドイツで行われている臨床試験のデータも追加で発表される見込みです。

 そして、7月中に3万人の被験者を使った大規模な最終ステージ「第3相臨床試験」が始まります。その結果が判明するのは、早くても8月初めだと思われます

 もちろん「第3相臨床試験」の結果が「吉」と出るか「凶」と出るかは、わかりません。ただ、少なくとも7月いっぱいは、バイオンテックに対する市場参加者の期待から、同社の株は買い進まれると予想します。

 その後、ワクチンを最終的に承認するのは、米国の食品医薬品局(FDA)の仕事です。そしてFDAは「プラシボに対して50%以上の免疫力を発揮したワクチンだけに承認を出す」と明言しています。バイオンテックのワクチンがこのハードルを越える保証はありませんので、そこだけは覚えておきましょう。

⇒バイオンテック(BNTX)の最新株価はこちら!

バイオンテック(BNTX)チャート/日足・6カ月バイオンテック(BNTX)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【モデルナ】
「第3相臨床試験」の結果が出るまでは“じり高”が続くと予測

 モデルナ(ティッカーシンボル:MRNA)は、これまでワクチン開発競争で先頭を走っており、7月早々から「第3相臨床試験」を開始する予定だったのですが、準備の関係で開始が少し遅れることが報じられました。

 モデルナのワクチンの「第3相臨床試験」は、アメリカ国立衛生研究所(NIH)がじきじきに担当しますが、今回の遅延は誰かの責任という話ではなく、単に「3万人もの被験者を使う大型の臨床試験を準備するのは簡単じゃない!」ということだと思います。したがって「第3相臨床試験」の遅延を「モデルナのワクチン開発に何か問題が発生したのでは?」と勘繰る必要はありません

 モデルナは当初、株式市場の参加者からチヤホヤされていたのですが、大型の公募増資が「しこり」をつくり、最近は投資家の熱狂が醒めています。ただし、それはモデルナのワクチンがダメと決まったわけではありません。

 モデルナのワクチンは、前出のバイオンテックのワクチンと同様にmRNAを利用したもので、同じくらいの確率で承認される可能性があります。モデルナの「第3相臨床試験」の結果が明らかになるのは8月半ばだと思いますが、それまでモデルナの株価は、じりじりと少しずつ上がる“じり高”が続くと予想しています

⇒モデルナ(MRNA)の最新株価はこちら!

モデルナ(MRNA)チャート/日足・6カ月モデルナ(MRNA)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【アストラゼネカ】
8月から「第3相臨床試験」を開始予定

 アストラゼネカ(ティッカーシンボル:AZN)は、オックスフォード大学と共同で新型コロナウイルス向けワクチンを開発しており、8月には臨床試験に入る予定です。試験地は米国で、アメリカ国立衛生研究所が担当します。

 アストラゼネカのワクチンは、非複製的ウイルス・ベクター・アデノウイルス技術を利用していますが、このワクチンが最終的に承認される可能性は「五分五分」だと考えられています

 アストラゼネカは、新型コロナウイルス向けワクチン以外にも沢山の薬を持っているので、ワクチンのストーリーは株価にあまり影響を与えないと思います。

⇒アストラゼネカ(AZN)の最新株価はこちら!

アストラゼネカ(AZN)チャート/日足・6カ月アストラゼネカ(AZN)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ジョンソン&ジョンソン】
一時、開発スケジュールが遅れていたが、ここに来て持ち直す

 ジョンソン&ジョンソン(ティッカーシンボル:JNJ)は、非複製的ウイルス・ベクター技術に基づいたワクチンを準備中です。ジョンソン&ジョンソンの場合、臨床試験のスケジュールがかなり遅れていたのですが、ここへきて2カ月ほど予定が繰り上がりました。つまり、進捗状況は思いのほか良いと言えます。

 ジョンソン&ジョンソンのワクチンの製造は、エマージェント・バイオソリューションズ(ティッカーシンボル:EBS)が担当します。

 新型コロナウイルスの材料を手掛かりに株を買うなら、ジョンソン&ジョンソンよりもエマージェント・バイオソリューションズを買うほうが遥かに良いと思います。なぜなら、エマージェント・バイオソリューションズは、ジョンソン&ジョンソンのほかにもアストラゼネカノヴァヴァックス(ティッカーシンボル:NVAX)ヴァックスアート(VXRT)などの新型コロナウイルス向けワクチンの製造下請けをすでに受注しているからです。
【※関連記事はこちら!】
米国の新型コロナ関連株では“ワクチン製造下請け”の「エマージェント・バイオソリューションズ」に注目! ワクチン開発競争の勝者に関係なく売上増の可能性大

⇒ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の最新株価はこちら!

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)チャート/日足・6カ月ジョンソン&ジョンソン(JNJ)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

⇒エマージェント・バイオソリューションズ(EBS)の最新株価はこちら!

