世界投資へのパスポート

【米国株】天然ガス関連株「アンテロ・リソーセズ」に
注目! 企業業績の圧迫や長期金利の上昇など、株価に
不利な環境でも勝ち目がある“天然ガス関連株”を紹介

2021年10月4日公開(2022年3月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●キャッシュレス決済 ●LNGタンカー ●インバウンド
●AI(人工知能) ●MR/AR/VR ●金融システム開発
●全国旅行支援 ●メタバース ●再生可能エネルギー
●株主優待 ●リスキリング ●円安・ドル高
●米株/シェール ●米株/燃料電池 ●米株/大手IT株
●米株/高配当割安株 ●米株/天然ガス ●米株/ディフェンシブ株

今、米国株が下げている本当の理由は、
サプライチェーンの乱れから来るインフレ問題!

 9月以降、米国株が下げていますが、その理由としては中国の恒大集団がデフォルトしそうなこと、連邦債務上限の引き上げ問題が解決してないこと、年内にテーパリングが開始されそうなことなどが指摘されています。
【※関連記事はこちら!】
【2021年・秋】米国株をめぐる「5つの不安要素」と個人投資家が取るべき戦略を解説! 長期金利の上昇、テーパリング、恒大集団問題などにどう対応すべきか

■NYダウチャート/日足・6カ月
NYダウチャート/日足・6カ月NYダウチャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 しかし、投資の現場で一番問題視されているのは、このところ利益警告(業績の下降修正)を出す会社が続出している点です。その要因として多くの企業が挙げているが、サプライチェーンが乱れて原材料や商品が届かず、そのためにインフレ圧力を生じ、企業のマージン(利ざや)が圧迫されている問題です

 具体的には、ベット・バス&ビヨンド(ティッカーシンボル:BBBY)シャーウィン・ウイリアムズ(SHW)ミラーノール(旧ハーマン・ミラー、MLHR)などの企業が、サプライチェーンの乱れから来るインフレ問題に言及しています。

 今日はこの問題にフォーカスしたいと思います。

ベトナムの工場閉鎖やコンテナ・コストの高騰など、
サプライチェーンの乱れは複合的な原因から発生!

 サプライチェーンの乱れが発生している原因はひとつではありません。複数の小さな問題が重なった結果、サプライチェーンに大きなボトルネックが生じていると理解すべきです

 例えば、ベトナムでは今夏から新型コロナウイルス感染症が蔓延しており、7月以降、外出禁止令が出され、工場も閉鎖された状態が続いています。米国企業は、中国への依存度を下げるために商品の発注先を中国以外のアジア諸国に分散しはじめていたのですが、その矢先にベトナムの工場が閉鎖されてしまい、出鼻を挫かれた格好になっています。

 また、米国では、経済再開が進むにつれてトラック運転手が不足しはじめました。さらに、港湾作業も遅延気味です。ロスアンゼルスの南に位置するロングビーチ港は米国の代表的なコンテナ港ですが、新型コロナウイルスの影響で荷物の積み下ろし作業が遅延。沖待ちのコンテナ船は、普段なら1〜2隻しか居ないのですが、今は70隻を超える船が沖合で順番待ちをしています。その結果、中国から米国・西海岸へのコンテナ・コストは、2020年5月に1600ドルだったのが2021年9月には1万9200ドルまで跳ね上がっています。

 今、アメリカでインフレが酷くなっている理由のひとつは、このようなサプライチェーンの乱れから来る「コスト・プッシュ・インフレ」だと言われています

 これからクリスマス商戦の期間に入りますが、その大事な時期にサプライチェーンの乱れによって商品が思うように届かないということで、浮足立つ小売業者も増えています。

世界的なエネルギー不足もインフレに拍車!
長期金利が上昇し、株式市場にとってネガティブ要因に

 企業が利益警告(業績の下降修正)を出す要因としては、世界的なエネルギー不足の問題も挙げられます。こちらも、サプライチェーン問題と同じく、複数の小さな問題が重なることで全体として大きな問題に発展しています。

 例えば、中国政府は、地球温暖化ガスの発生を抑制するために石炭による発電量を抑えているのですが、そのことが液化天然ガス(LNG)の需要を増やし、価格を上昇させる要因となっています。
【※関連記事はこちら!】
「化石燃料」関連銘柄を解説! 石油・石炭・液化天然ガスは、経済再開による需要増加に加え、カーボンニュートラルによる供給抑制の動きから、価格上昇の流れに

 また、英国では例年より風が吹かずに風力発電の発電量が落ち込んいますが、それによって電力不足が生じ、欧州でもLNG価格が急騰しています。

 一方、米国では、シェール革命で天然ガスや原油の生産量が飛躍的に伸びたことで、慢性的なダブつきの問題が生じていましたが、近年ようやくLNGの輸出施設が整備され、アメリカで余った天然ガスが輸出市場に回されるようになりました。これは、米国における天然ガスの需給関係が引き締まることを意味し、実際に天然ガス価格は上昇基調にあります。

 バイデン政権はシェール開発に消極的なので、当面、天然ガスの生産量はあまり伸びないと思います。このことは、既存業者が天然ガスの価格上昇の恩恵をこうむることを意味します。

