世界投資へのパスポート

米・トランプ大統領の新型コロナ感染により、米国株は
「10月第3週」が買い場に!? 現職大統領が不利な大統領
選挙の年は“10月の株式市場が荒れる”ジンクスに注目

2020年10月4日公開(2020年10月6日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●解散総選挙 ●金(ゴールド) ●オンライン教育
●脱プラスチック ●少子化対策 ●行政デジタル化
●EC(ネット通販) ●再生可能エネルギー ●国際金融都市構想
●親子上場 ●RFID ●ゲーム
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/年末年始 ●米株/燃料電池 ●米株/GAFA
●米株/バイデン大統領 ●米株/DX ●米株/オンラインカジノ

トランプ大統領が新型コロナに感染!
体調のほうは問題なく、当面はホワイトハウスで執務を継続

 日本時間の10月2日の午後13時54分、トランプ大統領が自らのツイッターで、新型コロナウイルスの感染テストで陽性反応が出たことを公表しました。いまのところトランプ大統領は元気なようで、当面はホワイトハウスで自宅隔離しつつ執務を継続する予定とのことです

 ただし、今後の大統領選挙戦のスケジュールは狂ってくることが予想されます。実際、10月9日に予定されていた支援者との会合に、トランプ大統領は出席しないそうです。また、10月15日にマイアミで予定されていた第2回大統領候補討論会も、実施できない可能性があります。

トランプ大統領の新型コロナ感染により、
株式市場の不確実性が高まり、リスクオフの流れに!

 一般的に、株式市場は不透明感を嫌います。トランプ大統領の新型コロナウイルス感染症がこの先、重症化するかどうかはまだわかりませんが、株式市場における不確実性が一層高まったことは間違いありません。投資家のリアクションとしては、「とりあえずポジションを少し落とそう!」と考えるのが普通だと思います。つまり、「リスクオフ」になるということです

 リスクオフになると、株式が売られるのはもちろんのこと、金や原油などのコモディティー価格も下落します。折から投資家は、新型コロナウイルスの感染第二波の到来を恐れていた矢先なので、このまま投資家のセンチメントが暗転するリスクがあります。

 米国経済は、ロックダウンの解除後に急回復する兆候を見せていましたが、最近になってその勢いが失われつつあることを感じさせるデータも出ています。例えば、10月1日に発表されたISM製造業景況指数は、やや衰えを感じさせるものとなっています。

 また米国の議会は、現在、追加の景気支援法案を策定中で、すでに下院は2.2兆ドルの法案を提示しているのですが、その後の上院で宙ぶらりんになっています。この景気支援法案がなければ、倒産に追い込まれる事業主も多く、景気悪化がより深刻になるだろうと思われます。

旅行関連株の下落リスクが高まる一方、「バイオンテック」など
新型コロナワクチン関連銘柄への資金流入に期待

 トランプ大統領の新型コロナウイルス感染に対し、株式市場の最初のリアクションとしては、ほとんどの銘柄が下げると思います。とりわけ、デルタ・エアラインズ(ティッカーシンボル:DAL)マリオット(MAR)カーニバル(CCL)など、新型コロナウイルスの感染拡大が業績悪化に直結する旅行関連株は急落が心配されます。現地時間で10月2日の昼過ぎ、航空業界に対する追加支援予算が議会から承認される観測が高まったため、現時点では大きな下落は見せていませんが、苦しい状況にかわりはないので警戒が必要です。

 その一方で「今の状況で頼れるのは、もうワクチンしかない!」と考える投資家も多いと思われます。いま新型コロナウイルス向けワクチンの開発レースで先頭を走っている企業は、バイオンテック(ティッカーシンボル:BNTX)なので、この銘柄に買いが集中する可能性は十分に考えられます。

 バイオンテックは現在、パートナー企業であるファイザー(ティッカーシンボル:PFE)と共同で第3相臨床試験を進めており、すでに被験者に対する2回目の注射も打ち終わっています。いまは、ワクチンを投与された被験者が実際に新型コロナウイルスを跳ね返し、感染を防げているかどうかを統計的に判定する段階に入っています。この試験はしばらく観察期間を置かなければいけないので、データが揃うには10月いっぱいかかると予想されます。つまり、大統領選挙には間に合わないだろうということです。その辺りの状況を踏まえ、今後のバイオンテックの動向は要注目です。
【※関連記事はこちら!】
新型コロナのワクチン開発関連の米国株では「バイオンテック」が最も期待大! 「ワープ・スピード作戦」採用企業では「モデルナ」を抜いて、開発競争のトップに!

 ちなみに、大統領はリジェネロン(ティッカーシンボル:REGN)の「REGN-COV2抗体カクテル」、ならびにギリアド(ティッカーシンボル:GILD)の「レムデシビル」を投与したようです。
【※関連記事はこちら!】
新型コロナ治療薬が話題の「ギリアド・サイエンシズ」を解説! その他「モデルナ」「リジェネロン」など、経済復活のカギとなるバイオ関連のリーダー企業を狙え!