エマージェント・バイオソリューションズ(EBS)チャート/日足・6カ月エマージェント・バイオソリューションズ(EBS)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【メルク】
IAVIと組んで新型コロナウイルス向けのワクチンを開発

 メルク(ティッカーシンボル:MRK)は、非営利科学研究団体IAVIと組んで新型コロナウイルス向けのワクチンを開発します。メルクは、遺伝子組換え水疱性口内炎ウイルス(rVSV)技術を使用しますが、これはザイール・エボラ出血熱ワクチンやERVBOでも使われた実績があります。

 メルクのワクチンは、2020年のどこかの時点で臨床試験に入る予定です。

 メルクは、上記の試みとは別にテーミス・バイオサイエンスを買収しています。テーミス・バイオサイエンスはオーストリアのウイーンに本社を置く免疫調節療法ベンチャーで、今年3月にフランスのパスツール研究所やピッツバーグ大学とコンソーシアムを組み、新型コロナウイルス向けワクチンの開発に乗り出したばかりです。このコンソーシアムは、感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)から支援金を獲得しています。

 なお、メルクは大企業なので、新型コロナウイルス向けワクチンのビジネスは「大海の一滴」にしかならず、株価へのインパクトは小さいでしょう

⇒メルク(MRK)の最新株価はこちら!

メルク(MRK)チャート/日足・6カ月メルク(MRK)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ヴァックスアート】
「経口ワクチン」というユニークな薬を開発するダークホース

 ヴァックスアート(VXRT)は、零細なバイオ企業でワクチン開発競争においてはダークホース的な存在でしたが、同社は粘膜アジュバントによる「VAAST(ヴァースト)」と呼ばれる独自技術を援用し、「経口ワクチン」を開発中です。

 ヴァックスアートは、これからサルを使った動物試験を行います。その試験では、いわゆる「チャレンジ・スタディー」と呼ばれる手法が採用されます。これは、サルにワクチンを投与した後、新型コロナウイルスにわざと感染させ免疫力を確かめる手法です。

 新型コロナウイルスが主に鼻、口、目などから感染することを考えれば、ヴァックスアートの「経口ワクチン」というデザインは理に適っています。また、この「経口ワクチン」は錠剤なので、注射を嫌がる国民にも受け入れやすいと思われます。

 ヴァックスアートがライバル企業に比べて零細であるにもかかわらず「ワープ・スピード計画」に滑り込んだ理由は、この「経口ワクチン」というユニークな価値提案のためだと思われます。ただ、正直言って、このワクチンが承認される確率は低いように思います。

⇒ヴァックスアート(VXRT)の最新株価はこちら!

【今週のまとめ】
「バイオンテック」が一押し銘柄で、「モデルナ」と
「エマージェント・バイオソリューションズ」も期待大!

 新型コロナウイルス向けワクチン開発は、これまでのところ1社の落伍者も出さずに期待以上の安全性や薬効を示し順調に次のステージへと進んでいます。

 最も期待されているのはバイオンテックで、その次がモデルナです。これらの企業のワクチンが「第3相臨床試験」で一定の成果を収めれば、秋から冬にかけて新型コロナウイルスが再び猛威を振るう可能性がある中で、最前線で危険に晒されながら患者のケアに当たる医師や看護婦に対して、緊急使用承認というカタチでワクチンを提供するシナリオも現実味を帯びてきています。

 銘柄としてはバイオンテックが一押しで、エマージェント・バイオソリューションズモデルナも強気です

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
「防災」関連銘柄は、台風や土砂災害のたびに高騰しやすい投資テーマ!「構造計画研究所」や「いであ」「イトーヨーギョー」など、要チェック銘柄を紹介!

米国の新型コロナ関連株では“ワクチン製造下請け”の「エマージェント・バイオソリューションズ」に注目! ワクチン開発競争の勝者に関係なく売上増の可能性大

【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●医療用高機能マスク ●金(ゴールド) ●再生可能エネルギー
●炎上・誹謗中傷対策 ●サイバーセキュリティ ●抗ウイルスフィルム
●テレワーク ●イベント ●半導体製造装置
●高配当株 ●ゲーム ●防災(豪雨災害)
●オンライン教育 ●米株/デジタル・トランスフォーメーション
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/燃料電池 ●米株/金鉱株 ●米株/消費安定株
●米株/大統領選挙 ●米株/GAFA ●米株/オンラインカジノ
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1000銘柄以上 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。米ドルで持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年連続株
コロナ時代の株主優待
株主総会事件簿

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!


[10年連続株&コロナ時代の株主優待]

震災もコロナもへっちゃら!
継続こそ企業の実力!10年連続株

●今まで&この先減配しない株!
10年配当株ベスト50銘柄
●配当が増え続ける株はコロナ禍で圧勝!
10年増配株全52銘柄
●10期以上売上を伸ばし続けるスゴイ株!
10年成長株全63銘柄
●現金を持つイザという時強い株!
10年金持ち株全62銘柄

●上場10年以内で5年以上連続増配の未来の10年増配株を探せ!
●10年連続でROEが2ケタの稼ぎ方が上手い株を探せ!

Withコロナ時代の株主優待ー新常識カタログ47
優待投資家たちのぶっちゃけ座談会7銘柄
●勝ち負けが鮮明に!
外食優待157銘柄
Withコロナで大活躍優待カタログ327銘柄
食品/買物/日用品
●必見!桐谷さんのコロナ籠城生活

2020年株主総会事件簿
●お騒がせ株
・日産自動車/日本郵政
●注目のM&A株
・大戸屋HD/Zホールディングス
●気になる人気株
・ソフトバンクG/オリエンタルランド

●10年ずっと成績がいい投信ベスト15

【別冊付録】
●データで判明!勝つための秘策!?
自分でやらないFX


【重要なお知らせ】
>>西日本を中心とする大雨の影響による定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報