 エネルギー価格の上昇はインフレを促進し、長期金利が上昇する要因となります。そして長期金利の上昇は、株式バリュエーションにとってネガティブ要因です

企業業績の圧迫や長期金利の上昇など、株式市場に逆風が吹くなか
あえて投資をするのであれば「天然ガス関連銘柄」へ

 今は企業業績が圧迫されていることに加え、長期金利の上昇も逆風となっており、株式投資を有利に進められる環境ではありません。この状況であえて投資するとすれば、天然ガス関連株くらいしか買えるものはないと思います

 天然ガスの生産量としては、EQT(ティッカーシンボル:EQT)エクソン・モービル(XOM)サウスウエスタン・エナジー(SWN)アンテロ・リソーセズ(AR)の順番で規模が大きいです。

 エクソン・モービルは、天然ガスだけでなく世界中で原油を生産している大企業なので、「天然ガス価格の上昇を買う」という意味では面白みの少ない投資対象です。一方、EQTサウスウエスタン・エナジーは良い会社なのですが、将来の生産分の少なからぬ量をすでにヘッジのために売りつないでおり、今後、天然ガスの価格が上昇してもあまり恩恵を享受できません。その点で言えば、先ほど挙げた天然ガス関連株のなかで一番ヘッジ比率が低いのはアンテロ・リソーセズです

 アンテロ・リソーセズは、コロラド州デンバーに本社があり、ペンシルバニア州とウエスト・バージニア州にまたがるマーセラスに天然ガス田を持っています。また、アンテロ・リソーセズは、アパラチア山脈地方で最も優良な天然ガス田を保有しており、その生産コストは他社より低く抑えられています。

 これらの点から、他の銘柄に比べてアンテロ・リソーセズの値動きが一番良いのではないかと期待できます

【今週のまとめ】
今は無理をして株を買う状況ではないが、
それでも買いたい人は「アンテロ・リソーセズ」をチェック!

 サプライチェーンの乱れとインフレ問題、長期金利の上昇など、今は株式投資にアゲンストの風が吹いています。こういう場面では、あまり無理しないほうがいいでしょう。

 それでも何か株を買いたいというのであれば、天然ガスの価格上昇から恩恵を受けるアンテロ・リソーセズが面白いと思います。
【※関連記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

⇒アンテロ・リソーセズ(AR)の最近株価はこちら!

アンテロ・リソーセズ(AR)チャート/日足・6カ月アンテロ・リソーセズ(AR)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがおすすめする「10~12月の株主優待株」公開!「こども商品券」がもらえるギグワークス、「ホテル宿泊券」がもらえるサムティに注目!

投資信託を勧める“営業トーク”のウソに騙されるな!「成績がいい」「大人気でみんな買っている」「預金みたいなもの」など、営業マンの謳い文句に要注意!

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●キャッシュレス決済 ●LNGタンカー ●インバウンド
●AI(人工知能) ●MR/AR/VR ●金融システム開発
●全国旅行支援 ●メタバース ●再生可能エネルギー
●株主優待 ●リスキリング ●円安・ドル高
●米株/シェール ●米株/燃料電池 ●米株/大手IT株
●米株/高配当割安株 ●米株/天然ガス ●米株/ディフェンシブ株

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2022年11月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5300銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
5300銘柄以上の米国株を取り扱っており、銘柄数はトップクラス! 買付時の為替手数料が0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。米国ETFの中で「米国ETF買い放題プログラム」対象13銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。米国株は、時間外取引に加え、店頭取引サービスもあり日本時間の日中でも売買できる。なお、NISA口座なら日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件をクリアすれば、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約5900銘柄 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。また、2021年4月から米国株式取引専用の「米国株アプリ」が登場した。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5200銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約350本を含む、約400本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約2500銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

今日の注目株&相場見通し!!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10倍株ベスト50
毎月配当カレンダー
ふるさと納税

1月号11月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[10倍株ベスト50/配当カレンダー]
◎巻頭特集
速報! 中間決算で買える株36 
・トヨタ、オリエンタルランド、セブン&アイHD、ほか
誰もが気になる人気10銘柄を「買」×「売」診断!


◎第1特集
暴落で買え!10倍株ベスト50
●期待大の9銘柄を図解&写真で大解剖!
●10倍株発掘の敏腕プロに聞く
「世界が応援する時代の変革者を買え」
「ここから起こる大幅下落がチャンス」
●5つの視点の10倍株41銘柄
●1成長テーマ

(DX、気候変動、働き方対策、健康促進、キャッシュレス)
・2利益急拡大の株
・3直近IPOで狙う株
・4株価が高値更新の株
・5敗者復活期待の大型株

勝ち組投資家に聞く!10倍株を掴むワザ

◎第2特集
高配当株で作る毎月配当生活
●毎月安定して配当をもらうための4つのポイント
●1~12月の権利確定月で安定成長の72銘柄高配当株カレンダー
●いつ、いくらもらえる?なんで買った? など計画的に管理できる

【別冊付録・1】
書き込み式!銘柄管理シート


◎第3特集
投資信託のお悩み相談室
読者の15の実例!目的&年齢別にアドバイス
●米国株型の積立は続けていい?
●分配金が減って不安です
●8本の投信積立を入替えたい
●ひふみ投信はいつ売ればいい?


◎【別冊付録・2】

ふるさと納税大カタログ ベスト79
10大カテゴリー別オトクな返礼品


●レバレッジ型投信は試練の年に
​●TOPIX除外予備軍を公表! 一発逆転できそうなのは?
​●各国の金利を分析 円安はどこまで進む?

◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報