 このうちリジェネロンの「REGN-COV2抗体カクテル」は、第1/2/3相臨床試験が進行中の新薬候補ですが、先日、会社側から詳細なデータとともにリリースがあって、非常に効果が高いことが報告されています。この治療薬は未承認ですが、報告されたのデータを踏まえ、いわゆる「人道的使用(Compassionate use)」という特別扱いでトランプ大統領への使用が認められました。「7日でウイルスの99%を殲滅できる!」という触れ込みの、パワフルな新薬です。もしトランプ大統領が本当に1週間くらいで元気になって退院したら、リジェネロンは一気に人気化すると思われます。
【※関連記事はこちら!】
米国株「リジェネロン」の株価が急騰する可能性も! トランプ大統領が使用した「リジェネロン」の新型コロナ治療薬の効果が出れば注目度アップは間違いなし

 ちなみに、仮にトランプ大統領が重篤になった場合でも、大統領選挙当日までに彼が死ぬ確率は極めて低いでしょう。彼が生きている以上、大統領が病院に寝た切りの状態でも、大統領選挙はそのまま実施されると思います。

現役大統領が大統領選挙戦でより不利になったことで、
「10月の第3週」が絶好の買い場になる可能性も!?

 米国では「大統領選挙で現職大統領が不利な年は、10月の株式市場が荒れる」というジンクス(経験則)が知られています

 トランプ大統領は以前から支持率調査でバイデン候補に遅れを取っていましたが、今回、新型コロナウイルス感染したことで、より一層不利になったと見られます。実際、ブックメーカーによる大統領選挙のベッティングオッズ(勝率)を見ると、トランプ大統領のオッズがここ2日で急速に悪化しています。
【※関連記事はこちら!】
日米の株式市場にとって「トランプ現大統領」と「バイデン候補」のどちらが勝ったほうが株価は上がる? 税金や外交・貿易、規制緩和などの政策の違いを解説!

 つまり、残念ながら今年も「10月の株式市場が荒れる」パターンになりそうです。

 ただし、その場合でも11月3日の投票日より少し前のタイミングで株式市場は大底をつけ、反転に転じると信じられています。このジンクスが今年も通用するのであれば、10月第3週あたりが絶好の買い場になることが期待できます

 いずれによせ、新型コロナウイルスに感染したトランプ大統領が、今後重症化するのかどうかで状況は変わってくるので、関連ニュースはこまめにチェックしておきましょう。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
米国株「スクエア」は、店舗の決済ソリューションや個人向けの決済アプリを提供するフィンテック企業! コロナ禍での“キャッシュレス化の加速”が追い風に!

「シェアオフィス」関連銘柄を紹介! 「新型コロナ対策」や「サテライトオフィス推進」を背景に重要度を増す「シェアオフィス」は、いまや“国策テーマ”に!

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
  ●解散総選挙 ●金(ゴールド) ●オンライン教育
●脱プラスチック ●少子化対策 ●行政デジタル化
●EC(ネット通販) ●再生可能エネルギー ●国際金融都市構想
●親子上場 ●RFID ●ゲーム
●米株/治療薬 ●米株/ワクチン ●米株/ワクチン2
●米株/年末年始 ●米株/燃料電池 ●米株/GAFA
●米株/バイデン大統領 ●米株/DX ●米株/オンラインカジノ
DMM.com証券はこちら

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年11月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3800銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
3600銘柄以上の米国株、2400銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数が圧倒的に多い。さらに、中国株の手数料は2017年7月末に値下げされ、約定金額の0.25%(下限45香港ドル~上限450香港ドル、税抜)に。米国株なら最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 企業分析機能も充実しており、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 2021年1月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

大化け10倍株
じぶん年金づくり
ふるさと納税

1月号11月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[大化け10倍株/毎月配当カレンダー]

◎第1特集
目指せ1億円!大化け10倍株を発掘する
5つの鉄則&注目株68

2020年に当たった株・外れた株は?
ザイの大反省会
時流のテーマに乗る株20銘柄
最新の好決算で強い株22銘柄
増配トレンドの株12銘柄
高成長の米国株14銘柄
今年儲けた「億り人」8人の勝ちワザ
桐谷さんの「2020年の勝ち株&負け株」

◎第2特集
「じぶん年金」で実現! 毎月配当生活
成功者が教える「じぶん年金」の作り方
高配当株72銘柄が勢ぞろい!
権利確定月別・高配当株カレンダー
【2大付録その1】
確定月別・銘柄管理シート

◎第3特集
収入が増える! 人生が変わる! 副業のススメ
●ちきりんさん
「好きや特技で副業に挑戦!」
●スキマ時間で稼ぐ! 
●特技やモノを売る! 
●本業のスキルを活かす!
●表現力を磨く
●副業で知っておきたい税金の話

◎第4特集
上がる米国株を投信でまとめ買い!
●GAFAM中心のIT株をまとめ買い
●米国の成長株全般をまとめ買い
●未来のGAFAMをまとめ買い

◎【2大付録その2】
駆け込み! ふるさと納税 大カタログ
今年の目玉は「訳アリ」返礼品

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報