世界投資へのパスポート

【米国株IPO】「ドリブン・ブランズ」と「アファーム」
を解説! 急成長を続ける全米最大のオート・サービス
企業と“後払いサービス”のフィンテック企業に注目!

2021年1月11日公開(2022年9月20日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●ライドシェア ●HV(ハイブリッド車) ●EV(電気自動車)
●PBR1倍割れ ●生成AI ●自動運転
●インバウンド ●再生可能エネルギー ●量子コンピューター
●株主優待 ●パワー半導体 ●防災用品
●米株/大型優良株 ●米株/燃料電池 ●米株/大手IT株
●米株/高配当株 ●米株/天然ガス ●米株/ディフェンシブ株

クリスマスから新年にかけての“お休み期間”が終わり、
今週から本格的に新規株式公開(IPO)が再開!

 毎年、クリスマスから新年にかけては休暇を取るウォール街関係者が多いので、新規株式公開(IPO)もお休み状態だったのですが、今週からいよいよIPOが本格化します。そこで今日は、今週上場を予定している予定の案件の中から以下の2社を取り上げたいと思います。

ドリブン・ブランズ(ティッカーシンボル:DRVN)
アファーム(ティッカーシンボル:AFRM)

【ドリブン・ブランズ(Driven Brands Holdings)】
全米最大のオート・サービス企業で、
過去5年間の売上高は年率+37%で急成長!

 ドリブン・ブランズ(ティッカーシンボル:DRVN)は、全米最大となるオート・サービスの会社です。オート・サービスとは自動車点検修理、洗車などを指します。

 ドリブン・ブランズが、もし四半期決算で「良い決算」をきちんと出し続けることができれば、ゆくゆくはオートゾーン(ティッカーシンボル:AZO)ホームデポ(ティッカーシンボル:HD)のような“大化け株”になる可能性があります

 なぜなら、オート・サービスは市場規模3000億ドルの巨大市場であるばかりでなく、市場そのものが年率+4%で成長しているからです。

 また、自動車の点検修理ならびに洗車サービスを行う企業は零細な個人経営が多く、市場は極めて細分化しています。オート・サービスにブランドの概念が持ち込まれたのは比較的最近であり、その中でドリブン・ブランズが先陣を切ってブランド化を押し進めています。

 その結果、ドリブン・ブランズは「マイネキ(Meineke)」や「メイコ(Maaco)」「テイクファイブ(Take 5)」「アイエムオー(IMO)」など合計10のブランドを14カ国、4100カ所で展開しています。

 非効率な経営をしている個人商店が多いオート・サービス市場に、ドリブン・ブランズはハンバーガー・チェーンやドーナツ・チェーンのようなフランチャイズの経営手法を持ち込みました

 CEOのジョナサン・フィッツパトリックは、バーガーキングのフランチャイジーの統括をやっていた経歴を持つアイルランド人で、徹底した成果主義を貫いています。一方、彼を補佐するティファニー・メイソンCFOとスザンヌ・スミスデータ・アナリティックス部長は、大手ホームセンター・チェーンのロウズ(ティッカーシンボル:LOW)出身です。

 このチームが、過去40回のM&Aを繰り返してドリブン・ブランズのネットワークを大きくしてきました。その関係で、ドリブン・ブランズの過去5年間の売上高は年率+37%と、市場そのものの成長率をはるかに超えるペースで拡大しました。また、同じ期間のEBITDA(利払い税金償却前利益)は、年率+22%で成長しています。

 ドリブン・ブランズの特徴は、営業キャッシュフローが潤沢だということです。加えて、自動車修理のビジネスは不況に強いです。

 ドリブン・ブランズのシステムワイド売上高(=フランチャイジーの売上高を含めた総売上高)は30億ドルで、これまでに5000万台の自動車にサービスを提供してきました。ちなみに、ドリブン・ブランズの店舗のうち83%がフランチャイズで、残りが自社店舗です。

 また、顧客の半分が個人で、残り半分が保険会社などの法人です。法人は、ドリブン・ブランズと商売すれば窓口を一本化して請求書の発行など実務の簡素化ができるため、ドリブン・ブランズと取引することを選好します。

 ドリブン・ブランズの既存店売上比較は、過去12年間、毎年プラスで推移してきました。ドリブン・ブランズは、スケールが大きいので部品などを集中購買できることに加え、握っている顧客データをマーケティングなどに利用できるのが強みです。

 近年では、買収により洗車ビジネスにも参入しました。洗車ビジネスではサブスクリプションが人気で、全体の40%を占めています。

 ドリブン・ブランズの懸念点は、純負債対EBITDAが7.9倍と負債比率が高い事です。

 今回のIPOでは3800万株を17〜20ドルで売り出す予定で、値決め日は1月14日頃です。幹事は、モルガンスタンレー、BofA、ゴールドマンサックス、JPモルガン、バークレイズです。

【アファーム(Affirm Holdings)】
「割賦」による後払いサービスを提供するフィンテック企業!
ネット通販プラットフォームの「ショッピファイ」とも提携

 アファーム(ティッカーシンボル:AFRM)は、サンフランシスコに本社を置く無担保消費者金融企業で、元ペイパル幹部のマックス・レヴチンにより2012年に設立されました。

 従来のクレジットカードは、消費者目線からすると金利がわかりにくく、支払い遅延のペナルティーや隠れたフィー、残高が複利で雪だるま式に大きくなるなど、数々の問題点がありました。

 アファームは、消費者がエクササイズバイクなどのモノを購入したいと考えたとき、クレジットカードとは違って「割賦」で購入することができます。割賦の支払いスケジュールは消費者自身で選ぶことができるうえ、そこに隠れたフィーはなく、複利で雪だるま式に返済負担が大きくなることもありません。また、消費者の支払額の上限を明確に設定しており、支払い遅延や繰上げ返済のペナルティーもありません

 製品を売る側のマーチャンツ(販売業者)からすれば、これまで自社の高額商品を消費者に訴求しようとする際、値引きするくらいしか方法がありませんでしたが、それは商品のイメージを損ねてしまいます。しかし、割賦での購入を選択肢として提示することができれば、値引きをせずに購入を促すことができます。

 また、マーチャンツにユーザーの個人データを提供し、消費者の懐具合や消費性向、過去の購買のヒストリーなどを共有します。そうすることで、消費者に対してピンポイントでプロモーションを行うことができます。

 なお、アファームは、個々の購買レベルでデフォルト・リスク(債務不履行リスク)を測ることで、リスク管理を行っています。

 アファームは、すでに若者たちの間で人気になっており、アファーム・アプリはこれまでに480万回ダウンロードされました。また、ネット通販プラットフォームのショッピファイ(ティッカーシンボル:SHOP)とエクスクルーシブ・パートナー(独占的提携)の契約を結んでいます

 業績を見ると、2020年度(会計年度)のGMV(総取扱高)は46億ドル(前年比+77%)、売上高は5.1億ドル(同+93%)でした。

 現在の顧客数は620万人、これまでに1730万回のトランザクション(取引)をこなし、6500のマーチャンツと商売をしています。リピート・カスタマーは、1年に平均10回の取引をしています。

 アファームは、消費者からはフィーを取らず、マーチャンツからコンバージョン・フィーを取っています。また、バーチャル・カードが使用された場合は、クレジットカードと同様にインターチェンジ・フィーを徴収します。

 また、アファームはウォール街の金融機関に対し、債権の証券化と売却を行っています。

 今回のIPOは発行株数が2460万株、価格レンジが33〜38ドルです。幹事構成は、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックス、アレン&カンパニーとなっています。

【今週のまとめ】
今週、IPOする予定の企業の中では、
特に「ドリブン・ブランズ」の将来性に期待!

 今週は、ドリブン・ブランズアファームという注目される2つのIPO企業がトレードを開始します。これらのうち、私が好きなのはドリブン・ブランズです。ドリブン・ブランズは、オートゾーンホームデポが駆け出しの企業だった頃を彷彿とさせ、将来が楽しみな企業です。
【※関連記事はこちら!】
【米国株】米国のIPO株の買い方や、日本のIPO株との違いを解説! 2020年12月のIPO株「ドアダッシュ」「シースリーエーアイ」「エアビーアンドビー」も紹介!

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開!【2021年最新版】会社予想の配当利回りランキングと一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!

「つみたてNISA」、プロがおすすめする6つの証券会社・銀行を発表! 失敗しない金融機関の選び方と「ポイントの有無」や「取扱銘柄数」などを比較して詳しく解説

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●ライドシェア ●HV(ハイブリッド車) ●EV(電気自動車)
●PBR1倍割れ ●生成AI ●自動運転
●インバウンド ●再生可能エネルギー ●量子コンピューター
●株主優待 ●パワー半導体 ●防災用品
●米株/大型優良株 ●米株/燃料電池 ●米株/大手IT株
●米株/高配当株 ●米株/天然ガス ●米株/ディフェンシブ株

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2024年4月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約4900銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)※買付時の為替手数料が無料/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【マネックス証券のおすすめポイント】
外国株の取扱銘柄数はトップクラス! また、米国株の買付時の為替手数料が0円(売却時は1ドルあたり25銭)となるキャンペーンが長期継続しており、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。米国ETFの中で「米国ETF買い放題プログラム」対象21銘柄は、実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。米国株の積立サービス「米国株定期買付サービス(毎月買付)」は25ドルから。コツコツ投資したい人に便利なサービス。米国株は、時間外取引に加え、店頭取引サービスもあり日本時間の日中でも売買できる。また、NISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件をクリアすれば、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約5300銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手のひとつだけあって、米国から中国、韓国、アセアン各国まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。また、2023年12月1日から米ドルの為替レートを「0円」に引き下げたので、取引コストがその分割安になった。さらにNISA口座なら米国株式の買付手数料が無料なので、取引コストを一切かけずにトレードできる。米国株を積立購入したい人には「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。また、米国株の信用取引も可能。さらに、リアルタイムの米国株価、48種類の米国指数および板情報を無料で閲覧できる点もメリットだ。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索に使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。「SBI 証券 米国株アプリ」は「米国市場ランキング」「ビジュアル決算」「銘柄ニュース」などの機能が充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約4750銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と幅広い銘柄がそろっており、米国株の信用取引も利用可能! 指定の米国ETF15銘柄については買付手数料が無料で取引ができるのもお得。さらに、2023年12月からは米ドル⇔円の為替取引が完全無料! NISA口座なら米国株の売買手数料が0円(無料)なのもメリットだ。米国株の注文受付時間が土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。米国株式と米国株価指数のリアルタイム株価、さらに米国決算速報を無料で提供。ロイター配信の米国株個別銘柄ニュースが、すぐに日本語に自動翻訳されて配信されるのもメリット。米国株の積立投資も可能で、積立額は1回3000円からとお手軽。楽天ポイントを使っての買付もできる。銘柄探しには、財務指標やテクニカル分析などの複数条件から対象銘柄を検索できる「米国株スーパースクリーナー」が役に立つ。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約2400銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
米国株の売買手数料が完全無料なので、取引コストに関しては割安! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。米ドルで持っておきたい人には向かないが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

NISAの株の学
株500激辛診
米国株150診断

5月号3月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭インタビュー
87歳のデイトレーダーシゲルさん登場
「デイトレより稼げてオモロイもんはない!」

◎第1特集
株・投信 の基礎と誰でもできる10の儲け方
NISAの株&投信の学校

●株の学校
[基礎編]
株の3つの儲け方&NISAのメリット
買いたい人が多いと株価は上がる
・会社の規模で値動きが違う
・株を保有する期間で戦路は変わる
・年4回の決算で株価が動く

[儲け方編]
長く稼ぎ続ける会社を買う
ずっと人気が続く株を買う
・為替で儲かる株を買う
・配当が増える株を買う
・自社の株を買う会社を狙う
・モノがもらえる会社を買う
・情報を隠さない株を買う 
・買いやすくなった株を買う 

●投信の学校
[基礎編]
積立OK! 投信で世界に分散しよう

[儲け方編]
長期で成長してきた指数を買う
・定期的に分配金収入を得る

プロ厳選!儲け方別買いの株+投信付き


◎第2特集
買っていい10万円株は97銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
期待の出遅れ株/来期も増配予想の高配当株/半導体・AI関連株
●儲かる株の見つけ方[2]5大ランキング
来期に営業利益が大きく伸びる株/“稼ぐ力”が強い高ROEの株/
配当利回りが高い株/少額で買える株/理論株価と比べて割安な株
●儲かる株の見つけ方[3]セクター別の指標平均
石油・石炭が配当利回り1位に!
●2024年新春のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7
●気になる人気株売り×買い分析
大型株393/新興株86/Jリート10


◎第3特集
人気の米国株150診断
儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
●プロが大予測!大統領選後米国株はどうなる?
●GAFAM+αのBig8中3社が脱落!AIブームに乗る激アツ22社!
●出遅れ超有名株&買いの高配当株
●人気の125銘柄「買い」「売り」診断


◎【別冊付録】

上場全3905社の最新理論株価
増益割安株は1254銘柄


◆芸人がゴミ清掃員に!?富豪と一般人の差ってゴミに出ます!
◆日本株の大幅上昇でIPO株も環境が好転
◆“もしトラ”で世界は地獄に!?
◆高額な負担に見合う?地震保険の誤解本当に必要か再検証
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報